2014年11月12日

ゴーストハンター2 『パラケルススの魔剣』【完全版】

ゴーストハンター2
パラケルススの魔剣【完全版】

著者:山本弘 原案:安田均 イラスト:弘司

2376円(税込)
2014年11月20日発売

> ゴーストハンター再び集結。少女が予見した世界滅亡の未来を変えろ!
> 霊媒の少女フランカが幻視したヨーロッパの未来の姿。それは大きな炎が燃え、建物が崩れ、人が大勢死ぬというものだった。その意味を探るべく、モーガンたちは欧州を巡る旅に出発する。ホラーファンタジー第2弾。
http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321404000020

 というわけで、9月に出た『ラプラスの魔』【完全版】に続いて、今度は『パラケルススの魔剣』が復刊です。
 1932年のヨーロッパを舞台に、人獣の秘密結社とナチスの対立に、アトランティスの謎がからみます。僕のオカルト趣味が炸裂しているうえ、クライマックスはアクションてんこ盛り。1994年に発表された長編ですが、初めて接するみなさんにも楽しんでいただけると思います。

『ラプラスの魔』【完全版】には、おまけとして、単行本未収録の短編「死のゲーム」をつけたのですが、この『パラケルススの魔剣』では、新たに番外編の短編を書き下ろしました。ちょうど20年ぶりの新作ということになります。
 50枚ほどの短編なので、派手なアクションとかやってる余裕はありません。なので、怪奇現象の謎解きをメインにした話にしようと考えました。
 最初の構想では、『パラケルススの魔剣』の最後の方に出てきたイギリス人飛行機乗りスタン・メイヤーを主人公にして、彼と草壁健一郎の出会いを描こうと考えました。健一郎がスタンの助けを借りて、イギリスの空で起きる怪異を調査する……という、コナン・ドイルの「大空の恐怖」みたいな話にしようと思ったんですね。
 ところが構想を練っていくうちにプロットが二転三転。うまくつじつまが合わなくて、ああでもないこうでもないといじり回しているうちに、最初の構想とはぜんぜん違う話になりました。時は『パラケルスス』の一年前、主役はまだスミスの庇護下にいた頃のフランカです。健一郎もスタンも出てきません。
 書き上がったのは、『ミステリーゾーン』っぽいというか、〈ゴーストハンター〉というより〈妖魔夜行〉みたいな物語。個人的にはこういう怪異談も好きだったりします。
 何にしても、20年ぶりにフランカが描けて感慨深いです。
  


Posted by 山本弘 at 18:07Comments(6)オカルトPR

2014年11月12日

僕らは何故、電子の歌声に魅了されるのか?

 今月はいつものLiveWire以外に、もうひとつトークショーがあります。


僕らは何故、電子の歌声に魅了されるのか?
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/28553

VOCALOIDからいにしえの音声合成まで、電子の歌声は何故僕らの心をくすぐるのだろうか?SF、テクノロジーなど様々な見地から切り込む、画期的なトークライブが実現!

【出演】大須賀淳(スタジオねこやなぎ)
【ゲスト】山本弘(SF作家)

【場所】ロフトプラスワンWEST
(大阪市中央区宗右衛門町2-3)
http://www.loft-prj.co.jp/west/access

【日時】11月30日
OPEN 12:00 / START 13:00
前売¥2,000 / 当日¥2,500(共に飲食代別)※要1オーダー500円以上
前売券はイープラスにて11/1(土)発売開始!
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002141516P0030001
-----------------------------------------------------

『プロジェクトぴあの』や『地球移動作戦』とからめて、ボーカロイドや電子音楽全般、SFとの関連、音楽やバーチャル・アイドルの未来の話になると思います。
 お相手の大須賀淳さんは、クラウドファウンディングでこういうドキュメンタリー映画を作られた方です。

ナニワのシンセ界
http://naniwa.modularsynth.jp/

 知らなかったんですが、今でもこんなアナクロなシンセで音楽を演奏してる方が大勢おられるんですね。僕はこういう方面にはうといので、むしろ僕の方が勉強になるんじゃないかと思います。

【追記】
 ゲストとしてもう1人、Otomaniaさんに出演していただけることになりました。
 あの名作「VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた」を作った方です。
  


Posted by 山本弘 at 17:31Comments(1)PR

2014年11月12日

 『ゴーストハンター』とグループSNEの世界

山本弘のSF秘密基地LIVE#40
 『ゴーストハンター』とグループSNEの世界

 山本弘の処女長編である〈ゴーストハンター〉シリーズ『ラプラスの魔』と、1994年に出版されたその続編『パラケルススの魔剣』が、〈完全版〉と銘打って富士見書房から復刊! それを記念して、原作者であるグループSNE社長の安田均氏をゲストにお招きします。
 当時の思い出を振り返るとともに、最新のゲーム界の情勢や、グループSNEの新企画についてもたっぷり語ります。お楽しみに!


[出演] 山本弘(SF作家)、安田均(グループSNE社長)

[日時] 2014年11月28日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=80568314

------------------------------------------

 久しぶりに安田社長をゲストにお迎えしました。最近のゲーム事情などもいろいろ伺えると思います。
 終了後、いつものように本の販売とサイン会もあります。
  


Posted by 山本弘 at 17:10Comments(1)PR