2013年06月16日

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』最終巻

 6月8日、トンデモ本大賞からの帰りに購入、その日のうちに読了。

  いちおうネタバレは避ける方針だけど、勘のいい方なら容易に察してしまうかもしれないので、できれば未読の方はご遠慮いただきたい。












 いやー、すごかった!

 やっちゃったよ!(性的な意味でなく)

 いや、予想はしてた。前巻がああだったから、こういう展開になるんじゃないか、なれば面白いな、とは思ってた。
 その反面、「いくらなんでもそこまで書く勇気はないんじゃないの?」とか「宙ぶらりんで放り出してお茶濁すんじゃないの?」という疑念も捨て切れなかった。
 ハーレム状態にけりをつけるということは、言うまでもなく、主人公に選ばれなかった女の子たちが傷つくということだ。それは読者は望まないし、作者も書きたくないんじゃないだろうか。
 これは古典的な問題だ。その昔、あだち充『みゆき』の最終回で、賛否両論が巻き起こったのを思い出す。僕の知り合いにも、「あの終わり方は許せない!」と怒っている奴がいた。
 二者択一の結末でさえこうなのだ。『俺妹』みたいに五者択一(数えようによっては六者か七者かも)の場合、結末に満足しないファンの方が多いと予想される。
 まして作者は、熱狂的なファンから脅迫された過去がある。同じようなことが起きるかもしれないと予感して、明確な結論を出すことに不安や迷いを覚えていたとしても不思議じゃない。

 ところが。

 作者はこっちの予想を上回るど真ん中の剛速球を投げてきた。

 最高の見せ場は、何といっても、本のちょうど真ん中。見開きで発せられる、たった2文字の台詞。
 僕がその瞬間、覚えた感情は「痛快」。そして「感無量」。
 この2文字を言わせるために、この物語はあったんだな。
 しばらく本を伏せて、この2文字の余韻にひたってましたよ、ええ。

 しかもそこで終わりじゃなくて、後半の展開がさらに悶絶もの。京介たちの会話に何度噴き出したことか。こーの、バカップルがーっ!(笑)
 あやせのヤンデレ、黒猫の厨二病も例によって全開で、最後の最後まで笑わせてくれる。ラブコメの「ラブ」だけじゃなく「コメディ」の部分を大事にしてくれているのが嬉しい。

 でも、笑えるだけじゃない。
 京介に選ばれなかった女の子たちが、順に退場してゆく。そのくだりがもう、泣ける泣ける。
 彼女たちは傷つき、怒り、泣き叫ぶ。ハーレムを終わらせるということがどれほど残酷なことなのかを、作者はしっかり描いてみせる。

 特に盛り上がるのはクライマックスの「最終決戦」。
 これも予想してた展開とはいえ、本当に「修羅場」と化した。ああ、ここまで書いちゃうんだ。彼女にこんなひどいこと言わせるんだ。そして京介にこんな残酷なこと言わせるんだ。
 彼女のファンなら胸かきむしられること必至。
 でも、ここまで徹底的にやらなきゃ決着がつかないのも確か。
 さらにその後、京介が「この物語のラスボス」に対して啖呵切るのが、最高にかっこいい。

 ネットでこの結末への不満をぶちまけている連中の発言も読んだけど、はっきり分かるのは、彼らのほとんどが実際にはこの最終巻を読んでないということだ。ネットにアップされた乱暴な要約や2ページの抜粋だけ読んで腹を立て、あるいは嘲笑している。
 なぜそれが分かるかというと、作者は予想される反論や批判に対して、先回りして答えを書いているからだ。京介の口からはっきり「キモイ」と認めさせているのに、「キモイ」と批判するのは無意味だろう。
 そう、この話はキモイ。でも、かっこいい。
(ま、倫理的なこと言い出したら、中学生の女の子がエロゲやってる時点ですでにアウトなんだけどね(笑))

 もちろん、欠点を挙げ出したらきりがない。今回も「何でそれを録音してたんだよ黒猫!?」とか、笑いながらもツッコんじゃったし。他にも、上手く使われなかった伏線とか、途中から設定を変えたらしい部分もあり、作者が最後までどういう結末にもっていくか迷っていたのがうかがえる。読者に対してアンフェアな部分(京介の一人称で本当のことを言ってない)や、キャラクターの心理が不自然な部分もある。
 でも、それらを認めたうえでなお、僕はこの最終巻を評価する。

