2011年10月07日

復活の『妖魔夜行』 Night


 イベントのお知らせです。

トークライブLive Wire 山本弘のSF&トンデモNIGHT#3
復活の『妖魔夜行』Night
[出演]山本弘
[ゲスト]友野詳

[日時] 2011年10月21日(金)
 開場・19:00 開始・19:30(21:30~22:00終了予定)

[会場] なんば紅鶴
   大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F
   南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円(当日券500円up)

 都市に暮らす妖怪たちを描いたシェアードワールド・ノベル『妖魔夜行』。そのスタートから20年、新シリーズ第1作『闇への第一歩』(角川スニーカー文庫)の発売を記念して、トーク・イベントを開催します。ゲストはご存知、友野詳。シリーズの裏話をはじめ、妖怪、都市伝説、ホラー小説やホラー映画の魅力などを存分に語ります。秋の夜長、妖怪の話で楽しみましょう!

 前売り券などの情報はこちらから↓

 LiveWire公式サイト
http://go-livewire.com/



同じカテゴリー(PR)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
「わが青春のSFエッチトーク!」
新刊『プラスチックの恋人』
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
同じカテゴリー(PR)の記事
 「オタク映画を力いっぱい語ろう!」 (2018-04-17 19:13)
 『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生! (2018-03-31 22:28)
 スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 『ミステリーゾーン』 (2018-03-17 21:25)
 菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」 (2018-03-17 19:55)
 今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2 (2018-03-17 19:27)
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)

この記事へのコメント
むう。ものすごく行きたいですが都合で行けないのが残念無念です。

しかしここで私の胸の内を叫ばせてください。
山本先生!!本当に本当にありがとうございます!!
妖魔夜行は復活しました!!「闇への第一歩」は間違いなく妖魔夜行です!!
私はもう復活を諦めて、ただ延々と個人的にトラウマ的黒歴史である百鬼夜翔の「霧」とリボーンリバースを怨み続けていました。
(泥田坊の奇骸があったら妖怪化していたかもしれません。たぶん私以外にも大勢……)
しかし「闇への第一歩」を読めた事でその呪縛からやっと解き放たれました。
奇骸の設定とか昔と違うところはあっても間違いなく本当に妖魔夜行でした。
本当にありがとうございます!!

しかし次の本は果たして出るのかが気になっています。
「闇への第一歩」は内容はよかったのですがイラストが表紙だけというのは……。
まさか角川書店に冷遇されてるとかじゃありませんよね!?
ただイラストレーターのスケジュールが合わなかったとかならまだ良いんですが……。
復活してもこれ一冊で終わってほしくありません!!
シリーズが「妖魔夜行」であり続ける限りは私は買い続けます!!
続く事を強く願います。長文失礼しました。

追伸・個人的に一番好きなキャラは鈴花です。
ツッコミとしてもヒロインとしても。
一期一会になりたくないのでやはり続いてほしく思います。
Posted by ドードー at 2011年10月07日 19:24
「妖魔夜行」新シリーズ化、そして、「詩羽のいる街」文庫化
(いつの間に!)おめでとうございます!!
装丁、今から楽しみです!

 しかし英語の論文も読まれるんですか・・・
先生のポテンシャルが計り知れなさすぎです・・・
Posted by わらリン at 2011年10月07日 20:04
なんと言うか・・・自分も心の闇の隙間から悪い妖怪を生み出すことのないよう、日頃から慎み、努めたいものです。

そう得心した向こう側、旅行ガイドのコーナーで若い男女がふざけあっています。ひとつのページをデコくっつけて二人で覗き込んだりして。何泊かけて何しにいくのやら。ていうかお前らパリとバリ島の区別もつかないレベルだろ?少なくともサル顔の彼氏は笑いがかなりバカっぽい。なんでこんな奴に彼女がいるんだよ?リア・・・おっと危ない危ない。
Posted by 妄想竹 at 2011年10月11日 22:06
先生は911アメリカ同時多発テロの陰謀論を完全否定してるとのことですが、今現在でもそうでしょうか。自作自演だとしか思えない人が増えてますけど、それについての意見が聞きたいです。
Posted by こうじ at 2011年10月16日 00:34
・・・「MM9」続編で「妖怪」が出てきたあたりから、いつかこの日がくるだろうことは予測していました。『妖魔夜行』復活、ニヤニヤが止まりません。
きょう、仕事のあとで『闇への第一歩』を買ってきて、ものすごい勢いで読みきりました(@∀@)

