2012年09月27日

なぜ小説は問題にされないのか?

「じゃあ、中には通り魔や人殺しもいるのかしら?」淀美豆さんが気味悪そうに言います。
「そりゃあ当然、いるでしょう」私はタコ焼きパンをかじりながら解説しました。「今の日本では、年間千二百~千三百件の殺人事件が起きています。日本人の十万人に一人の割合で殺人犯が生まれているわけですね。一方、オタクは何十万人もいますから、確率からすると、オタクが人を殺す事件は、年に何件も起きていると推測されます」
「やだ、こわい」と奈々。「オタクってやっぱり危険なのね」
「……あの、私の解説を正しく理解してますか?」
「だって、何十万っていう犯罪者予備軍がいるわけでしょ?」
「やっぱり分かってませんね」
──『名被害者・一条(仮名)の事件簿』より

 ちょっと前に、こういうニュースがあった。

http://www.excite.co.jp/News/android/20120912/Exdroid_44591_0.html
>広島県の小6女児を連れ去った疑いで成城大学2年の小玉智裕容疑者(20)が逮捕された事件で、6日付の日刊スポーツが「小6女児監禁男はプリキュア好き」という見出しの記事を報じたことに、反発の声が高まっている。

>同記事は同級生の証言として「居合同好会の幹事を務めていて、学校にはほとんど来ていなかった。プリキュアが大好きで、趣味は、秋葉原のメイド喫茶通いと聞いた」というコメントを掲載。だが、居合同好会の件は見出しには使われず、プリキュア好きが強調された。

 それに関係して、ツイッターにこんなことを書いている人がいた。

生島 勘富 さんの「アニメが好きなことは、幼女に性犯罪を犯す必要条件になっている」について
http://togetter.com/li/368518

>幼女に対する犯罪を犯す人で、プリキュアなどのアニメを見てる割合がどれぐらいになるのか? その割合が一般成人と大きくズレがあったり、100%に近かったりしたら、アニメは必要条件と言えるかもしれない。 もちろん、十分条件ではない。.

>少なくとも私はプリキュアとか見ないし、見ない成人男性は多いはず。 統計をとったわけでも、統計を見たわけでもないけれど、そういう犯罪を犯す人は、相当高い確率で、そういうアニメが好きなんじゃないかな? つまり、必要条件になっていると思う。


 統計も何も調べずに個人的印象だけで論じてるのもダメダメだけど、そもそもこの人、「必要条件」の意味が根本的に分かっていない。
「pならばq」が成り立つ時に、「pはqであるための十分条件」「qはpであるための必要条件」と言うのである。
 たとえば「犬は哺乳類である」という場合、「哺乳類である」ことは「犬であること」の必要条件(哺乳類でなければ、犬ではない)なのだ。
 この人の主張の通り、「アニメを見ていることが幼女に対して犯罪を行なう必要条件」だと仮定するなら、「幼女に対する犯罪を行なう者はアニメを見ている」ということになる。
 論理的に対偶は真であるから、「アニメを見ていない者は幼女に対する犯罪を行なわない」ということになる。
 しかし、アニメがなかった時代にも幼女に対する強姦事件は数多くあった(それどころか、現代よりはるかに多かった)。よって、「アニメを見ていることが幼女に対して犯罪を行なう必要条件」というのは明白な間違いということになる。
 それにしても、いい年した大人が、こんな初歩の論理が理解できないというのは驚きだ。

 話は変わるが、4月22日に八王子で起きたバスジャック事件をご記憶だろうか?
 犯人の中学3年の少年は、山田悠介『スピン』を読んで参考にしたと報道された。ネットで知り合った6人の少年が6か所で同時にバスジャックを起こし、東京タワーを目指すという話だ。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052018010007-n1.htm

 その『スピン』、いちおう参考のために買って読んでみた。山田悠介の小説を読むのは『リアル鬼ごっこ』以来だ。
 おお、山田悠介、上手くなってるじゃん。少なくとも「ランニング状態で足を止めた」みたいなハチャメチャな文章はなくなってる。まあ、編集と校閲ががんばって直してるんだろうけど(笑)。
 ストーリー展開も、こんな簡単にバスジャックが成功するわけないだろという部分を除けば、まあまあ許容範囲かなという気がする。犯人の少年たちのバカさ加減にはいらいらするけど、そういうバカだからこそこういう事件を起こしたんだろうと納得できる。
 ところが。
 クライマックス、少年たちが目的地である東京タワーにたどり着いた後の展開でひっくり返った。
 偶然に事件に巻きこまれただけの人物の前に、事件を裏で操っていた黒幕が現われ、実はこういうことだったんだと背景をべらべら解説するのである。

 ねえよ!

