2014年01月23日

講座「料理をするように小説を書こう!」

作家・山本弘の
料理をするように小説を書こう!


 あなたの書きたい題材を料理をするように形にしてみませんか。どんなジャンルでも構いません。作家・山本弘が美味しく調理する(書く)手法を伝授します。
◎受講生で自作の短編作品がございましたら添削いたします。作品の提出はメールに添付(宛先=mint@k-cc.jp、件名に「山本教室添削希望」と書いて送信ください)または、フラッシュメモリやCD-Rなどのデータでご提出ください。締切は2/23の講座内でお知らせいたします。

日 時 2014年02月09日~2014年03月09日 13:00~15:00
定員数 20
主催 神戸新聞文化センター(KCC)
場所 三宮KCC教室
講師 山本弘
参加費(全3回)7,875円

予約申し込み・問い合わせははこちらまで
http://k-cc.jp/PageMoreevent/01/27676/Default.aspx

--------------------------------------------------

 こういう講座をやることになりました。 僕が26年の作家生活で貯めこんだ様々な実用的ノウハウを、料理にたとえて分かりやすくレクチャーしようというものです。どこでアイデアを見つけるか、どうやってプロットを組み立てるか、キャラクターの創り方、ストーリーを盛り上げるちょっとしたコツ……それらを実際の作品(『MM9』『アイの物語』『詩羽のいる街』などなど)を例に挙げ、その裏話を交えて解説します。
 他にも、「プロ作家はどれぐらい儲かるか」「デビューするにはどうすればいいか」といった話題も満載です。
 前にLiveWireでも同じタイトルでやったことがありますけど、あの時は2時間しかなくて、ものすごい駆け足になっちゃって、言いたかったことをいろいろ言い忘れたりしてました。今回は3回に分けてじっくりやります。
 さらに今回は、あなたの書いた小説の添削もいたします!
 プロを目指す人も、趣味で小説を書きたい方も、必ず役立つ内容だと自負しております。

 あと、「山本弘は金に困ってこんなこともやるようになったのか」と陰口を叩かれる前に言っておきます。
 講師なんて儲かりません!(笑)
 講座は2時間。会場までの往復の時間も入れれば、正味4時間ぐらい費やします。たぶん添削にはもっと時間がかかります。同じ時間があれば、原稿書いてた方がよっぽど金になります。
 これはほとんど趣味のようなものですね。僕の編み出したノウハウを埋もれさせたくない。小説を書きたい方にできるだけ多く伝えたい。その思いだけでやってます。
 小説を書きたい方をお待ちしております。
  


Posted by 山本弘 at 21:06Comments(9)PR

2014年01月23日

あなたの知らないマイナー特撮の世界#7

Live Wire 14.1.31(金) なんば紅鶴|山本弘のSF&トンデモNIGHT#30
あなたの知らないマイナー特撮の世界#7

 『ウルトラマン』や『仮面ライダー』や『ゴジラ』ばかりが「特撮」じゃない!  一世紀以上に及ぶ特撮の歴史の中には、一般にほとんど存在を知られていない作品、よほどの特撮マニアでさえ言及することの少ない作品が山ほどあるのです。

 歴史の闇に埋もれたそうした作品の再評価や、作品の生まれた時代背景、特撮シーンの見どころなどを紹介しつつ、愛にあふれるツッコミを入れまくろうというのがこの企画。第二次怪獣ブーム真っ盛りの1970年代。有名作品の影に埋もれたマイナー作に、愛あるツッコミを入れていきます。

 今回も、特撮をこよなく愛する小説家でゲームデザイナーの友野詳さんと、特撮マニアでB級アイテム・コレクターの鋼鉄サンボさんのトリオ、おなじみ「ナニワの特撮三兄弟」でお送りします。


[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)、友野詳(作家)、鋼鉄サンボ(マイナープラモデルコレクター)

[日時] 2014年1月31日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

前売り券のお求めはこちらへ
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=68238208

--------------------------------------------

 すっかり恒例となった企画です。もう1年もやってんだな。
 それにしても、なかなか70年代から脱しません(笑)。語ることが多すぎるんですよ、70年代の特撮。
  


Posted by 山本弘 at 20:37Comments(1)特撮