2013年06月16日

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』最終巻

 6月8日、トンデモ本大賞からの帰りに購入、その日のうちに読了。

  いちおうネタバレは避ける方針だけど、勘のいい方なら容易に察してしまうかもしれないので、できれば未読の方はご遠慮いただきたい。












 いやー、すごかった!

 やっちゃったよ!(性的な意味でなく)

 いや、予想はしてた。前巻がああだったから、こういう展開になるんじゃないか、なれば面白いな、とは思ってた。
 その反面、「いくらなんでもそこまで書く勇気はないんじゃないの?」とか「宙ぶらりんで放り出してお茶濁すんじゃないの?」という疑念も捨て切れなかった。
 ハーレム状態にけりをつけるということは、言うまでもなく、主人公に選ばれなかった女の子たちが傷つくということだ。それは読者は望まないし、作者も書きたくないんじゃないだろうか。
 これは古典的な問題だ。その昔、あだち充『みゆき』の最終回で、賛否両論が巻き起こったのを思い出す。僕の知り合いにも、「あの終わり方は許せない!」と怒っている奴がいた。
 二者択一の結末でさえこうなのだ。『俺妹』みたいに五者択一(数えようによっては六者か七者かも)の場合、結末に満足しないファンの方が多いと予想される。
 まして作者は、熱狂的なファンから脅迫された過去がある。同じようなことが起きるかもしれないと予感して、明確な結論を出すことに不安や迷いを覚えていたとしても不思議じゃない。

 ところが。

 作者はこっちの予想を上回るど真ん中の剛速球を投げてきた。

 最高の見せ場は、何といっても、本のちょうど真ん中。見開きで発せられる、たった2文字の台詞。
 僕がその瞬間、覚えた感情は「痛快」。そして「感無量」。
 この2文字を言わせるために、この物語はあったんだな。
 しばらく本を伏せて、この2文字の余韻にひたってましたよ、ええ。

 しかもそこで終わりじゃなくて、後半の展開がさらに悶絶もの。京介たちの会話に何度噴き出したことか。こーの、バカップルがーっ!(笑)
 あやせのヤンデレ、黒猫の厨二病も例によって全開で、最後の最後まで笑わせてくれる。ラブコメの「ラブ」だけじゃなく「コメディ」の部分を大事にしてくれているのが嬉しい。

 でも、笑えるだけじゃない。
 京介に選ばれなかった女の子たちが、順に退場してゆく。そのくだりがもう、泣ける泣ける。
 彼女たちは傷つき、怒り、泣き叫ぶ。ハーレムを終わらせるということがどれほど残酷なことなのかを、作者はしっかり描いてみせる。

 特に盛り上がるのはクライマックスの「最終決戦」。
 これも予想してた展開とはいえ、本当に「修羅場」と化した。ああ、ここまで書いちゃうんだ。彼女にこんなひどいこと言わせるんだ。そして京介にこんな残酷なこと言わせるんだ。
 彼女のファンなら胸かきむしられること必至。
 でも、ここまで徹底的にやらなきゃ決着がつかないのも確か。
 さらにその後、京介が「この物語のラスボス」に対して啖呵切るのが、最高にかっこいい。

 ネットでこの結末への不満をぶちまけている連中の発言も読んだけど、はっきり分かるのは、彼らのほとんどが実際にはこの最終巻を読んでないということだ。ネットにアップされた乱暴な要約や2ページの抜粋だけ読んで腹を立て、あるいは嘲笑している。
 なぜそれが分かるかというと、作者は予想される反論や批判に対して、先回りして答えを書いているからだ。京介の口からはっきり「キモイ」と認めさせているのに、「キモイ」と批判するのは無意味だろう。
 そう、この話はキモイ。でも、かっこいい。
(ま、倫理的なこと言い出したら、中学生の女の子がエロゲやってる時点ですでにアウトなんだけどね(笑))

 もちろん、欠点を挙げ出したらきりがない。今回も「何でそれを録音してたんだよ黒猫!?」とか、笑いながらもツッコんじゃったし。他にも、上手く使われなかった伏線とか、途中から設定を変えたらしい部分もあり、作者が最後までどういう結末にもっていくか迷っていたのがうかがえる。読者に対してアンフェアな部分(京介の一人称で本当のことを言ってない)や、キャラクターの心理が不自然な部分もある。
 でも、それらを認めたうえでなお、僕はこの最終巻を評価する。

