2012年04月29日

福島産の野菜による被曝量はどれぐらい?

 それならなぜ、僕は「福島の野菜をじゃんじゃん食べよう」と書いたのか? 理由は簡単である。

1.福島の野菜は安全である。
2.福島の野菜を買うのを避けることは、被災地の人たちを苦しめることである。被災地の野菜を買うことは支援につながる。

 まず、1から説明しよう。
 この4月から、野菜に含まれるセシウム137の基準値は、それまでの1kgあたり500ベクレルから、1kgあたり100ベクレルにきびしくなった。僕はこの「1kgあたり100ベクレル」という基準はナンセンスで、500ベクレルで十分だと思っている。その理由はこれから述べる。

 まず、基準値ぎりぎりの野菜を食べ続けた場合の被曝量を計算してみよう。
 これだけニュースで報じられているのに、いまだにベクレル→シーベルトの換算ができない人が多い。「そんな難しいことは分からない」と、考えるのを放棄しているのだろうか。
 そんなことはない。単純な掛け算だから、この機会に覚えてほしい。放射性元素ごとに算出された「実効線量係数」という数値を、ベクレルに掛けるだけである。

ベクレル×実効線量係数(ミリシーベルト/ベクレル)=ミリシーベルト

 ほら、小学校高学年でもできるでしょ、こんな計算?
 現在、日本人の野菜の平均摂取量は、1日あたり280.9gだそうである。

http://www.5aday.net/data/intake/index.html

 セシウム137を経口摂取した場合の実効線量係数は、0.000013(ミリシーベルト/ベクレル)である。つまり1ベクレル摂取すると、0.000013ミリシーベルト(0.013マイクロシーベルト)被曝する。

http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/13.html

 仮に1kgあたり100ベクレルの野菜を一日に280.9g、1年間食べ続けたとすると、

 100×0.2809×365=10300

 で、約1万ベクレルを摂取することになる。これによる被曝量は

 10300×0.013=130

 130マイクロシーベルト、つまり0.13ミリシーベルトである。1年中ずっと食べ続けても、1ミリシーベルトに達しないのだ。(幼児の場合の実効線量係数は大人よりやや高いが、幼児は野菜を食べる量も少ないので、被曝量も少ない)

 しかもこれは、規制値ぎりぎりの野菜を1年中食べ続けるという、現実にはとうていありえない仮定を元にしている。スーパーに行けば日本全国の野菜、さらには海外からの輸入野菜も並んでいる。たまたま手にした野菜が福島産である確率は数十分の一にすぎない。また、福島産の野菜の放射線量がすべて基準値ぎりぎりということもありえない。そのほとんどは、基準値の何分の一、何十分の一という量のはずである。
 そう考えると、福島産の野菜によって被曝する量は、130マイクロシーベルトよりずっと少なく、せいぜい年間数マイクロシーベルト程度の量であると推測できる。その被曝の影響など、まったく考える必要はない。

「でも、もしかしたら検査をすりぬけて、基準値より高い野菜が市場に出回ってしまうこともあるのでは?」

 そう危惧する人もおられるかもしれない。心配ご無用。
 まず、基準値を大幅に上回る野菜が収穫されること自体が少ないことだし、さらにそれが検査をすり抜けて出荷され、あなたの口に入る確率はきわめて小さい。
 たとえそうした基準値オーバーの野菜を食べても、一回ぐらいなら何の影響もない。
 1回の食事で口にする野菜は100g前後だろう。仮にそれが基準値の10倍、1kgあたり1000ベクレルのセシウム137を含んでいたとすると、体内に入る量は100ベクレル。
 その被曝量は、わずか1.3マイクロシーベルト。

「それでも不安だ! 1ベクレルの放射性物質も口に入れたくない!」

 そうヒステリックにわめく方もおられるかもしれない。だが、それは不可能なのだ。放射性物質は自然界にも存在していて、僕らは常にそれを食べているのだから。
 たとえばカリウム40という放射性元素がある。これは天然カリウムの中に0.0117 %の割合で存在している。そしてカリウムは生物にとっての必須元素であるため、カリウム40はほとんどすべての食品に含まれている。
 カリウム1gには30.4ベクレルのカリウム40が含まれている。つまり食品中に含まれるカリウムの量が分かれば、そこからカリウム40による被曝量も導ける。

栄養素別食品一覧/カリウム
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/kalium.html

 このリストは食品100gあたりのカリウムの量をmg単位で表わしたもの。たとえば、とろろ昆布1kgには、48000mg(48g)のカリウムが含まれていることになる。だからこの表の数字に0.304を掛ければ、1kgあたりのベクレルが換算できる。
 特にカリウム40の多い食品をいくつか挙げよう。

