2011年04月29日

『地球移動作戦』と『謎解き古代文明』

『地球移動作戦』文庫版(上下巻)が発売になります。

 ご覧のように、表紙はマイカ(上巻)と魅波(下巻)です。やっぱり鷲尾直広さんのイラストは素敵ですね。僕が意図した「ちょっとレトロだけどかっこいい未来」というコンセプトを、しっかり理解してくださってます。

 この機会に自分のHPのストーリー解説ページを書き直しました。どんな話なのか知りたいという方は、目を通してみてください。

地球移動作戦
http://homepage3.nifty.com/hirorin/earthshift00.htm

 前にも書きましたが、この本の印税はすべて東日本大震災の被災者のために寄付いたします。みなさんに買っていただいて、増刷がかかれば、それだけ寄付金額も増えます。ご協力をお願いいたします。
 上下巻とも660円(+税)。5月上旬発売予定。早いところではもう書店に並んでるかもしれません。



 同時期にASIOSの新刊も発売されます。

謎解き古代文明
彩図社 1429円+税

 タイトル通り、古代文明の謎を一挙に解明してしまおうという本です。ナスカ地上絵、サンダルで踏まれた三葉虫、クリスタル・スカル、ノアの箱舟、ピラミッド、ムー大陸、モーゼの墓といった定番のネタから、アダムの橋、ネブラ・ディスク、中国・明代のスイス製腕時計、サラマンカ大聖堂の宇宙飛行士といった最近のネタまでいろいろ。ネブラ・ディスクって僕も初めて知りました。
 詳しいラインナップと各項目の執筆者は、ASIOSの公式ブログを参照してください。僕が担当したのは「ノアの箱舟」と「レイライン」。「ノアの箱舟」は前に『トンデモ超常現象99の真相』でも取り上げたことがありましたが、説明不足の点や間違っていた点があったので、今回、最新の情報を取り入れて徹底的に書き直しました。

ASIOSの新刊『謎解き古代文明』が出ます。
http://asios-blog.seesaa.net/article/197442218.html

 例によってオカルト・マニアの方々の夢を壊してしまうような話ばかりなんですが(笑)、真相を知ると「そうだったのか!」と驚き、感動することも多いです。「サラマンカ大聖堂の宇宙飛行士」や「チャーチワード=日本人説」の真相などは、バカバカしすぎて傑作です。
 ラストの「皆神山ピラミッド」は、当時、騒動に深く関わった皆神龍太郎氏(実はペンネームはここから来てます)による執筆。意外すぎる真相に唖然となってください。
 5月6日より全国発売。関東の一部書店ではすでに発売されています。



同じカテゴリー(PR)の記事画像
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
星雲賞受賞の言葉
新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』
同じカテゴリー(PR)の記事
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 切通理作の『怪獣千夜一夜』第一夜 (2017-03-06 15:56)
 『幽霊なんて怖くない』文庫化 (2017-02-21 19:51)
 『UFOはもう来ない』がラジオドラマになりました! (2017-02-17 19:11)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)

この記事へのコメント
はじめまして
『地球移動作戦』
かっこいい表紙ですね。
Jコレクション版も持っていますが、
文庫版も買います。
某携帯電話会社のCMを見ながら、ACOMが実現したら、あんな様子になるのかなと考えました。
Posted by davs at 2011年04月29日 15:06
復興支援にもなるし、面白い本も読めるなら、一粒で二度おいしいですな、
Posted by ナイス害 at 2011年04月29日 21:57
『地球~』の方はJコレクションを初版で買っちゃってるんで、文庫版は見送らせてください。親父に倹約精神を叩き込まれてるんで、文庫版『シュレディンガーのチョコパフェ』も、かなり前に図書館借りしました。『七パーセントのテンムー』が面白かったんで、未だに買おうか迷ってる、ふとどきな山本ファンです。毎月ユニセフに3000円振り込んでるんで、勘弁してください(_ _)

ちなみに倹約精神のお陰か、12年ほどウチの電気代は全く増えてません。だから、これ以上原発建てて便利にしなくていいや~。福島原発を廃炉にして新しく建てるぐらいなら、家庭用燃料電池エネファームや、太陽光発電に助成金組んでくださいよー民主党!と、切に願う今日この頃。

自民党政権下で、変な安全神話で原発推進されてたのに、なんで今度の選挙で民主党が負けてるのか、さっぱり理解できませんL(・o・)」。みなさんちゃんと選挙行ってます??


それと、この前まで秘密基地の方で、MM9のドラマの全国放送の時間が載ってなかったでしょうか? メモし損ないました。出来ればこちらでもう一度書いていただけると助かる、埼玉県民です。
Posted by ギルス at 2011年04月30日 12:03
おお!こちらではまだ発売してませんが必ず購入します!ところでナスカの地上絵と言えば、小学生の算数の知識でも描画できるそうですが、
空から俯瞰しないと全体像が把握できない絵を、なぜわざわざ作成したのか完全解明したのですね!楽しみに待っています!
Posted by 能天気ペー at 2011年05月03日 01:21
『「NO」と言える日本』も取り上げてほしいですねん。

著者の石原やソニー(盛田昭夫)が、逆に世界中からNOと言われてますからねー。(笑)
Posted by 匿名絶望 at 2011年05月04日 03:27
昨日書店に行ったのですが、まだ、なかった。ガクッ
また、買いに行ってきます。
Posted by davs at 2011年05月07日 08:03
文庫版「地球移動作戦」上下巻とも買いました。
作品自体は以前に読みましたから内容は知っていますが
文庫版であらためて読んで楽しみましたよ。

