2012年06月21日

「スカイツリーは地下も含めると666m」というのはデマ

634mスカイツリーに666m説出る 「陰謀めいてる」との声
http://www.news-postseven.com/archives/20120617_119790.html
  5月に開業した東京スカイツリーでは、数々のミステリーがささやかれている。

 スカイツリーの高さは、武蔵野国の名にちなんで634mに決めたとされている。ギネスブックにも634mと記録されている。だが、本当は666mだという説がある。超常現象に詳しいUFO研究家の並木伸一郎さんはこう語る。

「スカイツリーは地下に頑丈な土台が築かれていますが、これが深さ10階建て以上に相当するといわれています。10階建ての建物の高さは、一般的に31mほど。10階建て以上ということは31m以上掘ってあるということで、これが32mだとすると、高さ634m+地下32m=666mということになるのです。

 666は新約聖書では不吉な数字とされていますから、日本のシンボルとなるスカイツリーが666の数字をもとに造られているとしたら、どこか陰謀めいたものを感じずにはいられません」(並木さん・以下同)
(中略)
※女性セブン2012年6月28日号

 ああ、また並木さんが口からでまかせのええかげんなことを(笑)。
 はい、大林組のサイトを見てみよう。

http://www.obayashi.co.jp/news/skytreedetail22

 基礎の深さは50mだってしっかり書いてあるよ!
 だいたい「10階建て以上」だから32mって、論理がむちゃくちゃだろう。
「深さ10階建て以上に相当する」という話はどこから出てきたのか。元ネタを探してみたら、こんなのが見つかった。 昨年の7月24日にアップされている。「東京スカイツリー 世界最難関への挑戦」という番組はこの日に放映されているので、この人が言い出しっぺと考えていいだろう。

http://d.hatena.ne.jp/goro358/20110724
今晩、NHKスペシャルでスカイツリーの建設ドキュメントをやっていた。
「東京スカイツリー 世界最難関への挑戦」
地下に土台部分を掘削する様子が出た!
~10階建て以上に相当する深さ~とナレーションが出た!

10階建てで高さ31m、というのが一般的だ。
地上634m+地下31mで、665m。
10階建て以上、ということで、地下は32mにしているのでは?
634+32=666。

 うわ、「10階建てで高さ31m、というのが一般的だ」→「10階建ての建物の高さは、一般的に31mほど」、「10階建て以上、ということで」→「10階建て以上ということは31m以上掘ってあるということで」と、言い回しまでそっくりだ! 並木さん、明らかにこのブログ読んでるだろ!
 このブログ主、「+マクロビオティック+小林正観+水と食の健康法クラブ+エコロジー+中丸薫+ニューエイジ+ 」なんだそうで、

http://d.hatena.ne.jp/goro358/20120514
シナ(中国)は尖閣諸島を日本から略奪したくて日本に敵対。
偉そうにチューコクってか。
イイ加減にシナさい。
チョーセンは慰安婦だかで謝罪と賠償の言いがかりで日本に敵対。
偉そうにチョーセンってか。
コリァあきれた。

 ネトウヨでオカルトマニアで陰謀論者のうえにダジャレ好きかよ!(笑)数え役満だな。
 コリァあきれた。並木さん、こんなのネタにしてんのか。

 ちなみにビルの1階あたりの高さは、ビルによってかなり差がある。
 僕の仕事場のマンションは、前に測ったことがあるけど、1階あたり約3m。実はこれはかなり低い。前にアメリカからテレビの取材班が来た時、スタッフが戸口で頭ぶつけていた(笑)。あくまで日本人向けの、それも低層マンションにおける数字なのだ。
 大きなビルではもっと高いのが普通だ。日本で最も高いマンションである大阪のThe Kitahamaは、54階で209.4 mなので、1階あたり約3.9m、サンシャイン60は60階建てで239.7mなので、1階あたり約4.0m。NEC本社ビルは43階で180mなので、1階あたり4.2m。
 だから深さ50mを「10階建て以上に相当する深さ」と形容するのは間違いではない。それを「32m」と解釈するのが間違いなだけで。