血も凍る導入部、微笑ましさのとまらない冒頭部、
おっ、と身を乗り出す展開部(と同時に、新シリーズの顔見世)、
そしてラノベ愛・アニメ愛に満ちた会話の数々、
やっぱり出てきた!あふれ出す「あの手の話」・・・
何度電車の中で吹いたことか(@∀@)「それ出すか」ってw

これはもう、『宇宙空母ギャラクチカ』が『GALACTICA』になったような、あるいは『仮面ライダー』から『クウガ』を生み出したような、まさにリ・イマジネイションですよ(@∀@)同じだけど違うんです。
「妖魔夜行、今この時ならどう作るべきか。それがコレだ!」という気迫を感じます。

ここんとこ仕事で疲れ気味だったのに、今日は急に元気になった気さえします。いい小説を読むというのは心身の健康にもいいものですね。(これは「話が面白い」から、だけではなくて、「文章が読みやすい」=ストレスを感じさせないことからもきていると思います。この「読みやすさ」のために、おそらく相当な熱情が投入されていると思いますが、そこは読者である私には想像もつきません。)

かつての『妖魔夜行』『百鬼夜翔』シリーズのような、息の長いシリーズになってほしいと願っています(とうとう古書店で全巻そろえて読んでしまいましたw)。
また、難しいことではありますが、目下わたしたちの頭上にのしかかる「あのこと」についても、いつか物語の中に取り込んでみてほしいと思っています。

取り急ぎの感想でした。
Posted by 九郎政宗 at 2011年10月16日 01:56
 遅ればせながら、新生妖魔夜行、拝読しました。
 シリアスと笑いを同居させようとするとどうしてもアイロニカルに傾きがちですが、ヒロインズの漫才トークの切れ味には細かいことも忘れてただただ大笑い。亜季の伝聞中蓮也の「姑息」に突っ込む輩もいそうですが、ラスボスの行動を暗示する言い間違いですね。
 ところで、隠れ里「深海」が神楽坂にあるのは、ユーモア短編「神楽坂七不思議」を著した水の作家泉鏡花へのオマージュでしょうか?
 
Posted by 魔道化マミった at 2011年10月20日 08:45
 みなさんにお返事できなくて申し訳ありません。

>こうじさん

>自作自演だとしか思えない人が増えてますけど

 逆ですね。一時期より、911陰謀説は下火になってます。陰謀論者の主張は徹底的に論破されちゃってますからね。
 詳しく知りたければ、このへんを参考にしてください。

分解『911ボーイングを捜せ』
http://www.nbbk.sakura.ne.jp/911/index2.html
Skeptic's Wiki「911陰謀説」
http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A3%B9%A3%B1%A3%B1%B1%A2%CB%C5%CF%C0

>九郎政宗さん

 例のアレ、ありがとうございます。しかし、どこに飾ればいいのか、ちょっと悩んでます(笑)。
 他にも何人もの方から差し入れをいただいたもので、主催者の方が「もう何回もイベントやってるけど、出演者に差し入れがあったのは初めてです」と感心しておられました。

>魔道化マミったさん

 神楽坂にしたのはそんな深い意味はありません。「角川書店が近いから」というのがいちばん大きな理由です(笑)。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年10月22日 19:27
ホームページ・山本弘のSF秘密基地の「妖魔夜行とは?」のコーナーを読んでてふと思ったんですが
あと三ヶ月で約一年経ちますが「闇への第一歩」の裏話はまだ書かれていませんね。
出来たら裏話とかすごく読みたいのですが更新の予定は無いのでしょうか?
それとも何か話せない事があるという事なのでしょうか……。

2ちゃんねるの妖魔夜行スレを覗くと色々憶測が……、いえ、何でもありません。すみません。
もう続きが出そうに無いと思うと裏話だけでも読みたいと思ってます。
すみませんでした。長文失礼しました。
Posted by ドードー at 2012年07月04日 03:56
新妖魔の続きは今年も無理なようですかね……。イラストが無かった時点で大人の事情に気づくべきだったのでしょうか……。
でも、私は新装版の望みに賭けることにします。ゴーストハンターや友野先生のルナルやコクーンも出たのですから妖魔夜行も……。
あと、そういえば妖魔夜行のレギュラーキャラの名前は『アイドル天使ようこそようこ』のキャラが元という話でしたが、新妖魔のキャラにも元ネタがあるんですよね。
新妖魔のキャラの名前の元ネタは「ボカロ」だったんですよね。読み返すとあからさまなヒントが作中のあちこちにありますしね。
まあ、それはそれとして、書くのは友野先生だったとしても2巻目が出なかったのは残念でなりません……。
もう旧シリーズからの読者としては新装版にわずかな希望に夢を託すことにします。ああ、「霧」さえなければ……。
Posted by ドードー at 2015年02月22日 18:13
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。