2013年07月24日

SF大会レポート2:SF大会で新作のアイデア浮かんだ

●子供たちにSF本を

 作家・川端裕人氏らのパネル。
 今、学校図書館に子供向けのSF全集が置かれていない。かつては、ジュヴナイルSFがきっかけでSFにハマる子供が多かったんだけど、それが失われたということは、次世代のSFファンが育たないことになる。これはSF界の危機ではないのか……という話。
 僕も若い世代にどのようにSFを浸透させるかについて、憂慮している一人です。『ハリー・ポッター』の影響で子供たちの間にファンタジーは流行ってるし、『学校の怪談』系のホラーも定着してる。もちろん『名探偵コナン』とかの影響でミステリも人気がある。だけど、SFだけがなぜか根付かない。
 SFが売れてないわけじゃないんですよ。『レッドデータガール』なんて、かなりオーソドックスなSFだと思うし、『図書館戦争』や『NO.6』もSF。アニメやマンガにもSFものが多いし、実写ドラマや映画でも、ロボットやタイムスリップやパラレルワールドを扱うものが多くなっている。
 ただ、それが「SF」というジャンルだと認識されていない。だから、それぞれの作品には人気が出ても、読者の興味はSFというジャンルには向かない。現実にこれだけ売れているにもかかわらず、出版界にはいまだに「SFは売れない」というジンクスを持ち続けている者が多い……。
 その状況を打破しようと、僕も『地球最強姉妹キャンディ』とかを書いてるわけなんだけど……うーん、壁は厚いな。
 読んでくれた人はたいてい「面白い」と言ってくれる。問題は手に取らない人が多いこと。手に取ってさえくれればなあ……と、いつも歯がゆい思いをしています。

 SFを読んでいない人にSFの魅力をどう伝えればいいのか。
 ここでヒントになるのは、三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』や野村美月『文学少女』シリーズ。あれのSF版みたいなものを書けないか、と前から思ってました。SFの好きな美少女が、毎回、SF作品のことを熱く語る話。
 ただ、どういう設定にするかが問題。古書店の話にしたら『ビブリア古書堂』の二番煎じになるし、そもそもミステリ仕立てだと話のパターンが限られて、すぐに苦しくなりそうな気がする……。
 ところがこのパネルを見ていて、アイデアがひらめいた。

 これ、いけるじゃん!

 自分で言うのもなんだけど、これ、絶対に面白くなる。どこかに売りこもう。

●S3Dプロジェクションマッピング“時空の階段”

 1日目の最後の企画。午後8時からの、会場の正面階段を利用したイベント。妻や娘がプロジェクションマッピングというものを知らないというので、連れてきました。僕もテレビとかでは何度も見てるけど、実際に見るのは初めて。
 17組の作家の競作なんだけど、やっぱり階段という場所を上手く利用した作品が面白い。上から立体が転がってきたり、階段が崩れたりするやつ。
 しかしこれらの作品、この場所でしか上演できないんだよなあ。もったいない。

●【サカサマのパテマ】吉浦監督ってどんな人?【イヴの時間】

『イヴの時間』の監督・吉浦康裕氏と、笹本祐一氏の対談。どうでもいいけど笹本さん、今回、ずいぶんいろんな企画に出てたなあ。
『イヴの時間』や新作『サカサマのパテマ』の裏話がいろいろ。『サカサマのパテマ』では、いろんな年齢層のアニメーターが参加してるんだけど、大橋学氏もワンカットだけ担当してるという話にびっくり。大橋学、まだ現役だったのか!?(『宝島』のOPとED描いた人だよ)
 この秋公開の『サカサマのパテマ』、ニコ動の公式配信で予告編と最初の方だけ見たけど、ものすごく面白そうで、期待大です。

公式サイト
http://patema.jp/

 ちなみに吉浦氏もやっぱり、SFにハマったきっかけは、小学生時代に読んだ子供向けのSF全集なんだそうです。 やっぱり、ああいうの大事なんだ。
 終了後、壇上に上がって吉浦氏にあいさつ。「『水のコトバ』で好きになって、『イヴの時間』も大ファンです」という話をしたら、向こうも「『アイの物語』読んで感動しました」とのこと。
 ああ、道理でサミィが「私はアンドロイドです。人間ではありません」と言うシーンに既視感があると思ったよ(笑)。
「『詩音が来た日』のアニメ化の際にはぜひ声をかけてください」と言われちゃいました。機会があればね……。(実は『アイの物語』のアニメ化企画、一度ポシャってるんだよね)

