2013年10月15日

22年ぶりにゲームブック書きました。

 すでに創土社のHPに告知が出ているし、AMAZONでも予約開始されているんですが……。



The Cthulhu Mythos Files
小林泰三 林譲治 山本弘
超時間の闇
創土社 1700円+税
11月7日発売予定

 The Cthulhu Mythos Filesのシリーズで、ひとつのクトゥルー神話作品を題材に、3人の作家が小説やゲームブックを競作するというアンソロジーです。

http://www.soudosha.jp/Cthulhu/index.html

 すでに『ダンウィッチの末裔』(菊地秀行、牧野修、くしまちみなと)、『チャールズ・ウォードの系譜』(朝松健、立原透耶、くしまちみなと)、『ホームズ鬼譚~異次元の色彩』(山田正紀、北原尚彦、フーゴ・ハル)の3冊が発売されていますが、今度は「超時間の影」がテーマ。

 でもって、僕はゲームブック書かせていただきました!

 電話で編集さんから、「中篇小説2本とゲームブック1本が1冊に……」という企画を聞かされたとたん、「ゲームブック書きたいです!」と言っちゃったんですよね。向こうは小説を書いてほしかったみたいだけど。

 だって、久しぶりに書きたかったんだもん、ゲームブック!
 あれ作るの好きだったから!
 最後に出した『4人のキング』が1991年だから、22年ぶり!

 時間ものということで、いっぺんやってみたかったタイムループものに挑戦。同じパラグラフに何度も何度も戻っちゃうんで、いかにしてそのループから抜け出すかがポイント。
 しかし、苦労しました。久しぶりなもんでなかなかコツが取り戻せなくて、やけに時間食っちゃって他の仕事に食いこんだり、もう大変。
 昔、『ウォーロック』で書いてた頃は、200パラグラフのゲームブック、フローチャート作成から原稿完成まで1週間でやったものなんだけど。(まかせてた奴の原稿がひどくてまったく使い物にならなかったので、ボツにして僕が全面的に書き直すはめにになったんですよ)
 あの頃は若かったんだなあ。(しみじみ)
  


Posted by 山本弘 at 16:33Comments(13)PR

2013年10月15日

『日本SF短篇50 Ⅴ』

日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー
『日本SF短篇50 Ⅴ』
ハヤカワ文庫 1020円+税
発売中


【収録作品】
林譲治「重力の使命」
冲方丁「日本改暦事情」
高野史緒「ヴェネツィアの恋人」
上田早夕里「魚舟・獣舟」
伊藤計劃「The Indifference Engine」
小川一水「白鳥熱の朝に」
飛浩隆「自生の夢」
山本弘「オルダーセンの世界」
宮内悠介「人間の王」
瀬名秀明「きみに読む物語」

 日本SF作家クラブ50周年を記念し、1963年から2012年の間に発表された短編から、各年を代表する作品を1編ずつ、計50編をセレクトするというアンソロジーが、ついに完結。僕の「オルダーセンの世界」が2010年を代表する作品に選んでいただけました。ありがたいです。
  
タグ :SFPR


Posted by 山本弘 at 16:14Comments(3)PR

2013年10月15日

「懐かしの海外SFドラマの世界」

Live Wire 13.10.25(金) なんば紅鶴|山本弘のSF&トンデモNIGHT#27

懐かしの海外SFドラマの世界

 半世紀前のテレビ界を彩り、今なお色褪せぬ海外SFドラマの秀作の数々。今回は『ミステリー・ゾーン』 DVDコレクション発売にちなみ、海外ドラマ評論家の松岡秀治氏をゲストに迎え、『ミステリー・ゾーン』や『アウターリミッツ』の魅力を、存分に語り尽くします。


[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)、松岡秀治(海外ドラマ評論家)

[日時] 2013年10月25日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F
      Tel. 06-6643-5159)(地図)
     南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 前売り券はこちらから。

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=63951382
-----------------------------------------

 今回は『去年はいい年になるだろう』にもご登場いただいた松岡秀治さんに出演をお願いしました。海外ドラマにもSFにも詳しい方なので、かなり濃い話になるのは間違いないです。

 ちなみに前回の「あなたの知らないマイナー特撮の世界#5」ですが、2年ぐらい進めるかと思ってたら、なんと1973年だけで終わっちゃいました(笑)。この頃の特撮番組がものすごく多かったこともあるんだけど、『ウルトラマンタロウ』『ファイヤーマン』『キカイダー01』『ロボット刑事』『ジャンボーグA』『流星人間ゾーン』『白獅子仮面』『風雲ライオン丸』『魔人ハンター ミツルギ』『鉄人タイガーセブン』『ダイヤモンド・アイ』『行け!グリーンマン』などの話で盛り上がっちゃったもんで。ウルトラバケツとか、怪獣とバレーボールとか、怪獣と輪投げとか、時代劇なのにパンタロンとか、時代劇なのにヘルメットと手榴弾とか、時代劇なのにバイクとか、郵便局を乗っ取って手紙をすり替えとか、LDには「ばれたかチャプター」が付いてたとか、コシカケマンとかロッカーマンとかハモニガンとかの話を。
 現代では『ガールズ&パンツァー』に右傾化うんぬんと文句つける人がいるけど、この時代は「グリーンマン・マーチ」が許されてたんですよね。おおらかだったんですな。
 ちなみに僕は『タイガーセブン』だけは見たことなかったんだけど、友野がストーリーを熱く語ってくれたんで助かりました。

 ちなみに、この回のための資料を検索していて、ヒットしたのがこのページ。

http://amayoko.exblog.jp/14910259/

『ゴジラ対メガロ』のポスター、ゴジラが「みなさん元気ですか」とやけにフレンドリーなのもおかしいけど、ジェットジャガーが「ボクはレッドアローン」と初期名を名乗っちゃってるんですよね。うーん。
  


Posted by 山本弘 at 16:01Comments(0)PR