2010年05月11日

SFみたいな事件が進行中

 SFもののドラマやマンガやアニメでよくあるのが、モンスターやゾンビが暴れてたり、怪現象が続発しているにもかかわらず、政府が報道を規制し、マスコミも何も報じないため、一般市民の大多数が真相を知らない……という設定。せっかく記者が特ダネをつかんできても、デスクが「上から圧力がかかった」とか言って、闇に葬ってしまうのである。
 僕はかねがね、この設定に疑問を感じていた。いくら政府が「この件は報道するな」と命じたって、すべてのマスコミがそれに従うものだろうか。中には政府に批判的な新聞もあるだろうから、絶対にどこかが報じるんじゃないか、と。

 ところが。

 それが現実に起きていることが明らかになった。

 今、宮崎県で口蹄疫が猛威をふるっている。偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、ブタ、イノシシなど)にしか感染しない伝染病で、人間には無害(ごくまれに感染することがあるが、家畜の場合ほど重い症状は出ず、死亡例もない)であるものの、感染力が強いため、1匹でも感染した家畜が見つかったら、周囲の牛やブタもすべて殺処分しなければならない。また、感染を拡大しないよう、周辺地域の移動は制限しなくてはならない。
 過去にも何度か日本で口蹄疫が発生したことはあるが、どれも殺処分された家畜の数は数百匹レベルだった。ところが、今回の宮崎県での口蹄疫では、すでに6万2000匹の家畜(うち5万匹以上がブタ)が殺処分されている。
 6万2000匹と数字だけ書いてもピンとこないかもしれない。仮に1匹のブタや牛を地面に横たえると平均1平方m(仔牛や仔ブタも多いだろうから)が覆われるとすると、約6万2000平方メートル。東京ドームの面積が4万6755平方メートルだから、殺処分された家畜の死体を地面に並べると、すでに東京ドームを上回る面積になっているのだ。
 現地では死体を埋める作業が追いつかず、大変なことになっているらしい。
 大事件である。

 中でも批判されるべきは、赤松農林水産大臣の無責任ぶりだ。宮崎県で非常事態が進行中、日本の畜産業の危機だというのに、この人、4月28日から中米に外遊に行ってしまったのである!
 5月8日にようやく帰国したものの、真っ先に駆けつけたのが、宮崎ではなく、栃木県佐野市で開かれた民主党議員の講演会発足式!
 5月10日(発生から3週間目)になってようやく宮崎を訪れたものの、現場には出向かない!
 そのくせ「一部報道では対応が遅いと言われているが心外だ。できることはすべてやっている」と発言。
 そのうえ「自民党議員の同席は認めたが、発言は許してない!」ときたもんだ。

 なんかこれに似た小説があったな……と思ってたら、ついさっき、思い出した。マレイ・ラインスターの「禁断の星」だ。ある惑星で発生した疫病が、硬直化した制度と官僚の無能のせいで、どんどん拡大していってしまうという話。
 あれを読んだ時は、「かなり誇張されている」「現実にはここまで愚かな奴はいない」と思ったけど……現実にあるんだな、こんなことが。

 政府と赤松農林水産大臣の責任については、マスコミはガンガン叩くべきだと思う。
 にもかかわらず、奇妙なことに、新聞もテレビもこの件を大きく扱わない。すべてのワイドショーやニュース番組をチェックしたわけではないが、新聞のテレビ欄を見る限り、ワイドショーがこの事件を取り上げたことはないようだ。
 僕が購読している産経新聞の記事を調べてみたのだが、4月20日に最初に口蹄疫に感染した牛が見つかった時のニュースはそこそこ大きかったものの、以後、感染が拡大しているにもかかわらず、ほとんどのニュースが、数行から十数行の短い記事ばかり。
 5月5日になってようやく、やや大きめの記事が出たが(この時点ですでに2万8000匹が処分されている)、風評被害を心配する声ばかり。被害の正確な実態や、畜産農家の生の声はもちろん、政府の対応への批判など、まったくない。
 5月8日朝刊の2面に、初めて政府批判の記事が載った。でも、その隣の「テレサ・テン 歌声再び」というニュースと、面積は大差ない。赤松大臣の問題については、たった5行しか触れられていない。

 しかもこの記事、前日の東スポの記事の後追いだった(笑)。いやー、この非常事態に、まともな記事を載せてるのが東スポだけってのがすごいわ。
 こっちは5月9日25面のニュース。 一見すると大きい記事のように見えるけど、横の「タクシー備品/ネット売買横行」というニュースより面積が小さい。何でだよ!? その程度の重要性だっていうの?




