2010年09月06日

『MM9』番外編始動

 すでに発売されていますが、『ザ・スニーカー』(角川書店)10月号より、『MM9~怪獣のいる風景~』が連載開始されています。
『Webミステリーズ!』の『MM9―invasion―』の方がストレートな続編なのに対し、こっちは番外編。1話完結形式で、気特対はほとんど出て来ず、『MM9』世界における様々なドラマ(怪獣がいるのは日本だけではないのです)を描いていこうという趣向。泣ける話やユーモラスな話など、バラエティを重視した内容にしようと思っています。
 第1話は日本人高校生を主人公にした、『トワイライト・ゾーン』風のお話。クライマックスにちらっと出てくる固有名詞の意味が分かるのは、かなり濃い人です。(分からなくても支障ないんですが)
 第2話は現在執筆中。今度はアメリカ人少年が主人公で、舞台はモンタナ州フラットヘッド湖。
 そう、「スクリューのガー助」!
 第3話は東南アジアを舞台に、「怪獣版『シベールの日曜日』」をやろうと企んでおります。

 ところで、この表紙なんだけど……。
『MM9』番外編始動


「クライムアクション」って何?(笑)
 こういうコピーを考える人って、内容は読んでないのかもしれませんな。


タグ :PRMM9

同じカテゴリー(PR)の記事画像
「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」
「わが青春のSFエッチトーク!」
新刊『プラスチックの恋人』
伊藤ヒロ×山本弘トークLive「僕らはエロい小説が書きたい!」
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
同じカテゴリー(PR)の記事
 「オタク映画を力いっぱい語ろう!」 (2018-04-17 19:13)
 『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生! (2018-03-31 22:28)
 スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 『ミステリーゾーン』 (2018-03-17 21:25)
 菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」 (2018-03-17 19:55)
 今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2 (2018-03-17 19:27)
 「今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう!」 (2018-02-09 20:02)

この記事へのコメント
クライムアクション…って、ゲームで言えばGTAシリーズみたいなものですよね?
読む時間が少ないのかもしれませんが少しは読めよと。
Posted by Xbeta at 2010年09月06日 20:33
>クライムアクション
怪獣小説でなく?どのあたりがクライムなのでしょうか?
編集さんとか絡んでないんでしょうか
それとも10月号の内容からなのでしょうか?楽しみです。
Posted by とりとり at 2010年09月06日 20:42
▼CDまで出てるなんて
(『フラットヘッド湖の伝説
~カール・ヴィトロック作品集』)
ガー助って愛されているんですね・・・

▼小説の感想
一条(仮名)、『メフォスト』最新号掲載分を非常に楽しく読ませていただきました。
実は前回の分は一読してあまりノリきれませんで(スミマセン)、「これは推理小説版の『ラ○○部』+『○物語』をやろうとしておられるのかな、でもネタバレご法度な推理小説を素材にして、果たして『ラ○○部』と同じ手法が使用可能なのかな・・・」などと悶々としておりました。
しかし今回はまた違った印象を受けました。最初から終わりまで実に生き生きと「○態紳士」を描写されていて、じっさい何度も吹きました。 ・.**・プーッ(@ε@)

「理路整然とした一生懸命な変○」のおかしさ哀しさを描く物語というのは、一定の伝統があると思います。古くはナボコフや田山花袋(「少女病」とか「蒲団」とか)、あるいは大江健三郎、最近では平山夢明さんなどでしょうか。一条(仮名)は、その歴史に新たな1ページを追加するものかもしれません。
ところで一条(仮名)の下の名前って何ていうんでしょうか。ひょっとして未来(みく)とかじゃないか(そしてお父さんは輝=ヒカルじゃないか)と思うのですが・・・

▼MM9:Monsters in the Landscapes
ぜひ「イルカがせめてきたぞっ」ていう話をお願いします(@∀@)
Posted by 九郎政宗 at 2010年09月10日 03:24
> 九郎政宗さん

『一条』はひたすらオバカなシチュエーションとオバカな会話だけでつないでいくというユーモア小説です。やっぱり『生徒会の一存』とか『化物語』とかの影響は受けてますね。「別に凝ったストーリーとか崇高なテーマとか無くてもいいじゃん、面白ければ!」と。
 だもんで、最初からミステリであることを放棄しています。一条(仮名)も「私は探偵ではありません」と言っていますし。だから謎解きの面白さとか期待されると困っちゃうんですよね。そんなもんないんで(笑)。
 まあ、いちおう掲載誌を考慮して、ぎりぎり「ミステリのパロディ」にはしているつもりですが。
 一条(仮名)の本名も下の名前も考えていません。いちばん困るのは家族が名前を呼ぶ時なので、家族は出さない方針です。
Posted by 山本弘山本弘 at 2010年09月11日 16:45
スクリューのガー助www

確かにアレはUMAと言うより、モロに怪獣の風体ですが…何はともあれ、さすがです、先生!w

ちなみにわが家には、『なぜなに 大昔の人間』が現存しているのですが、こちらの本にも「人間のそ先は うちゅう人?」とか「地球をおそった わに人間」などの魅惑的な話がたくさん載っています。

とにかく、学研の「なぜなに学習図鑑」シリーズは、幼年期の私のSFマインドをビンビン刺激して育んでくれたものです。
Posted by ポコイダー at 2010年09月18日 21:35
何!山本弘のクライムアクション?犯罪行動?ついに、ヒメのノーカット画像が?勘違いして買いに走る私のような中途半端なファンをつるためのコピーです。
女ターザンの解説、次回は3D画像で是非!
Posted by 理力不足 at 2010年09月26日 13:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。