2014年03月16日

ろくに新聞を読まない人たち

 前のエントリで『アンネの日記』偽書説について触れたが、

Wikipediaすら読まない人たち
http://hirorin.otaden.jp/e310287.html

 逮捕された『アンネの日記』毀損事件の容疑者、どうやら偽書説を信じた頭のおかしい奴だったらしい。どうも複雑な政治意的背景とかなさそうで、ある意味、脱力するけどほっとする結末ではあった。
 ところで、なぜ逮捕された容疑者の名前が報じられないのかを疑問に思っている人が実に多い。

アンネの日記事件容疑者
http://togetter.com/li/641562

>アンネの日記破った犯人、小平市在住なんか。てか何で実名報じない??

>アンネの日記の事件の犯人の男の名前なんででてこないんだ?

>いやだから名前を明かせよ。

>アンネの日記の事件の犯人の男の名前なんででてこないんだ?

>しかし、いつになったら犯人の名前が発表されるんだ?


 そして当然のことながら、「名前が出ないのは在日だからだ!」と主張する奴も多数。

>東京都小平市の無職の男(36)キーワード小平市と本名を伏せた無職の男。小平って「朝鮮大学」じゃんか...おまけに本名を伏せてるとことか仄かに香ばしいんだが・・・

>名前出ない、在日確定でしょ。報道も通名という偽名ではなく本名だせよ

>情弱なうちの兄に、アンネの日記事件の報道の不可解さ(なぜ犯人の名前が出ないのか)について話したら、ふだんはそういう話に興味を持たないのに、今回は「日本のマスコミは在日の味方だから」と説明したら「なぜ?」という興味は持ってくれたようだ。今後もこういう話を折に触れてしてやりたい。

>同じようにアンネの日記の犯人も顔名前曝せ。日本人は曝しても良し、朝鮮人は人権保護の関係上実名報道できません。なんじゃこれ。こんな糞報道メディアの秘密保護法案の反対特集。矛盾が見えないアホさ加減。@eien_is

>精神疾患って事で無罪に持っていこうとしてるだけ。つーか名前なんで出してないんすかね?逮捕までして名前出さないって完全に特定の国の人しかいないけど 「日記、アンネの作ではない」 損壊容疑の男が供述(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース

>アンネ事件の犯人は、すっとぼけて「アンネの日記はアンネが書いたのではないという批判に反抗してやった」とか他にもおかしなこと言って釈放を狙ってますけど、在日ですよね!? 逮捕されて起訴されて有罪になったら強制送還にならないのかな。こういう反日野郎がなぜ日本に住めるのか?

>名前と国籍が出ない=在日朝鮮人=サヨク。わかりやすいですね!

>アンネの日記事件、容疑者が逮捕されて自供もしてるのに実名が報道されない。「男」とだけ。 おかしいよね? 普通なら容疑者の名前と年齢が報道されて卒業文集まで晒すよね?
>これ、朝鮮人なんじゃね? 反日マスゴミは朝鮮人に有利なようにしか報道しないからねぇ。


 ……あのさあ?
 あんたらマジで、名前が報道されない理由が分かんないの?

 謎でも何でもないでしょ。逮捕の第一報の記事で「男は取り調べの際に不可解なことを話したり、言動に不安定な面が見られたりする」「(警視庁が)男の責任能力の有無を含めて一連の事件との関連を慎重に調べている」って、ちゃんと書いてある。つまり重度の精神障害者である可能性が高いということだ。
 そして、容疑者が責任能力のない重度の精神障害者の場合、報道では実名を出さないのが原則だ。
 そんなのは普段から新聞を読んでたら誰でも気づくはず。つまり「なぜ名前が出ない?」と不思議がっている奴はみんな、普段からろくに新聞を読んでないってことなのだ。
「情弱なうちの兄」? いや、情弱なのはあんただから(笑)。

 実は容疑者が逮捕されるずっと前から、「犯人は在日」と決めつけている奴は多かった。

図書館で「アンネの日記」が破られる被害。「犯人は在日だ!」と断言する人が続出
http://togetter.com/li/633529

 こうした「在日認定デマ」は、世間を騒がせるような大きな事件が起きると、必ず流される。
 最近では、STAP細胞捏造疑惑の小保方晴子氏が、すでに「在日認定デマ」を流されている。父親がかつて韓国に勤務していた、というだけの根拠らしい。

http://read2ch.net/poverty/1392590402/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10122307565?fr=rcmd_cate_chie_detail

