2018年03月31日

『リジー&クリスタル』文庫版・解説は菊地秀行先生!

 おっと、新刊が出てたのに宣伝するの忘れてました。



 内容については、こちらを参照してください。

http://kokorohaitsumo15sai.la.coocan.jp/lizzie01.html

 今回は菊地秀行先生に解説をお願いしました。こういう内容だけに、古いホラー映画とかが大好きな菊地先生だったら面白がってくださるかな……、と思って思いきって依頼してみたんですが、予想をはるかに超える熱い解説を書いていただきました。
 タイトルが「先を越されて頭に来た解説」!
 最初に、解説というのは本来、作品と距離を置いて書かれるべきものであり、この距離を維持するのが解説者の自制心だ……と書いた後で、

 ところが、ゲラの一頁目の物語と主人公二人の設定を読んだ途端、そんなのはダメだと思った。どころか、自制心なんて最初から無いねと嘯くに至った。こういう小説を書ける時代になったのである。感慨はすぐ怒りに変わり、更に呆気に取られた。
 何とまあ、好きな材料を好き放題に料理していることか。しかも、客たちは全員、ナイフとフォークを手に、早く早くとテーブルを叩いていると来た。


(中略)作品をパクッたりする悪党も多いが、クリエイターはパクられなければお終いである。
 山本氏の本作には、パクリの心配がない。
 詰まらないのではなく、作品の個性が強烈すぎるのだ。


(中略)こう書いただけで、「やりやがったな」と溜息をついたり、「先を越されたか」と歯ぎしりする同業者は多いだろう。本書に火を点ける奴もいるかもしれない。

「おれはやるぞ!」
 氏は自宅の風呂場か、パーティ会場のど真ん中でこう叫び、家族や友人知人の不安げな目差しを浴びつつ、パソコンのキイを叩きはじめたのである。

 第三話が大人しめだったから第四話も、などと考えた人は、世の中と山本弘がわかっていない。
「軽はずみな旅行者」こそ、本短篇集のキモである。


 こんな調子で、全編、アクセル踏みっぱなしの解説! こんなに暴走した解説なんてめったにあるもんじゃありません。「菊地秀行を本気にさせた」というのは、僕にとって誇るべき勲章です。
 とりわけジンときたのは、「軽はずみな旅行者」の解説。レイ少年に語りかけるルークが作者自身だと指摘した後で、

 やるに事欠いて、自分まで出演させてしまうとは、到底、理性ある作家の行為ではない。恥を知れと言いたい。私は「先を越され」てしまったのだ。

 ええ、そうですとも! あの「自分を信じろ。未来を信じろ。君の未来は明るいんだ」というくだりは、フィクションの枠を越えて、心から、作者の本音をぶつけましたよ。
 というわけで、この菊地先生の解説だけで一読の価値はあります。ぜひ書店でお手に取ってみてください。





  


Posted by 山本弘 at 22:28Comments(3)SFオカルト特撮PR レトロホラー

2018年03月17日

スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 『ミステリーゾーン』

 特撮に詳しい岸川靖さんと、『ミステリーゾーン』について解説してきました。
 ちなみに、大雪が降った日の翌日、1月23日に東京に行って収録しました。スタジオのあるビルの前の坂道が凍ってて、上り下りするのがちょっと怖かったです。

スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 Vol.11「ミステリーゾーン その1」
https://vod.superdramatv.com/members/movie/11

スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室 Vol.12「ミステリーゾーン その2」
https://vod.superdramatv.com/members/movie/12/

 まだ2本分しかアップされてませんが、3時間以上話したんで、たぶんもう何回か続くんじゃないかと思います。

 あいにく「スーパー!ドラマ クラシック」に入会した人しか視聴できませんけど、僕はこの機会に入会しました。月500円ぐらいなら安いものですし。
『ミステリーゾーン』も(本国でも封印されたエピソード以外は)全部視聴できます。

https://vod.superdramatv.com/

 僕の場合、『ミステリーゾーン』も『サンダーバード』も『キャプテンスカーレット』もDVDで持ってるし、『謎の円盤UFO』も『スペース1999』も何回も観てるから、そのへんは今さら必要ないんですけど、『冒険野郎マクガイバー』がどうしても最初から全話観たくて(笑)。実は好きなんですよ、『マクガイバー』。

 ちなみに「『ミステリーゾーン』を観てみたいけどどこから観れば分からない」という方には、こちらの本が絶好のガイドブックになります。

 おすすめは第3シーズン。第2話から10話まで、「到着」「生と死の世界」「遠い道」「栄光の報酬」「鏡」「墓」「子供の世界」「亡霊裁判」「狂った太陽(二つの太陽)」と傑作が目白押し! 特に「生と死の世界」「子供の世界」「狂った太陽」は必見です。他にも「奇妙な奈落」「日本軍の洞窟」「消えた少女」「亡き母の招き」あたりもいいです。

 第1シーズンは「誰かが何処かで間違えた」「ヒッチハイカー」「めぐりあい」「疑惑」「マネキン」あたりがすごく怖いです。

 第2シーズンは「みにくい顔」「遠来の客」が文句なしの傑作。

 あと、映画版でリメイクされた第5シーズンの「2万フィートの戦慄」もいいですね。
 

  


Posted by 山本弘 at 21:25Comments(3)SFPR レトロホラー

2018年03月17日

菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」

『怪奇探偵リジー&クリスタル』文庫化記念トーク
菊地秀行×山本弘「妖魔饗宴~特撮レトロSF&ホラードラマを語り倒す」


『怪奇探偵偵リジー&クリスタル』は、1938年のロサンゼルスを舞台に異能探偵が怪奇事件の数々を解決していく連作短編集ーーそれは『ミステリーゾーン』をはじめ、作者山本弘が少年時代に夢中になった特撮系レトロSF&ホラードラマのテイストがたっぷり詰め込まれたオマージュ作。

この作品の文庫化にあたって、超アツい解説文を寄せたのが、やはりホラー&SF映画のディレッタント菊地秀行!

