2016年09月14日

星新一『きまぐれ星からの伝言』

 こちらの本も紹介しておきますね。

---------------------------------
星新一『きまぐれ星からの伝言』(徳間書店)
徳間書店 1944円


 誰もが楽しめる小説を書き続け、その発想力がいまだ読者に生きつづけている作家・星新一。今年2016年は、1926年9月6日に誕生した彼の生誕90年にあたる。
 SF作家としてデビューした星新一作品は、かつてはシャレた大人の読み物とされたが、いつしか小中学校の教科書や児童書として多用され、子供たちのための小説の面白さの入門篇ともなっている。
 しかし、科学技術が進化し、SF的な発想が一般化した今だからこそ分かる星新一のすごさ。
 本書は「生誕90年記念」と銘打ち、これまで書籍未収録であったものを多く集め、さまざまな角度から「星新一」というワン・アンド・オンリーな作家をクローズアップしていきます。
 単行本未収録エッセイをはじめ、初収録となる対談やインタビュー、若き日の翻訳や講演録に、埋もれた傑作小説をセレクト。アンケート回答、にSF雑誌・同人誌に星新一が寄せたお便り、日本SF大会へのメッセージなどのレアトラックから、最前線で活躍中の15人の作家たちによる、星新一名作群への書き下ろし解説(長谷敏司・酉島伝法・牧野修・飛浩隆・谷甲州・恩田陸・宮内悠介・森岡浩之・藤崎慎吾・小川一水・新井素子・山本弘・北野勇作・池澤春菜・藤井太洋)まで。
 星新一のファンならかならず楽しめる1冊です。
http://www.tokuma.jp/topicsinfo?tid=11126
----------------------------------
 僕も『進化した猿たち』の解説を書かせていただいてます。星氏が収集した膨大な量の外国の1コマ・マンガを紹介した本。
 なぜこの本を選んだかというと、僕自身が大好きな本だったこともありますが、「ボッコちゃん」「おーい でてこーい」『声の網』などの有名な作品はきっと誰か他の方が取り上げるだろうと予想したからです。それに1コマ・マンガの収集という趣味も、星氏を語るうえで避けて通れないものだと思いますし。

 再録された作品は、有名な作品を避け、知名度はやや低いけども面白いものが選ばれています。特に僕が気に入ったのは「ミドンさん」。これはすっかり忘れてましたが、確かに面白い。名前以外は何も分からない人物の正体を探る物語で、小松左京「牛の首」を思わせます。でも、すごく上手いし、雰囲気がこれぞまさに星作品という感じなんですよ。
 他にもブラッドベリ作品の翻訳や、インタビュー、座談会、同人誌やSF大会のプログラムブックに載った文章まで紹介されています。
 そうそう、僕の「スタンピード!」や新井素子さんの「あたしの中の……」が佳作になった第一回奇想天外SF新人賞の選考座談会も収録されています。いやー、恥ずかしい(笑)。1978年2月号だから21歳の時だよなあ……。

   
タグ :SF星新一


Posted by 山本弘 at 18:05Comments(1)SFPR最近読んだ本

2016年09月14日

小飼弾の論弾「SF作家 山本弘氏:疑似科学から懐かしのSFまで」

 先のシンポジウムと同じ9月26日の夜、ニコ生にも出演します。

----------------------------------------------
http://live.nicovideo.jp/watch/lv275020777

小飼弾の論弾 9/26 ゲスト対談:SF作家 山本弘氏:疑似科学から懐かしのSFまで

2016/09/26(月) 開場:19:57 開演:20:00

ブロガー・小飼弾が、プログラマー脳で今時のニュースを一刀両断する! プログラマー/書評家/ブロガーの小飼弾が帰ってきた

社会問題から科学、IT、書評まで、四方八方に語り散らかす120分
小飼弾のプログラマー脳で今時の社会問題を一刀両断、科学・ITの­理系ネタも満載です。

今回は、『MM9』や『アイの物語』などの作品で知られるSF作家 山本弘氏との対談です。
緻密な設定と魅力的なキャラクターが織りなす作品はどうやって生まれるのでしょう。
疑似科学ビジネス批判から、懐かしのSFまで、ディープな話題をお届けします。

【出演者】
○小飼 弾(コガイ ダン)
投資家、プログラマー、ブロガー。株式会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア、現在の­株式会社データホテル)の取締役最高技術責任者(CTO)を務め、同社の上場に貢献。­著書に『弾言』、『「中卒」でもわかる科学入門』、『未来予測を嗤え!』など。
○山路 達也(ヤマジ タツヤ)
編集者/ライター。著作は『アップル、グーグルが神になる日』(共著)、『Googl­eの72時間』(共著)、『弾言』(共著)など。
------------------------------------------------

 というものです。約2時間、ぶっ続けで話します。同日のシンポジウムの続きで、『アイの物語』などの話もしますし、ASIOSがらみの疑似科学批判の話もします。
 有料ですが、見ていただけるとありがたいです。

  


Posted by 山本弘 at 17:22Comments(0)サイエンスSFPR

2016年09月14日

公開シンポジウム 「こころの未来形」

 次はちょっとお堅い感じのイベントです。

-----------------------------------
http://www.ifeng.or.jp/iftech_web/miraisite/20160926.pdf

