2010年12月26日

「去年はいい年だったろう」

 年の瀬も迫ってきたので、今年中に済ませておきたい話題を。

 実は去年(平成21年)、日本はものすごいいい年だったことをご存知だろうか?

平成22年版 警察白書
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h22/index.html

 第1章第1節「犯罪情勢とその対策」より、まずは「刑法犯により死亡し、又は傷害を受けた者の数の推移」を見てみよう。

       平成16年 → 平成21年
死者  1397人 → 1054人
重傷者 3479人 → 2832人
軽傷者 4万3314人 → 2万9190人

 次に「財産犯の被害額の推移」。

       平成16年 → 平成21年
現金 1289億2800万円 → 794億6900万円
物品 1969億1800万円 → 1029億3500万円

 次に「殺人の認知・検挙状況の推移」。なお、殺人には殺人未遂も含むし、殺人以外で死ぬ例もあるので、上の数字とは一致しない。

       平成16年 → 平成21年
認知件数 1419件 → 1094件
検挙件数 1342件 → 1074件
検挙率  94.6% → 98.2%

 実は平成19年にも、殺人事件の認知件数が1199件と戦後最低を記録していたのだが、平成21年にはその記録が更新されたのである。そう、去年は日本の戦後最も殺人が少ない年だったのだ。
 しかも検挙率が98%! 日本の警察、優秀じゃん!

「強盗の認知・検挙状況の推移」。

       平成16年 → 平成21年
認知件数 7295件 → 4512件
検挙率  50.3% → 64.8%

「放火の認知・検挙状況の推移」。

       平成16年 → 平成21年
認知件数 2174件 → 1306件
検挙率  69.6% → 69.9%

「強姦の認知・検挙状況の推移」。

       平成16年 → 平成21年
認知件数 2176件 → 1402件
検挙率  64.5% → 83.0%

「略取誘拐・人身売買の認知・検挙状況の推移」。

       平成16年 → 平成21年
認知件数 320件 → 156件
検挙率  72.5% → 89.7%

「強制わいせつの認知・検挙状況の推移」。

       平成16年 → 平成21年
認知件数 9184件 → 6688件
検挙率  39.8% → 53.3%

「路上犯罪」に関しては、もうグラフを見てもらった方が早い。平成13~14年をピークに、「暴行」以外のすべてが減少に向かっていることが分かる。


「主な侵入犯罪の認知件数の推移」

       平成16年 → 平成21年
侵入強盗 2776件 → 1892件
侵入窃盗 29万595件 → 14万8488件
住居侵入 3万7857件 → 2万8363件

 確かに20世紀の終わりから数年間、犯罪が増加傾向にあった時期があった。だが、そのピークは過ぎた。今の日本は急速に犯罪件数が低下する一方、検挙率が増加しており、ものすごい勢いで安全な国になりつつあるのだ!

 他にもある。振り込め詐欺の認知件数は、平成17年には2万1612件だったのが、平成21年には7340件に減少。逆に検挙率は11.7%から77.2%に急増した。
 偽造日本銀行券(つまり偽札)の発見枚数は、平成16年には2万5858件だったのが、平成21年には3433枚に。
「最近、外国人が増えたから、外国人犯罪も増えてるんじゃないか」と思われる方もいるかもしれない。それも違う。確かに平成17年までは増えていた。しかし、「特集:犯罪のグローバル化と警察の取組み」の第1節の2「犯罪のグローバル化の背景にある情勢」を見ると、やはり平成17年をピークに、来日外国人犯罪も大幅に減っているのだ。


       平成16年 → 平成21年
刑法犯件数  3万2087件 → 2万561件
特別法犯件数 1万5041件 → 7275件

 一方、認知件数が増加している犯罪はこういうものである。

・食品衛生関係事犯(食品衛生法違反)及び食品の産地等偽装表示事犯(不正競争防止法違反等)
・廃棄物事犯
・鳥獣の違法捕獲等に係る事犯
・保健衛生事犯
・児童ポルノ事犯
・サイバー犯罪
・覚せい剤密輸

 ただ、これらは本当に実数が増加しているのかは疑問だ。食品の産地偽装なんて、昔からたくさんあったのが近年になって社会的に注目され、通報件数が増えただけではないかと思える。覚せい剤密輸も摘発されるのは一部だろうから、実数が増えているかどうか分からない。児童ポルノ法も平成11年に施行されたばかりの新しい法律で、当初は認知度が低かったことが大きいだろう。
 しかも、児童ポルノ法違反が増えたからといって、子供への危険度が増したというわけではない。第1章第3節「安全で安心な暮らしを守る施策」の中にある「13歳未満の子どもの罪種別被害状況の推移」を見ると、やはり殺人や強姦や誘拐や強制わいせつの犠牲になっている子供は減少していることが分かる。喜ばしいことである。