 ちなみに、今日(5月11日)の産経新聞朝刊には、口蹄疫関連のニュースはまったく載っていなかった。

 なぜこんなにも扱いが小さいのか? マスコミが大きく扱うことで、風評被害が起きるのを恐れているとも言われる。
 だが、風評被害を防ぐ最善の方法は、事実をありのままに報じて、「人には無害」「万が一、口蹄疫にかかった家畜の肉を食べても安全」といったことを周知徹底したうえで、国民の理解と協力を求めることだろう。
 情報隠蔽をやらかすような政府やマスコミの言うことなんて、みんな信用しなくなる。逆にネットでデマが垂れ流されることを心配すべきだろう。
 また、マスコミが現地で取材しないのは、農水省が「現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします」と指示しているからだとも言われる。しかし、それなら現地周辺で関係者の声を聞いたっていいはずだ。インタビューだけなら電話でもできる。大きく扱わない理由にはならない。
 どうもマスコミは(東スポを除いては)政府の言いなりのようである。
 民主党政権への不信も大きいけど、こんなことがあるんじゃ、マスコミは信用できない。



同じカテゴリー(事件)の記事画像
「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……
鬼怒川決壊をめぐるデマ・3
鬼怒川水害をめぐるデマ・2
鬼怒川水害をめぐるデマ・1
お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?
彼らは調べようとしない・2
同じカテゴリー(事件)の記事
 「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど…… (2016-08-06 20:52)
 「保育園落ちた」陰謀論 (2016-03-16 15:42)
 鬼怒川決壊をめぐるデマ・3 (2015-09-15 17:58)
 鬼怒川水害をめぐるデマ・2 (2015-09-14 20:53)
 鬼怒川水害をめぐるデマ・1 (2015-09-14 19:43)
 お前の行為はアイコンに恥じないものなのか? (2015-07-13 19:36)

この記事へのトラックバック
口蹄疫を楽観視する人々 既に口蹄疫を楽観視する人々がいるが、口蹄疫の被害はこれからが本番かもしれない。 被害額も、最大限に見積もって、せいぜい数千億円程度ですね。流行地域は...
[雑記]口蹄疫禍はこれからが本番かもしれない(1)【酔狂人の異説】at 2010年05月23日 21:55
この記事へのコメント
初めまして。県民です、畜農ではありませんが。
現場では確実に起こ(怒)ってます。
与党の不手際を隠蔽する為なのか、緘口令がひかれていたようです。原口がTwitterで自白していました。
Posted by 森と海 at 2010年05月11日 17:05
今朝、テレビ愛知の、とくダネというニュース番組で取り上げてました。
Posted by 7 at 2010年05月11日 18:48
http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51451696.html

この件に関して、そのまんま東氏や原口氏のツイッターを紹介しているサイトがありますね。
Posted by とおりすがり at 2010年05月11日 19:34
 これが何かの間違いで、マスコミは政府の言いなりになどなっていない……と思いたいです。
 朝日新聞なんか、政府に批判的なところがあったんだから、この事件なんかまさしく政府叩きにもってこいじゃないか……と思いきや、何も語らず知らんぷり。なんだかなあ。

