2018年04月23日

『レディ・プレイヤー1』観てきた!

『レディ・プレイヤー1』観てきました。最初は試写会で、2回目は自分で金払って映画館で。
 初回は英語版、2回目は日本語版。字幕ではどうしても省略されちゃう部分もあるので、日本語版の方がやや良かったかも。

 原作の『ゲームウォーズ』は2014年に発売された直後に読んでいっぺんにハマり、12月のLiveWireでのビブリオバトルで,見事にチャンプ本になったことも。

ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』
http://hirorin.otaden.jp/e409011.html

> ちなみに映画の監督はクリストファー・ノーランがオファーされてるらしいんだけど……うーん、ノーランじゃ何か違うかも。

 と、この時には書いたんだけど、後でスピルバーグに決まったと知ったときには、「やった! これで勝てる!」と思ったものです。
 もっとも、残念ながらさすがのスピルバーグでも力及ばず、ウルトラマンとレオパルドンはカットされちゃいましたけどね。あと、原作ですごく盛り上がった『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』の名場面再現がカットされたのも残念。まあ確かに、こんな超大作映画のクライマックスであれやられてもなあ(笑)、という気はしますけど。あっ、でも「聖なる手榴弾」は出てきます。
 他にも、未見の人のためにまだ言いませんけど、原作に出てこないキャラ、原作に出てこない映画ネタがいろいろ追加されていて、原作読んでる人間にも満足できる出来でした。
 あと、映画観て面白かった方は、ぜひ原作も読んでいただきたいです。映画よりもはるかにネタを詰めこみまくってまして、「よくぞまあこんな趣味に走りまくった小説書いたもんだ!」と感動しますから。


 この『ゲームウォーズ』、〈BISビブリオバトル部〉シリーズ第4作『君の知らない方程式』でも、ビブリオバトルの場面で登場しております。こちらもお読みいただければ幸いです。


「もちろん、批判する人もいるでしょう」
 あと一分。私は興奮を抑え、締めにかかりました。もちろん、ターゲットは武人くんです。
「こんなのは荒唐無稽だ。こんな都合のいい話なんて現実にはない。ほとんどの人間はどん底から這い上がれず、社会の底辺でもがき続けて一生を終わるんだって──ええ、確かにそう思います。
 でも、この話自体は架空でも、そこにこめられた作者のメッセージは本物だと思うんです。どんなにどん底の絶望的な境遇でも、あきらめずに戦い続けたら、きっと未来を手にできる──だって、そうでしょう? あきらめたら未来もないじゃないですか」

(中略)
 だから作者のクラインさんのメッセージを、私は肯定します。確かにこれは荒唐無稽なSFです。オタクの夢です。願望充足です。でも、未来への希望が詰まっています。だから、今も苦しんでいる人たちに、この小説を読んで、勇気を持ってほしいと願います。あきらめず、希望を持ってほしいと。生きていればいつか、チャンスが訪れるから……」

 発表の後の質疑応答の場面。

 次にミーナが手を挙げる。
「レオパルドンが出てくるそうですが、他にも日本のキャラクターが出てきますか?」
「ああ、はい。登場人物の一人が、『カウボーイビバップ』のビバップ号を改造した宇宙船に乗ってきます。あと、途中で出てくる謎で〈笛を吹き鳴らせ〉というのがあるんですけど、ウェイドがそれを『マグマ大使』の笛のことじゃないかと」会場がまた爆笑だ。「推理するシーンがあるんです。結局、その推理は間違ってたんですけどね。ただ、アメリカ人が書いた小説に『マグマ大使』なんてタイトルがさらっと出てきたので、ちょっとびっくりしました」
「アメリカで放映されてたんですか、『マグマ大使』?」
「七〇年代から八〇年代にかけて、吹き替え版が放映されてたそうです。ああ、名前だけですけど、『キカイダー』とか『スペクトルマン』とかのタイトルも出てきます。ウェイドはそういう日本の古い特撮番組が大好きなんですよ」
 どんなアメリカ人だよ!


