2013年12月07日

2013冬コミ新刊情報

 今回のコミックマーケット85のブースは、

 12月30日(月曜日)
 東“リ”ブロック-48B
 心はいつも15才

 です。
 新刊は『ONE STEP BEYOND』。

 50年以上前(1959~61年)の伝説のオカルト番組『世にも不思議な物語』の徹底解説本です。言うまでもなく、フジテレビの『世にも奇妙な物語』のタイトルの元ネタですね。DVDも出てますが、今ではパブリックドメインになっていて、YouTubeなどにかなりの本数が上がってます。
 同時期の『ミステリー・ゾーン』(『トワイライト・ゾーン』)に比べて日本での知名度がいまいちなので、誰かがデータをまとめなくちゃいけないと思い立ち、作ってみました。番組誕生の背景、全話ストーリー解説、取り上げられている実際の事件の解説、日本版放映リスト(不完全)など。
 それだけじゃ弱いと思い、巻末に「あなたの知らない海外SF/ホラー/ファンタジー番組 1949-1979」というリストをつけてみました。タイトル通り、日本であまり知られていないアメリカ・イギリス・オーストラリアのSF/ホラー/ファンタジー番組のデータをまとめたもの。おまけのつもりで、軽い気持ちで作りはじめたら、25ページになっちゃいました(笑)。むしろこっちの方がメインかも。
 日本でも放映された『進め!宇宙パトロール』『縮小人間ハンター』『宇宙機動隊』『不死身の男』『地球防衛団』『四次元への招待』『アトランティスから来た男』などなどや、DVDでリリースされた『テイルズ・オブ・トゥモロー』『ブレイクス7』、名前だけは知ってた『A for Andromeda』『Out of the Unknown』『Doomwatch』、さらには検索するまでぜんぜん聞いたこともなかった『Sapphire & Steel』など、調べられた限りの番組をリストアップしました。それでも入稿後に『電撃スパイ作戦』が抜けてたことに気がついて落ちこんだりしましたが(笑)。
 それにしても、面白そうな番組、多いんですよね。『テイルズ・オブ・トゥモロー』や『Out of the Unknown』なんて、エピソードのラインナップ見るだけでSFファンなら大興奮もの。あと、名前だけは聞いたことのあった世界初のSFヒーローTVドラマ『Captain Video』が、脚本陣がとてつもなく豪華だったことに驚きました。世の中、まだまだ知らないことがたくさんあるようです。


  


Posted by 山本弘 at 20:37Comments(8)PR

2013年12月07日

「今また語ろう、ゲームブック!」

Live Wire 山本弘のSF&トンデモNIGHT#29
「今また語ろう、ゲームブック!」

 1980年代に大流行したゲームブック。鉛筆とサイコロ片手に、夢中になってページをめくった、あの日々の記憶……。
 今回は山本弘が22年ぶりにゲームブックを手がけた『超時間の闇』(創土社)発売を記念して、グループSNE社長の安田均氏をゲストにお迎えし、ゲーム誌『ウォーロック』の思い出や、ゲームブックの今後を語っていこうと思います。

[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)、安田均(グループSNE社長)

[日時] 2013年12月27日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 前売り券などの情報はこちらに
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=66075197

-----------------------------------------------

 というわけで、今年最後の「山本弘のSF&トンデモNIGHT」は、2月に続いて安田均氏がゲストです。
 ゲームブック、今でも好きなんですよ。機会があったらまた何度でも作りたいぐらい。ブームが終わったってだけで、まだ好きな人は多いんじゃないかなと思うんですけどね。まだまだ可能性もありそうですし。
  


Posted by 山本弘 at 19:56Comments(6)PR