2010年05月12日

『非実在青少年反対読本』(仮)

 このたび、こんな本に原稿書きました。

『非実在青少年反対読本』(仮)
http://hijitsuzai.web.fc2.com/

 このブログに載せた文章に、大幅に加筆修正しています。
 5月28日発売だそうです。
(【5月18日追記】最終的に『非実在青少年〈規制反対〉読本』という題になりました)


 ちなみに、徳間から出る予定の似たようなタイトルの本にもアンケートで参加してます。こっちは5月31日発売予定。




同じカテゴリー(PR)の記事画像
BISビブリオバトル部4 君の知らない方程式
夏コミ直前情報
『幽霊なんて怖くない』文庫化
新連載『プラスチックの恋人』
冬コミ直前情報
コミケ直前情報:『ミステリー・ゾーン』徹底解説
同じカテゴリー(PR)の記事
 今だから振り返ろうUFO再入門 (2017-11-15 22:17)
 あなたの知らないマイナー特撮の世界 総集編! (2017-10-25 18:20)
 『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界 』 (2017-10-20 16:51)
 山本弘のSF秘密基地LIVE#72  もっとやろうぜビブリオバトル! (2017-09-17 20:28)
 ASIOS「UFO事件クロニクル」出版記念トーク (2017-09-17 20:19)
 テレビに出演します (2017-08-28 20:32)

この記事へのコメント
この件に関して、私の一番納得力が発揮されたのは、ここと、斎藤環先生のゲーラボ5月号のコラムでした。
Posted by Sasico at 2010年05月16日 22:52
・・・この問題で思い出すのは『R.U.R.U.R.(ル・ル・ル・ル)』というゲームです。そこにこういう内容のセリフがあります。ネタバレよけに大意を要約しますが、「人間の幸福は倫理で規定できない。世の中には『倫理的に間違っているけど幸せ』、というタイプの幸福がある。たとえば『おなかいっぱいなのにまだ食べる幸せ』とか、『必要以上に眠る幸せ』とか。それを『倫理的でないから』と否定することは、社会の幸福の量を減らすことじゃないのか」と。(もしすでにご存知ならご容赦ください。)

その観点を援用すれば、今の世の中には「アレな漫画を読む幸せ」というのがあり、また「他人がアレな漫画を読むのを糾弾する幸せ」というのもあるのですから、結局みんな幸せなわけで(@∀@)それをわざわざ、アレな漫画を法律や条令で(今すでに規制されている以上に)規制するのは、社会の幸福の量を引き下げる点で「有害」、ともいえますね。

・・・そうそう、「青少年への有害な影響」というならば、あえてゲスな言い方をしますが、「隠し子を作っておきながら10数年も認知しなかった男が、都知事になって『徳目』などを語るという現実」のほうが、よほど深刻な気もします。現実に「被害」が発生してもいますし・・・

ところでフラゼッタがなくなったそうですが、
ttp://www.comicsbeat.com/2010/05/10/frank-frazetta-rip/
あの人の描く「非実在女性」のお尻が好きだったのに・・・
Posted by 九郎政宗 at 2010年05月19日 03:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。