2011年05月24日

エレーニン彗星衝突説が爆笑ものだった件

 前回に続いて、デマの話。
 こんなデマが流れているというのを、J-CASTニュースで知った。

10月接近の彗星が地球衝突  だれがこんなデマを流したのか
http://www.j-cast.com/2011/05/20096157.html?p=1
http://www.j-cast.com/2011/05/20096157.html?p=2

 昨年の12月10日に発見されたエレーニン彗星が、今年の秋に地球に衝突するかもしれない、というのである。
 調べてみたら、デマを広めているところが分かった。「防災グッズマガジン」という、名前だけ見るとまともそうなサイトだ。5月13日にこんな記事が載ったのである。

エレーニン彗星が地球に接近
http://www.disaster-goods.com/news_skWrI6miJ.html

NASAのレポートによると、現在、エレーニン彗星(Comet Elenin)が地球に接近しているという。地球をはじめとする天体に重力の影響はおきている事からエレーニン彗星は彗星の名がついてはいるが非常に大きな天体である可能性があるという。

以下天文学者Mark Sircus博士の記事より。

Mark Sircus博士

NASAの分析モデルを見ると、巨大な天体がすでに太陽系の中に侵入しているという事がわかる。エレーニン彗星は現在内太陽系に入ろうとしている。このまま今のコースを進めば2011年秋に地球すれすれを通るか最悪の場合地球に衝突する危険性がある。

エレーニン彗星が最も太陽に接近するのは2011年9月上旬だという。地球に最接近する時期は2011年10月16日ころ、 地球からおよそ2100万マイル離れたところを通過するだろうと専門家は予測している。

エレーニン彗星と東日本大震災 
東日本大震災、ニュージーランド大地震、チリ大地震はこのエレーニン彗星が原因であるという可能性がある。エレーニン彗星、地球、太陽が直列する事で大地震がおきたという可能性があるという。

 天体直列で大地震(笑)。なんかもうこれだけでダメダメって感じだよね。彗星の質量がどれぐらいか分かってんのか? 彗星はガス状の頭部(コマ)は直径何万kmもあるけど、本体(核)はせいぜい直径数km~数十kmしかない。有名なハレー彗星の場合、1986年の探査機ジオットの観測によって、核の大きさは15×8×8kmであることが判明している。しかもその成分の80%は氷であり、岩石でできた天体より密度が低い。
 たとえば月は直径3476km。その100分の1の直径35kmの核を持つ彗星の場合、体積は100万分の1。そして月の密度は水の3.3倍だから、彗星の質量は月の数百万分の1ということになる。
 すなわち、ハレー彗星よりも大きな直径35kmの核を持つ彗星が、月と同じ距離まで接近したとしても、その引力が地球に及ぼす影響は、月が地球に及ぼす影響の数百万分の1なのである。
 しかも最接近時の距離が2100万マイルって……3400万km? 月-地球間の距離の88倍? むちゃくちゃ遠いじゃん。これが「地球すれすれ」?
 それに「現在内太陽系に入ろうとしている」ということは、今はまだ3400万kmよりさらに遠いところ、火星軌道のあたりにいるってことである。
 何で月の数百万分の1の引力しかない天体が、月よりはるかに遠いところを通過するだけで地震が起きるの? バカじゃないの?

 まともな天文学者がこんなアホなことを言うとは思えない。Mark Sircus博士ってどういう人物なのかと思って検索してみたら、彼のブログが見つかった。彼がこの話の発信源であることは間違いない。

Dr.Sircus's Blog
http://blog.imva.info/

 でもって、彼のプロフィールがこれ。

http://director.imva.info/

I am a prolific writer, poet, medical researcher, doctor, psychologist, musician,
 
 どこが「天文学者」やねん!?
 いい加減なこと書くなよ、「防災グッズマガジン」!

 さらに「防災グッズマガジン」は、5月26日にもこんなアホな記事を載せた。

ホワイトハウスが文書を発表「エレーニン彗星衝突の危険あり 」
http://www.disaster-goods.com/news_snMvaRf7m.html?recommend

ホワイトハウス、エレーニン彗星対策はじめる
エレーニン彗星(Elenin彗星、Comet Elenin) が現在太陽系の中心に接近してきているという。この情報に伴いホワイトハウスは対策をはじめる模様。

ホワイトハウス科学技術政策局長官John Holdren氏は「現在地球に接近している小天体から地球をまもる計画(protecting the United States from a near-Earth object that is expected to collide with Earth) 」を発表した。

