2010年09月06日

『21エモン』に解説書きました

 このたび藤子・F・不二雄大全集『21エモン①』に解説を書かせていただきました。

http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091434371

 文庫版でカットされた話が収録されるのはもちろん、当時の『少年サンデー』のカラーグラビア記事も再録! このグラビア、『21エモン』世界の設定(1980年代に第3次世界大戦が起きかけたけど、宇宙人の干渉で回避されたとか)がいろいろ明らかになっているので、ファンにはまことに貴重な内容であります。
 まさか『マクロス』より14年も前に、「世界連邦の設立に反発して各地で反乱が起きる」なんて設定を作ってたとは思いませんでした。
 ちなみにWikipediaには時代設定が「2018年」と書いてあるけど、正しくは「2023年」です。念のため。(21エモンが生まれたのは、2010年1月1日)

 僕は子供の頃にリアルタイムで読んでいたんですが、解説を書くためにあらためて読み直してみて、思っていた以上に先進的な内容だったので驚きました。出てくる宇宙人も面白いんですが(コイケラス星人の話が最高!)、ワープ航法とか、火星のテラフォーミングとか、よくこの時代のマンガでここまで描けたもんだと感心します。
 2巻に収録予定の木星の金属水素鉱山のくだり、リアルタイムで読んでて、ギャグマンガらしからぬ高温高圧高重力の木星の描写がすごく印象的でした。なんかアンダースンの「わが名はジョー」に似てるな……と思って調べてみたら、「わが名はジョー」が訳されたのは『SFマガジン』1968年9月臨時増刊号でした。藤子先生、絶対ヒントにしてる。
 他にもいちいち例を挙げだしたらキリがないんだけど、ギャグ作品なのにいちいち筋が通ってるんですよ。ほんとにSFをよく理解している人間でないと描けません、このマンガは。


タグ :マンガ

同じカテゴリー(マンガ)の記事画像
初めてマンガの中でコミケを描いた作品は?
「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」
女ターザン・コミック始動!
同じカテゴリー(マンガ)の記事
 ドラマ『重版出来!』最終回 (2016-06-18 19:27)
 80年代ホビーマンガの素晴らしき世界#2 (2015-03-08 13:44)
 初めてマンガの中でコミケを描いた作品は? (2015-01-21 17:08)
 平井チルドレンに残された大きな宿題 (2015-01-21 15:58)
 「80年代ホビーマンガの素晴らしき世界」 (2015-01-20 18:45)
 アングレーム国際漫画祭で何が起きたか (2014-02-04 16:11)

この記事へのコメント
そうですね。藤子・F・不二雄先生は先見性がありますからね。

なんかの本で読んだんですが,映画宝庫のベストに『悪魔のいけにえ』を選んだくらいですから,あらゆるジャンルに果敢に挑む姿勢は見習いたいものです。
Posted by ダーク・ディグラー at 2010年09月07日 12:40
21エモンは小学生の頃は何度も読み返しました(てんとう虫コミックスのほうですが……)
懐かしいです
私の読んだスペースオペラの原点かもしれません
Posted by かがみん at 2010年09月07日 15:55
F先生は彼の小学館発のオカルト雑誌、『ワンダーライフ』でよくインタビューを受けていて、幽霊についての考察をコンピュータとソフトウェア、プログラムに例えて「魂が身体と独立して存在できるとは思えない」旨答えていました。
本当に科学的合理性を考慮した考えをお持ちな方なのだなと思ったものです。
Posted by ろぼ at 2010年09月10日 13:15
21エモンは素敵な作品ですよね。未収録話もあるなら、買ってみようかな…

子供は、というより、子供の心を持つ人は、誰でも藤子不二雄先生の漫画が好きなはずです。

私は、F先生のすこしふしぎなSF漫画って、手塚を越えていると思います。
Posted by ナイス害 at 2010年10月30日 03:10
こんにちは、山本さん。いつも楽しく読ませてもらっております。

随分前の記事に口を出すのもなんですが、「『21エモン』の舞台が2023年」ってどっかに描いてありましたっけ? わたしもかなりの藤子ファンを自負しているのですが、記憶にありません。

『21エモン』の舞台は2018年で間違いありません。藤子不二雄大全集『21エモン』2巻の「宇宙オリンピック」の回をご覧ください。

183ページに「2018年 東京に置いて 第1回宇宙オリンピックが開かれた!」とあり、さらに192ページには新聞記事が載っていますが、新聞の日付が2018年10月になっています。ですので、マンガ版『21エモン』の舞台は2018年で間違いないと思います。

まあ、藤子さんのことですので、もしかしたら別のところで「2023年」と書いたり言ったりしてしまったのかも知れませんが(『ドラえもん』も設定がいくつも存在しますもんね)。

では、失礼します。
Posted by サザえもん at 2011年12月09日 22:18
>サザえもんさん

『21エモン』の時代設定が2023年というのは、藤子・F・不二雄大全集『21エモン』1巻の460~461ページに書いてあります。『少年サンデー』1968年10号のグラビア記事の再録です。
 まあ藤子先生自身が自分で書いた設定を忘れちゃってたのかもしれませんね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2011年12月26日 17:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。