2012年06月21日

「『SFマガジン』を創刊号から読んでみる part.3」

山本弘のSF&トンデモNight #11
「「幻の名作・怪作を発掘! 『SFマガジン』を創刊号から読んでみる part.3」

【出演】山本弘(SF作家/と学会会長)
【時間】6月29日(金)
     開場19:00〜 開演19:30〜(約二時間)
【場所】トークシアターなんば紅鶴
大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F
南海なんば駅より南海通り東へ180m
【入場料】前売り¥1500- (当日500円up)
 ※飲食代別途

http://go-livewire.com/index.html#

 グレッグ・イーガンやテッド・チャンもいいけれど、昔のSFだって面白かった!
 1959年12月に創刊され、すでに半世紀の歴史がある『SFマガジン』。80年代以前のクラシックSFを深く愛する山本弘が、その初期の号の中から、今となっては読めない幻の名作、心温まる佳作、奇想天外な怪作、爆笑の珍作の数々を、主観と偏見でピックアップ。素朴だけれど楽しいクラシックSFの魅力を語り尽くします。
 今回はついに100号からを紹介します。日本人作家も出揃い、世は万国博覧会景気に酔う未来論盛んなりし70年代。SFブーム到来で誌面も充実。クラークやアシモフなどの大御所と違い、決してスポットの当たらないマイナーな作家たちの、想像力の競演をお楽しみください。
---------------------------------------------

 もうそろそろ1年になりますね、「SF&トンデモNight 」。そんなに続けられないだろうと思ってたんだけど、けっこうネタはあるもんです。
 ちなみに前回のLiveWireのイベントの映像。 テーマは「同人誌」。

http://www.ustream.tv/recorded/22837130

(プロジェクターの映りが悪いんで、声だけ聴いて想像していただけるとありがたいです)
「星群」から「あすたりすく」から「と学会」、『トランスフォーマー』に『赤ずきんチャチャ』、『Speed Fighter』、『プラモ狂四郎』、『オトナ帝国の興亡』、『さよなら絶望先生』、女ターザンと、いろいろ作ってたなあ。
『ようこそようこ』の同人誌が見つからなくて、持ってこれなかったのが、本当に残念。
 買う方もいろいろ買ってきたなあ、こうして見ると。

 こちらは前々回の「『SFマガジン』を創刊号から読んでみる part.2」。51号から100号を取り上げて紹介してます。

http://www.ustream.tv/recorded/22243596



同じカテゴリー(PR)の記事画像
新刊『プラスチックの恋人』
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
同じカテゴリー(PR)の記事
 新刊『プラスチックの恋人』 (2017-12-20 17:25)
 伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」 (2017-12-14 19:02)
 今だから振り返ろうUFO再入門 (2017-11-15 22:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編! (2017-10-25 18:20)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 山本弘のSF秘密基地LIVE#72  もっとやろうぜビブリオバトル! (2017-09-17 20:28)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。