Comet C / 2010 X1(Elenin彗星、Comet Elenin) は2010年12月10日にLeonid Eleninによって発見された。

2011年3月11日におきた東日本大震災を引き起こした原因はエレーニン彗星の引力だといわれる。この日エレーニン彗星と地球と太陽は一直線上に並んだ。

現在のエレーニン彗星の位置はまだ地球から離れている。しかし刻一刻接近しており、今年9月26日ごろエレーニン彗星は地球と太陽の間を通ると予測されている。

この時もエレーニン彗星と地球と太陽はもう一度一直線上に並ぶ。しかしこの時は3つの天体の距離は小さく地球が受ける引力の影響は東日本大震災の比ではないという。

 上に紹介したJ-CASTニュースの記事でも書かれているが、これはまったくのデタラメ。「現在地球に接近している小天体から地球をまもる計画」という訳からして間違っている。「protecting the United States from a near-Earth object that is expected to collide with Earth」――この程度の英語は中学生でも訳せると思うが、「地球に衝突すると予想される地球近傍天体から合衆国を守る」である。これのどこが「現在地球に接近している」なのだ?
 地球近傍天体(near-Earth object)というのは、地球に接近する軌道を持つ小惑星や彗星の総称である。以前からそうした天体が地球に衝突する可能性については警告されていて、ホワイトハウスがそれに関するレポートを、昨年10月(エレーニン彗星の発見前)に米議会に提出した……ということらしい。つまりエレーニン彗星とはまったく関係ない話なのだ。
 これで「ホワイトハウスが文書を発表「エレーニン彗星衝突の危険あり」」というタイトルをつけちゃうんだから、ひどい話である。これはもう「誤報」とかいうレベルを超えている。
 どうも「防災グッズマガジン」の元ネタはこのへんらしい。

Bad News from NASA: Proof That Comet Elenin Is Affecting Earth
http://www.activistpost.com/2011/05/bad-news-from-nasa-proof-that-comet.html

 怪しい~っ!!(笑)
 惑星ニビルとかマヤの暦がどうこうって書いてあるよ!
 しかも今年の8月3日に地球の軌道が褐色矮星と交差するって。
 褐色矮星~っ!?(爆笑)
 あー、笑った笑った。ありえなさすぎるだろ。褐色矮星というのは恒星と惑星の中間、木星型惑星よりも大きいけれど恒星にはなれなかった天体のことで、当然、そのサイズは木星よりもでかい。そんなもんが太陽系に侵入してきてたら、もうとっくに世界中で観測されてるって!

 実は『地球移動作戦』でも、最初、シーヴェルを褐色矮星にしようと思っていた。だが、検討したところ、無理だと分かった。褐色矮星は熱を帯びているから赤外線を発している。太陽系のすぐ近くにそんなものがあったら、すでに赤外線観測で発見されているはずなのだ。そこで木星の約2倍の質量で、なおかつ光学的に観測できないミラー天体だという設定にしたのである。

 しかも3つ目の動画がバカすぎる。
 日本で4月20日に撮影されたビデオにエレーニン彗星か惑星ニビルらしきものが写ってるというのだ。朝なのにだんだん沈んでいっているから太陽ではないと。

Nibiru Elenin or a very bright star over Japan Volcano 04/20/11 ITS NOT THE SUN April 20 2011
http://www.youtube.com/watch?v=mm6e23lQi44

 検索してみたら、これは輝北から西の桜島を撮影した定点カメラの映像だと分かった。つまり、ここに写っているのは西の空だ。

国土交通省 九州地方整備局 大隈河川国道事務所
http://www.qsr.mlit.go.jp/osumi/camera_sabo.htm

 さらに、国立天文台のサイトで、この日の鹿児島での月齢と月の出・月の入りを調べてみると、

国立天文台 天文情報センター 暦計算室
http://www.nao.ac.jp/koyomi/

鹿児島(鹿児島県)
2011年4月20日(水)
日の出 5:45
日南中時 12:17
日の入り 18:50
月の出 21:30
月南中時 1:41
月の入り 6:55
正午月齢(16.5)

 ……月だろ?
 月が西の山に沈んでいってるんだよね。
 だいたい、こんな明るい天体が空に浮かんでたら、日本だけでなく世界中から肉眼で見えてるだろ。そんな当たり前のことも分からんのか。
 それともあれですか、やっぱりイルミナティが情報を隠蔽してるんですか(笑)。