 作者は逃げなかった。
 物語を終わらせるために、愛すべきヒロインたちを傷つけることを決意した。京介といっしょに物語に向き合い、安易な結末や非現実的な結末をすべて否定し、最良の落としどころを模索した末に、ぎりぎりの妥協点にたどりついた。
 その真摯さと勇気に、僕は感動した。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の最終巻は、おそらくライトノベル界の伝説として語り継がれることになるだろう。

 しかし、ここまでやられたら、同じような作品を書いてる他の作者はつらいだろうなあ。同じことをやっても二番煎じになるだけだし、これ以下の結末を書いたら「『俺妹』に比べたらぬるい」と言われるだろうし。
  


Posted by 山本弘 at 17:43Comments(15)ライトノベル

2013年06月16日

「あなたの知らないマイナー特撮の世界#3」報告

 遅くなりましたが、先月のイベント「あなたの知らないマイナー特撮の世界#3」の報告です。

http://hirorin.otaden.jp/e276111.html

 今回も、鋼鉄サンボ、友野詳の両氏によるトークのおかげで、ずいぶん盛り上がりました。まあ、特撮マニアがいつもやってる雑談の延長みたいなものなんですけどね(笑)。

 冒頭はハリーハウゼン追悼特別企画、『猿人ジョー・ヤング』の特撮シーンの上映。1949年の作品だから、パブリックドメインです。
 けっこう未見の人が多く、ハリーハウゼンのテクニックのすごさに感心していた様子。ジョーの動きも表情も生き生きしてるんですよね。
 時間の関係で省略したけど、クライマックスの孤児院の火災シーンの特撮もすごいですよ。困難な人形アニメと炎の合成に果敢に挑戦していて、まったく違和感がない。この年のアカデミー特殊効果賞受賞も当然の出来。

 あと、前回言及した、「『11PM』にサンダとガイラが出た」「『スター千一夜』にゴジラとモスラとエビラが出た」という話の検証も。
 図書館に行って調べたところ、『11PM』の方は1966年7月19日の放送。『サンダ対ガイラ』の公開直前の特集で、円谷英二、利光貞三も出演してました。でも僕、サンダとガイラが出たことしか覚えてない(笑)。確かちゃちいミニチュアの前で取っ組み合いを演じてました。眠い目こすって観てたなあ。

 ちなみにこの頃の『11PM』の放映時間はちょっと変則的で、10時45分から15分だけ放映し、11時からいったんニュースとスポーツニュース、11時15分からまた放映……というスタイルでした。
 関係ないけど、この当時の東京12チャンネル(今のテレビ東京)のプログラムには驚きますね。『工業高校講座』『テレビ映画たのしい科学』などなど、まるで教育テレビ。『外国テレビ映画ドキュメンタリー「世紀の対決」(スターリン対トロツキー)』って、なんか気になる(笑)。語り手が芥川隆行だし。

『スター千一夜』の方は1966年12月24日の放送。これは僕はチャンネル争いに負けて観られませんでした。当日の読売新聞によれば、「彼らが初めて人間の声を出したり、自己紹介したり」したのだそうです。

 その少し前、12月13日の朝日新聞にも紹介記事が載ってるんですが、司会の栗原怜児が「今晩は皆さんの好きな三大怪獣をお招きしています」とあいさつすると、ゴジラが「スターだなんて照れちゃうな」と頭をかいたそうです(笑)。
 ちなみに『スタ千』(当時はこう略してました)に人間以外のキャラクターがゲストで出るのはこれが最初ではなく、前の年には鉄腕アトムが出ています。 当時としてはまだ難しかったアニメ合成を使っていて、けっこう手間がかかったらしいです。

 あと、1967年6月12日の朝日新聞が劇場版『サンダーバード』の紹介をしてるんだけど、「(人形の)背丈に比較して頭が大きいのは、この頭の中に電子頭脳が入っているからだという」って……おいおいおい(笑)。いや確かにリップシンクロの装置は入ってましたけどね。


