2012年08月03日

特撮博物館に感激!

 収録をした東京都現代美術館では、10月8日まで、「特撮博物館」というイベントを開催中。
 テレビの収録が行われたのは休館日だったので、展示の一部しか見られなかった。だもんで、翌日、もういっぺん行ってきた。

http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

 もうね、日本中の特撮マニア、全員来い!
 展示物の数々、すごいから。感動するから。こんだけの歴史的なミニチュアが一堂に集まることなんて前代未聞だから。

 だって、わだつみとかバッカスⅢ世とかスカイハイヤーとかボーンフリー号とかラビットパンダとかポーラーボーラとかメーサー殺獣光線車とか恐獣ミサイルとかマグマ大使のロケット形態とかの実物が展示してあるんだよ!
 トリプルファイターやグリーンマンやレッドマンやロックバットやライオン丸やスペクトルマンやサンダーマスクやファイヤーマンやジャンボーグ9のマスク、ゾーンファイターのマスクと上半身、メカゴジラ2や平成ガメラの着ぐるみとかも本物だよ!
 残念なことにオリジナルが失われていて、レプリカも多いんだけど、撮影に使用されたモデルを忠実に再現したとかで、十分すぎるほど目の保養になる。特にMJ号の9尺モデルには圧倒される。9尺ということは2・7メートルだから、約100分の1か。よく観察すると、ピアノ線を付けるポイントも分かる。
 その周囲には、ピブリダー、コンクルーダー、エキゾスカウト、バギーも展示されている。いずれも実際のモデルを元に復元されたレプリカ。特にコンクルーダーがため息が出るほど美しい。
 そうそう、500円で借りられる音声ガイドの声が清川元夢なんだけど、『マイティジャック』のブースで、テーマ曲をバックにあのOPナレーションを読み上げられたのには参った。感動のあまり笑い出しそうになったよ。

 言うまでもないけど、『地球最強姉妹キャンディ』に出てくる高速強襲揚陸艦〈メロンジュース〉は、MJ号のパロである。全長235メートルで、船内工場で新メカ組み立てたり。好きだったんだよね、『マイティジャック』。
 特に2巻のクライマックス、ザイゴンの潜水戦艦とのバトルは、10話「爆破指令」(そう言えばこれも満田監督だったか)への徹底的なオマージュ。劇中ではあまりうまく運用されていたとは言い難いMJ号を、僕なりに大活躍させてやりたくて考えたストーリーである。
 僕が12歳の時のわくわく感を、今の11~12歳ぐらいの子供たちに伝えたかったのだ。


 他にも、スカイホエールのミニチュアもかなりでかいし、ビートル、ウルトラホーク1号、マットアロー1号と2号、マットジャイロ、タックアロー、隼号やスピップ号やムーンライトSY-3を間近で見れて、もう夢のよう。ここは天国ですか。
 これも言うまでもないだろうけど、『地球移動作戦』に出てくる宇宙船〈ファルケ〉と〈フェニックス〉は、隼号と鳳号のオマージュである。
 しかし、ムーンライトSY-3は今みてもしびれるデザインだなあ。サンダーバード1号にインスパイアされたのかもしれないが、模倣じゃなくしっかりオリジナリティあふれるデザインになっているのが素晴らしい。東宝特撮メカの中ではいちばん好き。
 モデルの一部しか現存していないものも、その部分だけが展示されている。轟天号のドリルとか、ピブリダーのアップ用の翼(ノコギリが出てくるやつ)とか。