 柏市の通り魔事件でも、「逮捕された容疑者の実名は李聖寿(イ・ソンス)」というデマがものすごい勢いで拡散した。

http://matome.naver.jp/odai/2139408366833646401

 そもそも「犯人が在日の場合、マスコミは実名を報じない」というのは妄想である。たとえば。3月9日に京都で起きた殺人未遂事件では、朝日新聞以外のメディアはどこも「金洙吉容疑者」と犯人の実名を報じた。

朝日新聞が刺殺未遂事件容疑者を日本人のように書く 朝日だけ「韓国籍」なしの通名表記
http://getnews.jp/archives/530125

 だから当然、同じ時期に起きた柏市の事件でも、容疑者が在日コリアンであれば、朝日新聞以外のメディアのどれかが実名を報じたはずだ。
 逆に言えば、メディアがどこも「実名」を報じなかったのなら、「容疑者は在日」という話はデマだということだ。
 これなんかも普段から新聞読んでたら、実名報道している新聞はたくさんあるってことに気がつくはずなんだけどなあ。
 つまり「犯人が在日の場合、マスコミは実名を報じない」と信じている連中はみんな、ろくに新聞を読んでないってことである。

 彼らは「メディアは事実を隠している」「大衆は真実を知らされていない」と信じこみ、新聞報道を信じようとしない。そのくせ、ネットに流れた、誰が発信源かも分からない怪しげな情報は、ほいほい鵜呑みにする。ものすごいダブルスタンダードである。
 これだけネットでデマが氾濫しているにもかかわらず、ソース不明の情報を「デマじゃないの?」と疑わない(疑えない)というのは、犯罪多発地域で尻ポケットから財布をはみ出して歩くぐらいの愚かなことである。同情の余地なし。

追記:
「300冊も破るなんて一人でできるはずがない。犯人は複数に違いない」と言ってる人もいるけど、これもおかしい。ちょっと計算してみりゃ、1人でも可能な数字だって分かる。
 報道によれば、最も早い被害は昨年の2月、約1年前だという。
 1年は52週。仮に週に1回、どこかの図書館か書店に出かけて本を破るとすると、1日に平均何冊破ることになるか。

 300÷52≒6

 はい、週に1回、平均6冊。1日に2箇所回れば1箇所あたり3冊。3箇所回れば1箇所あたり2冊。
 1人でも十分に可能でしょ?
  


Posted by 山本弘 at 14:46Comments(21)メディアリテラシー

2014年03月16日

「あなたの知らないマイナー特撮の世界#8」

Live Wire 14.3.28(金) なんば紅鶴|山本弘のSF&トンデモNIGHT#32

あなたの知らないマイナー特撮の世界#8

『ウルトラマン』や『仮面ライダー』や『ゴジラ』ばかりが「特撮」じゃない!  一世紀以上に及ぶ特撮の歴史の中には、一般にほとんど存在を知られていない作品、よほどの特撮マニアでさえ言及することの少ない作品が山ほどあるのです。
 歴史の闇に埋もれたそうした作品の再評価や、作品の生まれた時代背景、特撮シーンの見どころなどを紹介しつつ、愛にあふれるツッコミを入れまくろうというのがこの企画。第二次怪獣ブーム真っ盛りの1970年代。有名作品の影に埋もれたマイナー作に、愛あるツッコミを入れていきます。
 今回も、特撮をこよなく愛する小説家でゲームデザイナーの友野詳さんと、特撮マニアでB級アイテム・コレクターの鋼鉄サンボさんのトリオ、おなじみ「ナニワの特撮三兄弟」でお送りします。

[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長) 友野詳(小説家、ゲームデザイナー)、鋼鉄サンボ

[日時] 2014年3月28日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 他のイベントの情報や、前売り券のお求めはこちらへ。
http://go-livewire.com/

-----------------------------------------------

 もうずっとやってる企画ですが、ほんと、いったいいつになったら70年代を抜け出せるのか(笑)。 話すことが多いからしかたないんですけどね。

  