 他にも、面白い特撮関連の記事をいくつも発掘。同人誌のネタになりそうです。

 その後は68~70年の特撮映画・特撮ドラマの紹介。
 なんか喋ってると、「特撮はすごいんだけど」というのがキーワードになってきました(笑)。そうなんだよなあ。『キャプテン・スカーレット』も『ジョー90』も『緯度0大作戦』も『マイティジャック』も特撮はいいんだけど、でも、ストーリーが……。
 他にもこの時代の作品には、『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』『決戦! 南海の大怪獣』『ガメラ対大魔獣ジャイガー』『ガンマ第三号・宇宙大作戦』『昆虫大戦争』などなど、ちょっとこう、うーん……な作品が多いです。
 その一方で『怪奇大作戦』『2001年宇宙の旅』『猿の惑星』などなどの名作が生まれたり、『宇宙大作戦(スター・トレック)』や『謎の円盤UFO』が日本で放映開始されてたりするんですけどね。『妖怪大戦争』『吸血鬼ゴケミドロ』もマニアの間で人気が高いですね。
 ちなみに、僕のおすすめマイナー作品は『宇宙からの脱出』。特撮技術は『2001年』よりかなり落ちるけど、デビッド・ジャンセンの乗りこむリフティングボディの宇宙機XRV(X-24あたりをヒントにした架空の機体)が無性にかっこいいのと、救援ロケット発射のシーンで、グレゴリー・ペックらNASAの職員たちが「GO! GO! GO!」と連呼するシーンが熱くて感動しちゃうんですわ。

 あと、すいません。『幻の大怪獣 アゴン』『怪盗ラレロ』『ジャングル・プリンス』『妖術武芸帳』『吸血髑髏船』あたりは観たことないです。

 次回は7月の最終金曜の予定。いよいよ1971年からの第二次特撮ブームに突入します。話題が多すぎて、いったい何回かかるかなあ……。
  


Posted by 山本弘 at 17:06Comments(2)PR

2013年06月16日

「SFのネタは科学ニュースから探そう!」

Live Wire 13.6.28(金) なんば紅鶴|山本弘のSF&トンデモNIGHT#23
「SFのネタは科学ニュースから探そう!」

 科学の世界は日進月歩。毎月のように新しい発見があり、古い説が塗り替えられていきます。そうしたニュースの中にはSFのネタになりそうなものもいっぱい!
 小惑星衝突を上回るカタストロフとは? 脳の働きはどこまで解明された? 宇宙にはどんな天体がある? そして宇宙の終わりはどうなる?
 星雲賞受賞SF作家・山本弘が、最新の科学本や科学雑誌の記事から、SFマニアの興味をそそるエキサイティングな話題を取り上げ、熱く語ります。

[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)

[日時] 2013年6月28日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 前売り券はこちらから。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=59301079

-------------------------------------------

 毎月『日経サイエンス』を読んでます。毎号のようにエキサイティングな発見や新技術、「これ、SFのネタになるんじゃね?」という話が載っていて、本当に面白いんですよね。
 あと、それまでの定説がころっとひっくり返ることが頻繁にあるもんで、SFを書いている者としては、いつ自分の書いてることが時代遅れになるかと、危なくて目が離せません(笑)。
 ただ、専門的な記述が多いので、素人に気軽にお勧めできないのが玉に瑕。そこで、こういう科学雑誌や科学本の中から、あまりニュースにはならないけど、SF作家の目から見て「ここが面白い!」という話を集めて紹介することを思いつきました。
 先日、事故を起こしたJ-PARCの話や、ロシアの隕石の話、「超光速のニュートリノ」の話の裏話、 『神は沈黙せず』『MM9』『アイの物語』などのネタ本や、現在連載中の『僕の光輝く世界』『プロジェクトぴあの』のネタ本、さらには「これは将来、SFのネタに使えそう!」というネタまで、出し惜しみせずに紹介する予定です。
 SFの好きな方、科学の好きな方、あるいは科学を知らなくても面白い話を聴きたいという方のご来場をお待ちしております。
  


Posted by 山本弘 at 16:37Comments(4)PR

2013年06月11日

NHKの番組に出ます

『幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー File-02』
NHK-BSプレミアム
6月12日(水)午後9時00分~午後10時00分
http://www4.nhk.or.jp/darkside/x/2013-06-12/10/31080/

「これこそ本物!?」幽霊や宇宙人、謎の現象を写した怪奇映像を大特集。驚きの正体に迫る!◇あなたも逃げられない…魔女狩りの恐怖。◇巨石像モアイが歩く?決定的瞬間!

