2012年09月22日

『サンデー毎日』「暴走“ロリ男”はなぜ増える」

『サンデー毎日』9月30日号「相次ぐ連れ去り、監禁…暴走“ロリ男”はなぜ増える」より。

 立て続けに起きた女児監禁事件。警察庁の犯罪情勢によると、昨年、未成年が被害者となった逮捕・監禁事件は79件で、一昨年に比べ12件増えた。また、13歳未満が被害者となった強制わいせつは1019件。2007~09年に900件に減ったが、一昨年から再び1000件台に。強姦は09、10年は50件台だったが、昨年は65件に増えている。

 本当かどうか、警察庁の犯罪情勢平成24年度版を見てみた。

http://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h23hanzaizyousei.pdf

「子どもを主たる被害者とする犯罪」のデータは、このファイルの119~122ページである。

>昨年、未成年が被害者となった逮捕・監禁事件は79件で、一昨年に比べ12件増えた。

 実際の数字はこう。

      (2010年) (2011年)
殺人     125  →  123
強盗     357  →  312
強姦     547  →  526
暴行     5,037 → 4,851
傷害     5,262 → 5,025
脅迫     295  →  276
恐喝     2,248 → 1,858
窃盗犯   223,980 → 198,793
詐欺     710  →  576
強制わいせつ 3,760 → 3,598
公然わいせつ 426  →  354
逮捕・監禁  67  →  79
略取・誘拐  148  →  117

 見ての通りだ。確かに「逮捕・監禁」だけは12件増えた。しかし、それ以外はすべて減少している!
「強姦」「強制わいせつ」「公然わいせつ」などの数字を見れば、未成年者への性犯罪が増加していないのは一目瞭然ではないか。この記事を書いた菊地香という記者は、卑劣なことに、唯一増加した「逮捕・監禁」の数字だけを挙げて、読者を誤誘導しているのである。

>13歳未満が被害者となった強制わいせつは1019件。2007~09年に900件に減ったが、一昨年から再び1000件台に。

 図表4-12-(2)-6の罪種別被害発生件数を見ていただきたい。強制わいせつは平成14年(2002年)には1,815件、2003年には2,087件もあった。それがわずか4年後の2007年には半分の907件に減少している。その後、少しリバウンドして、2010年には1,063年になったが、2011年には再び1019件に減少した。

>強姦は09、10年は50件台だったが、昨年は65件に増えている。

 これもピークは2003年の93件。それが2009年までに53件に減少。その後、やはりリバウンドして、2011年に65件になった。
「わいせつ目的略取誘拐」も、やはり2003年の56件がピークで、2005~2011年には24~30件の範囲に収まっている。
 もっと大局的に見てみよう。このグラフは「少年犯罪データベース」から引用させていただいた。



 ご覧の通り、昭和38年(1963年)には、小学生458人、未就学の児童92人が強姦の被害に遭っている。小学生以下に限定すれば、この年が戦後のピークである。
 偶然だが、1963年というのは、日本初の本格テレビアニメ『鉄腕アトム』が放映開始された年でもある。
 60年代末から犠牲者数は急降下。70~80年代を通じて減少を続け、1990年代になって減少が止まる。以後、小学生の犠牲者は41~70人の範囲で上下動を続けている。

 統計を見る限り、子供をターゲットにした性犯罪は昔より確実に減っている。2003年頃に比べると、強制わいせつ事件は半分になった。1960年代と比べれば、強姦事件は1/10になっている。

「暴走“ロリ男”はなぜ増える」

 この見出しに対する答えはこうだ。

「暴走“ロリ男”は確かにいる。だが、増えてなどいない」



同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事画像
鬼怒川決壊をめぐるデマ・3
鬼怒川水害をめぐるデマ・2
鬼怒川水害をめぐるデマ・1
お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?
彼らは調べようとしない・2
彼らは調べようとしない・1
同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事
 鬼怒川決壊をめぐるデマ・3 (2015-09-15 17:58)
 鬼怒川水害をめぐるデマ・2 (2015-09-14 20:53)
 鬼怒川水害をめぐるデマ・1 (2015-09-14 19:43)
 お前の行為はアイコンに恥じないものなのか? (2015-07-13 19:36)
 イベント「SF作家・山本弘とデマを10倍楽しむ」 (2015-06-24 20:29)
 「論理盲」の人たち (2015-06-24 18:04)

この記事へのコメント
定期的に一部のバカがやらかした後こんなノータリン記事が出てきますよねえ。
こんな三文記事を書くということは「私アホです」と自分で言いまわっているのと同義なのに
Posted by Xbeta at 2012年09月22日 16:53
失礼いたします。
このエントリをTwitterに掲載したいのですが、ご許可をいただけるでしょうか?
Posted by BeMIX at 2012年09月22日 21:13
初めて書きこみます。