Posted by 山本弘 at 14:17Comments(0)PR

2014年03月16日

『迷宮ヶ丘 七丁目』と『謎解き古代文明DX』

 新刊が出てたのに告知を忘れておりました。

『迷宮ヶ丘 七丁目 虫が、ぶうん』
日本児童文学者協会編
偕成社 1050円


 五人の児童文学作家による奇妙な話のアンソロジー。円山夢久「スキップ!」、石川宏千花「虫が、ぶうん」、廣嶋玲子「白い部屋」、みおちづる「ツインテールの天使」、山本弘「あきちゃった」を収録。

 児童書です。いわゆる「学校の怪談系」だけど、ホラーよりもむしろ『トワイライト・ゾーン』的な風味。僕以外の方の作品も面白いですよ。

ASIOS編
『謎解き古代文明DX』
彩図社 537円+税


 2011年に出た『謎解き古代文明』、コンビニ用にお安くなって新版が出ました。
『謎解き古代文明』の再録だけではなく、新しい原稿も追加されています。

㉒ドロパ・ストーン・ディスク(本城達也)
㉗邪馬台国は北朝鮮にあった!?(原田実)
㉘『東日流外三郡誌』の真相(原田実)
㉚古代以来の知恵「江戸しぐさ」(原田実)

「江戸しぐさが『古代文明』か!?」とツッコまれるかもしれませんが、デタラメさでは『東日流外三郡誌』とあんまり変わらない話だったりしますんで(笑)。
  


Posted by 山本弘 at 14:08Comments(1)PR

2014年03月03日

Wikipediaすら読まない人たち

 関東地方各地の図書館や書店で、『アンネの日記』やその 関連本が破損されるという事件が相次いでいる。被害を受けた本はすでに300冊を超えるそうだ。
 今のところ、手がかりが少なすぎて、犯人像に関してはどんな可能性も考えられる。極端な話、『詩羽のいる街』の第3話に描いたような、政治的な背景なんか何もなくて、ただ単に人を不快にしたいだけの奴という可能性だってある。
 犯人の正体について、「……かもしれない」とか「……ではないかと思う」とか、推測や感想を述べるのは、べつにかまわない。
 しかしネットを見ると、もうすでに「犯人は○○だ!」と断定している者が大勢いるのだ(右と左、両方から)。
 おいおいおい、今の状況からなぜ断定できるんだ、あんたらは?
 その断定が間違っていた場合、ちゃんと責任取るの?(取らないだろうなあ……)

 さて、今回、僕が注目したのは、事件そのものは別のことである。
 この事件の報道に対するmixiでのつぶやきを見ると、こんな意見が散見されるのだ。

>まあ、アンネの日記は聖書、人間革命と並ぶ世界三大偽書だから、どうでもいいや。

>「アンネの日記」の嘘http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/an.html

>「アンネの日記」→アンチの日記。そもそもが偽りの小説。そして今回もプロパガンダに利用され、日本=ナチスの構図を作りたい奴等が居るってこと。 安い仕掛けww

>アンネの日記はアンネが書いた物ではない。別の人間が書いた物である。 http://bit.ly/1mym0Qf ・・・計40近くの図書館とは大掛かりである。個人の仕業ではないだろう。政治的意図を感じる。

>ホロコーストは世紀の大嘘だという事はもう常識ですね。ヨーロッパ各国じゃ軒並み事実関係を調査しようとするだけで捕まるってんだから、ちゃんと調べられたら困る(嘘がバレる)と言ってるようなもの

 そう、『アンネの日記』偽書説やホロコースト捏造説を信じちゃってる奴がいるんである。ある記事では、全171件のつぶやき中、5件がこうした陰謀説を唱えていた。全体の3パーセントだから、決して多くはないんだが。
 それにしても最後の奴の「もう常識ですね」にはあきれる。どうも「常識」という言葉を「俺の信念」と同義語に使う奴がいるようだ。
 日記でもいる。

>アンネの日記については裁判にもなってるし、一部の内容は捏造なのでそこは公にしてほしい。
>(収容所に毒ガスを巻かれて大量殺害はなかったはず)

