2010年08月12日

家族で東京旅行

 8月6日。SF大会の前泊で、家族3人で東京に行く。

 行きの新幹線の中でR・A・ハインラインの『ラモックス』(創元SF文庫)を読む。前から気になってた作品なんだけど、先日、たまたま古本屋で見つけたので買ったのである。
 うーん、微妙。
 なんか期待してたような話じゃない。
 少年が飼っていた巨大な宇宙生物ラモックスが、実はある惑星のプリンセスだったことが分かって大騒ぎに……という設定だけは知ってたんだけど、てっきりそこから宇宙規模の奇想天外な冒険が展開するんだと思ってたんだよね。
 ところが、話は地球から一歩も出ない。裁判とか政治的な駆け引きばかり出てきて、退屈ったらありゃしない。かんじんのラモックスの出番も少ないし、主人公との交流が細やかに描かれているわけでもない。発生するトラブルにしても、「そんなこと事前に話し合っとけ」とか「事情を詳しく説明すればいいじゃないか」とかツッコミたくなることばかり。そもそも言葉を喋れるラモックスが、腕がないという理由で知的生物として認められていないというのも変だし。
 だいたい、最後に主人公の前に立ちはだかる最大の障害が「頑固な母親」というのはダメだろ(笑)。
 ユーモアを狙ったらしい場面もあることはあるんだけど、ぜんぜん笑えなくて、「これは50年代のアメリカ人の感性だと面白いのかな?」と思ったりもする。でも、ユーモアSFでもシェクリイなんか今読んでも面白いしなあ。やっぱハインラインがユーモアに向いてないのかも。
『ラモックス』は思い入れのある日本人読者が多いらしいんだけど、それはこの完訳版の方じゃなく、福島正美氏の訳した児童向け版の方じゃないんだろうか。確かに冗長な部分をカットして子供向けに書き直したら面白くなりそうだ。

 ちなみに娘は新幹線の中で、誕生日プレゼントに買ってやった『ときめきメモリアルGS』をやっていた。面白いらしい。

 1日目は浅草観光して、ついでに建設中の東京スカイツリーを見てきた。『MM9-invasion-』のロケハンも兼ねている。以前にも300mを超えた頃に見に来たことがあるんだけど、この日はもう400mを超えていた。
 秋葉原では、土産物を大量に買ってしまった。とは言っても、僕のは『けいおん!』のTシャツぐらいのもの。ほとんどは妻と娘が選んだものである。『ヘタリア』のフィギュアとか。

 今回宿泊したのが秋葉原ワシントンホテル。3人部屋がないもんで、2部屋を予約し、3人で分かれて泊まった。僕は8階の部屋、妻と娘は4階の部屋。
 しかしこのホテル、とんでもなく不便な点がひとつあった。
 エレベーターで客室階に行くためには、部屋のカードキーが必要なのだ。エレベーター内にあるリーダーにカードキーをかざすことで、その部屋のある階に停まるようになっている。カードキーを使わずに客室階のボタンを押しても、「その階には停まりません」という声が流れ、エレベーターは動かないのだ。
 セキュリティのためなんだろうけど、僕は妻たちのいる4階に行けなくて困った。4階に行こうとしたら、4階の部屋のカードキーが必要なのだ。当然、妻たちも8階の僕の部屋には来られない。だからお互いの部屋に行くためには、両者がいちいちロビーまで下り、待ち合わせなくてはならないのである。面倒くせえ!
 このややこしいシステム、ミステリのトリックには使えるかもしれん(笑)。でも、家族なんだから、せめて同じ階の部屋にしてほしかった。無論、そんなシステムになってるなんて、事前の説明は何もなかった。団体の宿泊客が来た時なんかどうするんだろう。混乱しそうな気がするが。
 おまけに外装は豪華そうだけど、中身はごく普通のビジネスホテル。サービスの細やかさという点では、いつも利用しているドーミーイン秋葉原の方がいろいろな点で上。やっぱドーミーインの露天風呂の方がいいなあ(秋葉原のど真ん中に露天風呂があるなんて、知らない人が多いだろう)。あれに慣れると、客室内のバスルームって貧弱に見えちゃうんだわ。
 今回はSF大会の会場である船堀に行くのに、地下鉄の岩本町駅に近いのと、新装オープン記念で料金が安かったので選んだんだけど、次回からは使わない。いつも通りドーミーイン秋葉原にする。

 ホテルのテレビで『サマーウォーズ』を見る。なんか足りないと思ったら高校野球のくだりがカットされてたんだな。


タグ :東京

同じカテゴリー(日常)の記事画像
SF大会2日目:手塚治虫自筆絵コンテに驚愕
SF大会1日目:マンガの中から美女出現
この夏のお仕事
メイド(だけじゃないけど)喫茶めぐり
ポメラの使い心地
VOWネタ
同じカテゴリー(日常)の記事
 退院しました (2016-04-15 22:07)
 【お知らせ】と学会、引退しました (2014-04-30 17:41)
 三点リーダはなぜ必要なのか (2014-02-04 17:09)
 物書きやってるとこういうことってちょくちょくあるのよ (2013-09-19 20:01)
 「簡素化」してはいけないこともある。 (2012-01-14 17:40)
 SF大会2日目:手塚治虫自筆絵コンテに驚愕 (2010-08-12 17:40)

この記事へのコメント
 去年はいい年になるだろう 読みました! 読後にこの記事、心に沁みました!
Posted by アツシ at 2010年08月12日 20:04
・・・そうそう、岩崎書店の『宇宙怪獣ラモックス』(1971)ですよ>福島正美訳。小学校時代に読んだのですが、なんだか珍妙な小説だった、という印象しか残っていません。てっきり極悪非道な宇宙怪獣が街を破壊しまくり、それを退治する話かと思っていたら(まあ破壊はちょっとだけするけど)肩すかしで、しかもそいつが女の子で、と言われても。いったいどこに萌えろというのか!(@∀@)みたいなもどかしい腹立たしさを、数十年たった今でも鮮やかに覚えています。
Posted by 九郎政宗 at 2010年08月14日 01:31
お疲れ様です。
一生の部屋にするという訳には…いかないんでしょうね。
サマーウォーズ、実は初見だったのですが、カットされてるんですか!
星雲賞も取った事だし、素直に買いますかね…
Posted by ろぼ at 2010年08月15日 10:54
いつも読ませてもらっています。
たしか『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の8巻で、このホテルのようなシステムが出てきて、話の中でギミックとして使われてました。
Posted by tuba at 2010年08月20日 08:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。