2012年04月23日

山本弘をめぐるデマ(3)

 mixiでも何度かあった。たとえば、『トンデモ本の世界』の中に「菜食主義より肉食のほうが栄養バランス的に合理的」と書かれている、と言っていた人がいた。やはり、そんなことはどこにも書かれていないのだが。
 メールでもたまに来る。たとえば3年前に来たメールは、僕の本のどれかに「重い物体は軽い物体よりも引力が強く働くので早く落ちる」と書いてあったと主張していて、それについて質問してきた。僕がそんな非科学的なことを書くわけがないのだが。
 多いのはやはり2ちゃんねるである。原文を正しく引用しているものはいいのだが、誰かが記憶に基づいて「山本弘はこう書いていた」「こう言っていた」と書いた場合、かなり高い確率で間違っているのである。そんなこと書いてなかったり、あるいは、近いことは書いているが意味がぜんぜん違ってたり。

 たとえば、僕が「『妖魔夜行』やその他の小説では旧日本軍が南京で酷いことをした、朝鮮人の従軍慰安婦に対してひどいことをした、などといった捏造話をしつこく記載している」と批判していた奴がいる。
 僕は『神は沈黙せず』で南京大虐殺についてかなりページを割いたが、『妖魔夜行』では取り上げていない。唯一、「魔獣めざめる」で、ちらっと「南京大虐殺」という単語が出てくるだけだ。そもそも、「魔獣めざめる」の主要な題材は昭和20年3月10日の東京大空襲──アメリカ軍による日本人大虐殺なのである。空襲で愛する人を殺された妖怪が現代によみがえり、アメリカに復讐しようとする話なのだ。
 従軍慰安婦に至っては、『妖魔夜行』でも他の小説でも、一度も取り上げたことがない。「しつこく記載している」と言うのなら、どの本の何ページなのか言っていただきたいものだ。

 また、これは僕だけではなく時雨沢恵一氏を貶めるデマなのだが、こんなのがあった。

時雨沢恵一はギャラクシー・トリッパー美葉をパクってキノの旅を書いたんだぞ
弘が時雨沢を締めたらしぐれ沢がビビって謝ったので弘は太っ腹なところを見せて受け入れた
トンデモだ!ちがう、これはSFだ!とかいう本より


 僕が『キノの旅』と『美葉』の関係について触れているのは、『トンデモ本? 違う、SFだ! RETURNS』(これが正しいタイトル。書名からして間違いまくってる(笑))の178~180ページ、「パクリはどこまで許される?――あの名作の元ネタはこれだ!」という項の終わり近くの一部である。正しく引用しよう。

 最後に、個人的に大変に感激したエピソードを紹介したい。
 時雨沢恵一『キノの旅』(電撃文庫・〇〇年)という小説がある。主人公のキノが、喋るモトラド(バイク)のエルメスと世界を旅して、様々な国を訪れるという寓話的な作品。けっこう人気があり、アニメにもなった。
 この小説を読んだ時、「なんだか『美葉』みたいな話だな」と感じた。『ギャラクシー・トリッパー美葉』(角川スニーカー文庫・九二年)は僕の小説。ヒロインが喋る巡航ミサイルのルーくんにまたがって宇宙を放浪し、いろんな変な異星人の住む惑星を訪れるというコメディだ。もっとも、『キノの旅』との類似は偶然の一致だろうと思っていた。
 だもんで、二〇〇五年の秋に初めて時雨沢氏とお会いした時に、「『サイバーナイト』とか大好きでした」と言われて仰天したもんである。
「『美葉』も読んでました。だからエルメスが喋るのはルーくんの影響なんです」
 そ、そうだったのかーっ!? エルメスの元ネタはルーくんか! まさか本当にそうだったとは思わなかったよ。
 もちろん、これはパクリなんかではない。読み比べてみれば分かるが、『キノの旅』は『美葉』とモチーフが似ているだけで、まったく違う作品である。それどころか、僕は自分の作品の影響を受けた若い作家がデビューし、素晴らしい作品を書いてくれたことを誇りに思う。作家として、こんなに嬉しいことはない。
 さらに言うなら、『美葉』だって僕の独創ではない。主人公のキャラクターは吾妻ひでお『スクラップ学園』(153ページ参照)に大きな影響を受けているし、地球人が宇宙を放浪して変な異星人と出会うというモチーフは、ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(41ページ参照)がヒントだ。

 僕ははっきり「もちろん、これはパクリなんかではない」と言っているのだが、なぜこれがパクリだということにされるのだろうか? もちろん僕が時雨沢氏を締めたとか、時雨沢氏が謝罪したなんて事実もない(パクリじゃないんだから当然である)。
 だから今度から、「時雨沢は山本からパクった」とか言う奴がいたら、遠慮なしに「バカ」と言ってやってほしい。「そんなことどこにも書いてねーよ、てめーの妄想だろ、バカ」と。