 なんかMIBの「タブロイド誌の宇宙人などのインチキ記事は、実は真実」ってのを彷彿とさせる出来事ですね。
 そのうち日本で一番信用できる新聞は、東スポに……ってのが、自分の阿呆な思い込みであって欲しいものです。
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2010年05月11日 22:37
単純に「地方ニュースだから」だと思うんですがね。古い話になりますが、若狭湾のタンカー座礁や雪印の食中毒でも、関西と東京(全国向け)でタイムラグがありましたから。
Posted by 鉄人屋 at 2010年05月11日 22:39
他人を責める事が出来るのは、それ以上に自分を責めている人だ。
……と考えているのですが。どうも、世の多くの中の人はそうじゃないようで。
いや、そうかも知れないけど、対象者が自分を責めているかに気づくセンサーを持っていないようで……

政治の世界の人も、マスコミも、そんな判断力の世界で生き残って権力を持つに至った人たちだ。と考えると矛盾無く説明できているような気がします。

まあ、世界がどんなであろうと、自分が不利益を受けようと、自分で何が正しいかを考え、もちろん自分が間違っている可能性も常に考慮に入れつつ生きていこう。と、山本先生の作品から学ばせてもらっているのであります。

ところで「滅亡の星、来たる」の続編はまだでありますか?
Posted by ita at 2010年05月11日 22:55
マスコミと言っても新聞よりも週刊誌とかの方がこの点では優秀かも知れません。小沢氏の献金問題も週刊誌のスッパ抜きに追随する形で新聞が取り上げるように成ったそうですし・・・
Posted by 餃子少年 at 2010年05月11日 23:36
ttp://togetter.com/li/20251

上記リンク先のやり取りを見る限り、畜産関係者、農水省、宮崎県、マスコミ、その全てが風評被害を恐れる余り後手に回ってしまったように見えます。

10年前の流行時に風評被害で痛い目に遭っている宮崎県には根強いマスコミ不審があるところに来て、病気が発生した牧場に十分な防疫もせず勝手に入り込むなどした為、最近まで現地ではマスコミが締め出し状態。
センセーショナルな絵が撮れないマスコミ報道は自然と低調な物となり、一方でネットでは事情を知らない連中が報道規制だ検閲だとセンセーショナルな怪情報を飛ばしまくる悪循環……
Posted by 天 at 2010年05月12日 01:29
日本のマスコミは「報道しない自由」を溺愛していますからね。彼らが危険なのは嘘を吐く事ではなく、報道しない事によって「なかった」事に出来る事です。現実問題として「テレビと新聞」以外から十分な情報を得る環境や技術・時間的余裕を持った日本人は少ないです。故に彼らが沈黙すれば、多くの日本人にとってソレは「無かった事」「目に入らないもの」「聞こえてこないもの」「実感できないものなの」なのです…悲しい事に。
Posted by 愚痴屋 at 2010年05月12日 04:22
この件については、産経新聞を例に上げるのは、筋が悪過ぎるような気がするのですが。
確か、産経新聞の九州での売り上げって、笑ってしまうレベル(九州全県での産経の発行部数<沖縄での日経の発行部数、とか)なので、産経新聞って、そもそも九州に、ちゃんとした取材拠点を持って無いんじゃないか、とか言うような疑問が浮ぶんですが。
全国紙では報道されていない、と云う事を言うのであれば、他の新聞の例をあげた方が良いような気がします。
Posted by 長 高弘 at 2010年05月12日 07:28
現場からかなり離れたところで働いている者ですが、仕事上口蹄疫の第一報から、こちらにいつ飛び火するかひやひやしています。(というかここに飛び火するようでは日本の畜産は全滅でしょう)
記憶が定かではないのですが、小松左京の小説”復活の日”に、「口蹄疫の.....倍の感染力のウイルス」という記述があったように覚えています(すいません、中学生の時読んだので現在確認できません)。そういったSFの引き合いに出されるような、昔から有名な最強レベルの感染力を持つウイルスですので、テレビや新聞ネタにほとんどなってないのはあきらかにおかしいです。裏に報道規制される何らかの理由があると考えるのはむしろ自然でしょう。
従って911テロの際、政府が正しい情報を隠蔽したために陰謀論がはびこったのと同じ事が今回も起こるでしょう。しかし今回はそのような問題は些細な事に過ぎません。現時点で口蹄疫ウイルスが引き起した損害に比べれば陰謀論によって今後出る損害は吹けば飛ぶような額に過ぎないでしょう。仕分けで浮かせた金額など一日もたずに吹き飛びますね。
しかもウイルスの損害はまだ増えます。九州だけで押さえ込めたら、致命傷を負ったけど何とか死なずに済んだと言えるくらいでしょう。
Posted by ○ at 2010年05月12日 10:30
 山本先生、こんにちは。
 「2009年の殺人事件も戦後最少」だったそうですが、こういうニュースをマスコミが大きく取り上げないことに関して、『少年犯罪データベース』の管理人がブログで興味深いことを述べています。
――――――――――――
「2009年の殺人事件も戦後最少」