ほうれん草(生) 210ベクレル
するめ 330ベクレル
ビーフジャーキー 230ベクレル
こんぶ(乾) 1600ベクレル
わかめ(素干し) 1600ベクレル
とろろ昆布 1500ベクレル
だいず(乾) 580ベクレル
あずき(乾) 460ベクレル
納豆 200ベクレル
煮干し 360ベクレル
ピスタチオ 290ベクレル
干ししいたけ(乾) 640ベクレル
マッシュポテト(乾) 360ベクレル
フライドポテト 200ベクレル
脱脂粉乳(粉)  550ベクレル

 他にもたくさんの食品に1kgあたり100ベクレル以上のカリウム40が含まれている。生きている限り、これを避けることはできない。
 ちなみに、カリウム40を経口摂取した場合の実効線量係数は、セシウム137の約半分。つまり「カリウム40の200ベクレルは、セシウム137の100ベクレルに相当する」と考えてよい。
 もっと分かりやすく言えば、1kgあたり100ベクレルのセシウム137を含む野菜を食べた場合の被曝量は、同じ重量の納豆やフライドポテトを食べた場合の被曝量と、ほぼ同じなのである。
 4月9日、千葉県白井市で、露地栽培された原木シイタケから、基準値を超える1kgあたり740ベクレルの放射性セシウムが検出された。
 仮にこのシイタケを100g食べて、74ベクレルのセシウム137が体内に入ったとすると、それによる被曝量は0.96マイクロシーベルト。とろろ昆布を100g食べたのと同じぐらいである。(とろろ昆布には1kgあたり1500ベクレルのカリウム40が含まれている)

 だから僕は、「1kgあたり100ベクレル」という新基準をナンセンスだと思っている。この被曝量をカリウム40に当てはめたら、納豆もフライドポテトもするめも煮干しも食べてはいけないことになってしまうのだ。(1kgあたり500ベクレルという基準でも、とろろ昆布はオーバーしてしまうのだが)
 実におかしな話である。この基準を定めた人は、「人工の放射能は自然の放射能よりはるかに危険」とでも思っているのだろうか。

「カリウムを摂取すると被曝するのか。だったらカリウムの入った食品は避けた方がいい」

 そう誤解される方がおられるかもしれないので、事前に警告しておく。それは大変に危険な考えである。カリウムは健康にとって重要なのだ。

http://vitamine.jp/minera/kari.html

 人体は常にカリウムを排出しているが、同時に食物からカリウムを摂取しているため、体内のカリウムの量はほぼ一定に保たれている。カリウムが足りなくなると、低カリウム血症になり、脱力感、無表情、無関心、無気力、うとうと状態、筋力低下、食欲不振、吐き気、いらだち、非合理的行動、重度では筋肉麻痺、横隔膜の不動と血圧低下由来の呼吸不全といった症状が出る。

http://vitamine.jp/minera/kari03.html

 つまりカリウムを毎日摂取することによって健康が保たれているのだ。地球上の生物は、カリウムを利用する体に進化してきた。カリウムなしで人間は生きられない。
 成人の体内には、およそ4000ベクレルのカリウム40が常に存在している。これによって、生殖腺に対して年間180マイクロシーベルト、骨に対して年間140マイクロシーベルト被曝していると言われている。
 当然、人によってカリウムの摂取量は違うから、被曝量にも何パーセントかの個人差があるはずである。普段からほうれん草や納豆や昆布やわかめをたくさん食べている人は、平均的な人より被曝量は何マイクロシーベルトか多いだろう。
 だから被曝量が数マイクロシーベルト増えたところで、それは個人差の範囲内ということである。そんなもので何か影響が出るわけがない。
 カリウム40以外にも、自然界には炭素14という放射性元素もある。炭素は生命を構成する基本元素なので、炭素14もあらゆる食品中に存在する。
 たとえば、でんぷん1kgの中には440gの炭素が含まれている。炭素1gあたり0.23ベクレルの炭素14が含まれているから、でんぷん1kgには約100ベクレルの炭素14が含まれていることになる。
 ちなみに、大気圏内核実験が行なわれていた1960年代には、その影響で炭素14の比率も高くなり、一時期、核実験開始前の約2倍、炭素1gあたり0.45ベクレルに達したそうである。こわいね、核実験。
 成人の体内には約16kgの炭素があるので、約3700ベクレルの炭素14が常に存在していることになる。
 炭素14の実効線量係数はセシウム137の20分の1以下なので、影響も小さい。それでも骨格組織に年間24マイクロシーベルト、生殖腺組織に年間50マイクロシーベルト被曝しているという。

http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/3.html

 これが人間の自然の状態なのだ。 

 それでもなお、「1マイクロシーベルトでも被曝量が増えるのは不安だ」という人には、こんなデータも紹介しておこう。日本の県別自然放射線量である。

http://www.jsdi.or.jp/~y_ide/991115ken.htm

 見ての通り、もともと県によって放射線量には差がある。全国平均は年間990マイクロシーベルトだが、岐阜県では1190マイクロシーベルト、神奈川県では810マイクロシーベルトと、最大と最小で380マイクロシーベルトもの開きがある。
 先に、セシウム137が1kgあたり100ベクレル含まれる野菜を1年間食べ続けると130マイクロシーベルト被曝すると書いたが、これがどれぐらいの被曝量の増加かというと、京都(1030マイクロシーベルト)から隣の滋賀(1160マイクロシーベルト)に引っ越すぐらいなのである。
「滋賀に引っ越したら年間被曝量が130マイクロシーベルトも増加する! こわい!」と思う京都人はあまりいないと思う。