 壁に貼られた展示物にも注目しよう。
 成田亨氏のデザイン画や油絵、『海底軍艦』『マイティジャック』等の設定画や図面、当時の少年雑誌の口絵、小松崎茂氏のプラモデルのボックスアートなど、貴重な資料がいっぱいだ。
 特に僕が気に入ったのは、東宝特撮映画の劇中で使われた架空の新聞! ドゴラによる被害やムー帝国の攻撃やPー1号の地球帰還やモスラの卵の漂着を報じてるやつ。画面では一瞬しか映らないんで、細かいところが見えなくて悔しい思いをしてたんだけど。ここではじっくり読める。
 本物の新聞の紙面を流用して、写真と見出しと文の一部、それに紙名のロゴを差し替えて作っていることが分かる。よく見るとケネディ暗殺とか三井三池炭鉱爆発事故とか朝永振一郎のノーベル賞受賞のことが書いてあるのだ。
 これ欲しい! このままコピーして売ればいいのに……と思ったけど、本物の新聞を使ってるから版権的に難しいか。うーん。
 
 短編映画『巨神兵東京に現わる』も素晴らしい。
 今の時代にあえてCGを使わず、ミニチュアと合成だけで作られた特撮映画。冒頭の東京の見事な俯瞰映像からして、実はミニチュア。巨神兵のビーム攻撃でビルが吹っ飛び、東京が壊滅してゆく。その大迫力! 『妖星ゴラス』『世界大戦争』『宇宙大戦争』『日本沈没』(旧作)、海外映画『世界大洪水』『雨ぞ降る』、最近では『超強台風』などのカタストロフ・シーンが大好きな僕としては、すっかり堪能してしまった。
 映画を見終わった後、隣の部屋で撮影の裏側を解説したビデオを見る。これがまた面白い。 そうやって動かしてたのか巨神兵。
 実は途中で2箇所、「CGじゃないか」と思ったカットがあった。巨神兵のビームを受けたビルが融けるところと、東京の空にキノコ雲が立ちのぼるところである。ところが、これも実にローテクな手法で撮影されていたと知って驚いた。ビルの崩れ方も、これまでの映画にはなかったテクニックを使っている。
 特撮というのはセンスと工夫だというのがよく分かる。

 地下の「特撮美術倉庫」という展示もいい。東宝の美術倉庫を再現したという設定で、薄汚い倉庫の中に、東宝映画で使われたいろんなミニチュアが所狭しと並んでいるのだ。『妖星ゴラス』で高潮を浴びてひっくり返った機関車とか、『怪獣総進撃』で北京郊外でモスラに襲われた列車とか、『キングコング対ゴジラ』の都電とか、『青島要塞爆撃命令』のクライマックスで巨大砲弾を運んでた蒸気機関車とか。どれも普通の鉄道模型よりかなり大きい。よく残ってたもんだ。
 戦車、飛行機、ヘリ、艦船類も多数。『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』のヨットとかも興味深いけど、ゴラスの実物がまだ残ってたというのには驚いた。棚の上の方に、無造作にスーパーX2が置かれてたりする。出口のところには、護国聖獣キングギドラの着ぐるみも。

 2時間あれば回れるかと思ったら、ぜんぜん足りない。閉館時間が近づいたので、最後の方は駆け足になってしまった。
 これはぜひ、もう一度行かねば。

 半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分。
 今の季節、炎天下を歩くのが嫌な方には、東京駅丸の内口から東20「錦糸町駅前」行のバスに乗られることをおすすめします。美術館前に停まります。


タグ :特撮怪獣

同じカテゴリー(特撮)の記事画像
星雲賞受賞の言葉
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
この夏の総決算・その5
この夏の総決算・その2
この夏の総決算・その1
『多々良島ふたたび:ウルトラ怪獣アンソロジー』
同じカテゴリー(特撮)の記事
 特撮ファンのための戦争映画入門 (2017-07-21 20:42)
 山本弘のSF秘密基地LIVE「世界の怪獣総進撃!」 (2017-06-17 19:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界RETURNS (2017-05-19 22:24)
 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』発売記念イベント (2017-04-07 19:39)
 新刊『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (2017-04-07 19:09)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)

この記事へのトラックバック
 本日二本目の更新です。一本目「WF2012[夏]情報(その4) /08/04 」はこちら。

前回の「 /08/02 」に続いて、
7月10日より「東京都現代美術館」にて開催中の
「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミ...
ガメラ:東京都現代美術館の企画展「特撮博物館」でガメラ 2012/08/04【ガメラ医師のBlog】at 2012年08月04日 17:27
この記事へのコメント
山本さん、やはりこの事を記事にしましたね!
私はこちらのほうはまだ行っていないので、近々時間を作って行くつもりです。