 何で必要もないのに部外者に秘密洩らすんだよ!? しかも口封じのために殺すとかいうんじゃなく、放置するんである。
 事件の真相を知った男は、犯人の一味と間違われて警察に逮捕されるものの、すぐに容疑が晴れて釈放される……え? 何でお前、警察やマスコミに真相をぶちまけないの? つーか何で黒幕はこいつが秘密を絶対バラさないと確信してるの?
 ああ、山田悠介、何も変わってない。話のつじつまを合わせる気がまるでない。こんなものすごいイディオット・プロットを平然と書くとは。
 ちなみに、タイトルの『スピン』の意味は、最後まで読んでもまったく説明されてません(笑)。タイトル考えないでつけただろ。
 まあ、山田悠介の小説がやっぱりダメダメだというのは再確認できた。こんなもんを参考にした八王子の中学生も頭が悪すぎる。

 それよりも僕が気になることがある。
 犯人が『スピン』を参考にしたと報じられたにもかかわらず、この小説に対するバッシングがまったく起きなかったことだ。
 これがアニメやゲームだったらどうだろう? たちまち「アニオタが事件を起こした!」「ゲームの悪影響!」とかネットで騒がれて、週刊誌やワイドショーもバッシング報道に乗り出したんじゃないだろうか。実際、これまでそうしたことは何度もあった。

 2008年、土浦で起きた連続殺傷事件の金川真大容疑者は、ゲーム大会で準優勝したことがあると報じられた。(彼が準優勝したのは〈デッド・オア・アライブ〉の中のビーチバレーの大会だった)
 秋葉原で17人を殺傷した加藤智大容疑者が好きだった〈東方〉シリーズのことを、ZAKZAKは「美少女らがナイフや弾丸を敵に浴びせて倒すゲーム」と紹介した。
 埼玉県川口市で中学3年の少女が父親を殺害した事件では、少女の部屋からマンガ版の『ひぐらしのなく頃に』が押収され、事件との因果関係が騒がれた。(実はいっしょにミステリ小説も複数押収されていたのだが、そちらはまったく問題にされなかった)
 アメリカでは、2007年のバージニア工科大学乱射事件の直後、チョ・スンヒ容疑者がゲームに熱中していたのが原因だとしてゲームが叩かれた。(実際には、警察が彼の学生寮の部屋を捜索したところ、ゲーム機もゲームソフトも見つからなかった)

 なぜ『スピン』でそれが起きなかったのか?
 小説だったからだ──それ以外に考えようがない。川口市の事件でも、世間の注目は『ひぐらしのなく頃に』にのみ集まり、同時に押収されたミステリ小説の存在は無視された。
 ゲームやアニメやマンガは有害だが、小説は無害──そう考えている人間が世間には多いということだ。
 誤解を招かないように言っておくが、僕は『スピン』を絶版にしろとは言わない。どんなにひどい小説でも、言論出版の自由はある。(もちろん、ひどい小説を「ひどい」と批判する自由もある)
 小説の内容をヒントにしてどこかのバカが事件を起こしても、それは事件を起こした奴の責任であって、小説家の責任を問うべきではない。事件が起きるたびにいちいち糾弾されてたら、犯罪を題材にした小説なんか書けなくなってしまう。
 山田悠介だけではない。たとえ障子にちんちんで穴を開ける小説だろうと、知的障害者の女性を輪姦したうえに殺害する小説だろうと、出版の自由は保障されるべきである。

 僕が問題にするのは、なぜ小説では起きないバッシングが、アニメやゲームでは起きるのかということだ。
 どうも多くの人間には、異常な事件が起きると、犯人を自分とは違う人種だと決めつけて安心しようとする心理があるらしい。「あいつはアニメを見たからあんな事件を起こしたのだ。俺はそんなものは見ていない」と。先の生島勘富氏もその一人だ。
 異常な事件が起きるたびに、必ずと言っていいほど「犯人は〇〇人」というデマが流れるのも、同じ心理だろう。ちなみにこれは日本人特有の心理というわけではないようだ。バージニア工科大学乱射事件では、犯人が在米韓国人であったことから、韓国では「日本人犯人説」を唱える者がいたそうだ。
 すると小説が有害とみなされない理由も説明がつく。
 ゲームをしないしアニメもマンガも見ない古い人間でも、小説は読むのだろう。「犯人は小説の影響で犯罪に走った」ということになると、自分も困ったことになる。だから小説の影響など無いことにしたいのだ。
 だから、たとえ小説をヒントにした犯罪が実際に起きても、彼らはそれを都合よく無視するのだ。その一方、犯人がアニメを見ていたという報道があると、因果関係が不明なのに、「それ見ろ」「やっぱり有害だ」と騒ぎ立てるのだ。