>これは研究の結果、筆記具の時代性が適合せず、二次大戦後の宣伝文書であると解明されたものではなかったか。

>アンネの日記が捏造だということをご存じですか?
>ありもしないガス室によるユダヤ人ホロコーストをでっち上げ、聖書の予言の実現としてのユダヤ人国家を作るのに貢献したのがアンネの日記です。
>少なくともガス室は存在しませんでした。検証に耐える証拠が一切ありません。ちょっと調べれば分かります。私が読んだ本(絶版ですが)矢印(右)︎
>http://www.amazon.co.jp/アウシュウィッツ「ガス室」の真実―本当の悲劇は何だったのか-西岡-昌紀/dp/4817403934/ref=cm_cr-mr-title

 西岡昌紀!(笑) いやあ、やっぱあれを信じちゃってる人もいるんだなあ。
 ちなみに最後の奴は、『アンネの日記』偽書説やホロコースト捏造説だけじゃなく、911陰謀説も信じてた。ある嘘に騙される人間は、別の嘘にも騙されやすいのだろう。(でもって本人は、「世間の連中の方が騙されているのだ」と信じてる)

 確かに『アンネの日記』偽書説が唱えられたことがあり、それをめぐる論争もかつてはあった。しかし、とっくに調査が行なわれ、決着がついている。偽書ではないのだ。
 このへんの解説が詳しい。

「アンネの日記」真贋論争~偽書説が科学的検証を経て否定されるまで
http://kousyou.cc/archives/6102
『アンネの日記』偽書説への反論
http://togetter.com/li/633320

 それにしても不思議に思う。
 この人たち、ってWikipediaすら読まないのか? 偽書説についてもちゃんと書いてあるんだけど。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%81%AE%E6%97%A5%E8%A8%98

 履歴を見ると、2006年ごろから偽書説を信じる者による編集が行なわれ、それに対抗する形で偽書説否定の記述が充実していったらしい。2014年現在、「アンネの日記」で検索すれば真っ先にWikipediaの記事がヒットして、偽書説が嘘であることが誰でも分かるはずなのである。

 もちろんWikipediaも常に正確ではない。かつてほどではないにせよ、間違ったことを載せている項目もたくさんある。
 しかし、何か重大な問題を語る際に、Wikipediaすら読まないというのは怠慢すぎやしないか?
 僕は前にこう書いた。

http://hirorin.otaden.jp/e273766.html
>「騙されただけだ」という言い訳は通じない。あなたがデマを信じてしまっただけなら被害者だが、それを拡散した時点で、あなたも加害者なのだ。被害者ではなく加害者になることを恐れてほしい。

 ツイッターでつぶやいたり日記に書いたりする前に、基本的事項を確認することもせず、嘘に踊らされて陰謀説の拡散に加担する。
 そんなのは怠慢を通り越して「罪」である。

 似たようなので、「クライメートゲート事件」なんてのもある。

気候研究ユニット・メール流出事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E5%80%99%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%B5%81%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 これなんか、もう何年も前に疑いが晴れてるのに、いまだにこの事件を根拠に「地球温暖化は捏造だった!」と騒いでる連中がいる。どんだけ情弱なんだ。
 他にも「江戸しぐさ」「武田邦彦」「アポロ計画陰謀論」「血液型性格分類」とかもそうで、Wikipediaを読めば怪しさがよく分かる。こういうのを信じる人というのは、そもそも「ググる」という習慣がない人たちなのかもしれない。

 騒ぐ前に、最低限、ググってみようよ。  
  
タグ :デマ陰謀説


Posted by 山本弘 at 17:16Comments(18)事件メディアリテラシー

2014年03月01日

第12回MMD杯

 仕事の合間に、けっこうたくさん見たと思う。さすがに全部見るのは無理だけど。
 今回は何といっても『艦これ』が多い! 動画の本数が多いだけじゃなく、傑作もたくさんある。『東方』を食う勢いだ。

●【第12回MMD杯本選】 艦娘達の円舞曲
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22835208

 最初に見たのがこれ。ネタを詰めこんだ盛りだくさんな内容で完成度も高い。 なかなか楽しかった。

●【第12回MMD杯本選】艦隊これくしょん 序章~Overture~
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22897193

『艦これ』で史実を再現! いかん、これはいかん。ミッドウェーのあたりから涙腺がうるうるしだして、第三次ソロモン海戦のあたりでもうぼろぼろ泣いてた。ラストは長門の最期までしっかり見せてくれる。
 本物の戦争の映像で泣いたことなんか一度もないのに、なぜ泣けちゃうんだろうな。僕は『艦これ』やってないから、キャラに思い入れなんかないはずなのに。