公開シンポジウム 「こころの未来形」
   ~21世紀における「共感」と「響存」の可能性~

○ 日時:2016年9月26日(月)午後1時~4時45分(受付開始12:30)
○ 会場:築地本願寺(2階講堂)
メトロ日比谷線築地駅から徒歩 1 分
○ 主催:日本未来学会
○ 共催:浄土真宗本願寺派総合研究所、他力本願.net「ご縁ラボ」
○ 協力:築地本願寺、コンセプト・バンク
○ 対象:日本未来学会会員および一般希望者(定員100名)
○ 参加費:一般参加1000円(未来学会会員は無料、別途年会費3000円)
○ 趣旨
 20世紀、人々は物質的豊かさを追い求めてきました。21世紀は「こころの時代」ともいわれます。しかし、そのあるべき姿はいまだ暗中模索状態です。
 本シンポジウムは、1968 年の発足以来、人類と社会の未来にかかわってきた日本未来学会が、人間と人工知能は理解しあえるか?、21 世紀における宗教の社会的役割、などの様々の観点から、「こころの未来形」を共に考え、明日へ向けて問題提起しようとするものです。

○ プログラム構成
■第Ⅰ部:21世紀における宗教の社会的役割(60 分)
・稲場圭信(大阪大学教授)「21世紀の共生学とは」(仮題)
・丘山願海(浄土真宗本願寺派総合研究所所長)「響存という生き方」(仮題)
■第Ⅱ部:人間と人工知能は理解しあえるか?(60 分)
・高橋透(早稲田大学文化構想学部教授、「サイボーグ論」)
・山本弘(SF作家、「アイの物語」他)
■第Ⅲ部:パネル討論~21世紀における「共感」と「響存」の可能性(90 分)
上記講演者に加え、以下の指定シンポジストが登壇します。
・市原えつこ(メディアアーティスト、「デジタルシャーマン・プロジェクト」)
・佐野ハナ(一般社団法人お寺の未来)
(総合司会)和田雄志(日本未来学会常任理事)
-----------------------------------

 真面目そうなイベントですが、僕はSF作家の立場から、過去のSF作品に描かれてきたロボットや人工知能についての話や、自作の『アイの物語』『地球移動作戦』などについて語る予定です。一般の方が聞いても面白い内容にしようと思っています。
 日本未来学会会員だけでなく、申し込みすれば一般の方も参加できるそうです。参加ご希望の方は、リンク先にある問い合わせ先にメールをお願いします。
  


Posted by 山本弘 at 14:23Comments(4)サイエンスSFPR

2016年09月14日

「SFバカの人生総決算・それでもSFが好っきゃねん!」Part2

 仕事が多忙のため、しばらく管理をさぼっていてすみません。
 今月は後半にどどっとイベントが重なります。

 まず最初は9月18日に神戸の三ノ宮で開催されるイベント「読まなきゃ!in KOBE」。作家の福田和代さん、初野晴さんらとビブリオバトルをやったり、初野さんの講演やサイン会も開かれるんですが……。

http://www.fukudakazuyo.com/yomanakya/biblio2016/index.html

 ごめんなさい。事前申し込みが必要だということを、ころっと失念していました。申し込み期間、すでに終わっています。本当にごめんなさい。

 次は毎月恒例のこれ。
-------------------------------------------------------------
山本弘のSF秘密基地LIVE#61

SFバカの人生総決算・それでもSFが好っきゃねん!

「多々良島ふたたび」の星雲賞日本短編部門受賞を記念し、SFひとすじに歩んできた作家・山本弘の半生を振り返ろうという企画の続編です。
 前回はSFの魅力に目覚めた幼児期から、本格的にSFを読みまくるようになった高校時代までの思い出でしたが、後半はいよいよ20代に突入。〈奇想天外〉新人賞佳作入選、スランプに苦しんだ時期、同人作家活動、〈ファンロード〉の投稿常連といったアマチュア時代を経て、グループSNE入社、処女長編出版、ゲームのシナリオやリプレイを書きまくっていた時代、そして結婚と、怒涛の80年代~90年代を語ります。あの時代を知っているオールド・ファンにも、昔を知らない若い方にも、興味深い話が満載です!
 なお、終了後に山本弘のサイン本の販売を予定しています。既刊本にもサインいたしますので、どうぞお持ち寄りください。

[出演] 山本弘

[日時] 2016年9月23日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 詳しい情報、ご予約はこちらへ

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=106635157
------------------------------------------------------------

 いつもと違い、月末ではなく23日なのでお間違えなきよう。
 先月の話は、生い立ちからはじまり、1970年代後半、〈問題小説〉新人賞や〈ネオ・ヌル〉入会あたりの話までしたところでタイムアップ。〈奇想天外〉新人賞の話や、80年代にいっぱい作ってた同人誌の話、最初のゲームブック、グループSNE入社、プロ作家としてデビューした当時の話などを語る予定です。どこまで語れるかな? なんとか結婚まではたどりつきたいですが。
 ちなみにこのイベントのために、80年代に寄稿してたり自分で作ってたりした同人誌、大量に発掘しました。SF同人誌、ゲーム同人誌はもちろん、『トランスフォーマー』の同人誌とかも(笑)。「この頃、こんなの書いてたんだ!」と、自分でも驚くような記事がいろいろ。かなり濃い話になるのは間違いありません。お楽しみに。
  


Posted by 山本弘 at 13:13Comments(0)SFPR作家の日常