 何と非論理的な。彼らの言動はまるでつじつまが合っていない。
 まるで山田悠介の小説だ。



同じカテゴリー(社会問題)の記事画像
「思考盗聴」「集団ストーカー被害」を訴える人たち
デマ:蓮舫の子供が海外に留学
福島産の農産物をじゃんじゃん食べよう!
「去年はいい年だったろう」
タイムリミットが迫る!
石原慎太郎『スパルタ教育』より
同じカテゴリー(社会問題)の記事
 「思考盗聴」「集団ストーカー被害」を訴える人たち (2017-05-19 20:30)
 最近のデマ・2017 (2017-01-31 22:27)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・3 (2016-11-22 17:53)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・2 (2016-11-22 17:35)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・1 (2016-11-22 17:16)

この記事へのコメント
>そもそもこの人、「必要条件」の意味が根本的に分かっていない。

まあ、論理学や集合論は高校の数学にちょろっと出てくるだけですからねえ。内容も、ただの暗記に近い単元ですし。卒業後はすぐ忘れてしまう人が圧倒的多数でしょう。

本当は、現代数学で一番面白い部分なのに……
Posted by 司 at 2012年09月27日 15:47
でも、「犯人は2ちゃんねらーでした」とか、言われたら、ああ、やっぱり…と思います。

漫画やゲームやアニメは叩かれると良い気分しませんが。
Posted by ナイス害 at 2012年09月27日 20:32
お晩でした。


その昔(?)「戦争を描いたアニメは良くない!」と言っていたのに、××や☆☆のドラマ(サスペンスもの)には、な~んにも言及してなかったのと一緒ですな。
Posted by 孤星 at 2012年09月27日 20:59
> おお、山田悠介、上手くなってるじゃん。少なくとも「ランニング状態で足を止め
>た」みたいなハチャメチャな文章はなくなってる。まあ、編集と校閲ががんばって直
>してるんだろうけど(笑)。
 私は山田悠介さんの小説を読んだことはないのですが、めちゃくちゃな文章が直さ
れた結果、ただのへたくそな小説になってしまった、という意見を見たことがありま
す。
 それはどうでもいいとして、、、

>ゲームをしないしアニメもマンガも見ない古い人間でも、小説は読むのだろう。「犯
>人は小説の影響で犯罪に走った」ということになると、自分も困ったことになる。だ
>から小説の影響など無いことにしたいのだ。
> だから、たとえ小説をヒントにした犯罪が実際に起きても、彼らはそれを都合よく
>無視するのだ。その一方、犯人がアニメを見ていたという報道があると、因果関係が
>不明なのに、「それ見ろ」「やっぱり有害だ」と騒ぎ立てるのだ。
 そうでしょうか?
 小説を読んでいて小説が悪者になると困るから、という人もいるかもしれませんが、
特に小説を読んでいるわけではない人たちが、小説は高尚なものであり、アニメや漫画
は低俗なものであるという考えのもと、小説をヒントにした犯罪が発生しても騒がない
が、アニメを見ていた人が犯罪を犯したときに騒ぐ、というのが大半だと思っています。

 ところでこの事件でプリキュアに対してバッシングと言えるほどのことは起きてい
るのでしょうか?
 軽く検索してみましたが、マスコミと言えるものでは日刊スポーツの記事のみで、
あとはその記事を基にして「プリキュアは関係ないだろ」「大人がプリキュアとか見
てるの気持ち悪い」といったコメントがついていたくらいで、プリキュアは関係ない
とする意見が優勢のように見えました。
 今回の事件に限らずアニメ、漫画、ゲームは小説と比べてバッシングを受けやすい、
ということであれば、その通りだとは思います。
Posted by morioka at 2012年09月27日 22:54
はじめまして!

「必要条件」の記事見た時にもやもやしてた気持ちがスッキリしました。

ありがとございます。
Posted by sakimotok at 2012年09月27日 23:47
読解力なさ過ぎ。
よくそれで作家なんかやってるよね。

http://agora-web.jp/archives/1485568.html
http://agora-web.jp/archives/1486225.html
http://agora-web.jp/archives/1489066.html


を、よく読んで、是非、9月29日 21時~ 以下のリンクにお越しください。
https://www.vlvlv.jp/#!/room3760
Posted by 生島 勘富 at 2012年09月28日 17:31
なんだかんだ言ってるけど、結局山田悠介ディスりたいだけじゃねーか。そういう余計な事まで書くから、プリキュア関係の下りは正論でも文章全体では反感買うんだよ。
つーかさ、

>偶然に事件に巻きこまれただけの人物の前に、事件を裏で操っていた黒幕が現われ、実はこういうことだったんだと背景をべらべら解説するのである。
>ねえよ!
>何で必要もないのに部外者に秘密洩らすんだよ!? しかも口封じのために殺すとかいうんじゃなく、放置するんである。
>事件の真相を知った男は、犯人の一味と間違われて警察に逮捕されるものの、すぐに容疑が晴れて釈放される……え? 何でお前、警察やマスコミに真相をぶちまけないの? つーか何で黒幕はこいつが秘密を絶対バラさないと確信してるの?