 犯罪が増えていると危機感を煽った方が売上が伸びるのではないでしょうか。つまりこれはメディアではなく、そういう記事を望んでいる読者側(テレビなら視聴者側)の問題でしょう。自分が若かった頃は今よりもいい時代だったと過大評価したいのかもしれません。
Posted by クハ72 at 2012年09月22日 23:22
>「暴走“ロリ男”は確かにいる。だが、増えてなどいない」

 この言葉に、以下のように続けたいですね。

「そして、犯罪が減少していたとしても、『増えた』と誤解させる記事を記す、卑劣な記者もまた存在する」

 この手の記事を書く人は、なぜ「現代社会は過去より悪化してる」と書き立てるのか。いつも不思議です。
 エキセントリックな事を書き立てて、読者の目を引けさえすればよく、事実や真実など知った事じゃないのか。
 ここから、何かを攻撃するための材料(政府や社会、警察や法整備、アニメやマンガやゲームなど)にするためにわざとそうしてんのか。
 はたまた、「昔は良かった、それに比べ今は」という妄想を肯定したいがために、現実に目を向けたくないのか。

 児童への犯罪と同じくらい、こういう悪質な記者もまた問題じゃないかと思います。
Posted by 塩田多弾砲 at 2012年09月22日 23:36
初めて書き込み致します。

最近の事件に関連して、容疑者がプリキュアファンである事が、どこかの新聞で大きく取り上げられていましたが、
昔、プリキュアの公式サイトで、どこかのチビッコのお母様が、蒼野美希の「水着&入浴&彼氏(実は弟)と腕組み」シーンに猛抗議していた事を思い出しました。
確か「子供が観るアニメに、オタク向けの要素があるのは許せない」みたいな事を書かれていた様に記憶しています。

一般の方々からすれば、「子供相手の性犯罪は増加」していて、しかもその犯人は「幼児向けアニメに夢中になる異常者」だ、と思い込みたいのでしょうか。
10月末公開の『スマイルプリキュア』の映画、友人と観に行こうと、今から非常に楽しみにしておりますが、子連れの親達からどんな目で観られるか、少々不安であります。
…まぁ、それでも観に行きますが。
Posted by 大海笑 at 2012年09月22日 23:46
活字になっていると、すべて本当のことだと思い込みやすい。
メディアリテラシーに関しては山本さんの本をはじめ、いろいろ考えさせられました。
 だけど、いちち読んだモノに対し、裏を取るってなかなか出来ないじゃないですか。 
実際、自分が当事者に当てはまらなければ、調べようとなんて思わないぞ。
確かにこの菊地香と言う記者は、「世の中にこんなにロリコン犯罪者が増えているんですよ!!!」と、言う間違った知識を世間に広めようとしています。
調べて間違っているのが判っても、抗議したら、ロリコンのレッテルを張られてしまう二重のわな。
 そうか、ロリコンって、叩いても、抗議できない社会的弱者だったんだ。
 写真を趣味としていた頃、土門拳さんの「子どもたち」シリーズが好きで、知らない子供の写真を撮ったりしてましたが、今だったら通報されちゃいますね。いやな時代です。
 
あ、僕は養女に性的な興味はありませんです、念のため。
Posted by Jet-Sin at 2012年09月23日 15:53
本当ですよね~ッ!!

…こういった誤誘導をやたらにしたがるのが、我がニッポンのマスメディアの一番悪い点だという事に気付いてない奴が多い、というか、いわゆる「評論家」もこの点を全く指摘しようとしないのは、非常に不思議です…
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年09月24日 11:27
山本弘さんこんばんは。

「山本弘SF秘密基地」サイト開設当時に掲示板に書き込んでいましたよ(^^

こういう記事は昔からありますね。
普通に考えれば記者がこういう客観的なデータを知らないはずはないと思います。
でも記事にする場合、こういう見出しや内容にしたほうが受けるからなのでしょうね。

それとこの犯人が「プリキュア」見ていたとかの記事もありました。
アニメ見ていると書きますが、野球好きだったらそれは書きませんから。

こういう安易な決め付け記事は何の解決にもならない気もしますね。

ではこれからも応援していきます。
Posted by はぎ at 2012年09月24日 20:22
>「暴走“ロリ男”は確かにいる。だが、増えてなどいない」

データを見ればその通りだし、あんな報道すれば、偏見や差別が生まれます。

ところで、以下の件の事を知ったのですが、どう思いますか?賛成ですか、反対ですか。

子供への性犯罪の前歴者情報提供 法務省、大阪府に
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG24055_U2A920C1CC1000/