未だ怪物的ペースで新作を刊行するこのSFホラーの巨匠の原点は、何と言っても怪奇映画。個人輸入した未公開作品の膨大なコレクションを持ち、『魔界シネマ館』や『怪奇映画の手帖〜ホラー・シネマ・パラダイス』などディープなエッセイ集を刊行した“怪奇の血”は未だ燃えたぎって止むことがない。

昨年Live Wireにご出演頂いた際、山本氏のミステリゾーン研究本『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』に言及、あの時代のSF&ホラードラマについて話してみたいとのご提案を受けて、ついに実現した好事家2人の初対談! 

東西怪奇通の2人が身を乗り出して語る、ディープなマニアックなレトロ特撮談義に刮目あれ!


[出演] 山本弘、菊地秀行

[日時] 2018年4月1日(日) 開場・19:00 開始・19:30 (約2時間を予定)

[会場] Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE
     東京都新宿区新宿5丁目12-1 新宿氷業ビル3F(1F割烹「いちりん」右階段上がる)(Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
 
[料金] 1500円 (当日券500円up)

※終演後に出演者を交えてのフリーフード&フリードリンクの懇親会を開催します(約2時間)。参加費は3500円です。懇親会参加者には、入場時にウェルカムの1ドリンクをプレゼント。参加希望の方はオプションの「懇親会」の項目を「参加する」に変更してお申し込みください。参加費も一緒にお支払いただきます。
※懇親会に参加されない方は、当日受付時に別途1ドリンク代500円が必要となります。(2ドリンク購入の場合は100円引きの900円とお得です)
ご予約はこちらへ。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=129008217

------------------------------

 4月1日、菊地秀行先生とのトークライブを行ないます。
 これまでにものすごい数の作品を発表されてきたうえに怪奇映画の超マニアの大先輩なんですが、考えてみればお会いするのは初めて。菊地先生の側からご提案を受け、解説を書いていただいた『怪奇探偵偵リジー&クリスタル』の出版にちなんで、トークライブが実現しました。僕なんかとても頭が上がらない方なんで、緊張しています。
 だって僕なんか、ホラーに対する菊地先生の知識量と愛の深さに対しては、足下にも及びませんよ!
 もちろん『ミステリー・ゾーン』もお好きなんだそうで、そういう懐かしいホラー関係の話題については話が進むと思います。

 というわけで、菊地先生のファンの方、昔のホラー映画やホラー番組の好きな方、お待ちしてます!

  


Posted by 山本弘 at 19:55Comments(6)PRホラー

2018年03月17日

今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2

山本弘のSF秘密基地LIVE#77
今日も科学はエキサイティング! 科学雑誌からSFネタを探そう! Part2


 今月は前回に続き、最新科学の話題。科学雑誌の中から好奇心が刺激される面白いニュース、奇妙なニュースを見つけて紹介します。
 スーパーアースってどんな惑星? 九州で破局噴火が起きたら日本はどうなる? 超新星爆発にはいくつもの種類があった? テクネチウム危機って何? 宇宙エレベーターを使ってブラックホールからエネルギーを取り出すには?
 遠い未来を夢想したSF的なアイデアから、今まさに開発中の新技術まで、SFに使えそうなネタの数々を、SF作家・山本弘がピックアップ。最先端のエキサイティングな科学トピックスを、野次馬精神で楽しんじゃおうという企画。お楽しみに!

[出演] 山本弘

[日時] 2018年3月23日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

ご予約はこちらへ。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=128709540

-------------------------
 最初に前回の訂正を。謎の天体「Tabby’s Star」のことを「KIC 9462852」と書きましたが、正しくはKIC 8462852でした。お詫びします。
 もちろん「異星人の建設したダイソン球」という説は天文学者のジョークみたいなものなんですが、不思議なことであるのは確か。もうしばらく様子を見守りたいです。
「ブレイクスルー・スターショット計画」もね、記事を読んだ瞬間に「野尻抱介の『沈黙のフライバイ』じゃん!」と思ってしまいました。あれは他の太陽系から探査機が来る話でしたが、こっちからαケンタウリに探査機を送るという計画。とりあえず資金さえあれば、今世紀後半もしくは来世紀には実現しそうでわくわくします。

 あとですね、今年の1月に国立循環器病センターで、テクネチウムを血管に入れて検査を受けたもんで、テクネチウムという元素にちょっとだけ親近感を覚えます(笑)。
 センターで気になったのは、通路の壁に「RI検査」としか書いてないこと。RIが何の略なのかどこにも書いてない。注射するときも看護師さんが「お薬を入れますね」としか言わないんですよ。RIって「ラジオアイソトープ(放射性同位元素)」の略だってことは見え見えなんですけど……。
 テクネチウム99mって半減期が6時間しかない元素で、体内に入っても数日で無害になるから、まったく安全なんです。でもやっぱり「放射性元素を体内に入れます」と正直に言うと、不安になっちゃう人がいるからなんでしょうね。僕はぜんぜん気にしませんでしたが。役に立つ物質なんですが、半減期が短いだけに保存できない。作ったらすぐに使わなくちゃいけないんだそうです。
 何にしても、医療現場には核物理学関係のテクノロジーが入りこんでいて、今も人の役に立っているということは、多くの方に知っていただきたいです。  


Posted by 山本弘 at 19:27Comments(1)サイエンスPR