追記
コメントいただいて、マスコミ陰謀論について書くのを忘れていたことに気付きました。
マスコミは真実を知ってるのに、金儲けのためにわざと治安が悪化しているように煽っていると云う人がいますが、まったくの間違いで、買いかぶりです。
マスコミの人たちは警察発表を聞いてほんとに凶悪犯罪が増えたと驚いて世の中を憂えてそういう記事を書いてるのです。(中略)
ようするに、新聞記事なんてのは、そのへんのおっちゃんおばちゃんとまったく同じ素人が書いてるのです。

http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/archives/52076855.html#
――――――――――――
 上記の見解に従って考えると、今回の件も決してマスコミが政府にコントロールされているわけではなく、単にまともな記事を書く能力がないだけという結論になります。拍子抜けしてしまう結論ですが、漫画規制論争に対するマスコミの論調を見ていると、これが実際のところじゃないかと思ってしまいます。
 産経新聞もこんな社説を書いています。

――――――――――
【主張】漫画児童ポルノ 子供に見せないのは当然
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100323/sty1003230331000-n1.htm
――――――――――

 上記の社説の中で「「表現の自由」を持ち出した批判は論点をすり替えていないか。改正案は「子供に見せない」という常識的な内容だ。反社会的な行為の助長は許されない」と言い切ってしまうほどなのだから、さぞや日本の治安は悪化しているのだろうと思ったら、こんな記事があるんですよね。

――――――――――
殺人事件が戦後最少に 刑法犯7年連続減少 警察庁
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100115/crm1001150501006-n1.htm
――――――――――
 全然「反社会的な行為」が行われていないのに社説であんなことを言っているのも現実が見えていなくて問題ありですが、これが産経新聞の記事だということの方がもっと大きな問題です。自分の会社の記事も読んでいないのかよ、と呆れてしまいました。
 マスコミは単に無能力なだけなのか、はたまた政府の言いなりなのか、実際のところはマスコミ関係者にしかわからないのでしょうね…。
Posted by Fラン大学生 at 2010年05月12日 10:30
>塩田多弾砲さん

 僕も『MIB』を連想しましたよ。

>餃子少年さん

 この件に関しては、週刊誌もあまり期待できそうにないです。今週号では『文春』が2ページのグラビアで取り上げていましたが、『新潮』も『現代』も 無視です。

>長 高弘さん

 産経を例に挙げたのは、僕が購読している新聞だからです。
 朝日新聞では5月10日にようやく大きめの記事が載ったのですが、赤松大臣が10日まで現地入りしなかった理由を、「自分が行くことで騒ぎが大きくなるのは望ましくない」などという言い訳をそのまま載せていて、外遊に行っていたことは書いてません。もうすでに騒ぎは大きくなってるって!
http://www.asahi.com/national/update/0510/TKY201005100454_01.html
 読売新聞も赤松大臣が現地入りした10日ごろから大きめの記事が増えはじめましたが、「国が損失全額補填」などと、大臣がこんなにがんばってますと印象づける記事ばかり。やはり、大臣が8日まで海外に行っていたことにはまったく触れてません。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20100510-OYT8T01018.htm
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100510-OYT1T00722.htm