ところで…

http://togetter.com/li/344669

http://blog-imgs-45-origin.fc2.com/a/s/n/asnyaro/reislider.jpeg

http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51730149.html

この「滑り台」、どうなんでしょうね…(記事と無関係?)
Posted by toorisugari at 2012年08月03日 15:39
おおっ!やっぱりすばらしそうですね、特撮博物館。

私は九州在住なので行けるかどうか微妙でしたが、ちょっと遅めの夏休みが9月に取れることになったので、東京へ特撮博物館を見に行くことにしました。

今、東京に旅行するならスカイツリーと特撮博物館ですから(笑)、同じ日に両方とも見に行く予定だったのですが、これは考えを改めた方がいいようですね。特撮博物館のために丸1日空けようと思います。スカイツリーは、外から眺めるだけでもいいですしね。

しかし、こういうときは東京在住の方がうらやましいです。
Posted by カルスト at 2012年08月03日 17:28
本当に萌えまくりでした。
私も2時間予定侵入し、時間足りませんでした。
Posted by うみさん at 2012年08月04日 08:41
あの展示、こんなにまで凄いのか…いや、実は近所なんですが、なぜか今まで触手が動かなかったんですよ…(あれ?「食指が動かない」の方が正しいんでしたっけ?でもまぁ、特撮展に関する事なんですから、こっちの方が雰囲気が出ますよね…〔笑〕)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年08月04日 10:35
私も行きました。確かに2時間では足りませんね。
夏休中に息子を連れて再訪するつもりです。息子をだしに使います(笑)。
Posted by BBM at 2012年08月04日 12:33
最高の論評!
惜しむらくは、
どこかに載せれば、原稿料がもらえたのでは?
です。
「ヒメ、東京に現る」はだめですか?いや、霞ヶ浦のシーンの方が…。
Posted by 理力不足 at 2012年08月05日 14:05
こんにちは。今回は正真正銘、現代美術館の近所です!!その名も「初音」という焼き鳥屋さんです!!ミクちゃんのTシャツをお召しの上、いらしては如何ですか?(笑)↓

http://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13024693/
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年08月06日 14:51
因みに、同じお店の「ぐるなび」でのページは此方です!!↓
http://rp.gnavi.co.jp/5474304/
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年08月06日 15:18
一応、此方のお店もお教え致しますね…(現代美術館の近所ではありませんし、初音ミク関連でもありませんが、一応、特撮関連ですので…)

http://www.timeout.jp/mobile/ja/tokyo/venue/8882
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年08月07日 00:37
 先日(8/5)、東京に夕方某声優さんのライブへ行く予定が有り、開演までの間どこへ行こうかと悩んでいたら先生のブログでこのイベントを知り、行って来ました。とても面白かったです。

>2時間あれば回れるかと思ったら、ぜんぜん足りない。

確かに二時間ではまわりきれませんね。最後のミニチュア撮影コーナーまで込みまくってましたし・・・

 あと、音声ガイドの音が小さくて聞きにくかったのでアイポッドのイヤホンを使ったら聞きやすかったです。これから一人で行かれる方にはイヤホンの持参をお勧めします。
Posted by 餃子少年 at 2012年08月07日 19:52
そうですよね!まさに特撮ファンの桃源郷!
マイティ号(あのミニチュアが再現される過程がまた泣ける)前で思わず涙ぐんでたら家内に「何泣いてんの?」と突っ込まれました。
そういう家内も「だ!大魔神よおお~!」と大騒ぎしてたし息子はローレライの前で動かなくなりましたw次は是非音声ガイド聞かなくては。
これは庵野館長、樋口副館長らのミニチュア特撮への鎮魂歌なんでしょうね。