 どれぐらいの被曝量から危険になるかは一概には言えないが、年間数百マイクロシーベルト程度の増加なら、まず心配することはないのだ。
 繰り返すが、基準値ギリギリの野菜を一年間食べ続けても、被曝量は130マイクロシーベルトである。
 だから福島産の野菜を怖がる必要はない。



同じカテゴリー(サイエンス)の記事画像
『ニセ科学を10倍楽しむ本』文庫化
新刊『14歳からのリスク学』
「地震雲」について考える(後)
「地震雲」について考える(前)
「光より速いニュートリノ」をめぐる誤解・3
「光より速いニュートリノ」をめぐる誤解・2
同じカテゴリー(サイエンス)の記事
 イベント:人工知能は人類を滅ぼす!? 今、本気で語る「AI(アイ)の物語」 (2016-04-15 22:38)
 ニセ科学関連のイベント2件 (2015-04-08 18:52)
 『ニセ科学を10倍楽しむ本』文庫化 (2015-04-08 17:32)
 イベント:「サブカル×宇宙」論 (2015-03-08 13:34)
 新刊『14歳からのリスク学』 (2015-02-24 20:32)
 「SFのネタは科学ニュースから探そう!」報告 (2013-07-09 16:55)

この記事へのコメント
こういったデータを、ブログのみならず政府に、ひいては日本中により広くお知らせするべきだと思うのですが、どうすればいいんでしょうかね。
Posted by 村川順泰 at 2012年04月29日 19:05
みそもくそもいっしょ・・・
Posted by 松原 at 2012年04月29日 22:56
怖がっている人たちにいくら数字を示しても何の意味もありません。
彼らの頭の目盛はゼロか100しかないのです。
善悪二元論でしかものを考えられません。
ゼロ以外は全て猛毒としか認識しない人たちには数字は意味がありません。

実際に食品を売る業者にしてみればゼロ以外は売れないという現実に直面しています。
それどころか、店頭に一品でも基準値の半分以下です。とか書かれた食品が置いてあるだけで客が逃げます。
具体的な数字や事例を示しても何の効果もありません。
それどころか、言えば言っただけ客が逃げかねません。

多数派は善悪二元論で物を考えていて、
数字に強い人間は少数派なのです。
Posted by 亜留間次郎 at 2012年04月30日 08:37
>村川順泰さん

 とっくに知らされてますよ。ベクレルとシーベルトの関係とか、カリウム40のこととかは、いろんな本に書かれているし、ネットでもちょっと検索すれば出てきます。
 問題はそれを知ろうとしない人が多いことです。
 亜留間次郎さんが言われるように、大衆の中には、リスクを正しく判断できないし、そもそも正しく判断しようという意欲もない人が多いんです。そういう人たちは安全情報には耳を傾けなくて、「危険だ危険だ」と煽り立てる情報ばかりを聞きたがります。
 論理的に考えれば、「安全だ」という情報を聞いて安心すべきなんですが、彼らはなぜか「安全だ」という情報に不安を覚え、「危険だ」という情報に安心感を覚えるらしいんですよね。
 まあ、「原発は安全だ」という情報が嘘だったことが分かったせいもあるんでしょうが、だからといって、これまで積み上げられてきた放射線医学の知識がすべて嘘になるわけじゃないんですが。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年05月01日 13:12
従来の放射性廃棄物の基準はセシウムで100ベクレル/kg。それを超えると、一般のゴミ処理場などに廃棄することは許されない.

100ベクレルの食べ物って放射性廃棄物では?事故前はドラム缶に閉じ込めてましたよね。

ちなみに原発の排水の基準が90ベクレルですよね。

冷温停止宣言したのですから事故前の基準値にするべきです。

それに福島の農家は作物を作るべきではない。東電に損害を賠償してもらうべきでは?