> Fラン大学生さん

 そうなんですよね。マスコミの中にはびっくりするほど不勉強な人がいます。「せめてWikipediaぐらい見て書け!」と思うぐらい、基本的なことが分かってない記事もちらほら。
 データを見るかぎり、明らかに日本の治安は良くなってるんですけど、「悪くなってる!」と思ってる、もしくはそう思いたい人たちが多いみたいなんですね。最近は、データが支持してくれないもんだから、「体感治安」などという実体のない概念まで持ち出される始末(笑)。
 大事件をたいしたことないかのように扱うのも問題だけど、良くなってるものを「悪くなってる」と騒ぎ立てるのも、どうにかしてほしいです。
Posted by 山本弘山本弘 at 2010年05月12日 16:20
こういう情報も

http://tokiy.jugem.jp/?eid=645

本当だとするとひどいな
Posted by cthulhu at 2010年05月12日 18:26
あくまでも個人的意見ですが、
現場に立ち入る事が出来ないので<視聴率>に貢献しないと判断したテレビマスコミおよびその親会社の新聞社があくまでも自主的に報道管制に従ったんじゃないでしょうか?

マスコミ擁護じゃありません、どんな重大事件でも金にならないと見捨てるのがこの国のマスコミではないかと言うのが自分の考えです。
(現場でこれから殺されるカワイイ子牛が写されて、スタジオでは女子アナが涙目とか出来るんだったら報道したんじゃないかと言う事です。)
Posted by hani at 2010年05月12日 19:18
以前、大阪で飲食店店長が店に来た客の女性を拉致してレイプした事件が、ほとんど報道されずに終わった事がありました。
事件そのものが非常にショッキングで、しかも明らかに計画的犯行であり、発見された被害者のほかにも、多くの被害者がいるらしい事、捕まった犯人には共犯者が複数いる事などが確実とみられているのに、ほとんどニュースにならず、あまりの不自然さに疑問に思いました。

http://popper.blog70.fc2.com/blog-entry-120.html

今回の件に限らず、こういう事はよくあるようですね。
Posted by テツ at 2010年05月13日 10:47
 最近はギリシャ問題とか、普天間基地問題とか、大事件や大問題が多いので、どうしても扱いが小さくなってしまうのではないでしょうか。
Posted by HY at 2010年05月13日 15:42
マスコミが報道しないのは、緘口令が引かれているからではなくて、単にニュースバリューがないだけではないのですか?
だって、
・人には感染しない。BSEとは違う。
・死ぬのは家畜だけであり、それも愛玩動物ではない、牛や豚だけ。
ですから。
 イモチ病で稲が不作になったり、害虫でトマトが全滅するぐらいで大騒ぎになんかならないでしょ。
 経済的被害だって、どうということはない。宮崎県の牛肉生産額は620憶円だそうです。稲の冷害にくらべたら、ずっと被害は少ない。リーマン・ショックの方がずっと損害は多い。
Posted by 井上 晃宏 at 2010年05月13日 21:09
「右の朝日」などと呼ばれることもある産経ですが、ぶっちゃけ取材能力、記事のレベルともに大手新聞社の中でもかなり低いようです。この点、朝日新聞は流石にしっかりしています。(もっとも、朝日の場合、結論が明後日の方向にねじ曲げられてしまう上、平然と偏向報道をやるのでたちが悪いですが)
Posted by NDR201 at 2010年05月13日 23:22
畜産衛生関係者より

口蹄疫対策は県の仕事です。

余り知られていないのですが、口蹄疫のまん延防止の事務は都道府県の仕事なのです。平成11年の法改正でそうなりました。
国と自治体はあくまで対等で、上下関係はありません。警察署と消防署の関係、裁判所と行政府の関係と類似です。
なので、県の事務について国の責任を追及するのは、法的には、警察の事務について、消防署を批判するようなものなのです。
報道では、知事が政府を批判したらしいのですが、治安維持の問題について警察署長が消防署に対応が悪いと言って批判するのと同じです。

なお、「政府の対応の遅れ」については、知事からの(筋違いの)批判も含め新聞に結構載っている気がします。なので、マスコミが政府を批判しないということは、ないと思います。3大全国紙も先週大きく載っていましたので。

御参考まで。
Posted by T.M. at 2010年05月16日 14:46
東スポがあるじゃないか!

