2015年10月12日

『六花の勇者』で考えたこと

注・ネタバレはありません。

 今年夏のアニメで、個人的にいちばん面白かったのが『六花の勇者』。
 古来より、魔神が復活する時に現われるという伝説の6人の勇者。選ばれた者は身体のどこかに六花の紋様が浮かび上がる。
 また魔神復活の時が迫り、新たに勇者たちが集まってくる。だが、森の中の神殿で、何者かが作動させた結界の中に閉じこめられ、脱出できなくなる。
 しかも集まった勇者はなぜか7人。結界は内部から作動させることしかできず、7人目は魔神に味方する偽者である疑いが濃い。だが、いったい誰なのか?

 ファンタジーものの定番の「魔神の復活」「選ばれた勇者」という設定を利用した犯人当てミステリ。閉ざされた状況下で、誰が犯人か分からず登場人物が互いに疑心暗鬼に陥るという、『そして誰もいなくなった』以来の王道の設定なんだけど、それをファンタジーでやったのが面白い。
 最後に犯人を指し示す決定的証拠が唐突に出てくるのは、ややアンフェアだと思うけど、そこに至るまでのサスペンス、結界の作動方法のトリックの解明は、きっちりミステリの手順を踏んでいた。特殊能力を何も持たないアドレットが、7人目だと疑われて窮地に陥るも、知識と論理で謎を解いて危機を打破するという構成は見事。
 さらに、最終話を見てあっと驚いたのはエンディング。基本的に第1話のEDと同じものなんだけど、7人目が誰かを知ってから見ると、あるカットの意味が違って見える! いや、これには恐れ入りました。

 放映の翌日、さっそく原作1巻を買ってきて読んだ。 以前から評判は耳にしていたのだが、アニメ化すると聞いた時から、アニメが終わるまで読むのを待とうと思っていたのだ。
 今回の1クールは原作の1巻だけを使っているというのは知っていたのだが、読んでみて驚いたのは、アニメがびっくりするほど原作に忠実だったこと。 どのシーンも台詞もほとんど原作にあるもので(一部、アレンジはされているけど)、何も足してないし何も引いていない。

 ネットでは「展開が遅い」という批判もある。
 それは当然だ。ライトノベルのアニメ化といったら、1巻の内容を3話か4話ぐらいでやるのが普通だ(『ニャル子さん』など、たった2話だった)。当然、冗長な台詞とか、アニメにしてもあまり面白くないくだりとかは、ばっさりカットされる。
 それに対し、『六花の勇者』は、1巻のストーリーを12話かけてやった。だから当然、ラノベのアニメ化を見慣れた層からは、「遅い」と思われるだろう。
 でも、この作品に関しては、それはしかたがないことなのだ。ミステリである以上、下手に改変できない。伏線を削るわけにいかないのはもちろん、些細なシーンでもミスディレクションとして機能している場合がある。だからカットせずに、原作に忠実に描くのが正解なのだ。

 もっとも、アニメならではの面白さもある。特に戦闘シーン。第一話から炸裂する自称「地上最強の男」アドレットの繰り出すトリックプレイをはじめ、ナッシェタニアが無から生み出す剣、チャモの能力の気色悪さなど、絵的にすごく面白いものに仕上がっていて、毎回、興奮した。
 あと、美術が凝っている。アステカ文明あたりがモチーフらしいが、これまでの中世ヨーロッパ風のファンタジー世界とは一味違う雰囲気だ。
 これはまったく理想的なアニメ化だ。

 このアニメが楽しめない層というのは、そもそも、これがミステリだということを理解してないんじゃないかという気がする。「さっさと魔神を倒しに行け」とかいう感想を見ると、特にそう思う。
 たとえて言うなら、『孤独のグルメ』に対して「飯ばっかり食ってないで仕事しろ」と文句つけてるような、そんな印象があるのだ。
 確かに第一話だけ観たら、王道のファンタジー・アニメだと誰でも思うだろう。それを期待していたら、そういう作品じゃなかったので裏切られた、という不満もあるんだろう。 それは分かる。
 でも、考えてみてほしい。

『新世紀エヴァンゲリオン』にしても、『魔法少女まどか☆マギカ』にしても、最初からああいうアニメだと思ってましたか?
『涼宮ハルヒの憂鬱』もそうだし、最近だと『がっこうぐらし!』もそう。原作を読んでいない人、最初からああいう話だと思ってましたか?
 途中で、「えっ? これってそんなアニメだったのか」と気づいて、見る目を変えたんじゃないですか?

 たとえて言うなら、レストランでメニューを見て、「こういう料理だろう」と予想して注文したけど、イメージしたのと違う料理が出てきたようなもの。
 それでも美味しければいいはずだ。

 作り手は常に読者や視聴者の期待通りの料理を出さなきゃいけないわけじゃない。期待を裏切ってもいい。失望させてもいい。その失望を上回る面白さを見せればいいのだ。
  


2015年10月12日

イベント「あの日テレビで見たB級SF&ホラー映画の世界」

山本弘のSF秘密基地LIVE#51
 あの日テレビで見たB級SF&ホラー映画の世界

 かつてテレビで数多くのB級映画が放映されていた時代がありました。
『火星人地球大襲撃』『恐怖の怪奇惑星』『蝿男の恐怖』『SF巨大生物の島』『妖婆・死棺の呪い』『原始怪人対未来怪人』『冷凍凶獣の惨殺』などなど、タイトルからしてわくわくさせる日本未公開作品の数々。あるいは『宇宙水爆戦』『顔のない悪魔』『タランチュラの襲撃』『人類SOS』『バーバレラ』といった50~60年代のSF映画……ビデオソフトというものがまだ普及していなかった時代のB級映画ファンは、深夜のブラウン管に食い入るように観たものです。
 今や失われてしまった「地上波B級映画」の文化。そのブームの真っ只中で育ったSF作家の山本弘が、テレビで観た名作・怪作の数々を熱く語ります。

