2011年07月27日

『結晶銀河』

 1年に1回出る、創元の年刊SF傑作選、今年は僕の「アリスへの決別」が収録されました。

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488734046

【収録作品】
冲方 丁「メトセラとプラスチックと太陽の臓器」
小川一水「アリスマ王の愛した魔物」
上田早夕里「完全なる脳髄」
津原泰水「五色の舟」
白井弓子「成人式」
月村了衛「機龍警察 火宅」
瀬名秀明「光の栞」
円城 塔「エデン逆行」
伴名 練「ゼロ年代の臨界点」
谷 甲州「メデューサ複合体」
山本 弘「アリスへの決別」
長谷敏司「allo, toi, toi」
眉村 卓「じきに、こけるよ」
酉島伝法「皆勤の徒」(第2回創元SF短編賞受賞作)

 日下三蔵氏もまえがきで書いてるけど、去年までは「これははたしてSFなのか?」と疑問に思う作品が多かったんだけど、今年はストレートなSFが多くなったという印象です。
 実はまだ全部読んでないんだけど、伴名練「ゼロ年代の臨界点」がすごく気に入りました。20世紀初頭を舞台にした架空の日本SF史! 3人の若き女流作家が書いたSFが、どれも面白そう。腕木信号のネットワーク知性!
 最初から最後まですべて嘘っぱちなのに、もっともらしくて、わくわくしちゃうんですよねえ。こういうタイプの話、僕は好き。
 作中に明示されていない裏設定を推理するのも楽しい。フジの最後の言葉の意味とか。


 ところで創元の近刊予告を見てびっくり。笹本祐一さんの『妖精作戦』、復刻するんだ!

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488741013

 しかも、解説がやっぱり有川浩さんだ! ああ、そりゃもう、解説頼むならこの人以外ありえないわ!
(分からない人は『レインツリーの国』を読むように)


タグ :PRSF

同じカテゴリー(PR)の記事画像
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
同じカテゴリー(PR)の記事
 山本弘のSF秘密基地LIVE#72  もっとやろうぜビブリオバトル! (2017-09-17 20:28)
 ASIOS「UFO事件クロニクル」出版記念トーク (2017-09-17 20:19)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)
 BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式 (2017-08-28 19:58)
 新刊『UFO事件クロニクル』 (2017-08-24 22:50)
 海外SF・ホラードラマの“戦うヒロイン”の魅力を語ろう (2017-08-24 22:29)

この記事へのコメント
再び…

おめでとう御座います!!(まぁ、あのアンソロジーに含まれていた作品中では「アリスへの決別」も面白かったですが、個人的には「リトルガールふたたび」の方が好きです。〔ブラックですが〕かなり笑え、また最後にはいろいろと考えさせられますね…とにかく、日本の将来〔100年後〕があの作品のようにならない事を〔個人的には〕切に祈ります…)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2011年07月27日 21:42
『妖精作戦』復刻の情報は少し前から聞いてたんですが、家にソノラマ文庫の本がまだあるんであまり重要視してなかったんですよね。しかし新しい後書きと有川浩の解説ですか…(悩)
この作品、当時通ってた学校の近くが舞台だったということもあって思いっきりハマッてました。
はまりすぎたおかげで次の作品である"ARIEL"の面白さに気付くのが遅れたっつーおまけがつきました(笑)
Posted by Null_Devices at 2011年07月28日 01:44
 MM9(前回大文字小文字間違えてすみません。)のことなど書こうと思っていたら、小松左京氏の訃報が。
Posted by 理力不足 at 2011年07月28日 18:17
朝日新聞で読みました。小松左京さんの御冥福をお祈りいたします。
Posted by toorisugari at 2011年07月29日 12:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。