2011年09月02日

『イナズマイレブンGO』

 31日の新聞のテレビ欄には「円堂の奥様が今夜明らかに」とか、ニュースショーみたいなことが書いてあった(笑)。いや、誰かは知ってましたけど。

 でも、予想を上回る面白さで、テレビの前で家族三人で大笑いしてた。

 だって、いきなり「お帰りなさい、円堂くん」だよ! 自分の夫を呼ぶのに「円堂くん」! おまえだってもう「円堂」だろうが! そこは天馬もツッコめよ。
 ネットでは「結婚して料理は上手くなったのか」とか言われてたんだけど、ぜんぜんそんなことはなかった。必死にまずさに耐えながらも全部平らげる円堂。こんな生活、毎日続けてるのか。すげえなあ。愛だなあ。
 でも、まずいと分かってるんなら、天馬を夕食に誘うなよ(笑)。

 途中から見はじめたんだけど、確かに『イナイレ』が受ける理由はよく分かる。どうすれば盛り上がるか、どうすれば燃える展開になるかが、きちんと計算されているのだ。下手にマニア受けを狙ったりせず、バカ正直とも言えるぐらいにさわやかな王道展開を積み重ねているのが気持ちいい。普段から変なアニメばっかり見まくっている僕には、一周回って新鮮である。
 前回の帝国戦とかも、「お約束だなあ」とは思いつつも、「みんなの友情でパワーアップ」というこっぱずかしいパターンを大真面目にやってるもんで、けっこう感動してしまった。個人的には、そよ風ステップで敵の化身をかわす天馬がかっこいいと思ったんだけど、美月は蘭丸のザ・ミストが気に入ったらしい。
 もちろん子供の目でストレートに楽しむこともできるし、すれた大人の目からも、超次元的な技の数々に「何でやねん!?」とツッコミながら見る楽しみもある。
 今週は特訓シーンで美月が大喜び。

「どれだけ公式でフラグ立てたら気が済むねん!」

 確かになあ。表面上はあくまで普通の(でもないが)サッカー・アニメだけど、腐女子的視点からはいくらでも深読みができるんだよね。
 まあ、スタッフはさすがにそこまで計算して作ってはいないだろうけど。
 妻はというと、最後の「今日の格言」で、「今日の格言は『男なら黙って食え』やろ!?」とツッコんでました(笑)。
 毎回見終わると、

「化身ってルール違反にならへんの?」
「いや、サッカーのルールに『化身は出してはいけない』とは書いてないから(笑)」

 といったバカ話で盛り上がる。まさに「家族そろって楽しめる番組」なのだ。
 
 どうでもいいけど、ファンは「イナゴ」って略すんだな。知りませんでした。


タグ :アニメ

同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)

この記事へのコメント
>特訓シーンで美月が大喜び。

>「どれだけ公式でフラグ立てたら気が済むねん!」

>確かになあ。表面上はあくまで普通の(でもないが)サッカー・アニメだけど、腐女子的視点からはいくらでも深読みができるんだよね。

  成程。ところで、美月さん御本人は腐女子系なのですか?
Posted by toorisugari at 2011年09月12日 11:08
 ↑のコメント(兼質問)をしてから1.25年経ちましたが…「イナズマイレブン」の制作会社、レベルファイブが今、ゲーム会社のセガから特許を侵害されたとしてシリーズ8作品の販売差し止めと廃棄や約9億円の損害賠償などを求める訴訟を起こされていますね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121211-00000864-yom-soci

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121211-OYT1T00864.htm?from=top

 流石にアニメに影響は出ないと思いますが、「イナズマイレブン」のイメージへの影響などを考えると少し不安です。
Posted by toorisugari at 2012年12月11日 18:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。