ちゃんと読んだか?バラしたって相手にしてもらえないからだよ。その「巻き込まれた奴」は別に犯罪やらかしてるから、言ったって信じてもらえるわけないじゃん。
だいたい黒幕どもは大物の集団なんだろ。あれだけの大事件を遊び感覚で操る連中なんだから。バラされても握りつぶせるって自信があるんだろ。そんぐらい想像つくだろうが。

まあ、あんたは「僕の妹は漢字が読める」でも、電子書籍が普及しなかった理由が説明されてるのを読み飛ばしてクズ小説呼ばわりしてたもんなあ。
Posted by MD at 2012年09月28日 20:07
マジョリティに属していることの安堵を得たいということなのか、マイノリティを怪物に仕立て上げることで正義の味方にでもなりたいのか。
同調する人が多いなら、この国ではそれがマジョリティということなのかな。

どちらにせよ、自ら視野の狭さを晒け出すみっともない行為なんだけれども。
Posted by 空彦 at 2012年09月28日 21:48
確か周囲が農民ばかりだったころにも似たようなことやってますね。
それこそ本ばか読んで何さまだみたいな。
Posted by ぬ at 2012年09月28日 22:24
そこまで先生が絶賛、いや絶惨するんだと読んでみたくなってきました「スピン」。
図書館にあると良いけど。
Posted by フィルムセンター at 2012年09月29日 00:33
他人の小説あしざまに罵るとは、
さすが、みんなで税金納めるのをやめれば政府転覆できる、なんてすてきなお話を書いた作家様はご立派なことですね
Posted by いたる at 2012年09月29日 10:18
小説もそうですけど、スポーツも問題にされませんね。

野球だけでも自分の記憶だけでも今年になってから3人は逮捕者出ているんですが(高校球児・現役プロ・元プロ各1人)。

『野球は危険、規制するべき』という主張はあまりというか全く聞いたことがないです。

大学の運動系サークルでの集団暴行やレイプなんかも年に数回は新聞に載るのにな。
Posted by なとりうむ at 2012年09月29日 16:54
はじめまして、突然のメッセージ失礼します。此方の記事で話題にされていた生島氏が本日21時から何か会議的なものを開くそうです。詳細はこちら

http://agora-web.jp/archives/1489066.html

僕は冷静に喋れそうもないので、入りません……。
この人山本先生をクソバカ作家と罵っておられたので、できればご本人がコテンパンにして頂けたらなと思い、書きこみました。

間に合うかどうかは解りませんが、ご報告だけ。
悔しい。本当に悔しい。
Posted by グレイス at 2012年09月29日 18:14
殺人に使われた凶器が、なじみのない刃物だと規制しろなどと大騒ぎするが、なじみのある包丁だとそうならない。         作られた目的が違っても、人を刺し殺せることには違いないのに。結局このような人たちは何も見てはいないし何も考えてはいない、ただ思ったことをたれながしているだけ。 
Posted by きゅう at 2012年09月29日 23:50
>偶然に事件に巻きこまれただけの人物の前に、事件を裏で操っていた黒幕が現われ、実はこういうことだったんだと背景をべらべら解説するのである。

恐らく読者に対して、事件の真相を説明したかったのでは?
でもそれだったら、語り手に説明させるとか、警察の捜査によって明らかにされるとかすれば良いのに。
やっぱ駄目だわ。

ちなみに、小説以外でもドラマや映画でも問題視されなかったのでは?
古い世代の人間も、ドラマや映画を見る人は多いからね。
Posted by 匿名 at 2012年10月01日 05:52
未だにこんなことを言っています。
http://agora-web.jp/archives/1490451.html

論旨が支離滅裂すぎて訳が分かりません。
Posted by なまえ at 2012年10月02日 01:16
>MDさん

良い事を書いているつもりかもしれませんが、そんな上から目線の礼節の無い書き方では反感を買いますよ。
文章の書き方を変えれば共感を得られる可能性が増えると思うのですが、まあ、余計なお世話ですかね。
いろいろ残念だと思ったので、少しね。
Posted by ドードー at 2012年10月03日 10:27
>ゲームやアニメやマンガは有害だが、小説は無害

ってのは、裏を返せばそれだけ小説が世間からナメられているという事ではないでしょうか。
Posted by タケチャン大佐 at 2012年10月03日 10:59
>生島 勘富さん

 あなたのブログを拝見させていただきましたが、失礼ながら、あまりのひどさに笑ってしまいました。

http://agora-web.jp/archives/1485568.html

 アニメに興味がある人が1000万人で、その中の「犯罪を犯した人」(これ、日本語として間違ってます)が400人って、どこから導いた数字ですか。こんな何の根拠もない数字の羅列を元に論じることに何の意味があるのでしょうか。