 ちなみに今月号の『映画秘宝』の西川伸司氏の解説によれば、あの●●●●●、生頼範義氏のポスター版がベースになってるんだそうで……それはそれで濃いネタだなあ。  


2018年04月23日

オタク差別は消滅しつつある

 菅野完とか野間易通といった人たちの主張がどれほどデタラメで現実からかけ離れているかというのは、前にも書いたんだけど、

ムー愛読者はと学会を経てネトウヨになる?
http://togetter.com/li/721401

 またひどいデタラメを言いはじめた。

しばき隊「『宮崎勤の事件のときにオタクは差別を受けた』という偽史をなんとかしないとどうにもならないね、これ」
https://togetter.com/li/1219626

「オタク差別など今も昔も存在しない」といういつもの話
https://togetter.com/li/1219654

@scarecrow_1911e C.R.A.C.は反レイシズム運動の団体ですから、おもに人種差別や民族差別を扱います。生活に根ざしたさまざまな差別(セクシャル・マイノリティ差別、職業差別、部落差別、女性差別など)にも関心を持ちますが、「オタク差別」などというものはありませんので関心外です。

偏見はあったと思いますが、それは別に差別ではないです。さらに当時は実写のロリコン写真集やビデオがたくさんあり、そうしたものを集めている人への恐怖心は十分理由があることだと思いますよ(これは今のロリペド・オタクも同じです)。「オタク差別」として被害者面で語ってよいことではない。

@rem3545 お前の中でも同じはず。それともお前の中では「オタクであることで就職できなかったりアパート借りれなかったりレストランでオタク席に座らされたり断種されたりリンチされて木から吊り下げられたり」してるのかな? それゲームじゃね?


 僕はこの文章を目にした瞬間。「あ、この人は自分を落とすでかい落とし穴を掘っちゃったことに気づいてない」と思った。
 たとえば今の日本では、女性だからというだけの理由でリンチされて木から吊り下げられた人などいないはず。
 同じく、レストランで在日コリアン席に座らされたり、断種されたりされたりした人もいないだろう。
 つまり彼らの論法に従い、「就職できなかったりアパート借りれなかったりレストランでオタク席に座らされたり断種されたりリンチされて木から吊り下げられたり」なんてものを基準にしたら、女性差別や在日差別、部落差別なんかも差別ではないことになるのだ。被害者が「私はこんな差別を受けました」と訴えても無駄である。「それがどうした? そんなの俺の基準では差別とは認めない」と言い切ってしまえるのだから。
 彼らにとっては、自分たちの嫌いなオタクを貶めるのが優先課題であり、そのためには自分たちの掲げる反差別思想までも無視することを厭わないのである。

江戸時代のキリシタンみたいに磔にされて火であぶられてもオタクを貫くなんて人はいないと思います。自民党に投票して表現規制されても、政府が言うのだからしょうがないとか言う人ばっかりですよね笑 まあそれでいいんですよ。たかが趣味嗜好ですから。

@romsenzzz @rem3545 勝手に定義付けてないです。「差別」は生得的、あるいは変えがたい属性を持つ少数者集団あるいは弱者集団が社会的に排除され、あるいは一方的な不利益を蒙ることを言います。オタクには関係のない話です。


 彼らはオタクではないから、オタクは「たかが趣味嗜好」であり、「変えがたい属性」を持たないと思いこんでいる。「オタクをやめろ」「アニメなんか観るな」「フィギュアなんか捨てろ」とか言われたら、それに従うのは簡単だと信じている。権力者から表現規制されても「しょうがない」と安易に従うに違いないと。
 それらがどれほどの心の痛みを伴うのかを理解できない。
 東京都の「非実在青少年規制」に際して、僕らがどれほど激しい反対運動を繰り広げたか知りもしない。

(僕も寄稿してます。反対集会にも行ってきた)