 どうもMark Sircusの頭の中では、エレーニン彗星は褐色矮星または中性子星(!)で、それが例の「惑星ニビル」の正体だということになっちゃってるらしいんである。
 彗星と惑星と褐色矮星と中性子星……ぜんぜん違う天体をよくまあ、ごっちゃにできたもんだ。
 天文学を知らない人には、このおかしさは分からないかもしれない。たとえて言うなら、チョウチョを見て「あれはプテラノドンだ」と言ってるぐらいムチャクチャである。
 彼はどこからこんなトンデモ説を思いついたのか? どうやら鍵はこのへんにありそうだ。

Here Comes Elenin
http://blog.imva.info/world-affairs/elenin

>the part they can see is 50,000 miles in diameter. Yes a big rock!

 はあ? 直径5万マイルの「大きな岩」?
 そう、こいつ、「彗星のコマの直径が8万km」というのを読んで、直径8万kmもある巨大な岩のかたまりだと誤解してしまったらしい。で、こんなに大きいのだからきっと惑星じゃなく褐色矮星だ!と思いこんだわけだ。
 彗星のコマのサイズとしては、8万kmというのは特に大きいわけではない。コマが100万kmを超えることだってあるのだ。ちなみに木星の直径は14万kmだから、エレーニン彗星のコマは木星より小さい。

 要するに、Mark Sircusが天文学の初歩の初歩も知らないトンデモさんだったうえに、それを紹介した「防災グッズマガジン」の記事を書いた奴が、とてつもないアンポンタンだったということだ。
 でもなあ、「エレーニン彗星」で検索すると、ずいぶん信じちゃってる人、多いんだよなあ。
 天文に興味のない一般人は、そもそも彗星というのがどんな天体なのかすら知らないから、こんなデタラメな話を本気にしちゃうのだろうか。あるいは「NASA」とか「ホワイトハウス」とかいう固有名詞が出てくるだけで信憑性があると思っちゃうのか。
 何にしても、もうちょっと頭を使ってほしいもんである。



同じカテゴリー(トンデモ)の記事画像
これがイルミナティ・カードだ!
「ちきゅう」陰謀説のバカさ加減
誤解されているスティーブ・ジャクソン
日本トンデモ本大賞2010
告知「日本トンデモ本大賞前月祭2009」
同じカテゴリー(トンデモ)の記事
 「山本弘が血液型性格判断を否定するのは儒教の影響だったんだよ!」(笑) (2015-06-12 13:34)
 ムー愛読者はと学会を経てネトウヨになる? (2014-10-25 16:58)
 原田実『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』(星海社新書) (2014-10-06 10:54)
 第22回日本トンデモ本大賞決定! (2013-06-11 18:54)
 コミケにトンデモさん襲来 (2012-08-16 12:21)
 第21回日本トンデモ本大賞決定! (2012-06-13 13:20)

この記事へのコメント
天文に興味がないから、というよりは、報道などによる受動的な情報入手に浸りきっている人が信じてしまうのではないでしょうか。
本来ならば管理人さんのように、入手した情報をトリガーに関連情報を集めて総合的に判断すべきですが、トリガーとして扱えずに結論として受け取る人がいるということだと思います。

ともあれ、きれいに剥いて全裸にされていますね(笑)
楽しませてもらいました。
Posted by mic at 2011年05月24日 14:33
妹に聞いてみました

ブラックホール=宇宙にある、穴。一旦入ると二度と出れない。(まあ確かにそんな感じだわな)

褐色わい星=茶色で何となく怪しい天体の総称
(わい星のわいに反応した様ですが、怪しい訳じゃね~よ……)

中性子星=中性子で出来てる星(まんまやんけ)

むむむ……、天文学に興味ない大学生のゆとり度合いが激し過ぎです
Posted by 通りすがり at 2011年05月24日 14:44
シーヴェルがミラー天体という設定にはそのような山本さんの創意工夫の苦労があったとは…それに比べてMark Sircus氏って一体…何だか、気軽に発言しているだけな感があります。人のことは全く言えませんが。
あ、遅れて申し訳ありません。『地球移動作戦』文庫版、上下共に買いました!以前図書館でお借りしましたが、新表紙にメロメロになりました。上下巻の区切りも、絶妙な間の取り方だったと感じております。
個人的には、ジェノアPがお気に入りのキャラです。『神は沈黙せず』の加古沢みたいな人物かと思いきや、ユーナとあのようなことになるとはと、意表を突かれましたよ。
Posted by toorisugari at 2011年05月24日 17:42
 そういえば、ハレー彗星が地球に接近した時も、大騒ぎしてましたっけねえ。
 自分も天文学や彗星に関してはそれほど詳しくないですけど、こういう話を聞くと「彗星なんてただの氷の塊。それが、なんで天変地異を起こすのか」と激しく疑問でした。
 