>が、仮説を語ってはいけない、印象を語ってはいけない。ということはないのです。

 と書かれていますが、こんなのは「仮説」とは言いません。「単なる想像」あるいは「妄想」と言います。

 あと、最もダメなのが、「アニメが好き」であることと「実在の幼女に対して性的興奮を覚える」ことを混同しておられることです。『プリキュア』を見ている人間がすべて、実在の小学生に欲情するわけではありません。(そもそも『プリキュア』シリーズのヒロインってほぼ全員、中学生なんですが、ご存じでしたか?)
「アニメ好き」と「ロリコン」はイコールではありませんし、「ロリコン」と「ペドフィリア」はイコールではありませんし、ペドフィリアがすべて性犯罪者になるわけでもないのですから、あなたの論理は何重にも間違ってるんです。
 それにあなた自身、幼女に対する性犯罪が減っていることを認め、「もしそこに、因果関係が成立するのであれば、アニメを観ている人達の中に「幼女に性的興奮を覚えるが、アニメで昇華している」人が多く存在する」と書いておられるのに、いったい何が問題なのでしょうか?
 げんに性犯罪が減っていることが気に食わないのですか?

>解決策として、プリキュア(など?)を好む成人男子を「大きいお友達」と呼ぶそうですが、番組内で「『大きいお友達』はペドフィリアのカウンセリングを受けましょう」と呼びかけたらどうでしょう。コミケやアニメグッズのパッケージに印刷するなども有効でしょう。

 ここは爆笑してしまいました。あなたはご自分の考え(偏見)が正論だと思っておられるようですが、あなたの考えこそものすごく非常識で、良識ある人からは決して支持されないアブノーマルものだと申し上げておきます。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年10月03日 11:46
>MDさん

 あなたこそちゃんと読まれましたか? 「バラされても握りつぶせるって自信があるんだろ」っておっしゃいますが、それなら最初からバラさなければいいだけのことでしょう? 「言ったって信じてもらえるわけない」なんて確信を、なぜ黒幕が抱けるのでしょうか?
 重大な秘密を共有している巨大な組織だからこそ、部外者に軽率に秘密をバラしたりはしないはずですが。

>匿名さん

 そうなんですよ。読者に背景を説明するのなら、台詞じゃなく地の文で書けばいいだけです。あるいは黒幕同士に会話させるとか、登場人物の誰かが何らかの手がかりから真相に気づくとかね。方法はいくらでもある。
 黒幕が理由もなく自分から部外者に秘密をバラすというのは、最も頭の悪いプロットですね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年10月03日 11:57
>なとりうむさん
>『野球は危険、規制するべき』という主張はあまりというか全く聞いたことがないです。

明治の終わりごろ、学生野球が大ブームになった頃に野球にうつつを抜かして勉学をしなくなった学生が出現したんで知識人を巻き込んで「野球は有害」「野球をするとバカになる」という趣旨で「野球害毒論」なるキャンペーンをおこなった新聞があったそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E5%AE%B3%E6%AF%92%E8%AB%96
Posted by 夢浦忍 at 2012年10月03日 21:44
ツイッターにこんなことを書いてる人がいたって…ツイッターの意見を引き合いにだしてる時点で…
でも今回の記事の内容はもっともですね
山本弘さんは最近のニコニコ動画の影響をかなり受けてるみたいですね
フルアニとか見てましたでしょうw
思考がニコニコでアニメにはまったような連中とそっくり
Posted by ブーメラン at 2012年10月04日 13:13
すみません。内容とまったく関係ない話なんですが

>ブログを拝見させていただきましたが

こういう言い方はなんとかしてもらえませんか。
言葉が商売道具の作家さんが平気でこういう言葉を使っているのを見ると悲しくなります。
Posted by tetsuya at 2012年10月05日 05:05
はいはい、「読者に脳内補完はさせない」「つじつまは合わせなきゃいけない」ですかい?

それがあんたの小説の欠点なんだよ、センセ。戦慄のミレニアムでもサーラ6巻でも、話を進めるよりも設定説明を長々とやる方を優先してたもんなあ。

おかげで説明臭い不自然なセリフになるし、話はなかなか進まないし、ウンチクだけで設定を全部説明しようとするし、本筋からの脱線エピソードだらけだし。
サーラの4巻まではそうでもなくて、読みやすかったのにさ…。

眉村卓なんか、つじつまなんてまるで合わない話や、何をしたいのかわからない宇宙人が出てくる話をいくつも書いてたけどね、「これはSF作品だ」と明言した上で。
つじつまがあわないかどうかなんて読者はどうでもいいの。読んで面白いかどうか、それが全て。
「つじつまは合ってるけど面白くない話」なんて何の価値も無いからね、消費者側としては。
Posted by MD at 2012年10月05日 17:57
 自分がプリキュア見てるのは、「女の子が、一生懸命頑張ってるかっこいいとこを見たい」ってなとこがあるんだけど。
 理解せず、理解しようとも務めない人は、嘘だと決めつけるんだろうなあ。この生島 勘富って人みたいに。
 というか、(アニメの)少女の活躍を見てる奴=欲情してる奴って、すぐに等号で結びつけたがるのは、短慮と言わないか。