 すでにツイッター上では、80年代末にオタクがどんな偏見にさらされていたか、思い出話を書いている人が多い。僕もそれに加わらせてもらう。
 もっとも、宮崎勤が逮捕された1989年頃、僕はすでに実家を出て自活していたので、家族から何かを言われた記憶はない。
 また、グループSNEに就職し、テーブルトークRPGという、いわばオタクの最先端的な仕事に従事していたから、職場で差別にあったこともない。
 しかし、80年代後半に世間のオタク蔑視が強まってきたこと、宮崎勤事件をきっかけにそれが一挙に噴出したことは覚えている。
 当時、僕が出していた同人誌『ソードマスター』の5号(1989年12月24日発行)に載せたエッセイから、当時の状況が分かる箇所を引用したい。

 先日、NHKで高校生ビデオ・コンクールとやらいう番組をやっていた。
 その中の一本、確か「高校三国志」といったタイトルだったと思うが、暗い若者を糾弾する内容のものがあった。
 画面に出てきたのはいかにもブサイクな若者で、カメラはその顔を横からのドアップで撮っている。室内にはアニメのポスターがべたべた貼られ、ビデオが散乱し、いかにも汚い。おまけに光量が少なく、画面は薄暗い。
 その男はアニメマニアでパソコンマニアという設定。「自分が好きなものに熱中してるんだから、人からとやかく言われる筋合いはない」といった意味のことをぼそぼそ喋り、インタビューを拒絶してパソコン・ゲームに熱中する。(台詞に不自然な点が多かったので、ヤラセかもしれない)
 一方、スポーツマン・タイプの若者が画面に現われ、それを批判する。「やっぱり若者ならスポーツとかで明るい青春をエンジョイすべきだ」とか何とか。こちらはいかにもハンサムで、真正面からバストサイズで撮られている。背景は白く、画面も明るい。喋り方もはきはきしている。
 このビデオを見たスタジオの女の子の感想は――
「キモチワルイ!」
 そりゃ気持ち悪いでしょうよ。わざと気持ち悪い奴を選んで、気持ち悪いアングル、気持ち悪い照明、気持ち悪い演出で撮ってるんだから。
 このビデオを撮った高校生監督の弁によれば、「いわゆるオタクと呼ばれる連中は気持ち悪くて嫌いだと前から思っていたので、それをみんなに分かって欲しくて撮った」と言っていた。
 要するにこの監督の頭の中には、「ゲームやアニメなんかに熱中している連中は気持ち悪い」という先入観がまずあり、そのイメージを具象化したにすぎないのだ。実際にゲームファンやアニメファンの実態を探ろうという意図は、さらさらなかったのである。
 確かにその若さで的確な演出技法を身につけているのは認めよう。だが、これはすでにドキュメンタリーではない
 ちなみにこの作品は宮崎逮捕の前に制作されたものだという。


 そう、あの頃はNHKがテレビでオタクを「キモチワルイ!」と嘲笑していた。それが当たり前で、普通に許されていた時代だったのだ。

 あれから30年近く、時代は変わった。特に一般人のオタクに対する感覚は、かなり変わったことを実感している。
 アメリカでも『ゲームウォーズ』なんてものすごくオタク的な小説が売れ、それがさらに映画化されて大ヒットしているが、日本でもオタク要素の濃い作品が普通に受け入れられている。
『ヲタクに恋は難しい』というアニメ(原作も読んでるけど)なんかも、かなり感心して観ている。オタクのキャラクターが出てくるアニメはこれまでたくさんあったけど、その言動は大げさに戯画化されているのが普通だった。しかしこのアニメでは、オタクの男女の行動がごく普通に描かれ、それでいてオタクの「あるある」が絶妙におかしい。
 来年大学を卒業する娘の話によれば、今や学生たちもけっこう気軽にオタクや腐女子であることをカムアウトしているという。今でもバカにしてくる奴もいるにはいるが、昔みたいに、オタクであることを知られただけで白い目で見られたり、いじめに遭うようなことも(まったくなくなったわけではないが)少なくなっているらしい。時代が変わって、もはやアニメやゲームにのめりこむことは恥ずかしいことではなくなっているのだ。
 そう、オタクを「キモチワルイ」とみなすC.R.A.C. の人たちの感性は、とっくに時代遅れになっているのだ。

 オタク差別は消滅しつつある。
 だがそれは、オタクたち自身が誇りを持って自分たちの信念を主張し続けたからだと言っておく。断じて、C.R.A.C. のような(うわべだけの)反レイシズム団体の力ではない。  
タグ :差別オタク


Posted by 山本弘 at 17:25Comments(0)社会問題差別問題

2018年04月17日

「オタク映画を力いっぱい語ろう!」

山本弘のSF秘密基地LIVE#78
オタク映画を力いっぱい語ろう!