 ほうき星は不吉を呼ぶとは言うけど、ある意味その通りですね。
 無知なアホがこういうデマを吹聴し、それを信じた民衆が不安に駆られ、社会に不穏な空気を作ってしまい、そこから不吉っぽい事を起こしてしまうような。
 つーかこの手の人たちは、いい加減過去から学べと言いたいです。ただの氷の塊が、地球を滅ぼす力なんかあるわけないっつーのに。
Posted by 塩田多弾砲 at 2011年05月26日 01:27
細かい説明とか面倒な時にNASAの研究で分かったらしいよって言うとかなりの友達が大体無条件で信じてくれるからなw
宇宙とか天文学にまったく関係ない事でもw
デマ広めるにはうってつけかも
Posted by ryuna at 2011年05月27日 15:30
 はじめまして、というか、以前アポロ関連で09/08/06にmail差し上げた者です。
http://www.astroarts.co.jp/simulation/cometary-orbit-j.php
このサイトで「天体名」のところに「Elenin」と入れて、「軌道表示」ボタンを押すと軌道が見られます。
10月下旬に再接近しますが、距離は0.3AUですから、太陽と地球の距離の3割までしか近づきません。
写真に撮っている人もいます。
http://www.astroarts.jp/photo-gallery/gallery.pl/photo/5092.html
彗星はアマチュアのレベルが異常に高い分野なので、
本当に衝突しそうなほど接近するなら、天文マニアが大騒ぎしなけりゃおかしいですよね。
Posted by MMR at 2011年05月28日 22:07
これ見て安心しましたあ
Posted by ま at 2011年07月02日 21:52
防災グッズマガジンはあんぽんたんではなく

危険を煽ってグッズをうる今年か考えていないのでは。。。

それより、つぎのまとめサイトにある201:がめちゃくちゃです。
http://news.2chblog.jp/archives/51619366.html

NASAが単に万一にそなえて準備しとこうねって案内を出しただけなのに、おひれがついてます。。。

件の彗星のはなしなどまったく書いていないのですがね。。。
Posted by ああああ at 2011年07月04日 00:02
中性子星というのは、中性子でできている星のことなのでしょうか?これから調べてみます。
Posted by }? at 2011年07月15日 19:35
確かに衝突もないでしょうし、直列したからって何?って思うのですが、
地球への最接近は太陽方面から来るので
例えば大きな氷の塊がはがれて、それが地球に飛び込んできてしまうなんてことはないのでしょうか?
ツングースの原因のひとつとして、このような話がありましたが。
Posted by SFF at 2011年07月21日 16:31
>SFFさん

 地球軌道の内側まで入ってくる彗星は珍しくありません。ハレー彗星とかスウィフト-タットル彗星とかポンズ-ブルックス彗星とかハーシェル-リゴレー彗星とか。
 エンケ彗星なんて周期が3.3年しかないもんで、1786年に発見されて以来、何十回も太陽に接近しています。前回の接近は2010年8月でした。
 まあ、破片がぶつかる確率はゼロではないですが、エレーニン彗星だけ気にしても意味がないですね。衝突する確率で言ったら、接近回数の多いエンケ彗星の方がはるかに危険でしょう。(ツングース爆発もエンケ彗星の破片のせいではないかと言われてますね)
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年07月27日 14:38
震災なり動乱なり何か大きな事が起きると必ずこういう輩は登場しますね。インチキ科学者や研究家、震災後に湧いた自称占い師。そして必ずみんな後出し。もっともらしい理論を詠って通常ならはねつけるような事柄でも不安に陥ってるので信じてしまう人がたくさんいます。つまり霊感商法や新興宗教に近い手法であわよくばそこから利益を得ようとしている人間がてぐすねひいて待ってる状態でしょうか。ある意味、火事場泥棒と何も変わりませんwww
ですから根拠のない噂を流す者にはある程度の罰則が必要になるかもしれないですね。このような論理的に説明してくれる方は重要です。ネットの噂は半分以上が嘘なのでw まあ、皆さん普段の生活に疲れてるのでこういう世界の終わりみたいな噂にはすぐ飛びつく、いや、終末を願っているんではないでしょうかwww 天体直列で大地震ってw いかにも噂のネタには最高ですねwww
Posted by www at 2011年07月28日 12:08
記事読ませていただきました。いろいろ不安だったので、助かりました。そこで少し思ったのですが、今回のエレニン彗星は、中性子星の可能性はあるのでしょうか。
Posted by tomato at 2011年08月17日 18:17
プログ「ジュセリーノ予言の真実」の"かまたあきよし"です。