 自分は、とある偏見を抱いています。
 この手の人たちの言う事は、自分が理解できず、なおかつ気に入らなければ、理由も根拠も無く、最初から悪としてレッテルを張たがる。そして時には、その対象を叩く事で「自分は正しい」と言う……という偏見を。
 本当はそんな思い込みなど無く、ちゃんとした論理と根拠の上で、そのような結論付けたのであり、決して無知と無理解などない、と。

 しかし、ここ数年見聞きする事からは、偏見ではないんじゃないか……という思いが湧いて出てしまい、なんともはや、です。
 
 偏見ついでに。一部のこういった人たちは、女の子の活躍するアニメを見てるだけで、どうして異常者扱いしたがるのか。

 実はオタクを異常者に仕立て上げたい人たちこそが、そういう物の見方を、
 すなわち、「少女を性の対象としてしか見られない」から、「自分はそうだ。あいつらもきっとそうだろう、いや、絶対そうに決まってる」と決めつけているのではないか……。

 などと思ってしまったけど、これはきっと自分の思い込みによる偏見でしかないね。根拠もないし。
 それに、他者の立場に立ち、「彼または彼女は自分と違う」という事が理解できない阿呆でもなければ、短慮に「アニメ好き=現実の幼女に欲情する異常者」などと言うわけがないし。

 良識派を気取っていても、実は偏見の塊だった。
 こんな人ばっかじゃあない事を、切に願いたいところです。
Posted by 塩田多弾砲 at 2012年10月05日 22:19
>2012年10月05日 17:57
>MD
>はいはい、「読者に脳内補完はさせない」「つじつまは合わせなきゃいけない」ですかい?
>
>それがあんたの小説の欠点なんだよ、センセ。戦慄のミレニアムでもサーラ6巻でも、話を進めるよりも設定説明を長々とやる方を優先してたもんなあ。
>
>おかげで説明臭い不自然なセリフになるし、話はなかなか進まないし、ウンチクだけで設定を全部説明しようとするし、本筋からの脱線エピソードだらけだし。
>サーラの4巻まではそうでもなくて、読みやすかったのにさ…。
>
>眉村卓なんか、つじつまなんてまるで合わない話や、何をしたいのかわからない宇宙人が出てくる話をいくつも書いてたけどね、「これはSF作品だ」と明言した上で。
>つじつまがあわないかどうかなんて読者はどうでもいいの。読んで面白いかどうか、それが全て。
>「つじつまは合ってるけど面白くない話」なんて何の価値も無いからね、消費者側としては。

ほほう。山本先生が「スピン」を酷評したのが気に入らないと言ってたのに、ご自分は山本先生の作品を酷評していいというお考えですか。
「矛盾」という言葉が思い浮かびましたが、まあ、読んだ本の感想は人それぞれですし、自分が好きな作品が他人に酷評されるなんて事はざらにある事ですしね。
山本先生はあの本に対してこういう感想で、MDさんはあの本に対してこういう感想という事で良いじゃありませんか。
他人の感想にとやかく言っても、どんなに熱弁ふるっても、平行線のままでしょうからね。
Posted by ドードー at 2012年10月07日 15:26
>夢浦忍さん

そんな昔の話なら、明治時代の頭の柔らかくない人たちは「小説ばかり読んでいたらバカになる」って言っていたらしいし、平安時代には「源氏物語みたいなひらがな文学を読むのは女子供とアホだけ」みたいな発言をした学者もいたとか。
まぁ時代は繰り返され、新しい文化へのバッシングは常にあるってことでしょうね。ってテレビアニメが始まって来年で半世紀。あまり新しくもないが。
Posted by なとりうむ at 2012年10月07日 21:21
>tetsuyaさん

>>ブログを拝見させていただきましたが
>こういう言い方

 二重敬語のことですか?
 拝見させていただきました・・・×
 ・拝見しました・・・・・・・・・・・・・○
 ・拝見いたしました・・・・・・・・・○

http://machigaijp.ti-da.net/e3200613.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410484719
http://dora0.blog115.fc2.com/blog-entry-50.html

あと、

>犯罪を犯す

>「犯罪を犯す」は、「唱歌を歌う」と同様に、同族目的語(結果目的語の一種)をとったもの。

 らしいです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013055845
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413072014
http://pub.ne.jp/iries333/?entry_id=2603407
http://kotobank.jp/word/%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E3%82%92%E7%8A%AF%E3%81%99

 少し調べてみましたが、普段何気なく使っている言葉が間違っているということが、我ながらよくあるなぁと思いました。
 勉強になります。
Posted by toorisugari at 2012年10月08日 13:49
>MD様

