2011年02月19日

第6回MMD杯・その3

 まだ紹介していなかった作品をいくつか。

http://www.nicovideo.jp/mylist/23460622#+sort=14

●【第6回MMD杯本選】博麗霊夢のごっつええ感じ

 あのネタか!? あのネタで来たか! 爆笑! 表情うめえ! やっぱり霊夢は顔芸だな。
 物理演算のひらひらが気になるのが欠点。これは修正してほしかった。

●【第6回MMD杯本選】#51

 野球だ! すごく動きがいい。実に密度の濃い3分間。「江夏VS王」をあっさり抜いちゃったよ。

●【第6回MMD杯本選】MMDモデルで影絵Bad Apple!!を逆輸入

 げっ、逆輸入Pがもう一本上げてきた!

●【第6回MMD杯本選】From the Earth to the Future

 日本の宇宙開発史を2分半で見せる動画。驚異的なリアリティ。またえらいもん作ったな。

●【第6回MMD杯本選】 けいおん部で仮面ライダーWごっこ

 よくできてる。バイクじゃなく徒歩なのね。

●【第6回MMD杯本選】 感染~Epidemic~

 マジなアクションもの。カイトがこんなにかっこいいのは珍しい。

●【第6回MMD杯本選】E-Graffiti

 例のプールでただ泳いでるだけなんだけど、水の表現が見事。
 今回、いちばんエロい動画ではなかろうか。

●【第6回MMD杯本選】VLS+(天使と下校)【TLS】

『トゥルーラブストーリー』再現。みんなが「発売日いつですか」「どこで買えますか」と盛り上がってる。

●【第6回MMD杯本選】はちゅねステマニ「irony」

「神速ステップ」とは別の意味ですごい作品。ステップが見事に背景の画面と合っているのが驚異。

●【第6回MMD杯本選】深夜、駅のホームにて少年が己の罪を償う

 MMDドラマ。夢オチであることは最初から分かってるのに、ぐいぐい引きこまれる。EDクレジットの後も必ず見るように。

 この他にも、ダンスモーションでは「LIFE」「メグメグ☆ファイヤーエンドレスナイト踊ってもらった」「初めてのステージ」などが素晴らしい。ゲーム再現では「MMDでサンダーフォースV」「すぺーすちゃんねる39」「偶像天使アイマース2」、ドラマでは「名探偵カイト」「HotSquare」「叶えて!ちび魔理沙様」「ぽたりんぐ」「結成!ボカロ部!!」「怪談 新桃袋「もうひとり」」あたりが印象に残っている。

 19日正午現在のマイリス数の順位はこんな感じ。「伊織&フリーザ」がこんなに上がってくるとは予想外だった。個人的には「GRAZE COMBAT」や「億千万コンサート」がもっと上がってきてもいいと思うのだが。

●1 【第6回MMD杯本選】-DDR-神速ステップ-
 マイ:20,652

●2 【第6回MMD杯本選】MMDモデルで影絵Bad Apple!!を逆輸入
 マイ:15,342

●3 【第6回MMD杯本選】Life is Like a Boat【伊織&フリーザ】
 マイ:13,391

●4 【第6回MMD杯本選】東方タイムクライシス うどんげシナリオ
 マイ:13,221

●5 【第6回MMD杯本選】インテルのCMが凄すぎる件を逆輸入
 マイ:11,170

●6 【第6回MMD杯本選】#51
 マイ:11,084

●7 【第6回MMD杯本選】ミクさん実験室
 マイ:9,879

●8 【第6回MMD杯本選】初音ミクPV『ハートブレイカー』
 マイ:8,931

●9 【第6回MMD杯本選】俺の嫁がこんなに可愛いわけがない【初音ミク】
 マイ:8,324

●10 【第6回MMD杯本選】エリシャダイ - 天界版 -
 マイ:7,157

●11 【第6回MMD杯本選】博麗霊夢のごっつええ感じ
 マイ:7,058

●12 【第6回MMD杯本選】Rubik's Cube
 マイ:6,642

●13 【第6回MMD杯本選】「砕月」伊吹単鬼夜行図
 マイ:6,369

●14 【第6回MMD杯本選】アイスミクライマーちび
 マイ:6,347

●15 【第6回MMD杯本選】紅魔館の愉快な仲間たち
 マイ:6,183

●16 【第6回MMD杯本選】-TheBeautifulWorld-
 マイ:6,094

●17 【第6回MMD杯本選】ウサテイ
 マイ:5,728

●18 【第6回MMD杯本選】 けいおん部で仮面ライダーWごっこ
 マイ:5,683

●19 【第6回MMD杯本選】E.E.
 マイ:5,627

●20 【第6回MMD杯本選】アルタイルの星見表
 マイ:5,604

 さすがにみんな見る目があるというか、完成度が高くて面白い作品が上位に来ていることが分かる。ここに挙げたのは20位までだけど、50位ぐらいまではどれも傑作・力作揃いで、ほとんどハズレがない。
 とりあえず上位100作品はすべて見た。さらに他のも合わせて180本ぐらいは見たと思う。 さすがに全部見てる時間はないので、これぐらいで勘弁してほしい。(さすがに100位以下はハズレの率が高くなってくるのだ)
 今回も熱かったよ!



