2011年02月10日

「こぶしパンチ」にメロメロ

 10日以上遅くなったけど、『ハートキャッチプリキュア!』最終話の話題。
 いやあ、良かった!

 ここ数週、
「ここは俺にまかせて先に行け」
 とか、
「仮面の悪役、実は生き別れの父」
 とか、
「死の直前に改心する悪役」
 とか、
「愛する者をかばって爆死」
 とか、
「主人公側のキャラ、怒りで暴走しかける」
 とか、
 ものすごい王道展開の連続を見せられて、快感に浸ってたのですよ。
 やっぱり王道はいいよね。
 この熱くて漢らしい話が『プリキュア』だってところがたまらない。かわいい女の子たちがガチで戦うんですよ。たまに魔法でビーム撃ったりシールド張ったりはするけど、ほとんどはパンチとキックの猛烈な応酬。キックの効果音が本当に重そうで痛そう。クモジャキーの顔面にいきなりパンチを見舞うマリン、すげー。
 この迫力あるアクションシーンの連続、最盛期の『聖闘士星矢』や『ドラゴンボール』をはるかに上回ってる。つーか、最近ここまで派手に肉弾戦が展開したアニメって、あんまりないんじゃないか?
 声優陣もよくがんばってたと思う。水樹奈々も熱演だったけど、ダークプリキュア(高山みなみ)の「サバーク博士から離れろぉ!」という台詞には心震えたね。台詞ひとつにここまで感情こめられるとは。

 クライマックスはお約束通り、敵の大ボスが巨大化。しかもただ大きくなっただけじゃなくて、地球をゲシゲシ殴る(笑)。惑星を素手で叩いた悪役って、ユニクロン以来じゃないかしらん。
 それに対抗して、プリキュアもまさかの合体・巨大化! 「無限シルエット」って何それ!? オーケストラ姉さんよりさらにでかいんですが。身長数千キロあるよね。
 でもって、敵にとどめを刺す必殺技が、

「くらえ、この愛。
 プリキュア、こぶしパンチ」


 ここまでさんざん盛り上げてきて、最後の最後で「こぶしパンチ」!(笑)
 しかも素敵な笑顔で繰り出されるんだ、これがまた!
 これはあれだ、メロンパンナちゃんのメロメロパンチと同じ原理だな。北海道ほどのサイズがある(推定)超巨大メロメロパンチ。そりゃデューンでなくても浄化されるわ。
 このすごい脱力感には、逆に「やられた!」と思った。これをやるために「おしりパンチ」「からだパンチ」「ぜんぶパンチ」「おでこパンチ」で伏線張ってきたんだとしたら、脱帽するしかない。

 ひとつだけ文句をつけるなら、デューンの憎悪が何に由来するのかよく分からなかったことかな。「愛する者に裏切られた」とかいう過去をちらっと語らせても良かったと思うんだけど。

 でもって、Bパートでさらにやられた。
 いつき、髪伸ばしてる!
 スカート穿いてる!
 何ですか、これ。大きいお友達へのご褒美ですか!?
 えりかの増長っぷりもおかしくて、「ああ、『ハトプリ』ってこういう話だったんだよな」と再確認。
 第一話からずっと見てきて良かった。大満足。

 えー、いちおう新番組の『スイートプリキュア』も観たんですが……
 うーん……(苦笑)
 なんか脚本にも演出にもまったく魅力が感じられないんだけど。
 やっぱり『ハトプリ』は長峯達也監督の才能に支えられていたのだなあ。『おジャ魔女どれみ』や『明日のナージャ』の頃から、この人の演出、好きなんですよ。



同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
作品の枠を超えたキャラクター対比図
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.6 (2017-02-17 18:52)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.5 (2017-01-21 18:24)
 『この世界の片隅に』 (2016-11-18 20:22)
 僕たちの好きだった80年代アニメ Part.4 (2016-11-18 20:00)
 弱者が常に正しいわけじゃない (2016-10-12 19:25)
 映画『聲の形』 (2016-10-12 18:37)

この記事へのコメント
あのこぶし、北海道で済むんですかね(笑)
やっぱりユニクロン連想しましたか。
ロシュの限界なんかくそくらえな説得力がアニメの魅力ですねー。
『ワタシたちは物凄い事をしてしまった!』
いやいや実際あんな体験してまともな人生送れるのか不安(笑)でなりませんが、ぜひ自分達の身の丈にあった生き方をしていただきたいものです。
>>スイートプリキュア

友情レベルがシンクロしないと変身できないそうですが、
バロム・1かよと思ったのは私だけではない様で。
でも『二人でひとり』ではないんですよね。
合体はハトプリ最終回でやっちゃったからちょっと伏線か?
と深読みしたのですが、それはなさそうですね。
Posted by ろぼ at 2011年02月10日 18:06
>ろぼさん

>ロシュの限界なんかくそくらえな説得力がアニメの魅力ですねー。

 あのデューンのパンチだけでも、6500万年前にチクシュルーブに落ちた小惑星どころの騒ぎじゃないと思うんですが(笑)。まあ、地球が砂漠になってる時点で、そんなツッコミはもはや無意味になってますけどね。
 あと、デューンのビームで月が爆発してたように見えたんだけど、あれもちゃんと元に戻ったんですかね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年02月11日 13:13
確かに長峰監督の功績もありますが『プリキュア』シリーズでちゃんと新人アニメーターや新人演出家育てたというのが功績としては遥かにデカイ!

『ハートキャッチ・プリキュア』は最終回ガイナックス系列のアニメーター参加してるんですよ!

しかも,『ハートキャチ・プリキュア』は商業的成功の要素を確実に入れてる。

初の紅白声優兼歌手水樹奈々を起用したりTVブロスで取り上げられたり,ジャンボ・ジェット機で映画広告出したり,作画高水準だったりと製作費間違いなく3億超えてますね 。

それでも,十分製作費回収可能なんですね。

後,質的も商業的にも成功してるのが,『ジュエルペット てぃんくる☆』このアニメ3クール目に入ってから毎回最終回という凄いボルテージですよ!

監督の山本天志さんは,深夜畑の監督で演出家でキャラデザの伊部由起子さんというこれも名の知れてない人でもう,いくらサンリオ商戦とはいえキッズ・アニメとしてはギャンブルに近いスタッフです。

でも,児童視聴率30%だしサンリオの株価も上がっしおもちゃも飛ぶように売れた!

おまけに,主人公の桜あかりちゃん役の高森奈津美さんはほぼ無名の新人なのにその後ガイナックスのYOU TUBEアニメ『放課後のプレアデス』の主役すばる役に抜擢されるなどもう,完全にある程度売れるかな?という思惑から外れ超大成功という結果を残してます。

世の中って本当に分からねえなと思いました。
Posted by ダーク・ディグラー at 2011年02月11日 16:29
> あと、デューンのビームで月が爆発してたように見えたんだけど、あれもちゃんと元に戻ったんですかね。

放ったビームが月に直撃もお約束でしょう。
砂漠化した地球が全て元に戻ってますからね。
無限シルエットの前にはそんな些細(!)な事は無意味です。
Posted by ろぼ at 2011年02月12日 11:59
そう言えば同時期に最終回を迎えたゴセイジャーの最終回はご覧になられましたか?
あれはハートキャッチプリキュアとは逆に、プロデューサーが「王道外し」を謳った作品でした。
私の感想としては悪口雑言になりそうなので詳しくは書きませんが、王道の大切さをプリキュアで再認識した次第です。はい。
Posted by ドードー at 2011年02月12日 18:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。