わざわざ、毒が入った食べ物を僕は食べません。
Posted by トト at 2012年05月01日 21:52
では何故あなたは福島に住もうとしないのか?
住み続けても被爆量は「致死量」に届かないですよ。
Posted by jujurou at 2012年05月02日 06:57
イオンなんかは放射能ゼロ宣言とか検出値以下のものをゼロだから安心とか言い切ってますよね。少しでも検出されると怖いけど目盛りに表示さえされなければ安心して買ってくれる人が多いからこんなだますような宣言をしているんだと思います。
90ベクレル以下は検出できない測定装置を使えばみな安心するんでしょうかね。
Posted by tty at 2012年05月02日 23:32
放射線医学ってどこからのお金で活動してるんでしょうか? 政府に不都合な事実を書くと研究費は下りるんでしょうかね。東大の人が政府を弁護すれば他大学の人は文句言えそうにないですね。
まあ危険厨の言ってることはほとんど全部嘘なんですけどね。どちらもお金のために好きなこと言ってるだけなんで、一方が正しくて一方が間違ってるみたいな言い方はよくないかと。
Posted by 俊平太 at 2012年05月03日 15:02
先ほど書き込みをしたものですが、よく考えると放射線医学とかはマウスとかを使うと思うんで結構信憑性は高いかもしれませんね。
原子炉とか地震関係みたいに適当なこと言って政府から金引っ張ってくるのは無理かもしれません。失礼しました。
Posted by 俊平太 at 2012年05月03日 15:46
>山本さん

 ご返信有難うございます。

>問題はそれを知ろうとしない人が多いことです。
 亜留間次郎さんが言われるように、大衆の中には、リスクを正しく判断できないし、そもそも正しく判断しようという意欲もない人が多いんです。そういう人たちは安全情報には耳を傾けなくて、「危険だ危険だ」と煽り立てる情報ばかりを聞きたがります。

>論理的に考えれば、「安全だ」という情報を聞いて安心すべきなんですが、彼らはなぜか「安全だ」という情報に不安を覚え、「危険だ」という情報に安心感を覚えるらしいんですよね。

 このこと、「人間は本能的に危険な情報を重視する」というような主旨で「トンデモ非常時デマ情報レスキュー」で指摘されていましたね。
 結局、一番の解決策は、私たち一人一人が賢くならなければならない、ということかもしれません。
Posted by 村川順泰 at 2012年05月03日 19:32
経口摂取するもののうち、野菜以外はすべて0ベクレル、
野菜のうち、福島産の野菜以外はすべて0ベクレル、
と仮定した場合は正しい推論だと思います。
Posted by 平賀 at 2012年05月03日 22:34
最近、この問題は「科学的無知」というよりも日本人の潜在的宗教観の問題のような気がしています。
どういうことかというと、放射性物質に過敏になっている人は、意識的にか無意識的にか判りませんが、放射性物質を「穢れ」としてとして捉えているのではないかと。
そして、多くの放射性物質が目に見えないことがこれに拍車をかけているのではないでしょうか。

なお、新しく基準となった100Bq/kgですが、どこかのTV番組(どの番組か忘れてしまいました(^^;)で、「『安全』というより『安心』を示すための基準値だ」とコメントされてました。
私もそのように感じています。
Posted by Null_Devices at 2012年05月04日 03:55
あなた、そんなに、厳密にベクレルと、シーベルト換算して、線量をだすなら、もう一歩厳密に、自然界に太古から普通に存在し、生物がダイジェストできる放射線と、自然界に存在しない放射線との違いも計算にいれましょうよ。

自然界に存在しない原子は、生物の体内にはいったら、ほとんど、排泄できないから、少量でも危険だってこと、おおくの実験で証明されていることしりませんか?

もし、あなたの計算がただしかったら、チェルノブイリ、スリーマイルアイランド、だけじゃなく、なんで、原発従業員は浴びた線量を計算しなくては、いけないのですか?世界中の原発は、従業員が放射線をあびることを前提としてなりたっているのだから、かれらの健康状態をみれば、どれだけ安全か一目瞭然じゃないですか?

あなたも福島ではたらいてみたらどうですか?

おまけ:
http://video.google.com/videoplay?docid=4521927229940612236&hl=env#
Posted by 田所真知子 at 2012年05月05日 00:41
放射性物質が体内に蓄積されることを計算していませんよね。

1日食べれば、130マイクロシーベルト。2日食べれば、260マイクロシーベルト。10日食べれば1300マイクロシーベルト。そして一年食べれば、47450マイクロシーベルトになります。

安全だと証明する記事ならば、こうした計算を入れないといけないと思うのですが?
Posted by 太田潤 at 2012年05月05日 01:23
いい論文みつけました。
これをみるとベクレル、シーベルト換算なんて、関係なく、閾値なしで、ガンが発生していますね。
これは、放射線研究に権威あるジャーナルで、これに採用される論文は、厳格な検査を通っているはずです。デマじゃありませんよ。念のため。
http://www.rrjournal.org/doi/pdf/10.1667/RR2629.1

http://www.rerf.or.jp/news/pdf/lss14.pdf
Posted by 田所真知子 at 2012年05月05日 02:04
危険性は、定性と定量の話に分けて考える必要がある、ってどこかの本に書いてあった気がしたんですがあれは山本さんの本では無いですか?
「たとえば喫茶店の砂糖壷に毒を入れる狂人がいる可能性はゼロではないが、全国の飲食店の砂糖壷を全部検査しようと主張する人はいない。
定性と定量の区別がついているからだ。」
みたいな話だったような。