 あと、『家なき子』で使われた立体視の原理を、吉浦氏も笹本氏もご存じなかったので解説。人間の眼は、暗いと視神経から脳に送られる信号がわずかに遅れる。片方だけに色がついているサングラスで、高速で横にパンする映像を見ると、左右の眼から脳へ伝わる信号にわずかに時差が生じ、モニターよりも手前に画像があるように見える。手前のセルを奥のセルや背景より早く動かせば、奥行きがあるように見える……らしい。
 でも、『家なき子』以外で使われたって話を聞かないから、やっぱり実用的じゃなかったんでしょうな。しょっちゅうパンしてるわけにもいかないしね。

●サイン会

 いっぱいサインしました。最新の『MM9―destruction―』から、昔の『妖魔夜行』や『ソード・ワールド』リプレイ本まで、みなさんいろんな本を持ってこられます。「おお、こんな懐かしい本が!」というのもちょくちょく。
 中に中国から来られた方が一人。「先生の小説、大好きです」と言われました。『アイの物語』と『去年はいい年になるだろう』は中国語版、出てるからなあ。外国にもファンがいるというのはありがたいことです。
  


Posted by 山本弘 at 17:24Comments(13)SF

2013年07月24日

SF大会レポート1:クラシック特撮とかいろいろ

 7月20~21日、広島のアステールプラザで開かれた第52回日本SF大会「こいこん」に行って来たので、何回かに分けてそのご報告。
 会場に来てくださった方、キョウリュウグリーンのコスプレしてたうちの娘、ご覧になっていただけたでしょうか? あの緑色の制服、妻の労作なんですよ。

●オープニング

 なんとOP映像は、ニコ動で有名な「厳島神社の人」ことzoziさんの新作CG! 相変わらず実写合成すごい。
 後で知ったんだけど、アステールプラザの前を歩いてる人もみんなCGだったんだそうです。ぜんぜん気がつかなかった!

●あなたの知らないクラシック特撮

 しょっぱなは僕の立てた企画。ゲストは開田裕治さん。同じ時間帯に「すごい科学で守ります!」「原田実トンデモ日本史の世界を語る」「なっちゃんの初級科学実験講座」といった面白そうな企画がかぶっちゃって、悔しい思いしました。同時にいろんな企画が走るから、すべて見られないのがSF大会の難点ですね。
 僕の企画は、タイトル通り、パブリックドメインになっている古い映画の中から、ほとんどのSFファン、特撮ファンが知らないであろうマイナー作品をピックアップ、当時の特撮技術を堪能しようというもの。
 地震と洪水の特撮がすごい『雨ぞ降る』『世界大洪水』、縮小人間ものの『悪魔の人形』、宇宙探検ものの古典『月世界の女』、未来メカがいっぱい登場する『来るべき世界』『五十年後の世界』、原始時代ものの『紀元前百万年』、ファンタジー大作『バグダッドの盗賊』、戦争ものの『地獄の天使』『東京上空三十秒』、海底人と怪獣が登場する『竜宮城』……などなど。特撮に詳しい開田氏もほとんど見たことがないというし、僕自身、つい最近まで存在を知らなかった作品もあり、みなさんも珍しかったんじゃないかと思います。
 第一次世界大戦の空中戦を描いた『地獄の天使』(1930)なんて、「ハワード・ヒューズが監督したトンデモ映画」とかバカにされてるけど、実際に見てみたら、すごすぎて唖然。何十機もの実機が入り乱れる一大ドッグファイト・シーンも大迫力だけど、飛行船が炎上して落下するシーンの特撮が、とてもこの時代とは思えない完成度。あと、「『ラピュタ』の元ネタこれか!?」とか「『スタンレーの魔女』の元ネタこれか!?」とか、いろんな発見がありました。日本版DVDも出てるんで、おすすめです。