 ちなみにこの「パクリはどこまで許される?」という文章の冒頭で、僕は「2ちゃんねるは役に立たん!」「ほとんどの発言者が記憶と思いこみと悪意だけで書き殴っているために、ガセネタ、間違い、捏造があまりにも多いのである」と書いている。特に筒井康隆氏のパクリ疑惑に関しては、そのすべてが、ネタ元とされる作品より筒井氏の執筆時期の方が先だった(唯一の例外は、本人が盗用を認めて謝罪・封印した短編「邪学法廷」だが、逆に、筒井氏を批判する2ちゃんねらーは誰もそれを読んでいないようだった)。
 その文章がまた2ちゃんねるで歪曲され、新たなパクリ冤罪事件が生まれているのだから、まったく処置なしである。
 改めて言う。2ちゃんねるは役に立たん!


タグ :デマSF

同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事画像
『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
鬼怒川決壊をめぐるデマ・3
鬼怒川水害をめぐるデマ・2
鬼怒川水害をめぐるデマ・1
お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?
同じカテゴリー(メディアリテラシー)の記事
 緊急!また@ichinoseyayoiがデマをばらまいています!・3 (2018-04-07 12:54)
 緊急!また@ichinoseyayoiがデマをばらまいています!・2 (2018-04-07 12:02)
 『ビーバップ!ハイヒール』出演裏話 (2017-09-06 21:41)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 最近のデマ・2017 (2017-01-31 22:27)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)

この記事へのコメント
ウルトラQダークファンタジーの送り火の回には、僕の小説にそっくりなんていちゃもん付けてたけどね、先生。

そっくりもなにも、ありがちな話だったろうに。
Posted by 白牙 at 2012年04月23日 20:17
〉2ちゃんねるは役に立たん!

まったくの禿同ですが、人は間違ったコトよりも本当のコトを言われる方がカッとなりがちなのでまた炎上しちゃいますよー?

そういや『はがない』の2巻で、一番非常識なキャラがネットオタを「怒らせると面倒なくせに味方にしてもアテになりません」とブッた切ってましたね。

大体、2ちゃんのユーザーって「役に立つ」とか「真実」を求めてる訳じゃなくて、なーんも考えずにお手軽にダラダラと場当たり的なネタで祭りがしたいだけの人がほとんどでは?
そこでマジメに「血液型性格判断は科学的ではない!」とか言ってもウザがられるだけ。

それでも、論理的倫理的ツッコミが止められない山本先生が大好きなので、どうぞお体に気をつけてお仕事頑張って下さい。
『輝きの七日間』が待ち遠しいです。
Posted by 活字スキー at 2012年04月24日 21:16
思い出しましたが、これも2ちゃんねるのスレで以前、「山本弘がキノの旅のエルメスが自分の作品の影響だと言うがこれは山本が自分の威光を高めるために嘘を本に書いた」という逆パターンのとてつもなくおバカな事を何度も主張してた奴がいましたよ。今思えばよっぽど狭い世界に生きてる人だったんだとしみじみ思います。
Posted by ドードー at 2012年04月25日 13:51
>従軍慰安婦に至っては、『妖魔夜行』でも他の小説でも、一度も取り上げたことがない。「しつこく記載している」と言うのなら、どの本の何ページなのか言っていただきたいものだ。

おそらく以前、「戦争論」をトンデモ本として取り上げた事で山本先生を短絡的にサヨク認定して
エキサイトしたあげくに妄想と敵意をエスカレートさせた愚かにして浅はかな者たちがそんな事を言ってるんでしょうな。
おそらく実物である妖魔夜行を読んでもいないであろう事がかなり腹立たしいです。
Posted by ドードー at 2012年04月25日 14:01
『トンデモ本? 違う、SFだ! RETURNS』を読んで、『キノの旅』を買ったことを思い出しました。
Posted by なざろふ at 2012年04月26日 19:14
>「時雨沢は山本からパクった」とか言う奴がいたら、遠慮なしに「バカ」と言ってやってほしい。「そんなことどこにも書いてねーよ、てめーの妄想だろ、バカ」

そんなこと言ったら、名誉棄損で訴えられるでしょ。

パクリが駄目でバカがOKって、どんな価値基準?

以前から不思議に思っていましたが、「相手がこういう発言をしたのだから、こちらもそれ相応にやり返してもよい。」とは、あくまで山本さんの価値観であって、それを周囲に押し付けるのはどうかと…。

確かにファンの立場で傷つく人がいたとしてそんなに多いかなあ・・?
大半はスルーするでしょうに・・。
Posted by 短気は損気 at 2012年04月27日 23:20
>白牙さん

「設定がそっくり」とは言ったけど、盗作だとは決めつけてませんでしたけど? それどころか「偶然の一致か?」とも書いてるんですが。
 アイデアが似てるだけの作品なんて、それこそいっぱいあるんですが、あなたの考えでは「偶然の一致か?」と言うだけでもダメなんですか?