…偽記憶でしょうか?
Posted by あの・・・ at 2012年05月06日 14:56
食品放射能の害より放射能不安の方がはるかに有害なのは確実でしょう。
行きつけの病院では、震災そのものの被害とそのことの心理的影響は大したことはなかったけど、問題は余震で、そのストレスが大変な悪化を多くの患者に招いたとのことでした。

なので、不安を訴える方にはやはり気の済むようにしてもらうしかないのかなという気もします。程度の問題はありますが。

あまり関係ないですけど、チェルノブイリや臨界事故はとにかく、昔あれほど長期に渡って騒ぎになった「原子力船むつ」って全然引き合いに出されませんね、不思議です。
Posted by フィルムセンター at 2012年05月07日 00:20
とても興味深い内容でしたので
突然で申し訳ないのですが、山本先生の御考えをお聞きしたいことがあるのですが。
体内に入った放射性物質というものは、リンパに蓄積されるとか、肝臓に蓄積されるといった話が結論のようにインターネットでは流れているのですが。
PCBのような分解できないので体内に蓄積できる物質とは違い、重金属と同じように体外に自然排出される部分というのは無いのでしょうか?
排泄や新陳代謝という行為で体外に排出がある程度されるのであれば、飲食で仮に摂取したとしても永久に体内被曝をするわけでは無いと思うのですが、この部分についての話がネット等で調べてもあまり出てきません。
先生はこれについて何かご存知でしょうか?
Posted by らっつ&すたー at 2012年05月08日 12:06
デマというより悪質な戯言が山本さんにはあまりにも多い。

「児童ポルノ」で検索してみたら上位にこんな悪質サイトがあった。

http://homepage3.nifty.com/hirorin/loli02.htm

児童ポルノの管理を次のようにたとえ

>こういう例を考えてみてください。ある人が倉庫の中に金属バットをしまっておいたら
、誰かが倉庫の鍵を壊して持ち出し、それが殺人に使われたとしましょう。
その場合、『金属バットを倉庫に入れていたことが悪い』
『金属バットの所持を禁止しろ』などという話になりますか?」


児童ポルノ(管理ファイル)を金属バットに例えていますが、
金属バットは違法ではありません。同じく所持しているだけで違法な、
ピストルや覚醒剤にたとえて下さい。盗まれて犯罪に使われたら、
『ピストルを倉庫に入れていたことが悪い』となります。
金属バットは、都合良すぎる例えです。

日本が児童ポルノを目の敵にしているのではなく、
諸外国から「日本が発信源の1つになっているのに対策を講じてない」と
批判されているのです。児童ポルノの撲滅は国際的な課題なのです。
これは、治安の悪い国では人身売買につながり、
日本でも馬鹿な親が子どもを撮影させて儲けていたという事例があります。

パソコンに取り込むことを黙認すればネットに出回る可能性はありますが
、パソコンに取り込むことが違法になり100%徹底されれば児童ポルノも
ネット上から100%消えるはずですから、論旨はおかしくありません。
他の違法行為と同様に100%徹底されることはありませんが、現状よりマシになります。

単なるポルノ禁止ならそこまでしなくてもと思いますが、
判断力も自らの意思表示もないに等しい児童を対象にしたポルノは
人間としてのモラルをもてない輩の闇から生産されているのです。
いろいろな趣味があっても良いと思いますが、『100%、幼い子どもを
犠牲にしている』と言える児童ポルノは徹底的に規制されるべきです。

このサイトで山本さんが用いているずさんな詭弁は本当に目を覆いたくなります。いかにご都合的な主張かは、上記の金属バットの例ひとつとってみても、十分にわかると思います。

長々とすいませんでした。
Posted by 本当に腹が立ったのだ。 at 2012年05月08日 18:35
具体例をもうすこし書いておきます。

詭弁その①

>子供が風呂に入っているところを親が写真に撮ったら、
児童ポルノですか? 実際、アメリカでは、
我が子の入浴中の写真を持っていた男が逮捕されるという、
笑えない事件があったそうですけど、日本もそうなった方がいいですか?

その親が金儲けのために撮ることだってあるわけですよ。
どこまでが虐待でどこまでが同意なのか線引きが本当に難しい問題を、
簡単に他と当てはめて周囲の同意を得ようとするな馬鹿者!
子供が(虐待する)親をかばうケースもあるとか想像力が働かないのか?

詭弁その②

>あるいは、アマゾンの奥地なんかにはまだ全裸で暮らしている人
たちがいますけど、そういう人たちを撮影したらポルノになるんですか?

