2016年01月31日

新刊『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』

『世界が終わる前に BISビブリオバトル部』

 東京創元社 1800円+税

 シリーズ第3作。 2月末予定の新刊です。

>ライバル校のミステリ研究会と交流試合を行うことになったBIS(美心国際学園)ビブリオバトル部。しかしミステリ研会長の早乙女寿美歌(さおとめ・すみか)は圧倒的なプレゼン力と膨大なミステリの知識を持つ強敵で、周囲は振り回されるばかり。両校のビブリオバトル対決の行方は?  寿美歌の個性的なキャラクターの陰に隠された素顔とは?  空(そら)がコミケに初参加する番外編「空の夏休み」を収録した、シリーズ最新刊。


 番外編「空の夏休み」は、空のコミケ初体験を描いたドタバタ話。最近はテレビで何度も取り上げられ、一般の人にもコミケというものの存在が知られるようになりましたが、まだまだ知られていない事が多いんじゃないかと思い、こういう話を書いてみました。

 本編の「世界が終わる前に」は、前作の最後に出てきたミステリマニアの中二病美少女・早乙女寿美歌をめぐる物語。劇中のビブリオバトルで何冊もミステリが紹介されるのはもちろん、この小説自体がミステリになってます。
 現実寄りの設定の話なんで、密室殺人とかの派手な展開はできないんですが、それでも謎めいた事件は起きます。「日常の謎」というやつです。詳しくは書けませんが、派手ではないけども大きなドンデン返しのある話だとだけ言っておきます。
 寿美歌は空のSF知識に匹敵するミステリ知識の持ち主ですが、かなり痛い性格。そのうえ重大な謎を隠している、危険な雰囲気の少女です。
 でも、謎を秘めているのは寿美歌だけじゃありません。実はレギュラーメンバーの中にも、大きな秘密を持つ人物がいたことが明らかになります。

 東京創元社さんはミステリをたくさん出してる出版社なんで、編集者にもミステリ好きが多く、原稿を読んで、僕が仕掛けた大きなトリックを途中で見抜いた人も何人かいたそうです。まあ、アンフェアにならないように、途中で大きなヒントを出してますからね。知ってる人なら、「あのトリックのバリエーションか」と気づくでしょう。
 ただ、最後の最後の意外な展開だけは読めなかったらしいです。実はこれ、1巻からずっと企んでた構想なんですよ。大半の読者が予想しているであろう展開を、わざとはずしたらびっくりするだろうなと。
 編集さんから「びっくりしました」という言葉を聞けて、してやったりと思いました。

 なお、「世界が終わる前に」というタイトル、同じ題名の歌がありますけど、まったく関係はありません。実は作中に登場するSF作品と関係しています。



  


Posted by 山本弘 at 19:17Comments(20)PRビブリオバトル

2016年01月15日

Live Wire「ガルパンはいいぞ! RWBYもいいぞ!~戦闘美少女総進撃」

Live Wire 16.1.29(金) なんば紅鶴

山本弘のSF秘密基地LIVE#54
ガルパンはいいぞ! RWBYもいいぞ!~戦闘美少女総進撃

 毎回オタク的なネタを扱うこの企画、今月はアニメやマンガやライトノベルの世界で大人気の、戦う少女の話です。
 フィクションの中で少女たちはいつから戦うようになったのか。その歴史と傾向の分析……といった堅苦しい話題ではなく(笑)、戦闘美少女の魅力について、いろんな考察や視点を交え、熱くミーハー的に盛り上がろうという企画です。『ガールズ&パンツァー』や『RWBY』、あるいは『プリキュア』『リリカルなのは』『まどか☆マギカ』など、好きな作品・好きなキャラクターについて存分に語り合いましょう!


[出演] 山本弘、鋼鉄サンボ

[日時] 2016年1月29日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

ご予約はこちらからどうぞ
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=97353579
---------------------------------------

 月1回のペースで、もう4年以上続けてきたこのイベント。実はこれまで本格的にアニメの話を取り上げたことがなかったんです。アニメ誌の歴史を振り返ったり、キャラクタープラモを紹介した回ならあったんですが。
 とは言っても堅苦しいアニメ論なんかやっても面白くない。今回は『ガールズ&パンツァー劇場版』と『RWBY』にハマったことから、「戦闘美少女」というくくりで、ミーハー的に論じてみようと思いつきました。
 戦闘美少女といっても、ロボットなどのメカに乗って戦う場合と、生身で(魔法によるパワーアップはあり)戦う場合に大別されます。さらに、メカ派と生身派のハイブリッドで、女の子が兵器であると同時に生身でもある『ストパン』『艦これ』なども出てきたわけです。
 メカ派の行き着いた先が『ガルパン』で、生身派のひとつの完成形が『RWBY』。しかもこの2作品、どっちも学園もの。並べて相違点や共通点を語ると、けっこう面白いんじゃないかと思います。

 先日、ゲストに来てくれる予定の鋼鉄サンボくんと『ガルパン劇場版』を鑑賞した後(彼は初めて。僕は4回目)、喫茶店で雑談していて、「そもそもマンガやアニメの中で女の子が戦うようになったのはいつ頃からか?」という話になりました。
 アメコミの場合、1930年代後半から40年代にかけて、シーナとかワンダーウーマンとかの戦うヒロインがすでに大勢デビューしていたわけですが(スーパーガールの登場はもう少し遅く、1958年)、日本では誰が最初だったのか。「やっぱりキューティーハニー?」とか思ったんだけど、考えてみると元祖は『リボンの騎士』じゃないかなと。
 一方、メカに乗って戦うヒロインのハシリっていったい何だろうな……と考えてみたら。

『キャプテン・スカーレット』(1967)のエンゼル・チームだ!

 いやあ、「女性だけの戦闘機隊」って、今となっては珍しくもない発想だけど、当時はものすごく斬新だったんですよね。
 この後、70年代になると、日本のアニメでも女の子がメカに乗ることが多くなるんだけど、男性ヒーローが操縦するロボットのサポート役だったり、合体ロボでも足の部分だったり、なかなか主人公にはなれなかったんですよね。かろうじてゴワッパー5のリーダーだった岬洋子がいるぐらい。その状況が80年代から少しずつ変わってきたわけで……。

 という風な話をしようと思っています。今では忘れられているマイナー作品も取り上げますが、もちろん「戦闘美少女」もののエポックメーキングと言える『セーラームーン』『リリカルなのは』『プリキュア』『まどか☆マギカ』の話もたっぷりします。
 お楽しみに!
  


Posted by 山本弘 at 18:06Comments(3)美少女PRアニメ