 他にもこんな作品を紹介。 いずれもYouTubeで見られます。

『透明光線』The Invisible Ray (1936)
http://www.youtube.com/watch?v=kIPqRoTNYqk
 アフリカに落ちた隕石に含まれる放射性物質を研究していた科学者(ボリス・カーロフ)が、放射能を帯びて皮膚が光るようになる。彼が触れるだけで人間や動物が死んでしまう……という、科学的にはデタラメなSFホラー。
 顔や手が輝いている光学処理、どうやってるのか不明だけど、かなりカット数が多く、手間がかかっただろうと推測されます。1コマずつ手描きでマスク作ってるのかな?
 この光り方で『宇宙船の襲来』I Married a Monster from Outer Space(1958)に出てきた宇宙人を連想し、もしやと思って調べてみたら、特技監督が同じ人でした。ジョン・P・フルトン。『フランケンシュタイン』(1931)、『魔人ドラキュラ』(1931) 、 『ミイラ再生』(1932)、『透明人間』(1933)、『フランケンシュタインの花嫁』(1935)などを手がけた名特撮マン。『十戒』(1956)で、紅海がまっぷたつに割れるシーンも、この人の仕事だそうです。
『宇宙船の襲来』を見た時に「この時代にしてはすごい合成やってるなあ」と感心したもんだけど、まさかその22年前に同じことをやってたとは思いませんでした。

The Invisible Woman (1940)
http://www.youtube.com/watch?v=r4TCO_7rXj4
 女透明人間の出てくるコメディ。全裸の女がうろちょろするんだけど、画面に映らないから、倫理コードにひっかからない(笑)。
 会場でも笑いが起きてたんで、今見てもコメディとして受けるんじゃないかと思います。日本でのDVD化を希望する映画のひとつ。
 これも特撮が上手いんですよ。操演と合成を上手く使い分けてて感心します。透明な瓶やグラスが宙に浮くのって、けっこう難しい技術のはずなんだけど。ストッキング穿くところも、単純な二重露光なんだけど、透けて見えるのが逆にリアルだったりします。
 調べてみたら、これもジョン・P・フルトンのお仕事でした。 やるなあ、フルトン。

The Mechanical Man (1921)
http://www.youtube.com/watch?v=mNo0Is0JPpo
 1921年に作られたロボットもの。「実写版『鉄人28号』みたいだ」という声があったけど、あれより39年も早いんです。
 着ぐるみはかなり重そうで、よたよたとしか歩けない。これでどうやって逃げる車を追いかけるのかと思ったら……ここで合成か! 思わず笑っちゃったけど、創意工夫が感じられて楽しいです。
 最後は二台のロボットの対決。元祖ロボットバトル! 操縦の方法が今見るとかなりレトロ。当時は携帯できるサイズのリモコンなんて想像できなかったんでしょうな。
 でも、テレビを見ながら遠隔操縦してるのがすごい。1921年の映画なのにテレビが出てくるとは!

 90分の間にいろんな作品を紹介できたのはよかったんだけど、うっかりして『猿人ジョー・ヤング』(1949)と『Dr.Cyclops』(1940)を紹介するの忘れた!
『Dr.Cyclops』の特撮もすごいんですけどねえ。
http://www.youtube.com/watch?v=vz2ChHGknUw
 痛感したのは、僕らSFファンや特撮ファンは、どうしてもモンスターに興味があるもんで、怪獣や宇宙人が出てこない特撮映画に関心が薄いということ。だから、その方面の情報がすっぽり欠け落ちてるんですね。『雨ぞ降る』『世界大洪水』『悪魔の人形』『来るべき世界』あたりは、今見てもすごいミニチュアワークや合成に仰天するんですが、きちんと評価されてるとは言いがたい。もっとこういう作品に注目していただきたいです。
 あと、こういうパブリックドメインになった特撮映画のDVDを出してくれるメーカー、ありませんかね。『透明光線』や『悪魔の人形』『Dr.Cyclops』『The Invisible Woman』あたりは、日本語字幕つきで見たいんだけど。
  
タグ :SF特撮


Posted by 山本弘 at 16:47Comments(3)SF