『パシフィック・リム:アップライジング』『レディ・プレイヤー1』など
濃いオタク向け特撮大作が次々に公開されている今こそ
俺たちがその魅力を熱く語らなくてどうする!?
山本弘・友野詳・鋼鉄サンボの「浪速の特撮三兄弟」が再び集結!
特撮とSFとマンガとアニメをからめて、怒濤のオタク・トークを展開します!
マニアックな濃いネタが聞きたい人、全員集合!

[出演] 山本弘、友野詳、鋼鉄サンボ

[日時] 2018年4月27日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 ご予約はこちらへ。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=129672215


 久しぶりの「浪速の特撮三兄弟」の集結であります。

『パシフィック・リム:アップライジング』は観てきました。夜間シーンや水中シーンが多くて見えにくかった前作と比べ、昼間の戦闘シーンが多くて、さらにエキサイトできましたね。
 あと、『レディ・プレイヤー1』は一足先に試写会で観ました。3年前にこのブログで原作の『ゲームウォーズ』の魅力を紹介して以来、ずっと映画化を心持ちにしてたんですよね。

ビブリオバトル・チャンプ本『ゲームウォーズ』
http://hirorin.otaden.jp/e409011.html

 レオパルドンが出なかったのはちょっと残念ですが、原作の膨大な内容を上映時間内に納めるために、脚色はしかたなかったんでしょうね。
 まだご覧になっていない方のためにストーリーは伏せますが、観て損はない映画です。あと、映画観た後で原作も読んでみてください。いっそう楽しめますから。

 ちなみに『ゲームウォーズ』は『君の知らない方程式』でも取り上げています。
  
タグ :PR映画特撮


Posted by 山本弘 at 19:13Comments(3)SF特撮PR映画怪獣

2018年04月07日

緊急!また@ichinoseyayoiがデマをばらまいています!・3

 それだけではありません。@ichinoseyayoiは同じ日にこんなまとめも作っています。

SFマガジンの発売の合間に読んだ話。日記
https://togetter.com/li/1215705

私は「SFを批判する国語教師が嫌いで文学を読めと迫る国語教師に不満をもつ人物が登場し、日本人の虐殺について語る小説」が好きなのだが、なぜかそういう小説を集めると作家に偏りが出てきてしまうという悩みがある。

というわけでそんなWEB小説をたまたまみつけて読んだのだが、私はぜんぜん世間というものを知らんのだなとつくづく思うわけだ。


たまたまみつけて読んだ」!

 嘘つけ! お前、これまで僕の小説を『サイバーナイト』や『妖魔夜行』の頃から読んでたくせに!

https://togetter.com/li/1079748

『神は沈黙せず』や「リトルガールふたたび」も読んでるんだよな!

https://togetter.com/li/1079744

 最新作の『プラスチックの恋人』だって、〈SFマガジン〉連載時から読んでたくせに!

https://togetter.com/li/1113470

 なんでそんなすぐバレる嘘をつくのか。

 とにかく、@ichinoseyayoiは平気で嘘をつく人物だということをご理解ください。彼が書くことは嘘である可能性が高いので、決して拡散しないように。
 僕も常に@ichinoseyayoiの動向を監視しているわけにいきませんので、嘘や誹謗中傷(僕に対してだけじゃなく、ビブリオバトル関係者などに対しても)を見かけたら、Twitter社に通報していただくようお願いします。