 他にも、「艦へちょで出撃してみた」「アニメ艦隊これくしょん【嘘OPフル】」「艦これアニメED風「駆逐艦で進行形」」「MMDスーパー艦これ大戦風」「艦これりピクミン」「島風を転がしてみた」などなど、どれも水準が高いうえに、それぞれに個性的で、甲乙つけがたい。 やっぱり上昇中のジャンルは熱気があるなあ。

 次にベテラン勢の作品いろいろ。

●【第12回MMD杯本選】 GUN→GUN↑GUN↓ 【複合MMD】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22889385

 毎度のことながら素晴らしいポンポコP。テンポがいいし、ネタの密度がものすごい。何度でも見たくなる。
 それにしても、銃のモデルってこんなにたくさんあったんだな。

●【第12回MMD杯本選】進撃の巨乳
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22886245

 いつもの亜留間次郎さん。安定のお下劣路線で、今回も深夜なのに大笑いしちゃったよ。火星人刑事まで!

●【第12回MMD杯本選】ARMOREDCORE MMD【ACMMD】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22912241

 ビームマンP来た! なんと、ロボットバトルなのに動かさない! そして美しい! 見とれる。

●【第12回MMD杯本選】ドルアーガの塔【初音ミク】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22882900

 毎回、レトロゲームネタのBlack Knight さん。今回も楽しさあふれるおっさんホイホイだった。

●【第12回MMD杯本選】蜘/蛛/男 MMD版【ダーマさん36周年記念】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22886767

 ゾPのこれもすごく気に入った。くり返しがじわじわ効いてくる。アマゾネスやモンスター教授のモデルまで作ったとは恐れ入る。
 サムネと出だしの笛に騙されて、17秒より前に帰っちゃった人が多いみたい。もったいない。

 他にも再現ものでは、「神作画を再現・エスカフローネ召還戦闘シーン」「レン君でバックトゥザフューチャー再現してみた」「ヤマト2発進シーン」「マグマ大使」など、どれも再現度が高くて感心した。
 他にも気に入ったものをいくつか。

●【第12回MMD杯本選】空母で美少女がダンスして天使になりました的な動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22887208

 何この変態的なすごい質感!?

●【第12回MMD杯本選】空色町でOpeningRun【7グロス】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22836517

 MMD杯では毎回、ものすごい物量で圧倒する作品が出るけど、今回はこれ。とにかくキャラクターの数だけでため息が出る。

●【第12回MMD杯本選】 初音ミクの散歩
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22841728
●【第12回MMD杯本選】初音ミクと水族館デート!【実写合成】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22910020

 どちらもミクを実景に合成したもの。僕が『地球移動作戦』で描いた時代が、もうすぐそこに……。

●【第12回MMD杯本選】風姫 -The Wind Princess-
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22887739

 飛行機関係では、個人的にはこれがベスト。バルキリーの平和利用。かっこいい。

●【第12回MMD杯本選】巨大ロボットVS怪獣
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22897639

『パシリム』かと思いきや、怪獣もロボも戦闘機もマイナーだった。イタレリのF19、懐かしい。
 巨大感を表現した演出はなかなかのもの。もっと長く見たかった。

【第12回MMD杯本選】敏音知(ピンネシリ)駅にて【MMD鉄道】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22888485

 かつて存在した路線の、かつて存在した駅を、MMDで忠実に再現。細部までよくてきていて、鉄オタでなくても見入る。タブレットの描写がたまらない。

【第12回MMD杯本選】緊急燃料輸送
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22886537

 鉄道ものでもう一本つ。地味な作品だけど感動する。
 今後、こういうMMDで実話を再現した作品かも増えるのかもしれない。個人的には第7回の「欧州大戦のマンボウ」みたいなのを、もっと見たいんだけど。

 他にも「太陽系ごっこダヨー」「写真の宇宙世紀【MMDガンダム】」「I MMD U【・Д・】」「ある日の練習風景」など、楽しい作品、心に残る作品がいっぱい。今回も楽しませていただきました。みなさん、ありがとう!
  
タグ :MMD杯


Posted by 山本弘 at 17:13Comments(3)ニコニコ動画