来週(08/22)放送の日本テレビ「不可思議探偵団」に関する記事を挙げます。

そのなかでこちらの記事をリンクさせていただきました。
Posted by かまたあきよし at 2011年08月18日 04:41
>tomatoさん

 僕に質問するより、「中性子星」で検索してみた方が早いですよ。
 彗星と中性子星は、チョウチョとプテラノドンぐらい別物です。中性子星は強い電波を出していますから、褐色矮星よりもはるかに目立ちます。太陽系に接近してくる中性子星があったとしても、おそらく何十年も前から分かるでしょう。太陽と同じぐらいの引力がありますから、もし太陽系に入ってきたら、すべての惑星の軌道がぐちゃぐちゃに乱されます。そうなってないでしょ?
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年08月19日 16:13
なんも知らないとただ不安なだけだった
安心できてよかった。ありがとう
Posted by なんも知らないとただ不安なだけだった at 2011年08月19日 23:23
安心しました。
友人呟きで知り、デマと信じたいと思いつつ。
天文知識がまったくなく、ぐぐってこちらに辿り着くことができました。

とっても分かりやすく、安心できました。

ありがとうございます。
Posted by かや at 2011年08月21日 23:06
はじめまして。私は彗星による大災害の予言をきき、絶望的になり一晩中泣いて過ごしました(>_<)今お腹に赤ちゃんがいて、それなのにもう死んでしまうんだと思いました。
嘘であることを願うばかりです。
それから別記事でNASAを解雇された方が『地球滅亡は真実、誰にも止められない』と語ったというものを読みました。
何だか怖くて怖くて数日生きた心地がしていません。この記事について真実性がありますか?どうか教えてください。
Posted by 緑 at 2011年08月22日 15:25
通りすがりの物です。

やはりテレビやマスゴミメディアの報道することは信用できませんね。
こういうことでもうけてる人もいるわけですし。
Posted by 通りすがりの物 at 2011年08月22日 20:09
>「防災グッズマガジン」という、名前だけ見るとまともそうなサイトだ。
いいえ、名前からして怪しいサイトです。(少なくとも、僕の感覚では)
Posted by GEN at 2011年08月23日 15:09
この記事をみて安心した方も、
どこかの記事をみて不安になった方も大差ないと思います。

山本さんのことをちゃんと知らないので、
ブログのタイトル部を見ただけで書くと、
『いち、SF作家』さんですからね。

誰かの記事を見て一喜一憂するよりも、
毎日を誰かのため、自分のため、夢のためなど、
何かを目指して一秒一秒生きていった方が
随分心地いいと思いますよ。


ただ、その記事で安心を得た人がいたのも事実。
調べてくださってありがとうございます。
Posted by 通りすがり at 2011年08月27日 05:44
9月26日は危ないとかいろいろこの彗星の噂が出てきて
毎日精神的に追い詰められてましたが、何か少し楽になれました。

ありがとうございました。
Posted by 僕は無知のパンピーです at 2011年08月30日 01:02
エレーニンについて爆笑できたので(ありがとうございましたm(_ _)m)引き続きニビルについても爆笑→安心させていただきたいのですm(_ _)m
いかがなものでしょうか??
http://raizen.seesaa.net/article/218302053.html
Posted by YUA at 2011年08月31日 16:07
もしも、10月26日だっけ?
その日になんかあるなら、彗星のせいにしたなんかかも?なんて疑ってみたりする。
Posted by あすちゃ at 2011年09月03日 11:38
なんかばからしい話ですよね…。
というか、こんなバカなことで大騒ぎしていたら、本当のスペースガード(小天体監視)の重要性とごっちゃにされそうで心配です。

本当にやばいのは取るに足らない彗星の重力なんかじゃなくて、衝突したときの運動エネルギーなわけですが…なんか完全に勘違いしている人が多そうです。

というか、彗星と褐色矮星を取り違えてるほどの人ってホントにいるんですかね…。いても少数派だと信じたい…。
Posted by LH2 at 2011年09月03日 14:34
天変地異に安心など出来ない。
Posted by REPX at 2011年09月04日 09:21
これで地球滅びる前提で生きようと決意を固めてた夢はニートな私だよ!ちくしょう!いつもこうだよ!わかってたけどさあ!いつ私に真実のノストラダムスの福音がなるのかだよイエスそれが問題だ・・・!自殺志願とかじゃないよほんとだよ。