ところでこの作品はスターシステムですよね。
私はけっこう山本先生の作品を読んできたので
たいていのキャラはわかりましたが3人ほどわからないキャラがいました。
良輔と飛行機の中で会話した老人(もしや、うさぎの穴のマスター?)
宇宙センターの白ネズミ(アドベンチャー3巻のモリガン・カール・ハインですか?あの人最後は白ネズミでしたし)
ユウナのファンの北見啓吾(この人はどの作品に出てたのか思い当たりません……)
これが気になってます。北見君が登場したオリジナルの作品をお教え頂けたら幸いです。読んでみたいですから。
長文失礼しました。良い作品をありがとうございます。
Posted by ドードー at 2011年05月12日 19:32
地球移動作戦買って読みました。
ううむ。
面白かった。

「神は沈黙せず」にもシビれましたが、風祭博士とユーナのくだりを読むにつけ、「自由意志」と言う言葉を思い出したり。

そういえば、アマゾンで買ったのですが、注文してからしばらく待ちました。増刷?
募金が役立つといいですね。
Posted by さかさうま at 2011年05月15日 00:21
お晩でした。

田舎じゃ、なかなか本が入らず、たった今読み上げました(それ以前は、本屋と縁遠い環境…)。


ありがとうございます(二重の意味で…)。
Posted by 舵光一 at 2011年05月18日 23:40
『謎解き~』初版買ってきて、今読んでます。さっそく誤字三つ発見( ̄ー+ ̄)

10年以上前でしょうか、地上波で海外ドキュメント番組の翻訳なのかな、「ナスカ文明当時の布地を使って気球が作れたから、地上絵は気球から見てたんだ!」って説が、もっともそうに取り上げられてましたが、あれって少数派だったのね(・_・;)。ま、オッカムの剃刀ですが。

山本さんのノアの方舟も読みましたが、ああいう突っ込み方は身も蓋もない(^皿^)。J文書とかE文書の食い違いの突っ込みが来るかと思いましたが…。

ネブラディスクに、ミステリーストーンも初めて知りました。漫画『ベルセルク』のベヘリットの元ネタって、これだったのかな~。
Posted by ギルス at 2011年05月21日 08:42
「謎解き古代文明」ですが、検証の部分でよく知らなかった最近の学説を知れるのは大変楽しいです。
ネブラ・ディスクの件は非常にロマンを感じました。
なんか、こういう「本物のオーパーツぽいもの」を集めた本も読みたいと思ったりして
Posted by Sasico at 2011年05月21日 18:31
>ドードーさん

 北見啓吾の元ネタは、「まだ見ぬ冬の悲しみも」の主人公の北畑圭吾です。惚れた女の子に執着するイタい奴なんで、適任だと思いました。
 書いてる途中でしみじみ思ったんですが、僕の小説って男性キャラが少ないんですよね(笑)。途中から男性キャラのストックが足りなくなって、けっこう苦しかったです。スター・システムはこれ1回きりにしたいです。

 ネズミは特にモデルはいません。

 飛行機の中での良輔と会話した老人は、『妖星ゴラス』のタクシー運転手(沢村いき雄)のパロディですね。「そりゃあ学者の理屈から割り出すと衝突することになるんでしょうがね、そう理屈通りにはいきませんよ」という台詞があるんです。
 他にも、良輔たちの乗るVTOLの形とか、「秘密はいかん」「公開すべきだ」とか、『ゴラス』のパロディはあちこちに入ってます。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年05月22日 15:52
山本先生、御返事ありがとうございます。
北見の元ネタはその人でしたか、その作品は「シュレディンガーのチョコパフェ」に収録されてたやつでしたっけ。
今度探して読んでみようと思います。

スターシステムはこれっきりとは個人的には残念ですが今後の作品にも期待してます。
一部で話題になっている妖魔夜行の復活ともども今後も応援します。
Posted by ドードー at 2011年05月24日 15:15
>山本さん
>僕の小説って男性キャラが少ないんですよね(笑)

結果的にそうなっているだけですし、それはそれでよろしいのでは、と思います。寧ろ突き進んでくだされ!!!(…)
Posted by toorisugari at 2011年05月24日 17:49
地球移動作戦、買いまつた。
Posted by ナイス害 at 2011年05月26日 14:23
 本日読了いたしました。傑作ありがとうございます。

 上巻のファルケ号内の会話で「4シーベルトは半数致死量」とありましたのを「ふーん」と読み流しておりました。
 で、今日の報道で「福島原発1号機内で4000mシーベルト」ってありまして・・・ をいをい、ソレ、4シーベルト?って愕然といたしました orz
Posted by javawaky at 2011年06月04日 19:10
いつのまにかMM9の第3部が始まっていたんですね。
気になる事が盛り沢山の導入で、続きが楽しみです。
ところで、「詩羽のいる街」の文庫版は出ないのでしょうか。
気軽に読み返したいので、文庫版も欲しいのですが。
Posted by Rick=T at 2011年06月10日 11:09
「地球移動作戦」の前日談の連載が始まると聞き、書き込みさせていただきます。
あの作品とあの世界観は個人的に大好きですので楽しみにしています。
個人的には今回もスターシステムがあるのかが気になっています。
「地球移動作戦」で世界は違えど懐かしのキャラたちに再び会えたのは嬉しかったので。
とにかく、楽しみです。
Posted by ドードー at 2012年10月10日 19:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。