「防犯カメラに幽霊が!」「集合写真に生首が!」「隕石を破壊するUFO」「捕獲された宇宙人」…不思議な映像に隠された秘密とは?背筋が凍る心霊動画から、スマホで簡単に撮れる恐怖写真まで徹底検証!▽「お前は魔女だ!」アメリカの小さな村で20人が殺された魔女狩り事件。大人を血塗られた惨劇に巻き込んだのは、純粋な少女たち…いったい何が起きたのか?▽衝撃!感動!イースター島の伝承「モアイが歩いた」大実験!

【ナビゲーター】栗山千明,【出演】前川修,【語り】中田譲治
-------------------------------

 先月、スタッフの方が来られて、僕の仕事場で撮影していかれました。例の「捕獲された宇宙人」の写真を中心に、カメラの前で喋りました。
 どれぐらい画面に映るかは不明。ヒストリー・チャンネルのドラゴン・トライアングルの番組の時みたいに、カメラの前で2時間近く喋ったのに画面に映ったのは11秒なんてことはないと信じたい(笑)。

 仕事場の書庫の本棚を撮影していかれたので、僕のUFO本コレクションが画面に映るかもしれません。ちなみに『UFOはもう来ない』の51~52ページで列挙される書名は、ほとんど全部、僕が実際に持っている本です。(『UFOと宇宙』のバックナンバーが全部揃っていないのと、ヴァレーやハイネックやキーホーの原書はないというぐらい)
 他にも藤木文彦先生(UFOマニアならみんな知ってるよね?)が出演されるとのこと。例の「ロシアの隕石をUFOが破壊した!」という件について話されるらしいです。
  


Posted by 山本弘 at 19:02Comments(8)PR

2013年06月11日

第22回日本トンデモ本大賞決定!

 遅くなりましたが、6月8日(土)、お台場カルチャー・カルチャーで開かれた「2013年度日本トンデモ本大賞」の結果を発表します。
 以前、SF大会の企画としてやっていた頃を別にすれば、今回はこれまでのトンデモ本大賞では最も収容人員の少ない会場でした。反面、お台場のおしゃれなお店ということで、ゆったりと楽しめて、参加者の評判は良かったようです。
 ユーストで中継されていて、当初はネットからの投票を1%=1票として計算する予定だったのですが、ネットでの投票者の数が100人に満たず(笑)、急遽、1票を1票として計算することになりました。
 結果は以下の通り。

●アセンション連合編『エナジーバンパイア撃退ハンドブック』(ヒカルランド)
(会場9票+ネット2票=11票)
●飯島秀行『ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組み』(ヒカルランド)
(会場29票+ネット11票=40票)
●苫米地英人・本橋信宏『ドクター苫米地が真犯人を追う! 11大未解決事件』(宝島社文庫)
(会場12票+ネット2票=14票)
●ポストメディア編集部編『お城でBL』(一迅社)
(会場55票+ネット19票=74票)

 というわけで、第22回のトンデモ本大賞は『お城でBL』に決定しました。
 俗に「歴女」と呼ばれる歴史好きの女性向けのBLものは、同人誌などでけっこうあるのですが、これは歴史上の「城攻め」を題材にしたBL小説(+イラスト)のアンソロジー。城を擬人化、それを攻める(責める)武将との濡れ場が描かれます。
 表紙の帯のコピーは、

 どうした?
 お前の城門から、大事な
 天守閣が丸見えだぞ?