 作者は逃げなかった。
 物語を終わらせるために、愛すべきヒロインたちを傷つけることを決意した。京介といっしょに物語に向き合い、安易な結末や非現実的な結末をすべて否定し、最良の落としどころを模索した末に、ぎりぎりの妥協点にたどりついた。
 その真摯さと勇気に、僕は感動した。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の最終巻は、おそらくライトノベル界の伝説として語り継がれることになるだろう。

 しかし、ここまでやられたら、同じような作品を書いてる他の作者はつらいだろうなあ。同じことをやっても二番煎じになるだけだし、これ以下の結末を書いたら「『俺妹』に比べたらぬるい」と言われるだろうし。
  


Posted by 山本弘 at 17:43Comments(15)ライトノベル

2013年06月16日

「あなたの知らないマイナー特撮の世界#3」報告

 遅くなりましたが、先月のイベント「あなたの知らないマイナー特撮の世界#3」の報告です。

http://hirorin.otaden.jp/e276111.html

 今回も、鋼鉄サンボ、友野詳の両氏によるトークのおかげで、ずいぶん盛り上がりました。まあ、特撮マニアがいつもやってる雑談の延長みたいなものなんですけどね(笑)。

 冒頭はハリーハウゼン追悼特別企画、『猿人ジョー・ヤング』の特撮シーンの上映。1949年の作品だから、パブリックドメインです。
 けっこう未見の人が多く、ハリーハウゼンのテクニックのすごさに感心していた様子。ジョーの動きも表情も生き生きしてるんですよね。
 時間の関係で省略したけど、クライマックスの孤児院の火災シーンの特撮もすごいですよ。困難な人形アニメと炎の合成に果敢に挑戦していて、まったく違和感がない。この年のアカデミー特殊効果賞受賞も当然の出来。

 あと、前回言及した、「『11PM』にサンダとガイラが出た」「『スター千一夜』にゴジラとモスラとエビラが出た」という話の検証も。
 図書館に行って調べたところ、『11PM』の方は1966年7月19日の放送。『サンダ対ガイラ』の公開直前の特集で、円谷英二、利光貞三も出演してました。でも僕、サンダとガイラが出たことしか覚えてない(笑)。確かちゃちいミニチュアの前で取っ組み合いを演じてました。眠い目こすって観てたなあ。

 ちなみにこの頃の『11PM』の放映時間はちょっと変則的で、10時45分から15分だけ放映し、11時からいったんニュースとスポーツニュース、11時15分からまた放映……というスタイルでした。
 関係ないけど、この当時の東京12チャンネル(今のテレビ東京)のプログラムには驚きますね。『工業高校講座』『テレビ映画たのしい科学』などなど、まるで教育テレビ。『外国テレビ映画ドキュメンタリー「世紀の対決」(スターリン対トロツキー)』って、なんか気になる(笑)。語り手が芥川隆行だし。

『スター千一夜』の方は1966年12月24日の放送。これは僕はチャンネル争いに負けて観られませんでした。当日の読売新聞によれば、「彼らが初めて人間の声を出したり、自己紹介したり」したのだそうです。

 その少し前、12月13日の朝日新聞にも紹介記事が載ってるんですが、司会の栗原怜児が「今晩は皆さんの好きな三大怪獣をお招きしています」とあいさつすると、ゴジラが「スターだなんて照れちゃうな」と頭をかいたそうです(笑)。
 ちなみに『スタ千』(当時はこう略してました)に人間以外のキャラクターがゲストで出るのはこれが最初ではなく、前の年には鉄腕アトムが出ています。 当時としてはまだ難しかったアニメ合成を使っていて、けっこう手間がかかったらしいです。

 あと、1967年6月12日の朝日新聞が劇場版『サンダーバード』の紹介をしてるんだけど、「(人形の)背丈に比較して頭が大きいのは、この頭の中に電子頭脳が入っているからだという」って……おいおいおい(笑)。いや確かにリップシンクロの装置は入ってましたけどね。