【追記】
 今回、@ichinoseyayoiがこんなまとめを作ったのは、〈「日本人の虐殺について語る小説」が好き〉などと偽って、自分が狂信的なリベラルのように見せかける一方、『夢は光年の彼方に』の中から一部分だけを抜き出して小説全体について誤った印象を与え、政治的に過敏な反応をする者たちを煽り、僕に対する攻撃を引き起こさせようと企んだと思われます。
 彼はこれまでも、「親を敬うことを教えることがオカルトであることを山本弘が簡単に説明する」などという、僕が言ってもいないことをタイトルにしたり、「在日特権とビブリオバトル小説」というタイトルで〈BISビブリオバトル部〉シリーズが在日特権について書かれていると思わせようとした前科があります。僕の発言の一部だけを抜粋して誤解を起こさせようと企むのが常套手段なのです。
 今回のまとめにしても、僕は作中で、東日本大震災の際の中国人窃盗団デマや放射能デマについてもずいぶん触れていますし、もちろんデマ以外について触れた箇所もかなり長いのですが、そこをしれっと無視して政治家に関するデマのくだりばかりをクローズアップするって、明らかに何らかの意図がありますよね?
 しかも案の定、コメント欄では、@ichinoseyayoiのテクニックにひっかかって、『夢は光年の彼方に』を読みもせずに、僕への攻撃に終始している者が何人も……。

 僕の小説を批判するなとは言いません。ただし、どうか小説の実物を読んでからにしてください。(ちなみに僕はあの騒動の後、『JKハル』は最後まで読みましたから(笑))

http://www.webmysteries.jp/special/biblio-01.html
  
タグ :デマ


2018年04月07日

緊急!また@ichinoseyayoiがデマをばらまいています!・2

 彼が4月6日にアップしたのはこんなまとめ。

ビブリオバトル大会の不満、動員の殴り合いについての日記
https://togetter.com/li/1215686

 はあ? ビブリオバトルで「殴り合い」? 何のこと?
 読んでみてあきれました。@iciinoseyayoiが事実であるように書いていることは、ほとんどすべて、僕が書いた『翼を持つ少女』のストーリーそのまんまなのです! つまりフィクションです。



 まあ、参加者の多い大会では、組織票もあるでしょう。実際、ビブリオバトル公式ウェブサイトでも、発案者の谷口忠大先生が「ある大会では,明確にある先生が主導して,生徒たちに自分たちの学校の生徒の発表に投票をさせた ということがあったと聞きます.」という、事実だとしたら教育者の風上にもおけないような例が紹介されています。
http://www.bibliobattle.jp/douyatte-kai-cuisuru/the-organized-vote
 でも、「あったと聞きます」とあるように、一部でささやかれているだけで、「動員の殴り合い」などという大きな騒ぎになっていないのは確かです。念のため「ビブリオバトル 組織票」で検索してみましたが、大会でそんな大きなトラブルがあったという話はヒットしませんでした。

 前にも書きましたが、@iciinoseyayoiがこれまでに書いてきた内容には、彼自身のビブリオバトル参加体験が何ひとつ含まれていません。書いている内容は、僕の小説をはじめ、ビブリオバトル関連の書籍に書かれているもの、それにYoutubeで見た動画だけ。つまり@iciinoseyayoiは実際にビブリオバトルに参加した経験はないと判断せざるを得ないのです。
 @iciinoseyayoiの記述を読んでも、参考にしているのは『翼を持つ少女』の内容だけであるのは明白です。しかも僕は作中で、今回だけの特殊な状況であることを力説しています。現実のビブリオバトルでは組織票が横行しているわけではないと。
 実際にビブリオバトルに参加した経験のない@iciinoseyayoiには、ビブリオバトルの裏側を知る機会はまずないでしょう。彼は小説の内容と自分の空想だけを根拠に、ビブリオバトルには不正が横行しているとデマを流しているのです。
 しかも「動員の殴り合い」などという、人目を惹く刺激的な言葉を使って。
 無論、そんな言葉を使っているのは@iciinoseyayoiだけです。いちおう「ビブリオバトル 殴り合い」でも検索してみましたけど、この@iciinoseyayoiのまとめ以外には、「ビブリオバトルとは鈍器並みの書籍を持って殴り合い最後まで立っている者が勝者となる死の競技」などといったジョークの類しかヒットしませんでした(笑)。


