2011年01月17日

ガンダム紙切り・歌舞伎レールガン・女装メイドクッキーetc.

 12月29~31日、娘といっしょに冬コミに行ってきて、同人誌をどっさり買ってきた。
 中でも特に感動した2冊をクローズアップしたい。

●『第二次紙切り一年戦争』(切り刻み亭)

 ガンダム紙切りの作品集である。
 作者は岡本京子さんという女性。2007年5月、故・大東両閣下のガンダム紙切りをネットで見て、独学で紙切りを勉強し、ほんの2年ほどですごいテクを身につけたのだそうな。
 ブログにいろんな作品が載っているので、まあ見てほしい。ガンダムはもちろん、ガンタンク、ガンキャノン、ゲルググ、ボール、アッガイ、ジオング、アッザム、ブラウ・ブロ、ザクレロ、ビグ・ザムなどなど、どれも大東両閣下に負けない出来である。

わたしは紙をだきしめていたい
http://kamikirikiri.otaden.jp/c2092.html

 今回は偶然、『けいおん!』系のブースで発見。作品をポストカードにして売っていた。モビルスーツもすごいんだけど、この「イセリナとガルマ」には圧倒された。よくこんなの切ったな。

 本とポストカードを何枚か買った後、「1分ほどお時間をいただけますか」と言われた。リクエストすると、モビルスーツの顔を何でも切ってくれるというのだ。
「じゃあ、アッガイを」とリクエストすると、目の前でちゃかちゃかと紙を切り、本当に1分ほどでクマ耳アッガイを作ってしまった。僕も娘も大感動である。

 あと、もちろん『けいおん!』の切り紙もいろいろ。これなんか、簡単なように見えるけど、「おちません。」が見事に切り抜かれているのがすごい。


●『伝統オタ舞台!』(秘本衆道会 衆道士ペドフェチ)

 古典をオタク向けに紹介するという活動をやっているサークルなんだけど、この本は現代のマンガやアニメやゲームを、能や狂言や歌舞伎に翻案するという試み。
 たとえば謡曲『得奢第(えるしゃだい)』はこんな感じ。

>瑠士笛流:
>「ひとへならず。かの者に七十と二つの異名ありて候。されど初に我と対面せし折には、猪駆(いのく)とぞ名乗りたりて候。いかなる諌め言も聞かぬ猪武者なれど、素性は潔くありて候。
(中略)
>瑠士笛流:
>「斯様なる生装ひ、大丈夫に似つかわしきものとは覚えず、

>猪駆:
>「いやいや大丈夫ゆゑにこそ、頓着もなけれ。

 狂言『烏賊娘(いかむすめ)』はこう。

>烏賊娘:
>「我、地の上に立つ全ての者を総領せんと欲す。さればただ今より、これなる茶屋をば我が砦といたしたくゲ候。

 この「ゲ候」がツボにはまって噴いた。ゲ候。
 いちばんおかしかったのが、歌舞伎『電撃姫無双雷砲(でんげきひめむそうのれいるがん)』である。

>佐天:
>「サテサテ初春、今日の湯文字はどんな色ぢや(初春の裾をめくり上げる)

>初春:
>「(はぢらひて)エエ、天下の往来にて迷惑千番のお戯れ。おやめくだされ。

 おおっ、これは確かに『レールガン』!
 ストーリーは1話の再現で、両替屋を襲った賊を退治する話。ちなみに黒子の縮地の術(テレポート)は、舞台の穴から舞台下に飛び降りることで表現されている。
 きわめつけは美琴の登場シーン。

>美琴:
>「(揚幕の内より)ア、イヤ、しばらく」

>(舞台上の一同、声に驚く)

>一同:
>「ヤア」

>初春:
>「荒事の場に凛々と。

>佐天:
>「響くは天晴れ、女暫。

>黒子:
>「歌右衛門めく肝ツ玉。

>賊甲:
>「仁左衛門より愛敬の。

>一同:
>「その麗々しき声の主、恐る恐るに仰ぎ見れば。

>美琴:
>「しばらく、しばらく(花道の上に登場)」

>黒子:
>「オオ、あれはまさしく姉午前様」

 ああ、すごい! なんか絵がありありと思い浮かぶんですけど!
 これはぜひシリーズ化していただきたい。もっといろんなパターン、見てみたいよ。

 他にもこんな同人誌が面白かった。

●『イモモノガタリ』(モノノフノウタゲ)

 このサークルの『化物語』本はけっこう買ってる。今回はキャラの弱い月火をどうやってキャラ立てするかという話題。壮大な話になってる!