 これ考えた人、天才だと思います。
 中身もすごくて、
「ほら見ろ、お前の身体は俺の指を覚えているようだ。こんなにもやすやすと反応して、いやらしい城だな」(徳川家康×大阪城)
「滑らかな曲線。何者をも寄せ付けないお前の武者返しが、今、俺の手中に……」(島津義弘×熊本城)
「言葉では嫌がっていても、身体は素直だな。お前は、見た目ばかりで誰にでも体を開くような淫らな城なんだ」(明智光秀×安土城)
 といった、しびれる台詞が頻出します。
 その他にも、島津義弘×熊本城、豊臣秀吉×小田原城、板垣退助×会津若松城、武田勝頼×長篠城、織田信長×一乗谷城、小早川秀秋×伏見城、北条治時×千早城、黒田清隆×五稜郭などなど、カップリングはいろいろ。石田三成による忍城の水攻めは、昨年、映画にもなりましたね。
 いちおう史実にはけっこう忠実で、それぞれの城の図なども入っており、歴史の勉強にもなる……かもしれません。
「作者の意図通りに楽しめるのだからトンデモ本とは言えないのでは?」という声もあったのですが、発想のぶっ飛び度や、それを手を抜くことなく大真面目に一冊の本に仕上げた努力、それに何よりBL趣味のない人でも楽しめるという点で、立派にトンデモ本大賞の資格はあると思います。
 これから高校2年で日本史を学んでいるBL好きの娘に読ませて、感想を聞いてみようと思ってます。



 他のノミネート作もご紹介します。

『エナジーバンパイア撃退ハンドブック』を作ったアセンション連合は、「地球の内外を問わず、地球のアセンションを推進するメンバーで構成されている」そうです。
 本書はタイトル通り、人間の姿をして他人のエネルギーを吸い取るバンパイアの行動や、それにどう対処すべきかをレクチャーする本。電車の中で、職場で、街中で、家で、エナジーバンパイアはあなたに接近し、体に触ってきたり、見えない触角を伸ばしてきたり、はたまた長時間の愚痴を聞かせたりして、エネルギーを吸い取るのです。
 エナジーバンパイアに狙われやすい人は、奉仕関係の仕事をしている人、自己犠牲の精神が旺盛な人、同情心が強い人、母性の強い人など。逆に狙われにくいのは、自分本位な人だそうです。また、足の不自由な人の中には健康な人間のエネルギーを吸い取ろうとするバンパイアがいるとか、身体が不自由になるのは前世のカルマによるもので、それを肩代わりしようとするのは善行ではない、といったことも書かれています。
 ……この本の指示通りにする人間ばかりになったら、世の中はすごく住みにくくなる気がします。


『ぜんぶ実験で確かめた宇宙にたった1つの神様の仕組み』はフリーエネルギー研究家の方が書いた本。
 いきなり第1章の最初のページから、「発酵とは宇宙の物質すべてのことを示します」「放射性セシウムも発酵させると簡単に変化します」という記述に仰天します。この方の主張によると、発酵とはプラスとマイナスの物質を混ぜて圧力をかけ、空気を送りこむことであり、洗濯も発酵だし、「食事の後の食器洗い、掃除、鉛筆で紙に字を書く、絵を描く」といった行為も発酵なのだそうです。僕らの知っている発酵とはずいぶん違います。
 他にも「空気ですら、湿度という水がなければ、存在できません」「エンジンは生命である『気』が動かしている」「癌とは酸欠の状態なのです」「水素と酸素を別名、電子と原子と呼びます」「人間は鼻で空気を吸い、圧を上げ、皮膚呼吸で生きています」などなど、科学の基本原理を真っ向から否定する主張が次々に飛び出します。飛行機が飛ぶのは翼の揚力ではなく振動によるものだとか、鉄板も微生物でできているとか。
 タイトルにもあるように、いちおう実験もやっておられます。私の発明した水循環システムを使ったら緑色に濁った水がきれいになった……と、カラー写真で実験の様子が示されてるんですが、水を送りこむ時に空気もいっしょに吹きこんでますね。このへんに理由があるのかもしれません。


