2010年05月07日

『アニソンバカ一代』

 先日、著者の方からいただいた本が面白かったので推薦したい。

キムラケイサク著『アニソンバカ一代』(K&Bパブリッシャーズ)


 アニメソング・特撮ソングを紹介する本である。
 これまでもこの手の本はいろいろあった。しかし、データを羅列しただけの無味乾燥なものだったり、ありきたりのことしか書いてなかったりで、あまり面白いとは思えないものが多かった。ライターが「お仕事でしかたなく作ってる」という印象が漂うのだ。
 この本は違う。何百曲というアニソン・特ソンを熱く語りまくる。著者の本気がビシバシ伝わってくるのだ。
 たとえば選曲のセンス。ほとんどの歌は1/2ページ、または1/4ページのスペースで紹介されているのだが、1ページまるごと使ってクローズアップされている歌もいくつかある。それらをざっと並べてみると、このチョイスがただ者ではないことが分かる。

「カモン!アステカイザー」「ぼくらのバロム1」「誰がために」「地獄のズバット」「ビデオ戦士レザリオン」「スターダストボーイズ」「宇宙魔神ダイケンゴー」「飛べ!グロイザーX」「星雲仮面マシンマン」「ウルトラマンレオ」「究極超人あ~るのうた」「超常スマッシュ!ギンガイザー」「風の未来へ」(『伝説の勇者ダ・ガーン』OP)「戦え!レッドタイガー」「いけいけぼくらのガンバスター」「ゴーショーグン発進せよ」「青春の旅立ち」(『スターウルフ』OP)「バトルフィーバーJ」「宇宙刑事ギャバン」「ゲッターロボ!」「宝島」……

 いや、分かるよ! どれも名曲だよ! 僕もカラオケでよく歌うよ! 『レオ』の歌はウルトラシリーズの中で最高だと思ってるよ! 『レッドタイガー』なんて番組自体はアレだったけど、主題歌の「強い鉄拳、乱れ飛ぶ~」のところが無性にかっこいいんだよ! 『宝島』はOPもEDも神だよ!
 しかし、作品の社会的知名度などまるで眼中にないこのセレクトはどうだ。ほんとに好きで本を作ってるのがよく分かるではないか。
 もちろん『ヤマト』『999』『ガンダム』『タッチ』などのメジャーな(アニメファンでなくても知っている)作品の歌もちゃんとフォローされているのだが、宮崎駿作品の歌は「風の谷のナウシカ」のみ。『トトロ』も『もののけ姫』も『ポニョ』もない。このいさぎよさ! 『スーパーヅガン』とか『料理少年Kタロー』とか『ナースウィッチ小麦ちゃん』とかの歌まで入ってるのに。
 その「ナウシカ」も、「安田の独特の……というか微妙すぎる歌唱力」と評され、「オリジナルに囚われず自由に歌うもよし、安田の歌い方を真似るもよし」と、微妙な書き方がされている。いや、安田成美の歌い方を真似るのは、かえって難しいと思うんですが(笑)。
 他にも、『地球へ…』の歌が最近のテレビ版の方じゃなくダ・カーポの方だったり、『キャッツアイ』の歌が「デリンジャー」の方だったり、随所に著者のこだわりが感じられる。
(もっとも、『ゴジラ対ヘドラ』の歌はやっぱり「ヘドラをやっつけろ」じゃなく「かえせ!太陽を」の方だろ、と思うんだが)

 歌は1年365日に当てはめて配置されている。大半はキャラクターや出演者や歌手の誕生日や命日なんだけど、「地獄のズバット」が2月2日だったり、「特警ウインスペクター」が5月1日だったり、ここでも細かいところにこだわっている。
 どの項目も、番組や歌に関するトリビアや、著者の感想がびっしり。決して脱線することなく、基本的な事項をきちんと押さえてあるのが好印象。ギンガイザーのことを「謎の何だかわからないゴチャゴチャした固まり」(的確!)と書く一方、ニコ動でギャグのネタにされている『チャージマン研』を「歌はカッコイイのになぁ」とフォローするなど、配慮も行き届いている。
 配慮と言えば、巻末の索引が、番組名、曲名、アーティスト名で検索できるようになっているのが便利だ。

 ざっと読んだが、誤植はちょくちょくあるものの(そりゃ、この分量なら、ゲラチェックは地獄だろう)、大きなツッコミどころはほとんどない。細かいことを言ったら、「『レザリオン』が面白いのはむしろ前半だろ! ジャーク帝国が出てくるまでだろ!」と思ったし、個人的に最高のアニソンだと思う『ようこそようこ』の挿入歌「Singing Queen」と、『エアマスター』のOP「烈の瞬」も入れてほしかったとも思うが……まあ、そんなこと言い出したらキリがないしね。
 他にも、萌えvs燃えの100曲対決とか、串田アキラ、小林亜星、山本正之へのインタビューなど。まことに労作である。

