2009年02月12日

「これが人類進化の究極の姿よッ!」

 前に紹介した「ヤオイン」。そのユニット「バ行の腐女子」の新作がニコ動にアップされている。アップされて2日で、再生数が16万、マイリスト数が1万5000を超えた。「ヤオイン」は再生数120万に達してるけど、おそらくこっちも100万超えるだろう。

 感動するのは、そのとてつもない完成度の高さ。最初の「ライオン」からとどめの「アイモ~鳥のひと」に至るまで、ネタ詰めこみまくり、テンション上がりっぱなしの7分28秒。歌がはんぱなく上手いうえに歌詞が最高!
「前ジャンルの相方 今人妻」なんてくだりは、せつなくてたまらない。5分30秒あたりになると、本気で感動して目頭が熱くなってくるよ。

 早くもこの歌に『マクロスF』最終話の本編映像を合わせたものがアップされている。 じきに削除される可能性が高いと思うのでリンクは避けるが、違和感がかけらもないのがすごい。知らない奴が見たら本物だと信じるよ、これ。

 なんかもう、ここまでくると「ただのパロディ」「ただの替え歌」で済まされなくなってきてる感がある。あんまり「芸術」という言葉は使いたくないが、そう呼んでも過言じゃないんだよね、この二人の歌は。

 ……あ、いかん、このプログ書くために聴き直してたら、なんか涙出てきた(^^;)。



同じカテゴリー(ニコニコ動画)の記事
 「僕らは何故、電子の歌声に魅了されるのか?」報告 (2014-12-11 11:42)
 第13回MMD杯 (2014-09-18 19:11)
 第12回MMD杯 (2014-03-01 17:13)
 第11回MMD杯 (2013-09-04 18:38)
 第10回MMD杯 (2013-03-01 17:18)
 第9回MMD杯を振り返る (2012-09-16 17:50)

この記事へのコメント
このエントリとは関係のないことで恐縮ですが…
HRP-4C(と人型ロボット)についてどこかに書かれるご予定はありませんか?
まぁこれまでに仰っておられる事とそう違いは出ないだろうと思いますし、今更っていうこともあるのかも知れませんが、それでも是非読みたいです。

個人的には、あの可動性能から考えると、動きのつけ方が上手くないかな、と思いました。特に「驚き」とか「怒り」の際のジェスチャー?はちょっと…
人の動きをモーションキャプチャしたとのことですが、ロボットには別のアプローチが必要なんじゃないかなぁ、と。
未来を考えると、人型ロボットの開発メンバーには動きを設計する専門の技術者も必要なのかも知れません。(教育機関はどこになるんだろ?)
…等々を考えさせられただけでも、自分には人型のロボットが出て来た事は意味があるように思えました。値段と重量にもびっくりさせて貰いましたし(^^;
Posted by masa at 2009年03月21日 07:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。