あと、100円ライターバッシングもマスコミへの不信を感じずにはいられない
Posted by 兵器爺 at 2010年05月16日 21:00
段々報道され始めましたね。
マスコミが第三の権力という言い方も在りますが、基本的に昔も今も、売らんがなという大衆迎合主義が第一である事は変わりないと思います。
今回の件は、単に政権交代後の与党との距離感を自公政権の時の阿吽の呼吸は使えないで、謀りかねていたんでしょう・・・。
言われているように風評被害を拡大したという悪者になりたくなかったという面も大きいと思います。
ただ、マスコミの人達は自分達がコントロール出来ない情報というのを嫌う、恐れるという面は、インターネットの発達と共に明らかになっていっている気がします。
Posted by Sasico at 2010年05月16日 22:47
初めまして、宜しくお願いします。
「何をすることになっているのか」を知らないと批判の前提すら怪しくなると思います。
なのでとりあえず詳しく乗ってそうなブログを紹介しときます。

http://blog.goo.ne.jp/politics10/e/28cc953c759ae1c3d0fb3a39045989bd
Posted by DN at 2010年05月17日 22:45
>hani さん
「現地に入れない」わけではありません。きちんと許可を取ったうえに、該当地域から出る際に入念に消毒すればいいんです。
 それに、海外の事件のニュースなども電話取材で記事にしていますから、「現地に入れない」というのは報じない理由になりません。

>HYさん

> 最近はギリシャ問題とか、普天間基地問題とか、大事件や大問題が多いので、どうしても扱いが小さくなってしまうのではないでしょうか。

 だからと言って、「タクシー備品/ネット売買横行」という記事より小さくていいということにはならないと思いますが?

>井上晃宏さん

>マスコミが報道しないのは、緘口令が引かれているからではなくて、単にニュースバリューがないだけではないのですか?

 10年前の口蹄疫の流行に比べ、殺処分の対象となっている家畜はすでに100倍以上に達しているのですが?
 宮崎県は日本各地に子牛を出荷していて、それが育てられて「松坂牛」や「佐賀牛」になってるんですが?(松坂牛の4割は宮崎産だそうです)
 それでもニュースバリューがないと思われますか?

> T.M.さん

>なので、県の事務について国の責任を追及するのは、法的には、警察の事務について、消防署を批判するようなものなのです。

 いえいえ、先月20日の段階で、すでに国は乗り出してきてますよ。赤松農林水産大臣を本部長とする口蹄疫防疫対策本部を設置してます。27日には東国原宮崎県知事が農林水産省で赤松大臣と会見し、予算の確保を要望してます。
 ところが、その翌日、かんじんの赤松氏が中米に行っちゃった。
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kokusei/100430.html
 4月30日には、自民党が口蹄疫対策を政府に申し入れましたが、舟山農林水産大臣政務官は「十分対策をとっている」「自衛隊の協力は、国民に不安を与えかねないので、慎重に考えたい」などと回答。
 その舟山氏は、5月4日にデンマークに行っちゃった。
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kokusei/100430_1.html
「バイオマス関連施設等の視察」とか「水産加工施設等の視察」とか、どう見ても今やらなきゃいけないことじゃないでしょうが。
 これで「政府に責任がない」などと信じる人がいるというのは、僕には信じられません。 
Posted by 山本弘山本弘 at 2010年05月18日 10:38
山本弘様お久しぶりです。
こちらのブログでは初めてコメントをさせていただきます。
今回のマスコミの報道に自分も疑問を感じています。なんだか政府もマスコミも自分には能天気過ぎと感じます。
鳥とか豚のインフルエンザの報道と比べるとたくさん死者が出るとか騒がれていたのに今回とはすごい落差を感じます。
インフルエンザとこの口蹄疫とに一体何の差があったのかと疑問です。
Posted by TAS at 2010年05月19日 00:59
畜産業において、病気で家畜が全滅したり、殺処分されるのはごく日常的なことです。過去に数限りなく例があります。鶏ニューカッスルや豚コレラを調べてみてください。
だから、今回の口蹄疫がそんなに大問題だとは思わない。
哺乳動物だから、パンデミックだとか言われますが、農作物が病気で壊滅するのと何ら変わらない。たかだか、お金の問題でしかないのです。
被害額も、最大限に見積もって、せいぜい数千億円程度ですね。流行地域は壊滅しますが、枝肉相場が上昇することを考えると、畜産業全体では、大して損はしないです。
Posted by 井上 晃宏 at 2010年05月20日 10:45
>井上晃宏さん