 先日、著者の方と話をする機会があったのだが、読者から「アニソンの本だというから買ったのに、僕の知っている歌が一曲も載っていない」という抗議が来たとか。いやまあ、そういう人向けの本じゃないですから……。


タグ :アニソン

同じカテゴリー(サブカル)の記事
 今だから振り返ろうUFO再入門 (2017-11-15 22:17)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・4 (2016-11-22 18:02)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・3 (2016-11-22 17:53)
 と学会がやっていたことは「弱い者いじめ」だったのか?・2 (2016-11-22 17:35)
 「僕らは何故、電子の歌声に魅了されるのか?」報告 (2014-12-11 11:42)
 NHKが「オトコの娘」特集! (2010-05-28 14:36)

この記事へのコメント
 うわっはー♪ これは面白そうなアニソン書籍なのです。

>アニソンの本だというから買ったのに、僕の知っている歌が一曲も載っていない

 んな抗議を寄せるとは、ちと疑問ですね。むしろそこは「こんなに自分の知らない歌がいっぱいあるんだ」と感心するトコじゃあなかろうかと。

 ウルトラシリーズ、恥ずかしながら自分も「レオ」、および「タロウ」が大好きだったりします。清く正しいヒーローソング的な勢いがありますよねー。
 と言っても、特ソンはやはり「マッハバロン」「戦え!電人ザボーガー」「駆けろ!スパイダーマン」が自分にとってベストスリーではあります。
 
「孤独の旅路」とか「嗚呼!逆転王」とか「ゼロテスター地球を救え!」とか、名曲ぞろいなのに中々歌われなさげだったり語られなかったりな歌も、ぜひぜひ取り上げてもらいたいもの。
 某Mステみたく、ワンツーフィニッシュになったけいおんOP・EDを無視&スルーするような一般音楽業界なんか嫌いだー(暴言)。

 萌え系で言うなら、坂本真綾さん「約束はいらない」とかが好きでしたねー。
 アニメ版こみパの「君のままで」も良いし、アニメ版ひぐらしOPも良いし、ああっ、きりが無い。

 一般向けなどというわけの分らん縛りなど糞喰らえ。こういう名曲こそ後世に伝えて行きたいもの……と、いささか興奮気味に言ってしまいたいですハイ。
 というわけで、懐かしさのあまり「今夜はハリケーン」を一人カラオケする自分でありました。当時カラオケもなく、周囲に知ってる人も無くで寂しかったッスよー。
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2010年05月07日 15:04
ハーロックやトリトンが無いのはもぐりかな?
まだまだやなwww
Posted by ミラクル部長 at 2010年05月07日 16:20
良い本を教えていただきました。早速注文しようと思います。
ところでレオの主題歌は前期「宇宙に~」と後期「レオ! ウルトラマン」どちらですか。
いや、どちらも良い曲ですが。
Posted by Rick=T at 2010年05月09日 11:21
>『レオ』の歌はウルトラシリーズの中で最高だと思ってるよ!

 それは前期主題歌の方ですか?(個人的には前期も好きですが挿入歌「星空のバラード」も好きです。)

>(もっとも、『ゴジラ対ヘドラ』の歌はやっぱり「ヘドラをやっつけろ」じゃなく「かえせ!太陽を」の方だろ、と思うんだが)

 コレは伊集院光氏のラジオの影響も大きいかもしれませんね。http://www.nicovideo.jp/watch/sm9971130(7分30秒頃)「かえせ!太陽を」についても語ってる所は流石は伊集院氏です。
Posted by 餃子少年 at 2010年05月10日 01:30
>Tさん
>餃子少年さん

 当然、前期の歌「ウルトラマンレオ」です。
 ちなみに後期の歌のタイトルは「戦え!ウルトラマンレオ」です。

>ミラクル部長さん

 ちゃんと入ってますよ。実物を見ずに早とちりで批判するのはやめましょうね。
Posted by 山本弘山本弘 at 2010年05月11日 12:00
買いました。が、「歌詞ブック」と勘違いしてました(^^;
まぁ、おおむね歌えるので問題は無いんですがw
Posted by Rick=T at 2010年05月22日 23:53
他の人は誕生日なのに一人だけ命日な岸田森っていったい(笑)
ども、こないだ某カラオケボックスで「ギャラクティカスリリング」と「Believe it or not」歌って大学時代のサークルの後輩唖然とさせた土左です。
いやようやく買えました。
スパイダーマンやアイアンキングだとEDの方がいいなーとか、まあいろいろ趣味の違いはありますがそういうことを考えるのもまた一つの楽しみということで。
これだけ濃いと逆に細かい誤植が確かに気になるのですがまあ御愛嬌ですね。
Posted by 土左衛門 at 2010年05月25日 23:16
すみません、E.E.スミスとか、他にも命日の方がいますね。訂正いたします。
Posted by 土左衛門 at 2010年05月26日 00:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。