同じカテゴリー(ニコニコ動画)の記事
 「僕らは何故、電子の歌声に魅了されるのか?」報告 (2014-12-11 11:42)
 第13回MMD杯 (2014-09-18 19:11)
 第12回MMD杯 (2014-03-01 17:13)
 第11回MMD杯 (2013-09-04 18:38)
 第10回MMD杯 (2013-03-01 17:18)
 第9回MMD杯を振り返る (2012-09-16 17:50)

この記事へのトラックバック
自分の上げられた*1ので杯動画視聴中。 今度は投票締め切り 第6回MMD杯 大会日程 進行 日程 進行 テーマ発表 2010年 12月2日(木) 発表しました 開会式 2011年 1月21日(金) 終了しました 予...
[MikuMikuDance][event]杯動画鑑賞中【つちのこ、のこのこ。(はてな番外地)】at 2011年02月20日 09:07
この記事へのコメント
 僕が「ハズレ」という表現を使ったことに対して気分を害したらしく、クレームをつけてきた方が何人かおられます。誤解を招いたようなので、僕の意見を述べさせていただきます。

 第一に、僕がこのブログで取り上げたのは、個人的好みで「いい」と思った作品です。何ら客観的評価ではありません。マイリス数が多く、作品としての水準は高くても、好みに合わなかったので取り上げなかった作品がいくつもあります。
 当然、「ハズレ」というのも、個人的好みで言っているだけです。僕にとってハズレでも、他の人にとって「当たり」である場合も多いでしょう。

 第二に、ここで取り上げなかった作品がすべて「ハズレ」ではありません。ハズレではないけども「良かった」と思った作品はいくらでもあります(数えてはいませんが、たぶん100本近く)。その中から、さらに気に入った個人的おすすめ作品をセレクトして紹介しています。あまりに多いので、すべてのタイトルを挙げていられないだけです。
 もちろん、特定の作品のタイトルを挙げて「ハズレ」などと言ってはいません。

 第三に、399本も作品があったら、すべてが当たりであるわけがないのです。「みんな傑作だ! ハズレなし!」と書いたら、明らかに嘘ですよね? 僕は嘘は書きたくありません。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年02月20日 16:28
>山本さん
 本当にお疲れ様です!27日の表彰・閉会式まであと一週間、お互い存分に鑑賞していきましょう!と言うより、MMDとは見ているとあっという間に時間が過ぎてゆくことと見つけたり…
Posted by toorisugari at 2011年02月20日 20:03
色々な意味で貴方様には失望しました。

このコメント(自分には言い訳に見えましたが)を読む限りはなんで怒った人がいるかの本質に気づいてないのではないでしょうか。

選考委員として名前を連ねていて、なおかつ普通の視聴者よりもよっぽど人に名前の知れている人が「ハズレ」なんて表現をしたから、というのもあると思います。
限られた時間で全部を見れるわけなんてなく、人それぞれに好みがあるのは当たり前です。誰であっても「ハズレ」だと思うものはあるでしょう。
それをあんな100位以下はハズレだ的に読めてしまうチープな表現で「発信」されたら真意がどうであれげんなりする人もいるでしょう。

嘘を書かなくても、表現を選ぶことはできたのではないでしょうか。

駄文で失礼しました。
気分を害されたのであればお互い様なので忘れてください。
Posted by aya at 2011年02月21日 04:28
>ayaさん

 僕が書いてもいないことで責められても困ります。「100位以下はハズレだ」なんて僕は書きましたか? それは明らかな捏造ですよね。
 僕は「100位以下はハズレの率が高くなってくる」と書いたのです。ニュアンスがまったく違うということがお分かりになりませんか? げんに100位以下の作品も何本も取り上げてるんですが。
 マイリス数が多い作品ほど水準が高く、「当たりだ」と思える作品も多い。その反対にマイリス数が少ない作品ほど「ハズレ」が多い。当たり前のことではないですか。誰でも承知している当たり前のことを書いて何がいけないのでしょうか?