これは偏見ではないか?とか、これが許されるのなら、他の犯罪歴のある者も情報提供すべきではないか?とか疑問があるものです。
Posted by 匿名 at 2012年09月25日 12:53
某アグネスさんなんかもそうですけど、こういう人はまず結論ありきでその根拠となる数字なんかどうでも良いと思ってるんじゃないでしょうかね・・・。
Posted by ガラッ at 2012年09月25日 18:35
アニメとかロリコンに対する偏見がある限り、こういう印象操作は無くならないんだろうな・・・
アニメとかロリコンのイメージをアップする方法は何かないのかな
Posted by さとう at 2012年09月25日 22:29
>匿名さん

 前歴者の情報が絶対に外部に洩れないのであれば賛成です。
 ミーガン法みたいなものがそのまま成立すると、犯罪者の更生が妨げられるし、被害者のプライバシーが暴かれる危険もあります(未成年者への性犯罪の多くは、実の家族によって行なわれるので、犯人の名前が分かると被害者まで分かってしまう)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3%E6%B3%95#.E6.89.B9.E5.88.A4

 あと、子供への性犯罪にしか適用されないというのは変ですよね。成人女性へのレイプは防がなくていいのか、ということになってしまうので。再発防止の目的なら、すべての性犯罪について適用しなくちゃおかしいでしょう。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年09月27日 16:48
さらに、こんなニュースも出てきました。

「遊ぼう」「お菓子をあげる」…声かけ規制 子供への性犯罪防止へ
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_snk20120930538

子供に道を聞いたり、あいさつすることも出来ないのだろうか?
自分は子供に声かける機会はないけど、何か微妙な気分ですね。
Posted by 匿名 at 2012年10月01日 05:44
>匿名さん
>「遊ぼう」「お菓子をあげる」…声かけ規制 子供への性犯罪防止へ
うわあ……これはひどい。
暗い未来がまた一歩近づいた。
しかも奈良県ではすでに施行されてたのね。知らんかった……。
そのうち「子どもに視線を向けてはいけない」なんてことにもなりかねませんよ。
おそらく声かけ以上の比率で性犯罪者は子どもを見ますからね。
Posted by TakaTaka at 2012年10月03日 16:54
>匿名さん
>Takaさん

 それは「声かけ事案」というやつですね。
 確かに不審者が子供によからぬことをする前に、人目につかないところに誘い出そうと声をかけることが多いんで、警戒は必要なんですが、それが行き過ぎて、「子供に声をかけること自体がいけない」という風潮になってきてるんですよ。
 ラブホテル街で遊んでいた女の子に「こんな所で遊んでいたらあかん」と注意したら、通報されたという例も。

http://anzen.m47.jp/mail-67690.html

 すれ違う際に「ニヤッ」と微笑まれたとか。

http://anzen.m47.jp/mail-68284.html

 ただ立ってただけとか。

http://anzn.net/okayama/safety/index.php?i=1276

 こんなので不審者扱いされてはたまりません。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年10月07日 14:07
http://omegaphenix.blog.fc2.com/
この記事の、サンデー毎日の下りを転載させていただきました。もちろん、出典もとは明記しています。事後報告ですいません。
Posted by 鳳 明日香 at 2012年10月08日 10:21
>それは「声かけ事案」というやつですね。
検索したらいろいろ出てきました。
各警察署がこういう一覧を作っていたんですね。
「刃物をもって追いかけられた」とか「下半身を露出してきた」とか、確かに不審者だなという例も見受けられますが、「おい、と声をかけられた」や「写真を撮られた」等、それだけではなんとも判断できないものも多々あります。
どうにも、通報があれば無差別で掲載しているといった感じですね。警察は「対応した」という事実が欲しいだけなのかも。いちいち捜査なんてしていられないでしょうし。
でも立ってただけで通報だなんて、ひどいの極めつけですよ。大人の男はもう生きて地球の空気を吸うなと言わんばかりです。
私も子どものころ、楽しく高い塀をよじ登ったり路地に穴を掘ったり拾ったライターで民家の裏の枯れ草に火を付けたりしていたら、見知らぬ大人に声をかけられてカッとなった経験がありますが、そのころにも今のこのような風潮があったなら、即座に110番通報していたかもしれません。
不審者対策としては一定の効果があるのかもしれませんが、不審者でない人も同等か、まともな分それ以上に萎縮してしまうと思います。
現在の不審者が減るのと引き替えに、子どもの事故や少年犯罪、ひいては将来の悪人が増えるのではないでしょうか。
Posted by TakaTaka at 2012年10月08日 13:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。