 スカイツリーについては、2年前、『MM9─invasion─』の舞台にするためにいろいろ調べた。ネットで検索したのはもちろん、テレビで特集組んだら欠かさず録画したし、建設途中の現場にも足を運んで、下から見たらどんな感じに見えるかを実感した。
 もっとも、けっこう基本的なことが分からなくて苦労した。エレベーターが展望台の何階に到着するのかとか、料金はいくらぐらいかとか。当時はまだ正確な完成予定日さえ決まっていなかった。
 わざわざ東武タワースカイツリー株式会社に電話かけて、「エレベーターは何階に到着するんですか?」と訊ねたこともあったけど、「まだ決まっておりません」という返事だった。しょうがないので、かなり想像でごまかすしかなかった。
 だから完成した実際のスカイツリーとはかなり違っている。たとえば作中ではオープンしたのは2012年の3月ということなっているし、当時はまだ「天望デッキ」「天望回廊」という名前もなかったので、作中では「第一展望台」「第二展望台」と呼ばれている。
 かなり混むことは予想していて、作中でもそういう描写は入れてるけど、チケットが完全予約制になるというのはさすがに予想外だった。実物に登れるのはいつなんだろうか。



同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事画像
『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
鬼怒川決壊をめぐるデマ・3
鬼怒川水害をめぐるデマ・2
鬼怒川水害をめぐるデマ・1
お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?
同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事
 『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話 (2017-09-06 21:41)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 最近のデマ・2017 (2017-01-31 22:27)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・3 (2016-11-22 17:53)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・2 (2016-11-22 17:35)

この記事へのコメント
試しに「666m」で検索したら出てきました。
「大池総合運動公園 ラバーコース666m」
http://www.jognote.com/jogmaps/302980

不吉な。
ここを人々がジョギングするのは何かの儀式ではないでしょうか。己の肉体に苦痛を与えて痩せ細らせる呪いといった……。
私が思うに、この手の不吉なものは世界中の至る所にあるはずです。
おそらく1~1000mの長さの何かをランダムに10万個抽出したら、そのうちの100個くらいは666mになるのではないでしょうか。
恐ろしい。
本当に恐ろしい。
並木さん、今回も残念ながらデマを拡散してしまいましたが、わざわざ東京スカイツリーまで出掛けずとも、ご自身の家の近所にだって、丁寧に探せば正真正銘の「666m」が必ずどこかに潜んでいるはずです。
頑張ってそれを見つけ出し、今度という今度こそ正しく警鐘を鳴らしてほしいものです。

でも「777m」という、運が良さげなものも同じ数だけあるでしょうから、ちょうど打ち消し合って一安心。
Posted by TakaTaka at 2012年06月21日 17:02
お晩で御座いました。

ワタシは、アルバイトで「送電鉄塔の基礎工事」を何年間かやってますが、「幹線」と呼ばれる鉄塔の基礎の深さは、(送電線の張力がかかりますが)鉄塔本体に比してかなり深くなります。

放送鉄塔がハナシの様な「浅さ」だったらたまげますな(-"-;)

鉄塔土木の基礎を知らなきゃ、吐けない発言ですわな。

ヤレヤレ(┳◇┳)



調べないトーシローは嫌ですね。
Posted by 孤星 at 2012年06月26日 20:16
もしかしたら先刻ご承知かもしれませんが、実は、666メートルも一時は検討されたそうですよ。
設計をやり直さなければならないので中止になったとか。
そこから話が広がって、「いや、実は基礎も含めると666メートルなんだ!」とか、そんな話が出て来たような気がします。
あまりにも王道エンタメのノリで、あの時は、ちょっとワクワクしました。(笑)
Posted by あさじ at 2012年06月27日 11:42
黙示録の時代、メートル法はなかったんではないでしょうか?
かといって、666キュービットの建物が怪しいというわけではありません。777mに一票。

ご謙遜を。スカイツリーから下を見たらどう見えるかまで考察されたでしょう。
Posted by 理力不足 at 2012年07月05日 18:55
基礎部分は杭のことをさしてるかと。
地下部分に該当するものは地下何階とか人間が入れる空間じゃないですかね。
あのあたりは50mくらいが基礎じゃないかな。
Posted by 遅レスですが at 2013年03月22日 01:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。