 もし仮に、自分の作品が「ハズレ」と言われたとしても、「ハズレと書くな」と言うのはおかしいんじゃないですか?
 僕は作家です。自分の作品を発表するたびに、ネット上に書評が載ります。中には辛辣なことを書く人もいます。読んでむかつくこともありますよ。
 でも、批評というのは当然の権利なんです。たとえ自分にとって不快な感想であっても、「書くな」と言ってはいけないんです。(反論はしてもいいですけど)
 アマチュアでも同じです。作品を発表した以上は、批判されることは当然あります。低い評価を下され、時にはひどい罵倒を浴びせられることだってあるでしょう。それは創作者として覚悟しなくてはいけないんです。賞賛のみを期待するのは間違いです。

 それに、繰り返しますが、僕は特定の作品を指して「ハズレ」などと言っていないのです。
 文句を言っている人たちは、「名前は出てないが、自分の作品が(1人の人間に)ハズレと思われたかもしれない」というだけで不安になったり不快になったりするんでしょうか? そんな繊細で傷つきやすい性格だったら、はっきり言って、最初から創作なんかやるべきではありません。
 だってそうでしょう? あなたの作品を全員が賞賛するなんてことはありえないんですよ。たとえどんな傑作であろうと、誰かが絶対に「ハズレ」と(あるいはもっともっとひどい言葉を)言いますよ。
 僕も作品についていつもひどいことを言われていますが、それでも創作を続けています。僕の作品をけなす人がいる一方で、喜んでくれる人たちも大勢いる、と信じているからです。
 もっと自信を持ちなさい、と言いたいです。創作者は批判されたぐらいでへこたれていてはいけないんです。賞賛を浴びたいなら、賞賛を浴びるにふさわしい作品を創るように努めるべきです。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年02月21日 18:17
審査員役、いままで大変ご苦労さまでした。これまでの先生の、ニコニコ動画へのご厚情とあわせまして、あつく御礼申し上げます。
MMD杯出品者、視聴者一同今後の先生の本職でのご活躍、ご発展を祈念申し上げます。

それではさようなら。
Posted by ぴゅんぴゅん丸 at 2011年02月21日 23:28
ayaさんは「100位以下はハズレだと書いた」と書かれておられますか?
それは明らかな捏造ですよね。
「100位以下はハズレだ【的に読めてしまう】チープな表現で発信されたら」
と書かれているんです
ニュアンスがまったく違うということがお分かりになりませんか?

ayaさんは
「限られた時間で全部を見れるわけなんてない」「人それぞれに好みがあるのは当たり前」「誰であってもハズレだと思うものはあるでしょう」
とあなたの主張も認めておられるじゃないですか

マイリス数が多いと「当たり」が多くて、少ないと「ハズレ」が多い?
それはあくまでも【あなた個人にとって】の「当たり・ハズレ」ですよね?
あなたの使った表現じゃ「100位以下で自分がとりあげない動画は評価に値しない」と言っているようなものです
「マイリス数が少なければ少ない程、評価に値しない作品だ」と言っているようなものです
【個人】としてではなく、【杯運営側の人間】がそう判断したととられるんですよ

批評というのは当然の権利なんですか
じゃあその「権利」とやらを行使するための「義務」は果たしましたか?
マイリス数が少ない作品にハズレが多いと批評するのなら、全ての杯動画に目を通すべきなのではないでしょうか?
本当にハズレが多いかどうか、全ての杯動画を見なければそういった批評なんか出来ないでしょ?
あなたは【見てもいないモノ】をどうやって批評するんですか?
それに「批評」をするのならば【個人的な嗜好】は抑えてするべきでしょ?
【あなた個人の嗜好】で作品の「当たり・ハズレ」を決めるのは「批評」じゃないと思いますよ

選考委員を引き受けたんなら選考委員として、言動にもう少し気をつかったら?



自分の主張が正しいと自信を持っているのなら、このコメントを未承認にはしませんよね?
Posted by とある通りすがりの見る専 at 2011年02月22日 01:17
落ち着いてよく読みましょう。

>「100位以下はハズレだ」なんて僕は書きましたか?