『児童』が抜けてるぞw規制する側が対象に入れるのか常識で考えろよ。

詭弁その③

>たとえ裸であっても、性欲を刺激する目的ではない写真はポルノではないんです。
また、規制の目的はあくまで現実の児童を保護することなんです。
『裸の写真なんてけしからん』とか『ロリコンは気持ち悪いから』
といった理由であってはならないんです

この発言は児童虐待者とかにも入れ知恵になってそうだな・

「性欲を刺激する目的ではない写真」ねえ・・・・

「裸の少女を見て欲情するな。」て言い聞かせるのは無理だと思うが。

読むだけで気が滅入ってくるこれはまだ一部ですので、後は皆さんで確認してください。
Posted by 本当に腹が立ったのだ at 2012年05月08日 19:04
初めてコメントいたします。

放射能の問題については、多分論理的とか理屈でアホな話を論破!とか、もう通用しないと思います。
大体これだけ時間が経過しても未だにパニック状態を継続中なわけですから、彼らはそうした状態を維持したいと願っているのでしょう。
如何なる情報があろうとも。

そうした情報が信じられないのではなく、信じたくない、信じないということです。
カルト的になってきていると言っても過言ではありません。
おそらく危険を煽るコミュニティが、彼らにとって大変居心地がいいのでしょう。

某所で放射能ノイローゼを脱した主婦の記事を読みましたが、選民思想に近い優越感があったとか。
最早この件は社会学や精神医学の出番になってきていると思います。
Posted by かくれハイザック at 2012年05月09日 01:22
「本当に腹が立ったのだ」さんは、本当にそのページ
を読まれたんですか?

>児童ポルノ(管理ファイル)を金属バットに例えて
いますが、金属バットは違法ではありません。同じ
く所持しているだけで違法な、ピストルや覚醒剤に
たとえて下さい。

これに関しては実際にそのページで
「児童ポルノだってそうです。ただそれを見るだけな
ら害なんかあるはずがないんです。 でも、中には
裏モノ――児童を虐待して製作するものがある。そ
れは悪いことだから、断固として取り締まらなくちゃ
いけない。そのための児童ポルノ法じゃないですか。
 ところがその本来の目的が見失われている。児童
虐待を防止するという目的から離れて、子供の裸の
写真を持つこと自体が悪いという誤解が発生してい
る。法改正を主張している人たちは、そうした本来
の目的を忘れてしまっている人たちです」
と書かれていますよね?

「実在」の児童を虐待して作られた物が(それこそ
銃や覚せい剤の様に)違法である事を否定していると
「本当に腹が立ったのだ」さんが誤読した経緯が非常
に謎ですし、なぜ野菜の被曝量とそれのデマにまつ
わる記事で、無関係な話に反論したのかも大いに謎
です。この問題について意見したいなら他に適した
記事がいくらでも有りますよね?




>「裸の少女を見て欲情するな。」て言い聞かせる
のは無理だと思うが。

キューピッドをモデルにした裸の天使なんて、絵画
の世界から、会社のマークまで珍しくもありませ
んが、「本当に腹が立ったのだ」さんはそれに一々
欲情される方なんですか?


>日本が児童ポルノを目の敵にしているのではなく、
諸外国から「日本が発信源の1つになっているのに
対策を講じてない」と批判されているのです。

「本当に腹が立ったのだ」さんが貼ったURLの続き
のページ

http://homepage3.nifty.com/hirorin/loli03.htm

を読めば分かりますが、日本はその諸外国の大半、
あるいはそれ以上に性犯罪が少ないと書かれてますが
そこまで読みませんでしたか?


「本当に腹が立ったのだ」さんの読解力に私は正直、
不安を覚えます。 あるいは「データを正しく読み取
れず、結論ありきで斜め読みした原文をいいように切
り貼りして、感情論を《正しい判断の結果》と居直っ
て恥じない人達」の醜悪さを演じてみせたのでしょう
か?
Posted by 鳴ターキ at 2012年05月11日 14:26
ありゃ、コメントが増えていると思ったら・・・
別エントリでまとめて反論されるおつもりかな?
経口摂取されたセシウムが体内に凝縮されると断定する人は、『セシウムもセシウム以外の同位体も一緒』なんでしょうね。
セシウム 体外 排出 で検索するとウィキペディアの記事が先頭に来ますがね。好みの情報ではなさそうで・・・
やはり穢れ信仰なんでしょうね。
Posted by Sasico at 2012年05月11日 14:26
>本当に腹が立ったのださん

あなたは自分がどれだけ痛々しい事を書いてるか自覚無いんですね……。
Posted by ドードー at 2012年05月11日 15:05
>2012年05月02日 06:57
>jujurou
>では何故あなたは福島に住もうとしないのか?
>住み続けても被爆量は「致死量」に届かないですよ。

そして、あなたは自分がとてつもなく愚かな極論を言っているという自覚が無いんですね。
Posted by ドードー at 2012年05月11日 15:11
 放射線関係のコメントは、新しいエントリでまとめて回答させていただきます。

