2010年06月14日

はやぶさを迎える歌

 13日の夜は、ネットにかじりついて、はやぶさの帰還を待った。
 もっとも、JAXAのサイトはつながらず(ものすごいアクセス数だったのだろう)、ニコ生も定員オーバーで締め出され(プレミアムなのに!)、宇宙教育テレビのライブ放送も何も映らず、結局、生では見逃した。しかし、数分遅れでUSTREAMで見た。

http://www.ustream.tv/recorded/7634995

 流星みたいに小さくちらっと見える程度だろうと思ってたんで、こんなに明るいとは予想外だった。
 やっぱり美しかったのがNHKのニュースの映像。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100614/t10015087141000.html

 あまりにも見事な最期。地球を撮影したラストショットもそうだけど、最後の最後まで僕らを感動させてくれたよ、はやぶさ。
 その後も朝の4時ぐらいまで、あちこちのブログやらツイッターやらをハシゴ。多くの人と感動を分かち合う。賞賛のコメントが秒単位で滝のように流れ落ちてゆく光景に、またまた胸が熱くなる。
 検索しているうち、ニコ動で見つけたのがこれ。キセノンPによる「はやぶさ」のバラードアレンジ。

http://www.nicovideo.jp/embed/sm11050741

 うわー、バラードはあかん。こらえきれずにボロボロ泣いちゃったわ。

 ところで、すでにあちこちで話題になってるけど、突入22時間前のJAXAのブログで、スタッフの方のこんなコメントが書かれていたのだ。

http://www.isas.jaxa.jp/home/hayabusa-live/?itemid=596

>再突入はまだ先です。皆さんも好きな音楽でも聴いてリラックスして休んでください。
>わたしも大好きな堀光一路さんの「宇宙の星よ永遠に」を聴きながら仮眠します。(IES兄)

 その歌で来たかーっ!
 いや、某所で「はやぶさを迎えるのはどんな曲がふさわしいか」という話題が出ていて、僕も「夢光年」とかいろいろ考えたんだけど……。
『ザンボット3』ですか!
 特にあの最終話のラストシーン。家族も友人も失い、ボロボロになったザンボエースで流星となって地球に落ちてきた勝平を、人々が迎えに集まってくる場面で、「宇宙の星よ永遠に」の2番が流れるんである。
 参った。はやぶさを迎えるのに、これほどふさわしい歌はない。

 お帰り、はやぶさ。よくやった。


タグ :はやぶさ

同じカテゴリー(サイエンス)の記事画像
『ニセ科学を10倍楽しむ本』文庫化
新刊『14歳からのリスク学』
「地震雲」について考える(後)
「地震雲」について考える(前)
「光より速いニュートリノ」をめぐる誤解・3
「光より速いニュートリノ」をめぐる誤解・2
同じカテゴリー(サイエンス)の記事
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(3) (2017-03-06 18:28)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(2) (2017-03-06 18:17)
 中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(1) (2017-03-06 18:00)
 LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう! (2017-03-06 17:23)
 小飼弾の論弾「SF作家 山本弘氏:疑似科学から懐かしのSFまで」 (2016-09-14 17:22)
 公開シンポジウム 「こころの未来形」 (2016-09-14 14:23)

この記事へのトラックバック
アップしました!【MAD】DREAM.15 青木真也vs川尻達也【煽り】 (4:24) URL #nicovideo #sm11083680 2010-06-16 19:05:30 via web 何をアップしたかというと、これを。 作者の以前の作品は、それを見たある映像...
[格闘技][DREAM][音楽][IT]非公式・青木vs川尻煽り映像・・・そこから「音楽選定」について【見えない道場本舗】at 2010年06月24日 07:16
この記事へのコメント
 私もJAXAのブログで、その書き込みを見て、友人たちと今度カラオケで『宇宙の星よ永遠に』歌おうと某所のチャットでやり取りしてました。
「はやぶさオカエリナサト、カラオケオフ」をやろうかと(⌒▽⌒)
Posted by 清水 銀嶺 at 2010年06月14日 21:00
私は運よくUSTREAMで生で見れました。家族で「お帰り」を言いました。
でも出来ることならもう一度旅立たせて
あげたかった。
もうご存知とは思いますがこの動画を見てからトップ2のBGMが頭から離れません。・゚・(ノД`)・゚・。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm10934442

本編も素晴らしいですが、ラスト近く画面下のコメントがもう泣けて泣けて・・
故郷地球に抱かれてゆっくりお休み、はやぶさ
Posted by めすくりん人 at 2010年06月15日 10:26
こんなのを聞いていました。
松任谷由美「VOYAGER~日付のない墓標 -」
http://www.youtube.com/watch?v=egboO5nqp90
ピーカブー「ポプラ通りの家」
http://www.youtube.com/watch?v=H2O31NS3KSU
MISIA「 星のように・・・」
http://www.youtube.com/watch?v=Fpr0vaSg0Jc
鈴木賢三郎「星の王子さま プチ・プランス」
http://www.youtube.com/watch?v=9WCxndg44U0
Posted by 九郎政宗 at 2010年06月16日 04:06
 MIXIの方でも書きましたけど、本当に「おかえり」、そして「お疲れ様」って言葉をかけてあげたくなりましたよね。はやぶさの帰還には。

 自分も、USTREAMで見ました。本当はニコ動で、後で見ようかと思ってたのですが、一般でなおかつ「リアルタイムで見たい!」と思ってしまい、和歌山大学のUSTREAMを発見し、そこから見る事に。
 ノートPCでしたが、何とかつながり、そしてリアルタイムで見る事ができました。
 科学の分野において、偉業を成し遂げたマシンの最後の瞬間を、モニター越しとはいえ同じ時間に見る事ができた。
 この僥倖には嬉しく思うと同時に、非科学的ですが、運命的なものを感じてしまいました。

 改めて、はやぶさに感謝。そしてはやぶさと、JAXAスタッフや関係者一同に、改めて敬礼。
Posted by 塩田多弾砲 at 2010年06月16日 18:30
「はやぶさ2」の予算縮小で一部で物議が出ているようですが、松浦晋也氏のブログでは敵は内にありとの事。
我らがサポートすべきことで一番効果的なことはなんなんでしょ?
Posted by Sasico at 2010年06月18日 01:35
私もあの時mixiのボイス機能でおもむろに『宇宙の星よ永遠に』(それも2番!)を呟いていました。後でツイッターを確認するとJAXAスタッフのまさか、まさかのコメント…こんな感動はなかなかないです。
Posted by ろぼ at 2010年06月18日 03:18
(どこもつながらなかったけど)
いやあ感動感動。あんなに粉々にいく百の星になって砕け散るとは。横にはカプセルの光条。色収差でしょうが、青く見えてすばらしかったです。
Posted by 理力不足 at 2010年06月18日 18:20
早いもので、あの日からすでに一週間以上がたってしまいましたが、今でも、再突入時の燃え尽きるはやぶさの映像と、はやぶさが最後に撮った地球の写真を思い出しては涙ぐむ日々を送っています。

そういえば、アオシマのはやぶさプラモ、問い合わせ殺到により増産が決まったみたいですね。

で、その余勢を駆って(?)こんな物まで発売されるようです(*´д`*)
http://www.aoshima-bk.co.jp/kokuchi/hayabusatan/index.htm

さすがは伝説のS級プラモメーカー・アオシマ。
はやぶさもアオシマも大好きな私は、もちろん両方買いますよ…復刻版アトランジャーも買ったし。
Posted by ポコイダー at 2010年06月22日 22:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。