「それをあんな『100位以下はハズレだ的に読めてしまう』チープな表現で「発信」されたら真意がどうであれげんなりする人もいるでしょう。」

「100位以下はハズレだ」なんて書いてないのです。

あと言うな(書くな)とも言っておりません。お互い表現がわかりにくすぎるのかもしれませんね。

>それに、繰り返しますが、僕は特定の作品を指して「ハズレ」などと言っていないのです。
つまるところこれを最初から書くべきだったんでしょうね。
これなら誰も誤解しようがない言葉なのですから。

そももそんな読めない人の意見は不要というのであればそれまででしょう。

thank you.
Posted by aya at 2011年02月22日 05:05
いつもブログを興味深く拝見させていただいております。ありがとうございます。山本さんの仰る通り全ての作品を見るのは困難です。外れ当たりがあるのは当然です。ただただ当回のエントリーでは言葉足らずだったのは選考委員の立場からしてみれば少し思慮不足だったと思われます。しかし、もし山本さんに今回の事で苦情を申し上げることができるのは杯運営のみと私は愚考します。外野が騒ぎ立て作品批評以外のあらぬ方向に話題がそれるのはMMDフアンとしてとても悲しいことですから。
これからもMMDを盛り立てて頂ければ幸いと思います。
乱文平にご容赦を。
Posted by へいごろう at 2011年02月22日 23:51
なぜこんなにクオリティの高い動画が集まるのか。
なぜこんなにMMDのユーザーが増えているのか。
なぜMMD杯の運営がこんな大変な仕事を無償で引き受けてくれているのか考えてください。

MMDの動画の多くはほかのユーザーが無償で提供している素材によって作られています。
杯の上位にあがる動画も例外ではありません。
MMDのユーザーには、たとえ再生数や評価に差がついたとしても、みんなで協力しあって作っているという仲間意識があるのです。
クオリティが低かったり、趣向に合わなかったとしても、仲間ががんばって作ったものがハズレと切り捨てられれば腹が立ちます。
部外者の個人的な感想と開き直るなら結構ですが、イベントを盛り上げるべき選考委員としてあまりに無粋な発言だと思います。
Posted by tu at 2011年02月24日 06:48
>クオリティが低かったり、趣向に合わなかったとしても、仲間ががんばって作ったものがハズレと切り捨てられれば腹が立ちます。


仲間、ですか。甘っちょろい言葉ですね。
作品を出したら競争の始まりで皆ライバルですよ。
Posted by ドードー at 2011年03月03日 15:45
>ayaさん

 だから「100位以下はハズレだ的に読めてしまう」と言われましてもね。あなたが勝手にそう読んでるだけでしょ? ちゃんとした論理的思考力があれば「100位以下はハズレの率が高くなってくる」という文章をそんな風に読みはしませんよ。
 勝手に誤読されて腹を立てられても困ります。

>>それに、繰り返しますが、僕は特定の作品を指して「ハズレ」などと言っていないのです。
>つまるところこれを最初から書くべきだったんでしょうね。

 書くべきも何も、特定の作品をハズレと言っていないというのは、見れば誰でも分かるじゃないですか。それに気がつかない方がおかしいでしょ?
 自分の早とちりを人のせいにしないでください。

 他の方のコメントについては、返答しません。なぜなら、「ハズレ」という言葉のニュアンスについて、僕がすでに前のコメントで説明していることを読んでいないことが明白だからです。
 同じことを何度も書くつもりはありません。僕が書いたことをもう一度読み直してください。

 あと、あまりにひどい罵倒のコメントを何件か削除させていただきました。特に、選ばれなかったMMD参加者の人からの恨み言のような文章は、読んでてあまりにも情けなく、悲しくなりました。
 僕もアマチュア時代に小説コンテストに応募して落選したことが何度かありますが、審査員に対して愚痴を言ったりしませんでしたよ!
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年03月03日 16:00
>山本さん
 改めてお疲れ様です!どうかご自愛ください。
Posted by toorisugari at 2011年03月03日 20:52
 連続投稿、しかも蛇足で申し訳ありません。
 一生懸命制作したにしても、自分の思うままに作ったものならば、それに対して第三者の思うがままの意見が出るのは当然だと思います。勿論、心無い中傷もあるとは思いますが…
 寧ろ、色々言われることで、もっといいものを作ってやろうという気概に駆られるのでは、とも思います。
 何より、言葉で一一傷ついていては、どんなものであれ、ものづくりは長続きしない…などと、生意気にも考えてしまいました。
 それにしても、MMDを全部見るのって、さすがに大変ですよね…
Posted by toorisugari at 2011年03月03日 21:17
ふと、「鈍感力」に載っていた「才能があったのに持ち込み原稿を編集者に酷評されて(若手作家にとってはたいてい通過儀礼なのに)消えてしまった作家」のエピソードを思い出しました。
鈍感はまあ行き過ぎですが、酷評されたり無視されてもそれを乗り越えられる精神的なタフさはクリエイターに必要な資質だと思います。
Posted by ドードー at 2011年03月16日 18:39
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。