>本当に腹が立ったのだ。さん

 僕は児童虐待は絶対に許せないし、児童ポルノも(仮想ではなく本物なら)きびしく規制しなくてはいけないと思ってますよ。僕が言っていないことに対して腹を立てられても困るんですが。

>金属バットは違法ではありません。同じく所持しているだけで違法な、 ピストルや覚醒剤にたとえて下さい。

 はい、いきなりダウトですね。現在はまだ児童ポルノの単純所持は違法ではありません。それに銃もちゃんと許可を取って入れば所持は違法ではありません。
 たとえば猟師の方がロッカーに鍵をかけて保管していた銃が盗まれたら、あなたは「銃をロッカーに入れていたのが悪い」と非難されるのですか?
 単純所持を違法とすべきかどうかという議論に、「違法だ」という前提で話をするのは循環論法ですよ。

>その親が金儲けのために撮ることだってあるわけですよ。 どこまでが虐待でどこまでが同意なのか線引きが本当に難しい問題を、 簡単に他と当てはめて周囲の同意を得ようとするな馬鹿者!

 線引きが難しい問題だからこそ、無実の人間を投獄するような危険がある安易な線引きについて、十分に考慮すべきなんじゃないですか? その親が虐待や金儲けのためじゃなく、ただ我が子がかわいいから撮影しただけかもしれないのに、それでも投獄しろと、あなたは言われるのですか?
 安易に線引きしているのはあなたの方では?
 そもそも現在出回っている児童ポルノの多くは、かなり古いものだそうです。そういうものを流通させる連中にしても、わざわざ自分で撮影して罪を重くするより、古いもののリサイクルで済ませる方がリスクは低い。つまりネット上で規制しても、新たな虐待の発生を減らせるかどうかは、おおいに疑問なんです。
 あるリスクを下げたために、別のリスクがそれ以上に上がる危険がある場合には、十分に考慮すべきです。児童虐待が減少せず、無実の罪で投獄される人間だけが増えるような事態は、僕には容認できません。

>>あるいは、アマゾンの奥地なんかにはまだ全裸で暮らしている人たちがいますけど、そういう人たちを撮影したらポルノになるんですか?

>『児童』が抜けてるぞw規制する側が対象に入れるのか常識で考えろよ。

 アマゾンの原住民を撮影したドキュメンタリー、ご覧になったことはないんですか? NHKで2009年に放映された『ヤノマミ』、話題になりましたよね? 普通に全裸の子供も写ってましたけど。
 調べてみたらDVDも発売されてました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B003MUWJ72

 もちろん『ヤノマミ』は児童ポルノではありません。裸の子供を撮影しただけでは児童ポルノにはならないことは明白です。
 だから「子供の裸を写すだけでダメ」というような安易な線引きはやめなさい、と僕は言ってるんですが。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年05月11日 16:15
こんにちは
むかしむかし、モンスターの逆襲という
山本弘さまの著書を拝読したことがあり
ますが、

このような有意義なブログやってらしたとは!
素晴らしいですね。

当方も、福島の玄米と野菜を積極的に
食しております。
わかりやすい情報提供に感謝です!
Posted by 池袋ファミリー整体院 竹本淳一 at 2012年05月22日 10:43
遅れながら拝見させていただきました。

いずれも調べたら分かることではありますが、
人間と言うのは調べることを嫌う生き物なんじゃないのかとたまに思います。

自分も「今回のような場合、何件調べたら問題ないと言えるのか」という
疑問をいまだに調べていなかったり。
統計学を調べたら出てくるのは分かりきっているのに…。
手抜きはいけませんな。
Posted by ちーちー at 2012年05月30日 09:03
田所真知子さん

武田教授あたりに釣られたんだと思いますが、その論文ちゃんと読みました?
「リスクが有意となる線量域は 0.20 Gy 以上」って書いてありますよ。
ガンマ線で考えれば1Sv=1Gyだから、200mSvですので、100mSv以上で有意となるICRPの見解と同じですよ。
つまり、ICRPの説を補強する論文なんです。

論文はデマじゃないですが、武田教授は結構デマを飛ばすので、信用しないのをお勧めします。
Posted by カリガリ博士 at 2012年08月06日 19:07
>たとえば猟師の方がロッカーに鍵をかけて保管していた銃が盗まれたら、あなたは「銃をロッカーに入れていたのが悪い」と非難されるのですか?