追伸、「地球最強姉妹キャンディ」物凄く読みたくなりましたw。すぐ本屋さんに発注します。
Posted by めすくりん人 at 2012年08月09日 12:20
すいません、この前お教え致しました焼き鳥屋さんの「初音」ですが、昨日実際にお店の前まで行って値段表を確認してみたら、メッチャ高いので驚きました!!(*_*)


…到底、お薦めは出来ません。申し訳無い…
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2012年08月09日 19:36
 すみません。コミケ前でむちゃくちゃ忙しいので、みなさんにお返事できません。
 これから明日のために早く寝ます。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年08月09日 21:48
>すみません。コミケ前でむちゃくちゃ忙しいので、みなさんにお返事できません。
 これから明日のために早く寝ます。

いよいよ始動ですな!
(無理のない範囲で)頑張ってください!!!
Posted by toorisugari at 2012年08月10日 08:48
はじめまして。

関西から学会大会参加を口実に行って参りました。
展示室から漏れ聞こえるキングギドラの鳴き声を聞いただけで目頭が熱くなってしまいました。

私の世代には、タロウやジャンボーグナインがツボでした。
地下の倉庫には、「巨神兵東京に現る」に登場したと思しい犬やなぜかバルキリーも居て、けっこう楽しめました。

円谷英二の展示室では、泣きそうになります(同郷なもので)。

もう再び上京する機会も無さそうなので、二日間計六時間堪能致しました!

特撮って、やっぱり良いですよね。それでは失礼します。
Posted by 非常勤講師ですが at 2012年09月04日 12:05
 自分も昨日、ようやく行けました。

 しかし失礼ながら、

>もうね、日本中の特撮マニア、全員来い!

 ここは、日本中の特撮マニア→世界中の特撮マニア
 
 と、こう言うべきかと。

 これはもう、海外の人たちにもぜひ見てもらいたいですね。
 ここまでのものを、かつての日本は作ってたんだ……って事を、知ってもらいたいものです。

 自分はドリルメカが大好きなので、轟天号や惑星轟天、およびそれらのドリルが展示されてて嬉しかったのですが。
 まさか、ポーラボーラまで展示されていたとは。感無量とはこのこと。
 できれば、マグマライザーとかペルシダーとかもあればよかったかなー。ボーンフリー号があったから、ひょっとしたらアイゼンボーグ号も……と、期待してましたが、さすがに無理でした。

 そういえば、再現された小林知己氏の仕事場の棚の上には。
 実現しなかった怪獣映画「ネッシー」に登場予定だった、ネッシーのひな形がありましたっけね。某ムックなどでその名前を知ってから、どんなネッシーなんだろうと想像していたのですが。
 デザイン画のみならず、その実物(原型ですが)をこの目で見られたとは。このサプライズにびっくりでありました。

 惜しむらくは、もう終わってしまう事。
 今度は、東映特撮を中心とした展示をお願いしたいですね。現存してる戦隊ロボの着ぐるみを並べるだけでも、壮観でしょうし。
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2012年10月05日 21:07
 私も10月8日の最終日に行ってきました。
 最終日だから、ガラガラだろうなんて思っていたら、甘かった!! ルノアールのココアのように甘かった!!!!
 長蛇の列とはこの事かと思いました。チケット売り場は、すぐ側なのに入り口までの列の長いこと、長いこと!! 30分かけて、やっと入口の前にたどり着いたと思ったら、またグルンと回り込まされました。それから入口に入ったかと思ったら、またぐね~っと回り込まされました。入るだけで1時間以上かかりましたよwww!!
 でも良いこともありました。あまりの列の長さに入ることを断念した女性客が、非売品のタダ券を譲ってくれたんです。
 本当にwww!!

 入るだけで行数使っちゃったので、博物館の感想はもういいやwww。
 近くにおいしそうな食い物屋が結構あったので、家で食事取ってから出かけたのは失敗でした。向こうで食えば良かった。

 それで!! あまりに好評だったため、国内巡回展の検討に入ったそうです。地方の人には朗報かも。

 http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/
 
Posted by 河合郷広 at 2012年10月08日 22:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。