なんかそれっぽく見えちゃう話でも、賢い人にかかれば丸裸なんだな、と思いました。管理人さん、かっこいい。そうだね、思いっきりデマだわ。
こんなでかい話になるまえに、他にも誰か勘付いた人居なかったのかな。2ch仕事しろ。それとも奴ら持ち前のスキルでスルーしやがったのか。遺憾の意。

とにかく、ほんとのこと教えてくれてありがとう。助かりました!
Posted by その他A at 2011年09月04日 12:49
彗星のコアの大きさは一概には言えないですよ。
大きさのバラツキがかなり大きいです。
とはいえ引力など無いに等しいですが。
どっちにしろ彗星が我々の生活に影響を与えるとしたら本当に運悪く衝突するときくらいでしょうね。
わりと密度の低い衝突少ない星系に生まれてよかったですね。
Posted by ああああさん at 2011年09月05日 00:40
スッキリした解説 よくわかりました
ありがとうございました

専門家を装って楽しい物語を
創作する方がいらっしゃるのですね・・・ 笑

下記のの事を 話題にしてる方もいらっしゃいます
バッサリと 切って下さいませんか

「アポカリブテイックサウンド」
終末の音らしいですが・・・  笑
Posted by タロ3 at 2011年09月08日 09:57
はじめまして。
偶然この彗星の事を知って、ビクビクしながら
見ていたらここにたどり着きました。

なるほど…やっぱり戯言だったんですね、安心しました。
実はNASAが公式で『衝突する事は無い』と発表しています。

一部では輝きが小さくなった事で消滅したとか言われたり
挙句の果てには何やらメッセージが聞こえるとかの話題が増えています。

特に『メッセージが聞こえる』と言う点、山本先生はどう思われますか?
Posted by lily at 2011年09月10日 18:05
はじめまして
エレーニン彗星、ブログを検索すると、結構な数ヒットしますね。特にここ、9月10日から11日にかけて多くなっています。
 ほとんどは、偽の情報を右から左に垂れ流すだけのものです。中には「ネタ」として楽しんでいる人もいる一方、本当に心配されている人もいるようです。
 ほったらかしにするには、あまりひどい状況なので、エレーニン彗星のガセネタをまじめに検証して、うわさを払拭する目的で、自分のほうでBLOGを立ち上げました。良かったら覗いてください。 
 一個人ができることは、たかがしれますが、一人でも不安を解消される人がいたら、と思います。
 しかし、これらガセネタは、海外発のものがほとんどで、日本人のオリジナリティなものが少ないのが気になります。真偽はともかく、「物語」や「妄想」を個々人がつくる能力が衰退しているのかと、余計な心配をしています。
Posted by eac at 2011年09月12日 07:01
凄く面白かったです!ww


騙す側の人が悪いのは分かっていますが
本気で騙されている人がこんなにも多いと「日本人って猜疑心とかないのか?」と心配になってしまいます…
もしくは現実逃避してる人が多いでしょうか?

彗星のことよりもよりもそっちが気になってしまいましたww
Posted by クマ座 at 2011年10月11日 18:11
「防災グッズマガジン」の宣伝の役に立ってますね。
Posted by RT at 2011年10月14日 21:42
y ahooの知恵袋を見ていたら、最近次の記事を本気にしている人が何人か居るようです
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_09_15/277303948/
>米航空宇宙局(NASA)は、不安な情報を入手した。2017年から2113年の間に、400回の衝突が起こるという。
(中略)
大多数の小惑星は、2階建てバス7台分に相当する直径およそ100メートルで、

約100年に400回、季節の変わり目を告げるのに便利そうな回数だそうです

これが、エレーニン彗星やベテルギウスの爆発の様に流行るのかは分かりませんが、
ここ、数日で、「天文・宇宙」カテゴリに「この記事は本当か」と言う質問をしてきた人が、最低でも3人位居るようです
(見落としている質問や「オカルト・超常現象」カテゴリを含めればもうちょっといるかもしれません)

ただ、私の検索能力の限界か、この「ロシアの声」と言うサイトの記事よりも古い記事(元記事)が見つからないです(まあ、だから信憑性が低い記事とも言えますが)
Posted by だぁく・はんど at 2014年10月01日 21:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。