このバカ何言ってんだ?
銃刀法では銃を盗まれた人は銃を所持する許可を取り上げられるんですよ。
Posted by 盆ダンス at 2012年08月22日 18:25
>その親が虐待や金儲けのためじゃなく、ただ我が子がかわいいから撮影しただけかもしれないのに、

子供同士或いは子供と大人の性行為を写したもの以外を「児童ポルノ」と呼ぶのは適切ではないと思いますが、
写真集という商業出版物として世に出したら金儲け目的でしょうよ。
子供が自分の裸が世間に晒されるということがどういうことか理解出来ない状態なら虐待と同じでしょうよ。
山本先生には娘さんがおられるようですが、同じこと出来ますか?
多重規範帝王の山本先生にこんなこと訊くのも無駄ですがね。

それから銃が悪用されたらどういう結果を招くか銃の所持者はよく理解しているから
「盗まれたら免許剥奪」というルールに従って責任を持って自分の銃を管理しているんです。
自分に降りかかる責任から逃げることに必死の山本先生なんかと一緒にしないで下さい。
Posted by 盆ダンス at 2012年08月22日 18:57
>盆ダンスさんへ

>銃刀法では銃を盗まれた人は銃を所持する許可を取り上げられるんですよ。

 もしかして、銃刀法の第八条の四を誤って解釈されてますか?

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33HO006.html

 銃を失ったら、その銃に対する許可が失効する、という当たり前のことが書いてあるんですけど。銃を持つ許可自体が取り上げられるわけじゃありません。
 もちろん、第十条の四に違反するような管理不行き届きがあった場合は処罰されるでしょうが、常識的に考えて、ちゃんと鍵のかかったロッカーから何かを盗まれた者が責任を問われるわけないじゃないですか。

>子供同士或いは子供と大人の性行為を写したもの以外を「児童ポルノ」と呼ぶのは適切ではないと思いますが、

 まさに僕はそう言ってるんですよ。単なる裸の写真や絵はポルノではないと。
 ところが今、そうでないものを「児童ポルノ」と呼んで取り締まろうとする人たちがいるんです。それはおかしいだろう、と僕は言ってるんです。
 つい先日もこんなニュースが流れたばかりです。

http://getnews.jp/archives/247480

 僕の主張をちゃんと理解したうえで反論してくださいね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年09月07日 10:30
山本先生

たまにブログを拝見させて頂いております。
私も全く同意見でして、パクパク食べております。
いっそのこと、福島県産以外のすべての食品にベクレル表示をしたらどうかと思ってしまいます。

個人的には食品よりも、高線量地域でドタバタと埃が舞って特にα線物質が日常的にじゃんじゃん乳幼児の肺に取り込まれるとかそっちの方が心配です。
土煙が舞うであろう公園の土剥ぎ取りなんかよりも、雨上がりとかを狙って不要な木のチップやおがくずを撒くとかの方が良さそうに感じます。

ところで、よく秋葉原駅構内で福島フェアが開催されていますが、お気に入りの1品を紹介します。
http://www.ja-town.com/shop/g/g2501C1101/
↑今まで飲んだどの桃ジュースよりおいしかったです。
もし見かけたら是非ご賞味あれ~。
Posted by ぱなとりん at 2012年09月07日 16:26
山本先生、ソイツ(盆ダンス氏)あなたに噛みつきたいだけですよ。
いわゆるかまってちゃんです。
とにかく文句つける書き込みを繰り返してますし、某氏を口汚く罵ってみたり…
そりゃあ批判はあってしかるべきですが、正直盆ダンス氏のそれは批判というレベルに達していると思えません。

この書き込みは削除していただいてかまいませんが、粘着アンチにあまりマジレスしないほうが良いのでは、と思うのです。
個人的にも盆ダンス氏の書き込みは気分悪いです。
Posted by かくれハイザック at 2012年09月15日 11:52
まず、1から説明しよう。
とあるのですが、2についての言及がないまま終わっているので、続きがとても気になります。
いまさらですが。。。
Posted by つっつ at 2012年12月11日 23:14
天然核種と人工核種を一緒にするのは間違いでは?
また、セシウムは筋肉などに蓄積する性質があるため、何マイクロシーベルト、何ベクレル被曝したかどうかのことよりも、内部に蓄積されることによる内部被曝の怖さを教えるべきだと思います。ちなみに今の基準値100ベクレルは、原発から出された際に保管されなければならない低レベル放射性廃棄物と同じ値です。
Posted by Free at 2015年05月25日 07:25
>Freeさん

 もういいかげん、その説明はFAQにしたいです(笑)。
『14歳からのリスク学』でも書きましたけど、実効線量係数というのは個々の元素の生物学的半減期を元に求められています。ですから「被曝量は●●シーベルト」と言う場合には、セシウムが筋肉に蓄積する性質なんて、とっくに計算の中に織りこみ済みなんです。
 詳しくは『14歳からのリスク学』読んでください。内部被曝と外部被曝の違いについても、ちゃんと説明していますから。

 あと、これも本の中で書きましたけど、1kgあたりセシウム100ベクレルの被曝量というのは、同じ重量の納豆に含まれる天然のカリウム40による被曝量とほぼ同じなんです。
 あなた、納豆が怖いですか?
Posted by 山本弘山本弘 at 2015年06月02日 17:33
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。