●『文学少女で幸福な妄想』(恋愛大殺界)

『文学少女』パロ本。電子書籍が食べられない遠子先輩がかわいい。

●『狼と同人業』(Reveil)

『狼と香辛料』パロ本。ロレンスやホロたちがコミケに参加する話。キャラに味があっていい。

 同人誌ではないけど、衝撃的だったアイテムをふたつほど。

●東方麻雀セット

 ごめんなさい、サークル名失念。これは本格的だ!
 見ただけで買わなかったんだけどね。くそー、僕が東方のファンだったら絶対買ってたよ。(娘は東方やってるけど麻雀やってないし)
 東方のファンではないことを、悔しがるべきなのか安堵すべきなのか。

●『女装メイドクッキー 漢』

 ビッグサイトの売店で売っていたおみやげのお菓子。これを出しているコアデというメーカーは、これまでも「オヤジ萌えパイ」「ヤンデレパイ」「ツンデレクッキー」「オレカッコイイクッキー」「オトコの娘でもい~い?」「おにぃちゃん、あ~ん」などのネタ菓子を出している。
 ……なんかもう、来るとこまで来たって感じ?
 お土産に買っちゃったけどね。



同じカテゴリー(コミケ)の記事画像
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊
『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」
初めてマンガの中でコミケを描いた作品は?
何を今さら夏コミの話
同じカテゴリー(コミケ)の記事
 冬コミ直前情報 (2016-12-26 16:44)
 コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説 (2016-08-11 14:50)
 コミケ直前情報:2015年冬コミの新刊 (2015-12-27 16:53)
 この夏の総決算・その3 (2015-09-05 19:48)
 コミケ88の新刊 (2015-08-07 15:29)
 『BISビブリオバトル部』番外編「空の夏休み」 (2015-06-12 15:26)

この記事へのコメント
ガンダム紙切りは確かいつぞやのトンデモ本大賞で呼ぶ予定…だったが担当者が急病で急遽ガンダムたがやをやったと記憶しているのですが。

私は当時トンデモ本大賞の存在を知らず(知っていたとしても中高生、土曜日には学校の授業があるので参加は無理)、あのガンダムたがやを是非聞きたいと思っているのですが、無理でしょうかねえ。
Posted by Xbeta at 2011年01月17日 19:47
 お疲れ様でした。コミケもドンドン新しい表現が広がっているんですね。
 ところで、いきなりですがごめんなさい。山本さんのブース、分かりませんでした。別のと学会?絡みのブースには行ったのですが…
Posted by toorisugari at 2011年01月18日 13:56
 あけましておめでとうございます。こちらでは今年初ですね。

 いやー、今年の冬コミもまた、面白そうな同人誌がいっぱいのようで。
 夏、無理してでも行こうかなあ。数年間不参加だから、マジにオタクレベル下がってる気がして。

 切り絵、すごいなあ。「けいおん!」の切り絵もあるんなら、ぜひ我が嫁のムギとあずにゃんのを見てみたいところです。
「伝統オタ舞台!」もいいですね。イカ娘の「ゲ候」、モニター前で自分も爆笑でした。ぜひ早苗がイカ娘禁断症状になったとこを読んでみたいです。
 つーか、これで「けいおん!!」やったら面白いかもw

 では、今年もよろしくお願いします。
 寒さ厳しき折から、お風邪など召しませぬようお気を付けくださいませ。
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2011年01月19日 22:26
> Xbeta さん

 大東両閣下のガンダム紙切りはこちら。2006年に亡くなられています。
http://thundergate.jp/chicago/daitouryou/kamikiri/images/index.htm

>toorisugariさん

 今年の冬コミは抽選で落ちたんです。すみません。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年02月10日 16:22
>山本弘さん

 それはお悔やみ申し上げます。(道理でブログで宣伝なされてなかったのですね)そして次回を楽しみにしたいと思います。執筆活動や家族との時間など、多忙であろうことでしょうが、健康に気をつけて頑張ってください。及ばせながら応援いたします。
Posted by toorisugari at 2011年02月11日 20:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。