『ドクター苫米地が真犯人を追う!』は2009年に出た『「洗脳」プロファイリング』(宝島社)の文庫化。認知科学者(自称)の苫米地英人氏が、未解決事件の犯人をプロファイリングするというもの。しかし、以前にエヴァンゲリオンになって洗脳から身を守る本(『洗脳護身術』)を書いた人ですから、ただのプロファイリングとはわけが違います。
 釈迦になるのです。
 自我を無くして釈迦のようになることで、普通の人間には見えないものが見えて来るんだそうです。
 これでもまだ苫米地氏のプロファイリングが当たっているなら評価もできるんですが、明らかに変です。
 たとえば平成12年の亀戸女流漫画家殺人事件。「漫画家」といっても同人漫画家なんですが、苫米地氏はこの被害者の顔写真を見て「M女ですね」と断定します。顔を見ただけでSかMか分かるらしいです。そのうえ、被害者がBL漫画を描いていたことから、同性愛者だと断定します。
 いや、BLの好きな女性って、基本的にヘテロですよ?
 苫米地氏は「やおい」という言葉も知らないほど、このジャンルに無知。それでまともなプロファイリングなんかできるはずもありません。
 そればかりか、被害者が漫画を描いていたというだけの理由で、統合失調症だと決めつけます! おいおいおい! 漫画家は全員、統合失調症かい!
 この他にも、容疑者や被害者の顔だけ見て決めつけたり、現場を訪れて分かるはずのない犯人の心理を長々と述べたりします。もちろん、どの事件も未解決なので、当たってるかどうか不明。『FBI超能力捜査官』や『TVのチカラ』に出てきた霊能者のやってることと変わりません。


 他にも、昨年の受賞者ということでノミネートからはずしたのが、泉パウロ『地球ファシズムへの策謀 3・11人工地震でなぜ日本は狙われたか[IV] すべてを暴露する「イルミナティカード450枚」の人工予言+完全解析』(ヒカルランド)。長いよ!(笑)
 タイトル通り、今回は「イルミナティカード」を取り上げてるんですが、泉氏はいまだに『Illuminati: New World Order』のルールも知らないもんで、カードに書かれている説明の意味が理解できず、とんちんかんな解釈をしています。また「1995年に発売されてすぐ発売禁止になった」などと、ベンジャミン・フルフォードの間違った解説をいまだに信じてたりします。せめてスティーブ・ジャクソン・ゲームズのサイトぐらい読めよ……と思ったんですが、もしかしたらこのゲームを作っている会社の名前すら知らないのかもしれません。
 他にも基本的な無知がいろいろ。Science Fiction Fansを「科学フィクションファン」などと訳す人は久しぶりに見ました。今どき言わないよなー、「科学フィクション」なんて。
 ちなみにニーヴン&パーネルの『悪魔のハンマー(LUCIFER'S HAMMER )』は、タイトルだけを見て「まったく読む気がしません」が、「きっとメーソン作家が御用学者の教理に基づいて書いたものなのでしょう」と妄想しています(笑)。まあ、原発を支持する内容ではありましたけどね。
 他にも、宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』は人工噴火や人工降雨を予言していてフリーメーソンの犯行予告だとか、小松左京『首都消失』も陰謀だとか、『銀河鉄道999』はひっくり返すと666になるとか、「嵐」のメンバーの5人(松本潤、相葉雅紀、櫻井翔、大野智、二宮和也)の頭文字を並べるとMASONになるとか、いろんな陰謀論が紹介されています。この世にフリーメーソンの陰謀でないものは何もなさそうです。
 いちばん笑えたのは、272~274ページ、泉氏がフリーメーソンだと確信している『ワンピース』の作者の尾田栄一郎氏へのインタビューを敢行するくだり。とは言っても、実際に行ったわけじゃなく、すべて妄想です。ここはぜひ、書店で立ち読みでもいいから読んでください。悶絶しますから。
 他にも著者の若い頃の話もいろいろ書いてあるんですが、神社で賽銭泥棒をやったとか、右翼のバスに放火したとか、フィリピンでマリファナをやってバッドトリップしたとか、昔はかなり無茶苦茶やってたみたいですね。
 19歳で改心してクリスチャンになるんですが、いきなり実家にあった神棚と仏壇をばらばらにして燃やしてしまい、お父さんに怒られたとか。やることが極端です。

  


Posted by 山本弘 at 18:54Comments(20)トンデモ