     平成16年 → 平成21年
殺人 111件 → 78件
強姦 74件 → 53件
暴行 1115件 → 754件
傷害 610件 → 490件
強制わいせつ 1679件 → 936件
公然わいせつ 120件 → 80件
略取・誘拐 141件 → 77件

 ただでさえ少ない日本の犯罪を、今以上に減らす有効な方法はあるだろうか?
 ある。これらのデータをもっとマスメディアが大きく取り上げることだ。
 新聞やテレビは「こんな恐ろしい事件が起きました」というニュースしか報じない。そのせいで犯罪が増えていると勘違いしている人もいる。マスコミ関係者は「犯罪が減っている」「検挙率が上がっている」という情報は報じる価値がないと思っているのかもしれない。そんなことはない。
 衝動的な殺人や暴行を別にすれば、人が犯罪に走るのは、捕まらない自信があることが大きいだろう。犯罪者の多くは、自分が刑務所に入るリスクをかなり低く見積もっているはずだ。
 しかし、「殺人をやっても98%の確率で捕まる」とか「強姦は83%の確率で捕まる」とか「振り込め詐欺は77%の確率で捕まる」といったことが知れ渡れば、そんな無謀なギャンブルに挑戦しようと思う者は、かなり減るのではないだろうか?

 今年の分の統計が出るのは来年の夏ごろだが、去年よりもさらに減っていることを望む。
 では、良いお年を。


タグ :犯罪統計

同じカテゴリー(社会問題)の記事画像
デマ:蓮舫の子供が海外に留学
福島産の農産物をじゃんじゃん食べよう!
タイムリミットが迫る!
石原慎太郎『スパルタ教育』より
「目に見える形で反論を提示する」:補足
「非実在青少年」規制:目に見える形で反論を提示する
同じカテゴリー(社会問題)の記事
 「保育園落ちた」陰謀論 (2016-03-16 15:42)
 近頃はやりのお手軽・ニセ歴史 (2015-03-30 18:22)
 無法を夢見る日本人たち (2015-03-30 17:48)
 だから落合信彦の言うことを信じちゃだめだってば (2014-11-01 17:00)
 続・「日本人の誇り」を忘れた日本人たち (2014-08-09 12:18)
 編集部は原稿をチェックするものだ (2014-05-24 19:32)

この記事へのコメント
日本の犯罪が史上最小。
なんかすごく実感に合います。

そうなんだよなあ。

マスコミが、悲惨な事件がないと視聴率が取れないって思い込んでるのが問題だと思うので、対策案。

「TVで人が病魔・老衰以外の原因で
死なない日」を週に一日でも作ればいいのか、って思いまししたがいかがでしょうか。
Posted by saneyori at 2010年12月26日 22:53
心理的治安でしたっけ?
私がこれらの問題に疑問を思ったのは、「神戸連続児童殺傷事件」からですね。
立ち読みしたさる月刊誌で、「昔から動機不明の猟奇事件は結構在ったよ」とあった事からでした。
「概ね日本の犯罪は減り続けているのですな。
警察の捜査能力だって、地域社会が細切れになったと言って聞き込みが前より効果を上げないと言っても、科学捜査の能力は日進月歩です。
携帯だってネットだって、隠蔽ツールになり得ませんね。通信記録やログ解析でむしろ強力な証拠となります。
むしろ行き過ぎた相互監視社会にならないかが心配になるぐらいです。
外国人犯罪などと言っても、率でったら増えただけで、件数が2倍、3倍になった訳ではない。」
機会が在ったら、知人や同僚、上司にそう話してきました。
でも、理解し納得してくれたのは母親だけでした。
「理屈は解るが、地域のコミュニティは昔に比べ薄れている。社会変化に伴って新しい形の犯罪が現れているではないか?」という漠然とした不安は拭いきれないようです。
「件数が減っていても、こんな形の犯罪はいままでなかった。新しい形の犯罪は問題だ」と言い切る方もおりました。
数年前にNHKで指揮者の一言みたいな番組で「あれる26歳」という話がありました。
他の国の青少年犯罪を年齢別のグラフにすると、大抵の国で26歳に犯罪件数のピークがくるそうです。
これは欧米では有名な社会学のテーマにも為っているそうですが、日本は何処にピークが有るのか、判らないようぐらいフラット。
これは特に欧州の社会学者の頭痛の種だそうで、日本社会が特別であるという説から、日本社会は青少年の心理の発達を阻害する危険な要素があるのではという意見さえ出されているそうです。
青少年健全育成条例が目指す先は、本当はトンデモナイ未来だったりするのでしようか?
Posted by Sasico at 2010年12月27日 01:21
 どことは言わないけど、「現代社会は犯罪が増加した」「人間の質が落ちた」といった事を、データも出さずに平然と吹聴しますからね。そんなに、今の社会を悪者にしたいのかと。
 まー、これは「自分たちの生きていた時代の方が、今より良かったんだ」と思いたい、一部の老人の偏見だと思いたいですが。

