2008年12月12日

ゲッペルさんのいない人

 ずいぶん遅くなったけど、迷った末に買っちゃいましたよ、『さよなら絶望先生』第十五集限定版オリジナルDVD付き。3470(さよなら)円もするやつ。シャレで定価決めんなよ(笑)。
 でも、好きなんだよね、『絶望先生』。
 まずDVDから説明すると、やっぱり面白かった。特に今回は原作のハニートラップの話なんで、中国製のパチモン『らき☆むた』を正確にアニメで再現してみせているのが大笑いだった。

 今回、本編でいちばん面白かったのが、ゲッペルドンガーの話。
 自分がもう一人の自分を見るのがドッペルゲンガー。それに対し、もう一人の自分が自分を見るのがゲッペルドンガー。
 何かしょーもないことに熱中していた時、ふと我に返り、熱中している自分を「何やってるんだ」と、背後から一歩引いて冷ややかに見てしまう。それがゲッペルドンガーなのだという。(晴美の場合、やおいマンガを描いていて、男の乳首にトーンを貼りながらにやついている瞬間に現われる)
 ああ、あるある、ゲッペルドンガー。
 確かに、ゲッペルさんがずっと背後にいると、何でも冷ややかに見てしまい、素直にものごとを楽しめない。だから普段はゲッペルさんはいない方がいい。でも、まったくゲッペルさんが出てこないと、これまた歯止めがなくなって暴走してしまう。
 ゲッペルさんがいなくなった糸色先生は、どんどん痛い人になってゆく。つまり「痛い人」というのは、ゲッペルさんがいない人、自分を客観的に見ることができない人なんである……というお話。
 なんか、ギャグマンガなのにすごい真理を突いてくるよね、『絶望先生』。 そこがいいんだけど。

 確かにいるよなー、ゲッペルさんのいない人。「もうちょっと自分を冷静に見てみたら」とか忠告しても、ぜんぜんできない人。僕の出入りしているコミュでも、あの人とかあの人とか。
 どんなに他人からバカにされても、ゲッペルさんがいないと、なぜバカにされてるのか理解できないんだろうな。だから反省の生まれようもなく、同じことを繰り返すわけだ。
 かく言う僕も、思い出して見ると、若い頃はゲッペルさんはいなかったなあ。どう考えたって他人からは不愉快にしか見えないことを、平気でやってたもの。あー、いたたたた。

 今回は他にも、「雨降って地陥没」「主語霊」「駄目イタコ」など、「あるある!」というネタが続出。確かに「私」と言うべきところを「私たち」と言っちゃう「主語のデカい人」とか、「原作者は泣いているぞ」などと勝手に霊媒する人とか、いるよね。
 今回、いちばんの名台詞だと思ったのは

>「犬はササミの事しか考えていない!」

 そうだよなー。犬は考えてないよなー。


同じカテゴリー(マンガ)の記事画像
初めてマンガの中でコミケを描いた作品は?
「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」
女ターザン・コミック始動!
同じカテゴリー(マンガ)の記事
 ドラマ『重版出来!』最終回 (2016-06-18 19:27)
 80年代ホビーマンガの素晴らしき世界#2 (2015-03-08 13:44)
 初めてマンガの中でコミケを描いた作品は? (2015-01-21 17:08)
 平井チルドレンに残された大きな宿題 (2015-01-21 15:58)
 「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」 (2015-01-20 18:45)
 アングレーム国際漫画祭で何が起きたか (2014-02-04 16:11)

この記事へのトラックバック
 最近色々忙しくてブログに取り掛かれないのだけど、ブログペットの「ぺたぺた」(ブロペ会員ならば誰が来たかわかる機能)を見る限り、更新もしていないのに見に着てくれる人が結構...
 人を腐すヒマがあったら絵を描けよ!(pixiv内企画「pixiv絵馬」)【Eduma‐Labo 分室】at 2009年01月12日 12:47
この記事へのコメント
1/11の絶望オールナイト、最前列でご覧になっていた方がとても似ているなぁと思っていたのですが、もしかしてご本人様でしたでしょうか?
この作品、テンションも高く球数も豊富で、全然眠くならないほどでしたが、一晩中観てると流石にお腹いっぱいになってしまいました。
Posted by RT at 2009年01月12日 09:14
山本弘先生

>確かに、ゲッペルさんがずっと背後にいると、何でも冷ややかに見てしまい、素直にものごとを楽しめない。だから普段はゲッペルさんはいない方がいい。でも、まったくゲッペルさんが出てこないと、これまた歯止めがなくなって暴走してしまう。

よく似た現象ですと,小説の『クライマーズ・ハイ』がありますね。

登山中にハイになってる時には気がつかないけど,途中でふと手が止まると,酢にもどった瞬間に一歩も先へ進めなくなっちゃう。

だから,クライマーズ・ハイは怖いという事です。
Posted by ダーク・ディグラー at 2009年01月28日 04:15
>RTさん

>1/11の絶望オールナイト、最前列でご覧になっていた方がとても似ているなぁと思っていたのですが、もしかしてご本人様でしたでしょうか?

 ええ、そうです。あの夜は日暮里で、『山本弘のおもちゃ箱』というイベントがあって、終了後に池袋に移動、オールナイトになだれこみました。
 最初に音響監督の人が、テレビと劇場の音響の違いについて説明していましたが、ほんとにずいぶん違うもんですね。一旧さんの話では、テレビでは手前の台詞でかき消えていたガヤ(背景で群衆ががやがや騒ぐ声)が、はっきり聴き取れました。可符香のトロイメライの歌も、テレビよりもかなりクリヤーでよく聴き取れて、ちょっと感動でした。
 市川昆パロもリリキュアも「屁」も大画面で見ることができて、大満足であります。
 ちなみに、ゲストで来ていたMAEDAX氏に、「久米田先生に渡してください」と言って、僕の作った『絶望先生』の同人誌を一冊渡し、「ノヴェライズの話があったら声をかけてください!」とお願いしてきました(笑)。
Posted by 山本弘山本弘 at 2009年02月07日 17:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。