>被害額も、最大限に見積もって、せいぜい数千億円程度ですね。

 正直に言わせてもらいますが、あなたの金銭感覚は平均的な日本人の感覚とはかなりズレていますよ。
Posted by 山本弘山本弘 at 2010年05月20日 16:10
一応口蹄疫に関連する業界のものとして言わせていただくと

1過去の数限りない犠牲の上に現在の対応策がありまして、今この瞬間にも多くの策が生まれて消え、磨かれています。その犠牲の上に作られた対応策に従って国として普通に対応してれば被害額は数百億くらいで済んだ可能性があり、実際前回の口蹄疫の際の被害額はそれくらいでした。明らかに対応がなされていなかった、ではなくなされて「いない」というのが今回の件の問題点です。

2現代においてコレラで1000人以上の死者が出た際、コレラでこの程度の死者が出るのは過去たくさん例があるので大問題ではない、と主張する人は愚かだと私は思いますがいかがでしょうか。

3畜産も分業が進んでまして、繁殖と肥育が分かれているところが多いです。現在のところ九州が子牛を生産して肥育業者に売るというケースが多いので、九州の生産が止まると全国的にダメージがいきます。工場で部品が一つ足りなくなると全てのラインが止まるようなものです。東国原知事も以前この点に無知で、突っ込まれて新聞ネタになったので皆さんわかっているとは思いますが。
またこのために家畜の移動が頻繁に起こっています。現代では、九州の伝染病が突然北海道に飛び火しても何ら不思議がない状況です。
「地域」で畜産の伝染病や経済を語るのは、産業革命以前の知識で産業革命後の経済を語るのと同じくらいばかげています。口蹄疫の場合は特にそうですが。

そういうわけで九州から遠く離れたこちらでも牛の相場がだだ下がりして、しかも先が見えないわけですが、何とか皆さんがんばっておられます。
Posted by ○ at 2010年05月21日 09:54
>2010年05月20日 10:45
>井上 晃宏
>畜産業において、病気で家畜が全滅したり、殺処分されるのはごく日常的なことです。過去に数限りなく例があります。鶏ニューカッスルや豚コレラを調べてみてください。
>だから、今回の口蹄疫がそんなに大問題だとは思わない。
>哺乳動物だから、パンデミックだとか言われますが、農作物が病気で壊滅するのと何ら変わらない。たかだか、お金の問題でしかないのです。
>被害額も、最大限に見積もって、せいぜい数千億円程度ですね。流行地域は壊滅しますが、枝肉相場が上昇することを考えると、畜産業全体では、大して損はしないです。


数千億の損害とか宮崎県は普通に考えて大損ですよ。
その損害を埋めるのに我々の税金が使われるでしょうし
事業仕分けで浮く金もパアになりますな。問題は畜産業だけにとどまりませんよ。
Posted by ドードー at 2010年05月22日 01:18
2000年のときは

3月25日 第一例判明、10頭。

3月26日 殺処分

4月1日 第二例確認 9頭

4月4日 殺処分

4月9日 第三例判明、16頭。

今回は

4月20日 第一例判明、16頭。

4月21日 第一例を殺処分。第二例判明、68頭。第三例判明、118頭。

4月22日 第四例判明、64頭。

4月23日 第五例判明、75頭。第六例判明、42頭。豚で2頭確認。

4月24日 第二例の殺処分完了。

4月25日 第七例、725頭。第三例の殺処分完了。

4月28日 第八例、1019頭。政府関係者会議。自衛隊投入。

4月29日 口蹄疫疫学調査チームが現地調査

とまあアキラカに前回より初動が速いですね。

で、どこが「なされていない」のですか?