 横レス失礼します。

 ドードー様も仰られていますが、人に意見を聞いてもらいたいとお思いなら、礼儀を欠いた物言いはおやめになった方がよろしいかと。
 何か山本氏に対し気に障ったのかもしれませんが、他者に対して無礼で横暴な口調で何かを述べたところで、拝聴に値する意見でも聞き入れられないものと思われます。
 わざと無礼な物言いをして、注目されようとお考えなのかもしれませんが、
 
>正論でも文章全体では反感買うんだよ

 と指摘された事をご自身が行うのは、いささか問題ではないでしょうか。

 あと、

>つじつまがあわないかどうかなんて読者はどうでもいいの。読んで面白いかどうか、それが全て。
「つじつまは合ってるけど面白くない話」なんて何の価値も無いからね、消費者側としては。

 物語として欠点はあっても、読んで面白いか否かが、読者にとっては重要。この点には確かに一理あります。が、あくまで一理。

 あえて知ってて辻褄合わせをしないのと、辻褄が合っているのかいないのかわからないとでは、大きな違い。それに、ストーリーの辻褄を合わせる技術は、作家としては基本中の基本。
「作る側」の人間としては、そんな基本ができてない事を指摘したくなるのも当然ではないでしょうか。

「辻褄が合っていないのはわかる。けど、それでも自分はこの作品が好き」
 
 これだけで済む事なのに、失礼ながら「これにケチを付ける方がどうかしてる。あんた(山本氏)の小説の方がつまらない」という感情が出てしまい、罵詈雑言を投げかけているだけになっているように感じられました。

>つじつまがあわないかどうかなんて読者はどうでもいいの

 少なくともこの言葉は、物語つくりに腐心している作家諸氏に対し、礼儀を欠いた言葉ではないでしょうか。そうでない読者がいるのも事実なのに、それを否定するような暴言は、いささか疑問です。
Posted by 塩田多弾砲 at 2012年10月09日 02:50
概ね山本先生のご意見に賛成ですが、一言、二言。

過去、三億円事件の犯人が大藪春彦の小説を参考にしたのではないかと言われ、大藪本人も事情聴取を受けたことがありましたから、小説だけを特別視しているのではないと思います。

私としては、その時代に世間に対して大きな影響を及ぼすもの、その中でも支持者(愛好者?)が比較的少ない分野が攻撃の対象になっているように感じます。
自分が良識派だと思っている人達にとって、理解しにくい対象は攻撃しやすいのだと思います。それが、今の時代はアニメであったり(さらにその中の一分野)、ゲームだったりするのではないかと思います。裏を返せばアニメやゲームを攻撃する人達は、(意識しているかどうかはわかりませんが)それらが持つ影響力の大きさが分かっているということなのでしょう。

小説が俎上に上がらないのは高尚なものと思われているからと言うよりも、小説の影響力が低下しているからではないかと思います。
Posted by カルスト at 2012年10月09日 13:36
こういう偏見は絶えませんね…。
で、バッサリ斬ってしまうとこの手の意見は(ここで暴言吐いてる人を含めて)、要は個人的心象を述べてるだけです。
論理的な思考をするために必要なのは、個人的心象を極力排除することです。
そうはいっても人間マシンのようなデジタル思考は出来ないわけで、そういう意味で自身の考え方に論理的でもなんでもない、感情・心象に起因する偏見が介在するのはやむを得ないわけです。
問題は自身でその偏見具合がどの程度なのか自覚出来ないところにあります。
それどころか偏見を理論武装してしまう豪の者もいるわけで、そこんとこコメント欄で大暴れしてる連中など、ただギャーギャー喚くだけなので可愛いものであります(笑)。
Posted by かくれハイザック at 2012年10月14日 11:38
 「必要条件」の意味が根本的に判ってないトンデモさんを取り上げた記事に、「二重敬語」の意味が根本的に判ってない人のコメントがつくとか(^^;
Posted by 魔道化マミった at 2012年10月14日 21:37
たとえ話。

ある人がオークションで欲しい商品を見つけ、取引相手を選ぼうとしている。
同じ条件でA村とB村から出品されている。
実は過去オークションで詐欺があり、犯人の住所はA村であることがわかっている。
一方のB村には被害の報告はない。
A村・B村取引のどちらを選ぶだろうか。

その他。
「ある事件の犯罪者は○○人であることがわかっている。犯人と同じ○○人と交流するべきだろうか」
「ある賃貸住宅が入居者を募集した。希望者は○人と■人の2人。雇い主は○人の文化をよく知っており、■人についてはよく知らない。大家はどちらを入居させるだろうか」
Posted by sso at 2012年10月18日 00:06
>魔道化マミった さん

どこか間違っていましたか?よろしければ教えていただけませんか。
Posted by toorisugari at 2012年10月24日 14:00
>ssoさん
 
