2012年09月16日

「オカルト番組の嘘を暴く!Part2」

山本弘のSF&トンデモNight #14
「オカルト番組の嘘を暴く!Part2」

【出演】山本弘(SF作家/と学会会長)
【日時】9月28日(金) 開場19:00〜 開演19:30〜(約二時間)
【場所】トークシアターなんば紅鶴
 大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F
 南海なんば駅より南海通り東へ180m
【入場料】前売り¥1500- (当日500円up)
 ※飲食代別途

 SF、怪獣、オカルト、トンデモ本、女ターザン、アニメ、特撮……山本弘が興味を持つ様々なジャンルからワンテーマを選んで喋り倒すという、月一のレギュラートーク企画。
 今月は去年の9月にやって好評を博した「オカルト番組の嘘を暴く!」の第2弾。『FBI超能力捜査官』の透視はどこまで当たっていたのか? テレビで紹介されるUFO映像の真偽は? 心霊写真の正体は? オカルト番組の様々な嘘を具体的かつ徹底的に検証します。

 チケットは公式サイトから。
http://go-livewire.com/

-------------------------------------------
 お気づきの方もおられるでしょうけど、「『FBI超能力捜査官』の透視はどこまで当たっていたのか?」というのは、先日のASIOSのイベントでやったやつです。あれがけっこう好評だったので、大阪でもやることにしました。
 他にもいろんな素材を用意しています。クイズ形式で、「今の映像におかしな点があったのに気づかれた方は?」と客席に訊ねてみようと思っています。正解しても賞品は出ませんけど(笑)。
 昨年のPart1に来られた方も、もう一度来ていただけると嬉しいです。



同じカテゴリー(PR)の記事画像
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
同じカテゴリー(PR)の記事
 今だから振り返ろうUFO再入門 (2017-11-15 22:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編! (2017-10-25 18:20)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 山本弘のSF秘密基地LIVE#72  もっとやろうぜビブリオバトル! (2017-09-17 20:28)
 ASIOS「UFO事件クロニクル」出版記念トーク (2017-09-17 20:19)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)

この記事へのコメント
ほっほう、興味ぶかあい!
ですが、関東在住なので参加は無理ですね・・・・・・。

先日東京でやったASIOSのイベントの方には参加させていただいたので、あんなような感じの物になるんでしょうか。

参加していた立場としては、あのマクモニーグルの書いた地図のコピー(あるいは模したもの)が手元にあれば、もうちょっと推理やツッコミを楽しめたかなと思います。
Posted by zingoroh at 2012年09月16日 21:57
TVの話で思い出したのですが『トンデモ本の世界』矢追純一の話で「ミステル・ヤオイの『ミステル』とは何語なのか」とありましたがミステルはドイツ語で「宿り木」です。(転じてドイツ軍の特殊攻撃機の名前に使用)
ズンデル氏が矢追氏の名前に「ミステル」をつけたのは本当に言ったとすれば「他人のネタとつないだだけで番組を作る寄生虫みたいな奴」という意味ですか。どうせ言葉分かんないだろうというファッキンジャップな話です。
(ガセネタを検証もせず自分の番組に使う矢追氏にも問題が)
一つわからないのが『~世界』でドイツの計画機の話が加筆されているのになぜドイツ機の中では有名な部類のミステルに気が付かなかったのか?ということです。
と学会はオタクが多いそうですが当時はプラモ好きのメンバーはいなかったということですか。いれば絶対指摘する話ですが。
Posted by 汁恭子 at 2012年09月17日 23:20
 山本弘様、はじめまして。流離の転校生というものです。もっとも新しいオカルト、と学会関係の記事はこれのようなのでここに書き込ませていただきます。

 山本様は「トンデモ超常現象99の真相」などで臨死体験について、キリスト教圏の人間は天使や神、キリストを見るが仏教圏の人間は閻魔や鬼、三途の川見る。また、脳の右側頭葉を刺激することで臨死体験時の体外離脱と同様の事象が生じることをもって臨死体験は脳内現象にすぎないとおっしゃっています。
 しかし、脳内現象ならばそのとき必ず脳が機能しているはずだが、脳機能が完全に停止しているときに臨死体験をした例が多く存在する。臨死共有体験といい死に直面した当事者だけでなく、近くで見守っていた近親者が同一の臨死体験をした例が数多く存在する。脳を刺激して体験した擬似的な臨死体験や体外離脱体験の場合、本物の臨死体験に伴う価値観や死生観の変容がない、という事実に何故言及していないのでしょうか。これらは臨死体験のwikiにも明記されています。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E6%AD%BB%E4%BD%93%E9%A8%93

 以上は私の理性にもとづく質問です。これは感情にもとづく質問です。

 幼い子供が不治の病に犯され余命いくばくもなく、死後の世界や転生の実在に唯一の救いを見出していたとします。その場合霊魂や転生を否定する山本様の言動は、子供に絶望を突き付けることになるのではないでしょうか。自分のせいで幼い子供が死の恐怖に怯え、もがき苦しみながら死ぬことをどう思われますか。

 サイコップのジョン・ランディは超能力研究所に配下の偽超能力者(マジシャン)を潜入さえ、研究所を閉鎖に追い込みました。私にはランディの行為が正しいとはどうしても思えません。山本様はどう思われているのでしょうか。

 それでは乱文乱筆失礼致します。
Posted by 流離の転校生 at 2012年09月23日 20:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。