 僕は自分の悪口やデマを流されても、そんなに腹は立ちません。言われ慣れてますから(笑)。
 しかし、僕とは無関係な人たち、何の罪もないビブリオバトル愛好者の方々についての醜いデマを流すような行為は、断じて看過できません。それはあまりにも卑劣な行為ですから。
(つづく)  

2018年04月07日

緊急!また@ichinoseyayoiがデマをばらまいています!・1

 昨年、僕の小説から大量に文章を盗用してカクヨムに投稿しただけでなく、ツイッター上でビブリオバトルについてのデマをばらまいていた@ichinoseyayoiが、またデマを拡散しています。
 たとえば彼がtogetterで昨年11月に作ったこんなまとめ。

読書感想文が嫌いになった出来事を小説風に書いた
https://togetter.com/li/1166911

中学生の時に、「失われた世界の紹介なのになんで恐竜について触れないんですかwww」と老人につまらない難癖つけられた事について。実体験をコメディにアレンジして小説に書いただけなので嘘つき呼ばわりするのはやめて下さい。自分が実体験をコメディにアレンジして小説を書いた時には「実体験をコメディにアレンジして小説に書いただけ」というくせに、他人が実体験をコメディにアレンジして小説に書くと激怒する老人の話という複雑な話です。執筆途中なので、参考にした引用元はあとがきに書くので盗作ではありません。

中学生の頃、本を読んで面白かったところを面白かったと発表しただけなのに「どうして○○について触れないのか」と偉いおじいさんに馬鹿にされてから、本はあまり読みませんと言うようになった話。

個人の考え方には多様性があり、感じ方も人それぞれだからそれをあざ笑ったりしてはいけない、と普段から口にしている大御所作家様60歳ぐらいに昔、読書感想文発表会でみんなの前でこう言われた。

曰く「意外だったのが、ドイルの『失われた世界』を紹介した少年。『失われた世界』の紹介なのに、なぜか恐竜に一言も触れない。
質疑応答の時間にその点について質問したら、『恐竜以外の部分が面白かったから』とのこと。そんな子いるんだとちょっとびっくり」

言葉で説明するとニュアンスが伝わりにくいけど、動画でいうとこんな嫌な感じの「どうして○○について触れないんですかww」というやり取り。感想文ではないけど。youtube.com/watch?time_con…


 彼は自分が「中学生の時」に(昨年「40歳男性」と称していましたから、逆算すると25年以上前)に「大御所作家様60歳ぐらい」に言われた「実体験」と主張しているのですが、すべて嘘です。
 ここに書いてあることは、昨年10月21日に四條畷市役所で開かれた「ビブリオバトル市内中学生大会inなわて」について、僕がツイッターで書いた感想のパクリなんです。

意外だったのが、ドイルの『失われた世界』を紹介した少年。『失われた世界』の紹介なのに、なぜか恐竜について一言も触れない。
質疑応答の時間にその点について質問したら、「恐竜以外の部分が面白かったから」とのこと。そんな子いるんだ! と、ちょっとびっくり。

https://twitter.com/hirorin0015/status/922041892681875457

 僕は「なぜ恐竜について触れなかったんですか」と質問しただけで、少年を非難するようなことは何ひとつ言わなかったんですが、@ichinoseyayoiはそれをアレンジし、中学時代の自分が「偉いおじいさんに馬鹿にされた」と主張しているのです。
 25年以上前だと僕はまだ30代だし、作家としてデビューしたばかり。無論、中学生の「読書感想文発表会」なんて観に行ったことなどありません。

 しかも、それは嘘だと僕が指摘しても、@ichinoseyayoiはまったく反省も謝罪もせず、平然としています。実体験を小説にしたのが何が悪い、と開き直るのです。いや、それ、お前の実体験じゃねーし! 『失われた世界』について発表したこの少年も、僕に(僕以外の人にも)非難されてないんだから、「実体験」ではないんですが。

 この件も腹が立ったんですが、@ichinoseyayoiは今月に入って、いっそうひどいデマをばらまきはじめました。
(つづく)


  
タグ :デマ