 ご自身が例えに挙げられた3つの集団の成員である場合への想像力は持たれないんですね、判ります。
 1件目はまだ商品イメージの問題と片付けることも出来るでしょうが、他は「それは歪んだ情報です」と切り捨てた方がマシというものです。

>toorisugariさん
 
 そこまで調べられたなら、二重敬語の定義くらいは確認しましょうよ。
 表現に違和感を覚える人がいる事と、文法的に誤っている事とは別問題です。
Posted by 魔道化マミった at 2012年10月30日 23:20
>魔道化マミったさん

 御返答有難うございます。

>表現に違和感を覚える人がいる事と、文法的に誤っている事とは別問題です。

 成程。
 二重敬語自体、結構デリケートな問題な感がありますよね。昔は使われなかったけれども今ではある程度定着したといいますか…(それが良いか悪いかは別として)
 ビジネスマナーと基礎知識(或いは文法)としては間違い、とはよく聞かれますが、不快に感じる人がいる(私も間違っている事柄に不快感を感じることはあります)一方で、「クドく感じるので、二重敬語はできるかぎり避けるのが一般的ですが短い表現で違和感がなければ、使ってもいいと思います」という人もいますし。
 …はい、やはり難しい問題ですな。
Posted by toorisugari at 2012年11月04日 13:59
>ゲームをしないしアニメもマンガも見ない古い人間でも、小説は読むのだろう。

はあ、ゲームをしないしアニメもマンガも見なければ「古い人間」ですか。

>初めて読んだ時、「レッテルなんぞ貼らないでくれ!」という“対象”の悲痛な叫びが僕の心を揺さぶった。
 ブラッドベリの寓意は明瞭だ。この世界には、人間を鋳型にはめようとする力がある。物語の中で少年がやったように、誰かに自分の思いついたレッテルを貼る。「あいつは××だ」とか「○○ってのはみんな△△なんだ」とか。そうやって自由を奪い、可能性を奪い、地上に縛りつける。
 レッテルを剥がしてみれば、その下には豊かな可能性があることが分かるのに。
Posted by くまか at 2012年11月10日 15:38
>「犯人は小説の影響で犯罪に走った」ということになると、自分も困ったことになる。

 そういえば、山本さんも『地球最強姉妹キャンディ』で、知絵が爆弾を作った場面で「真似する読者がいると困るからね」と地の文で書かれ、(爆弾作りの)具体的な描写を敢えてなされなかったことがありましたね。

 あと、山本さんのお薦め?で『スピン』読んでみました。匿名さんの仰ったことが分かりました。
 個人的な感想ですが、読んでいて恩田陸さんの『ネクロポリス』を思い出しました。こちらはファンタジーも入っているので違うかもしれませんが。死者が世界観を色々喋る、という場面があったので…

 最後に、『スピン』感想のURLを貼っておきます。貼り付けが多いのは問題なので、一つで。

http://book.akahoshitakuya.com/b/4048736949

 …賛否両論?
Posted by toorisugari at 2012年11月21日 11:18
このアホ社長のはなしなんだが・・・
端的に言うとアニメやオタクというサブカルチャーに健全性をもとめて型にはめようと
する思考自体が北朝鮮のような凝り固まった独裁国家の指導者が求める思想ベクトルと重なるので
いやなんだよな。
まあ教養の低いワンマン社長にあるがちなことではあるがな
だから統計とかでボロがでる教養がないからな
でもってこういうやつに限って本来は社会的に健全性や規範がもっともっと求められる教師や
警察官のモラルハザードの方が今もっと深刻な事態なのになぜかそっちには全く目が
行かない。新聞読んでるのか本当に?
オタクよりいっぱい捕まってるのにさ?
なぜ目が行かないかっていうと、この社長自体がどっぷりそちら側の体制に近い思考だから
だろう。自分のまわりは見えないんだな
対岸にいるオタクだけには過剰に反応して叫弾するってのがその証拠だ
常識人を装ってはいるが、常識ならば性犯罪の関連性を高らかに叫ぶ以上は体制側のそれにも
体制にかかわらずに現象で目を向けるべきなのに、なぜかそちらはスルーだ。
やはり体制側の人間だからそちらは身内でいいってことだろう
体制という古い言葉を使ったが、この社長にはお似合いだ。
こいつは頭が古い
Posted by ll at 2013年01月01日 11:17
映像は人に訴えかけるものがあると思います。
特に若いこには。
某ゲーム作ってた方が、事件起きて槍玉にあげられた時は、山本さんと同じコメントしてましたよ。
でも、非公式な場所じゃ真逆の発言してましたよ。関係あるに決まってるじゃないですか。と、、、、、。

事件が起きて、馬鹿がやったことだと切り捨てるなら、そこまでですが、若い子や頭の弱い子も見るんですよ。
真似するんですよ。
良いもの作ってください。
Posted by tourisugari0506 at 2013年05月05日 14:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。