>短気は損気 さん

 たとえば人を殺していない人間を「人殺し」と非難したら名誉棄損ですが、人殺しに対して「人殺し」と言うのは間違ってませんよね?
 同様に、あまりにもバカなことを言っている奴には「バカ」と言ってもいいではないですか? だって、罵られるようなことをやっているそいつが悪いんですから。
 あなたの言っていることは、悪いことをやっている奴を擁護し、野放しにすることを容認しているように読めてしまいますよ。悪いことをした人間は罰を受けるのが当然です。そして、ネットでデマを流した奴にふさわしい罰とは、罵倒され、嘲笑されることです。
Posted by 山本弘山本弘 at 2012年04月29日 16:05
>たとえば人を殺していない人間を「人殺し」と非難したら名誉棄損ですが、人殺しに対して「人殺し」と言うのは間違ってませんよね?

間違ってはいませんが、言いませんね。
例え名誉毀損にはあたらなくても、人格を疑いますよ。
殺人者がみな罵倒されても仕方がないとでも?

>罵られるようなことをやっているそいつが悪いんですから。

>ネットでデマを流した奴にふさわしい罰とは、罵倒され、嘲笑されることです。

だから何度も言うように例え相手が悪かろうと、周囲を巻き込んで「あいつが悪いのだから罵倒してもかまわない」というスタンスが間違えてるといいたいのです。

なぜなら周囲の人間の判断や行動が、ひとりの人間の情報操作で、いかようにでも動かすことができる状況をつくりだすから・・

例えば個人の「本当だろうか?こういう考えもありなのでは?」という考えにフタをしてしまい発言が抑圧されてしまうからです。

周りが正義だと思っていることに水を差す行為を日本人は嫌うしね・・・。

・・ということです。まっ、これも所詮自分ルールですが・・。

僕は自分の考えが絶対だとは思っていませんし、押し付けるように感じたならすみません。ただ先生の考えに違和感を持っただけで・・。

長々と書き込んでしまい、申し訳ありませんでした!
Posted by 短気は損気 at 2012年04月29日 19:33
デマや言いがかりに対して反論を行うと、必ず“大人げない”とか“同じレベルに堕ちた”とか、言い出す人がいますよね。
悪意から他人に迷惑をかけたバカが馬鹿と罵倒されるのは仕方のないことでしょう。「名誉棄損で訴えてやる!」とかいうのは、この手のバカが反論を封じるために、よく使う常とう手段ですよ。(実際に訴えることはまずありませんが。)
Posted by ハル at 2012年04月29日 22:18
ギャラリーを意識するなら、罵倒に罵倒で返すのは上策とは言えないかと。
「しっぺ返し」が有効なのは、“交渉”が相手以外には知られないからだと思いますし。
Posted by Rick=T at 2012年05月02日 12:28
>2ちゃんねるは役に立たん!
関係ないかもしれませんが、10年位前に私が2ちゃんねるで体験した事を書き込みます。(記憶が曖昧ですみません)
私は「スラムダンク」関連のスレッドで、「井上雄彦氏はスラムダンクのBL同人誌に嫌気がさして連載をやめたらしい」というような噂情報をレスしました。それに対して、「違うよ。他の作者さんも言ってることだけど、やっぱり連載を続けていくのが大変だったみたいだよ。終わり方は本人もきっちり描けたって言ってたし。ていうか同人誌が原因だったら、集英社がコミケを放置しておくわけないじゃん」というような(過去ログが見つからなくてうろ覚えで書いてます御免なさい)レスが返ってきました。真偽はともかくキチンと議論できる人は、いる所にはいるのかもしれません。スマイリーキクチ氏も、普通に使うならネットも役に立つと本に書いていましたよね。
まぁ、以前「突然、僕は殺人犯にされた」の記事にコメントしたように、好き放題カキコする人が多いのかもしれませんが…。
そういう意味では、短気は損気さん、キチンとした意見を出せるのは良いことだと思います。
長文失礼しました。
Posted by 村川順泰 at 2012年05月03日 23:08
個人的に筒井氏は『文学部唯野教授』でちょっとがっかりしましたね。
文学理論の解釈や紹介とか、最初は独自のものだと思ってたんで、ずいぶんと学のある人だなあと感心してたんですが。あまりにも元ネタから・・
評価すべき独創性は知的な部分以外にあるんだな、と思いました。
Posted by rant at 2012年07月13日 18:40
南京大虐殺について気になる記事があったので、リンクを貼っておきます。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw331694

…リンクを貼るばかりのコメントが続き、申し訳ありません。気になるだけではなく自分でも考えなければ…
Posted by toorisugari at 2012年08月07日 21:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。