 他にも、面白い特撮関連の記事をいくつも発掘。同人誌のネタになりそうです。

 その後は68~70年の特撮映画・特撮ドラマの紹介。
 なんか喋ってると、「特撮はすごいんだけど」というのがキーワードになってきました(笑)。そうなんだよなあ。『キャプテン・スカーレット』も『ジョー90』も『緯度0大作戦』も『マイティジャック』も特撮はいいんだけど、でも、ストーリーが……。
 他にもこの時代の作品には、『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』『決戦! 南海の大怪獣』『ガメラ対大魔獣ジャイガー』『ガンマ第三号・宇宙大作戦』『昆虫大戦争』などなど、ちょっとこう、うーん……な作品が多いです。
 その一方で『怪奇大作戦』『2001年宇宙の旅』『猿の惑星』などなどの名作が生まれたり、『宇宙大作戦(スター・トレック)』や『謎の円盤UFO』が日本で放映開始されてたりするんですけどね。『妖怪大戦争』『吸血鬼ゴケミドロ』もマニアの間で人気が高いですね。
 ちなみに、僕のおすすめマイナー作品は『宇宙からの脱出』。特撮技術は『2001年』よりかなり落ちるけど、デビッド・ジャンセンの乗りこむリフティングボディの宇宙機XRV(X-24あたりをヒントにした架空の機体)が無性にかっこいいのと、救援ロケット発射のシーンで、グレゴリー・ペックらNASAの職員たちが「GO! GO! GO!」と連呼するシーンが熱くて感動しちゃうんですわ。

 あと、すいません。『幻の大怪獣 アゴン』『怪盗ラレロ』『ジャングル・プリンス』『妖術武芸帳』『吸血髑髏船』あたりは観たことないです。

 次回は7月の最終金曜の予定。いよいよ1971年からの第二次特撮ブームに突入します。話題が多すぎて、いったい何回かかるかなあ……。
  


Posted by 山本弘 at 17:06Comments(2)PR

2013年06月16日

「SFのネタは科学ニュースから探そう!」

Live Wire 13.6.28(金) なんば紅鶴|山本弘のSF&トンデモNIGHT#23
「SFのネタは科学ニュースから探そう!」

 科学の世界は日進月歩。毎月のように新しい発見があり、古い説が塗り替えられていきます。そうしたニュースの中にはSFのネタになりそうなものもいっぱい!
 小惑星衝突を上回るカタストロフとは? 脳の働きはどこまで解明された? 宇宙にはどんな天体がある? そして宇宙の終わりはどうなる?
 星雲賞受賞SF作家・山本弘が、最新の科学本や科学雑誌の記事から、SFマニアの興味をそそるエキサイティングな話題を取り上げ、熱く語ります。

[出演] 山本弘(SF作家/と学会会長)

[日時] 2013年6月28日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 前売り券はこちらから。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=59301079

-------------------------------------------

 毎月『日経サイエンス』を読んでます。毎号のようにエキサイティングな発見や新技術、「これ、SFのネタになるんじゃね?」という話が載っていて、本当に面白いんですよね。
 あと、それまでの定説がころっとひっくり返ることが頻繁にあるもんで、SFを書いている者としては、いつ自分の書いてることが時代遅れになるかと、危なくて目が離せません(笑)。
 ただ、専門的な記述が多いので、素人に気軽にお勧めできないのが玉に瑕。そこで、こういう科学雑誌や科学本の中から、あまりニュースにはならないけど、SF作家の目から見て「ここが面白い!」という話を集めて紹介することを思いつきました。
 先日、事故を起こしたJ-PARCの話や、ロシアの隕石の話、「超光速のニュートリノ」の話の裏話、 『神は沈黙せず』『MM9』『アイの物語』などのネタ本や、現在連載中の『僕の光輝く世界』『プロジェクトぴあの』のネタ本、さらには「これは将来、SFのネタに使えそう!」というネタまで、出し惜しみせずに紹介する予定です。
 SFの好きな方、科学の好きな方、あるいは科学を知らなくても面白い話を聴きたいという方のご来場をお待ちしております。
  


Posted by 山本弘 at 16:37Comments(4)PR