 あと、現状が悪いと煽りまくるとセンセーショナルになって、人の目を引きますからね。新聞社や報道関係各社はそのあたり、一考していただきたいところです。
 まあ、悪い点をあげつらい、良い点をスルーってのは、昔っからいろんなとこで存在しましたが。
 
 読売新聞の四コマ「コボちゃん」の、こんな一編を思い出しました。

 コボちゃんの幼稚園。クラスの一人が花瓶を割って、一人の女の子がそれをいいつける。
「(なにかあったら)すぐに先生に言いつけるんだよ」と嫌われる。

 で、コボちゃんは誰にも言われずに掃除を。

 しかしその子は知らん振り。
「いいことしたら言いつけないんだよ」という友達の言葉に、コボちゃん「いやな子!」

 これに似たこと、小学校の時に体験してたり。
 こういう風に、不公平にコトを言いふらす人間達が、一番良くないんじゃないかと愚考する次第です。

 来年は、こんな不公平が無くなるよう、そして今以上に犯罪が減り安心できる社会になるように、切に願いたいところです。
 
 では、良いお年を。
Posted by 塩田多弾砲 at 2010年12月27日 12:04
はじめまして
ちょっとTwitter上で気になるつぶやきがあったので投稿させていただきます。

仄聞ですが、最近警察が検挙率の分母たる「犯罪認知件数」を低くするため、
傷害や恐喝といった犯罪の内「軽微」なものについて不受理にしているとの
説が取りざたされております。

前提が噂であるため、考慮に当たらないと言われればそれまでですが、
もしこの噂が本当であったなら、「検挙率」そのものの信憑性が揺らいでしまう
と考えております。 取り越し苦労であってほしいですが…。
Posted by 川村賢一 at 2010年12月28日 00:53
こういう、いいニュースはなんでか報道されないですね、なんでだろ?
Posted by ナイス害 at 2010年12月28日 13:29
こんなにいい国なんだ、というのはもっと言ってもいいですね。確かに。

ついでですが二酸化炭素排出量も減っています。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010122701000376.html
Posted by matsu at 2010年12月30日 04:48
同じ外国人犯罪でも、
オウムの麻原みたいな凶悪なのが減ってくれるのはありがたいですね

参考
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/668.html
Posted by 宇高 純一 at 2010年12月30日 12:22
少年犯罪は戦前教育の影響が薄れるにつれ減少し、上の世代に波及し犯罪全体が減ってくるのかと思います。戦前教育人工は減る一方ですし。教育基本法の改変の影響が気にはなりますが。
こと犯罪、特に少年犯罪に関する限り、戦後教育の成果は世界に類を見ないすばらしいものと言えます。
立川談志曰く、明るいニュースばっかりだったらお終いだ。お金を拾って届けたとか。
Posted by 理力不足 at 2011年01月09日 13:06
犯罪が少ないのはありがたいことですね~。
個人的にも暗いニュースばかりだと気分が落ち込むので明るい話題をもっと流してほしいです。
Posted by みそさざい at 2011年01月13日 10:13
…遅ればせながら、明けましておめでとう御座います!!(^_^;)(いや、今年はまだ、このブログの更新が無いという意味で…)

いや、本当に良い年であったんですね…2009年って…ウチの母に読ませたいくらいです!!(いや、タダの「昔は良かった病」だと思いますが、事ある毎に「昔は良かった!」とか「テレビを見れば、殺人・強盗ばっかりだ!!」とか言ってるもので…)
…今年も期待しておりますよ!!(またあの会場か、「前々月祭」会場に於いて、「知られざるトンデモ本」をお渡しするかもしれません…)
Posted by DRAKO(ドラーコ) at 2011年01月14日 21:00
 体感治安なる語も非実在青少年ほどではないにせよ珍妙な造語ですな。無根拠な不安を煽る文脈で用いられるべく造られたという来歴も似てますし。
 昨夜のBS11「INsideOUT」で公開された都の購入図書内訳書…成人向き専門書店でも「資料」を購入していた痕跡がありありとw
 http://twitpic.com/3r6961
 ドラの隣にエロが並ぶ無法地帯って…まさか、「まぼろし書店」?
Posted by (21)コンフェニックス運動 at 2011年01月19日 23:18
「平成22年中の刑法犯により死亡し、又は傷害を受けた者の数は3万2,611人と、前年より465人(1.4%)減少し、死亡した者の数も996人と、前年より58人(5.5%)減少した。」(『平成23年版 警察白書』だそうです。大変喜ばしいことです。でも、あまり話題になっていませんねえ。
Posted by davs at 2012年03月31日 20:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。