[出演] 山本弘

[日時] 2015年10月30日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 前売り¥1,500- 当日¥2,000-
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

チケットのご予約はコチラ↓
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=94123738

もしくは紅鶴・白鯨へメールで
namba_hakugei999@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------

 もう4年以上続けてきたトークショー。そろそろネタ切れかと思ってたら、こんなネタがありました。
 僕の世代だと、50~60年代のSF&ホラー映画って、劇場ではほとんど観たことなくて、テレビの放映で初めて観たものがほとんどなんですよね。『禁断の惑星』『月世界征服』『宇宙水爆戦』『宇宙戦争』『宇宙征服』『人類SOS』『蝿男の恐怖』あたりは有名だから、子供だった僕でもタイトルだけは知っていて、放映されると知るとテレビに齧りついて観たもんです。当時は家庭用ビデオなんかないですから、見逃すわけにいかない。
『バーバレラ』は親といっしょに観て、ちょっと気まずかったり(笑)。
 あと、今でこそ知ってるけど、当時は資料本なんかほとんどなくて、ぜんぜん聞いたこともない日本未公開作品がたくさんあったんですよ。『恐怖の怪奇惑星』『幻の惑星』『原始怪人対未来怪人』『冷凍凶獣の惨殺』『高熱怪物の恐怖』『戦慄!プルトニウム人間』あたりは、関西では深夜にいきなり放映されたんだけど、新聞のテレビ欄の下の方に載ったタイトルぐらいしか分からない。こんなタイトルならきっとSFものだろうな……と、見当をつけて観るわけです。結果は、当たりだったりはずれだったり(笑)。
 あと、この邦題ですね。『冷凍凶獣の惨殺』『妖怪巨大女』なんて、何だかさっぱり分かんないけど観なくちゃいけない気にさせられる(笑)。『恐怖の怪奇惑星』『原始怪人対未来怪人』『火星人地球大襲撃』あたりもタイトルに惹かれて観たけど、思いがけず面白い作品で、「こんなのがあったんだ!?」と興奮したものです。
 その逆に、地味なタイトルでびっくりすることも。『不思議な村』なんて、実物を見るまで、ゼナ・ヘンダースンの〈ピープル〉シリーズのドラマ化だなんて予想もしてませんでした。『顔のない悪魔』なんて、タイトルからすると殺人鬼の出てくるサスペンスかと思ったら、まさかあんなモンスターの出てくる映画だとは夢にも思わず(笑)。いや、喜んじゃいましたけどね。
『妖婆・死棺の呪い』は、「ソ連でこんな面白い映画が作られてたのか!?」と、目からウロコでした。むしろ、何であんなのが地上波で(確か土曜洋画劇場だったはず)放送されたのかが不思議です。

 でもまあ、そういうB級作品を山ほど観て育ったおかげで、今の僕があるんだろうなと思うんです。

 で、現代はというと、幻だった作品もほとんどソフト化されて、いい時代にはなったと思うんですが、反面、地上波で放映される映画は(ジブリアニメ以外は)最近の作品ばっかりになってしまって、昔の、それもB級作品なんてやらなくなった。だから過去のことを知る機会が少なくなって、新しいマニアが育たないんじゃないかと危惧しています。
 今回はそういう話をしようと思っています。「実はレプティリカスは空を飛べるんだぞ!」とか「『宇宙戦争』に出てくる全翼機はYB-49」とかいう話題に食いつく方、お待ちしてます。
  


Posted by 山本弘 at 15:08Comments(4)SF特撮PR映画

2015年10月12日

イベント「勇者集結!SFビブリオバトル&トーク」

 10月23日(金)~11月1日(日)に開かれる第56回 東京名物神田古本まつりで、こんなイベントに出演します。
-------------------------------
◆勇者集結!SFビブリオバトル&トーク
[主催] 神田古書店連盟  
[共催] SF文学振興会
[協力] 千代田区立千代田図書館
[会場] 東京古書会館 7階
[日時] 10月25日(日) 14:00~16:00(開場13:30)
[参加費] お一人様 1000円
[定員] 100名(先着順)
[予約・お問い合わせ先] 2012sfstart@gmail.com(SF文学振興会)
★本の祭典「神田古本まつり」での書評合戦「ビブリオバトル」、今年はSF がテーマのビブリオバトルとトークの2本立てです。
前半は、各地のSFサークル、読書会より参戦の選りすぐりバトラーによる、ビブリオバトルをお送りします。
テーマは、「中高校生に読んでもらえそうなSFはこれだ(仮) 」。勇者達はなにを紹介するのか?昔懐かしい本がでてくるか、あるいは最新の本がでてくるか、お楽しみに。
発表された本は千代田区立千代田図書館の「出張古書展コーナー」に展示(11/4~約1ヶ月間の予定)します。  
後半は、世界初のビブリオバトルをテーマにした小説「翼をもつ少女BISビブリオバトル部」を発表された、SF作家 山本弘先生をおまねきしてのトークセッション。 新作「幽霊なんて怖くない BISビブリオバトル部」のエピソードも交えて、ビブリオバトルからひろげる読書の楽しみについて語っていただきます。
---------------------------------

 とにかく本好きとしては「古本まつり」というだけでわくわくしちゃうわけですが(笑)。
 何でも前日には倉田英之氏と三上延氏のトークライブなんてものもあるらしくて、時間が許せば覗いてみようかなと思ってます。




  


Posted by 山本弘 at 14:13Comments(8)SFPRビブリオバトル