ぶっちゃけたはなし、総理が腹痛になろうが、農水大臣がトンマだろうがそれで何かに対応できなくなるほど日本の行政組織はマヌケではないので。

今回被害が広がったのは前回より感染力が強いせいかと考えられます。
てか農水省のホームページとか、獣医学会のホームページとかみればどんなもんかわかるのにね。

人は誰かを叩くためのメディアを嗜好するのであまりみられないのね。

WEBという技術が発達しても人間自体は進歩しないので、今までとかわらないと。
Posted by DN at 2010年05月29日 14:25
まず、ブログ管理者の山本様には大変申し訳ないんですが、このコメントは反映されないかもしれない事を念頭において書いています。山本様個人が私のこのコメントをチェックし、何かの参考にしていただければそれでよいと考えています。

まず井上晃宏なる人物が今日自分のブログでエントリーした記事を示します。

ttp://agora-web.jp/archives/1023695.html

5/20にここで書いた彼のコメントと比較しますと、「口蹄疫の蔓延は大した問題じゃない」というところだけ共通しており、論点そのものは全然違っています。5/20には「たいして損はしない」が、5/30にはなぜか輸出の話になっています。口蹄疫を大した問題じゃないという自分の妄想を正しいと思いこむために次々と論点をすり替える、典型的な症状を呈しているように見えます。

ちなみに5/30の記事に対する私の意見としては、「世界的に共通した規約(汚染国から清浄国に輸出できない)を日本特有の事情であると故意に読み替える事によって捻じ曲げられた有害な意見」というものです。そもそもほとんど何の異論もなく全世界で受け入れられるような規約が存在するという事がどれだけ重大な事であるか、井上氏は全く理解していないようです。

ちなみに2004年に行われた西半球口蹄疫撲滅会議の記事です。

ttp://lin.alic.go.jp/alic/month/fore/2004/may/top-sa03.htm

この時点ですでにワクチン接種を貿易障壁となる懸念が示され、会議の宣言に盛り込まれています。また、過去に口蹄疫が発生したアルゼンチンから日本への牛肉輸入に関する討議もされているようです。このように全ての国が口蹄疫撲滅に動いている時に、日本が非清浄国となる事は、日本が口蹄疫ウイルスをまき散らす可能性も発生する事になり、日本だけの問題ではありません。「口蹄疫殺処分は、食肉輸入の非関税障壁を維持することが目的」とかいう有害な寝言をネットにのせるような恥知らずな真似はやめてほしいものです。

ちなみに口蹄疫に関しては木村盛世や比嘉照夫等、明らかに有害な意見を垂れ流す人々が発生しており、注意が必要かと思います。
Posted by ○ at 2010年05月30日 20:32
すいませんね、騒ぎの渦中にいますと状況が刻々と変化しますんで、コメントがすぐ古臭くなってしまうのを忘れてしまいます。
5/21の私のコメントは「5/21の時点で」「国の」とるべき対応がなされていなかった、という意味にとってください。その時は初動の事は私の中では既にはるか昔の話で、頭から消えちゃってました。
なんというかいかに有能な機関といえど、金のないのは首のないのにも劣ると昔から言われていますとおり、金がないとなかなか動きづらくて、ボランティア頼みになりがちになってしまうのがつらいところで・・・
牛の価値としては黒毛の子牛の相場ちょっと上がり、経産牛はまだまし、後は全然下がっちゃってるみたいですね。豚も肉が足りなくなって相場が上がるんじゃないかと言われましたが下がってますし。
ちなみに前回より感染力が強いと言われるのは前回より感染が広がっているのが今のところ唯一の確実性の高い根拠でして「感染が広がっているのは感染力が強いからだろう」というのは論理的に因果がループしてまして根拠がありません。たまたま今回は豚に感染してしまったのがまずかったんじゃないかとかいろいろ言われてはいますが確定はできず・・・
Posted by ○ at 2010年06月03日 17:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。