2013年03月07日

『〈ウィアード・テールズ〉戦前翻訳傑作選 怪樹の腕』

会津信吾・藤元直樹編
『〈ウィアード・テールズ〉戦前翻訳傑作選 怪樹の腕』(東京創元社)

 アメリカの有名な怪奇小説誌〈ウィアード・テールズ〉に掲載された作品が、実は戦前の日本でもたくさん訳されていた。〈新青年〉〈少年少女譚海〉〈文藝倶楽部〉などに掲載されたそれらの作品を丹念に探し出し、一冊に集めた貴重な短編集。
 当然、その多くは無名の作家。日本で知られているのは、オーガスト・ダーレス、フランク・ベルナップ・ロング、ラルフ・ミルン・ファーリーぐらいだろうか。いやー、あたしゃフランク・ベルナップ・ロングのいかがわしさが大好きなんで(笑)、目次でロングとファーリーの名を見て衝動買いしちゃったんだけどね。
 原作の紹介ではなく、あくまで戦前の日本でどのように紹介されたかが主眼。だから明らかな誤植とか差別表現とかもそのまま再録されている。翻訳が複数ある場合、「より逸脱の程度の激しい方、すなわちゲテモノ度の高い方」を選んだという徹底ぶり。
 翻案ものも多い。海外の作家の作品を書き直し、主人公を日本人に変えたり、舞台を日本に置き換えたりしたうえ、原作者名を隠して、日本人の作品であるかのように見せかけて発表したのだ。本書に収録されている22編の短編のうち、8編が翻案である。
 いや、「翻案」と言えば聞こえはいいけど、要は「パクリ」だよね(笑)。当時の日本では、こういうことがごく当たり前に行なわれていたのだ。もちろん原作者に金なんか払っていないはず。
 翻案ではなく、原作者名を表記している作品でも、訳者が勝手に内容を変更することがよくあったらしい。登場人物の性別を変えたり、台詞を変えたり、大事な部分を省略したり、逆につけ加えたり。
 各作品の末尾には、編者による解説が付いていて、原作とどのように違うかも解説されている。たとえばエリ・コルターの「白手の黒奴」は、完訳すると125枚ほどの中編なのだが、4分の1の長さに縮められているそうだ。ロングの「漂流者の手記」では、モンスターの正体に関する重要な描写が欠落している。シーウェル・ピースリー・ライトの「博士を拾ふ」に至っては、ラストがぜんぜん違う話になっている。
 当然、無理も生じる。スチュワート・ヴァン・ダー・ビーアの「足枷の花嫁」は、原作は白人の黄色人種に対する差別意識がベースにあるのに、翻案で登場人物を日本人に変えたため、日本人が「蒙古人種の血」に恐怖するという、変な話になってしまっている。
 編者の解説によると、〈新青年〉の場合、原稿は基本的に訳者の持ちこみなので、編集部に採用してもらおうと、訳者が内容を面白くしなければならなかったのだという。また〈少年少女譚海〉は翻訳ものを載せない方針だったので、翻訳でも創作のように装わなくてはならなかったのだとか。

 何しろほとんどが80年以上前の作品(最も新しい作品で1939年作)なので、さすがに古めかしい。怪異の正体が吸血鬼だったとか、ミイラだったとか、霊の呪いだったとか、直球でひねりのないホラーが目立つ。
 一方、個人的に楽しめたのは、マッド・サイエンティストの出てくるB級SF群。現代では書けない話が多い。明らかに科学的に間違っていたり、あまりにも発想がアホらしかったり。 ゲテモノ好きとしては、そのB級っぽさが逆にたまらない。

 モーティマー・リヴィタン「第三の拇指紋」は、犯罪者になる人間は生まれつき決まっているという理論を元に、指紋から犯罪者になる人物を見分ける方法を発見した教授の話。後半の展開が面白い。
 エリ・コルターの「白手の黒奴」は、白人になることを目論む黒人が、天才外科医を雇って、全身に白い皮膚を移植するという話。もちろん人種差別思想が根底にあるんだけど、逆に差別思想を嘲笑っているようにも読めるところが興味深い。
 H・トムソン・リッチの「片手片足の無い骸骨」は、奇怪な症状をもたらす病原菌を用いて残酷な復讐を企む学者の話。グロい発想にぞくぞくする。
 ロメオ・プール「蟹人(かにおとこ)」も怪作。邦題でネタバレしちゃってるけど、新しい治療法の実験台になった男が、エビ(ロブスター)に変身してゆくというバカ・ホラー。エビなのになぜか題が「蟹人」。映画『恐怖のワニ人間』を連想したら、ちゃんと解説でも触れられていた。狼や蛇やワニならともかく、エビだとギャグになっちゃうよなあ。
 パウル・S・パワーズ「洞窟の妖魔」とR・G・マクレディ「怪樹の腕」はどちらも、隠遁しているマッド・サイエンティストがモンスターを飼育しているという話。どちらの科学者も美しい娘がいる。当時はこういうパターンの話、多かったんだろうな。
 きわめつけはラルフ・ミルン・ファーリーの「成層圏の秘密」。タイトルからドイルの「大空の恐怖」みたいな話かと予想したら、ぜんぜん違っていた。地球滅亡の危機を描いた小説は多いが、こんな発想は空前絶後だろう。よくこんなドアホウなアイデアで小説書こうと思ったな! いや、僕は喜んじゃったけどね。
 あと、編者の解説で、1937年頃に「ドイツのエンジン停止光線」という都市伝説があった、ということを知ったのも収穫。そうか、作られることなく終わったウィリス・H・オブライエンの『War Eagles』って、そのへんから発想してたのか。

 真面目なホラー小説マニアにはおすすめできない。ゲテモノ好きにはおすすめ。
  
タグ :SFホラー


Posted by 山本弘 at 18:19Comments(1)最近読んだ本

2013年03月07日

娘、デマを見破る

 3月5日(火)の夜の話。
 夕食後、iPadでツイッターをやっていた高一の娘が、こんなことを言った。

娘「今日ねー、剛力彩芽さんが逮捕されるってデマがツイッターで流れてきたんだよ」

「デマ」と言ってるということは、娘はそれがデマだと認識していることを意味している。

僕「何でデマだって分かったの?」
娘「だって、『本人のツイッターに書いてあった』って言うんだけど、プロフィールが明らかに怪しいんだよ。ほら」

 その「剛力彩芽」を名乗る人物のプロフィールを見せてもらった。ほんとだ、「非処女」って書いてあるよ(笑)。

https://twitter.com/GOURIKI_AYAME_

 娘はその情報が流れてくるとすぐ、ソースを確認し、このプロフィールを見て偽者だと判断したのだという。
 偉いぞ、我が娘! そうだよね、ソースの確認は基本だよね。

娘「でも、こんな人でもフォロワーが5万人もいて、いっぱいリツイートされちゃってるんだよねえ」
僕「みんな本人だと信じてるのかねえ?」
娘「どうなんだろうねえ」

 まあ、偽者と知っててフォローしてた人も多いんだろうけど。
 ちなみに「遂に逮捕状がきました」という話に騙された人も多いらしい。逮捕状って刑事が持参するものであって、郵送してきたりするもんじゃないんだけど……。

前田敦子も騙された“ニセ剛力彩芽”に逮捕状!!? Twitterに乱立の「なりすましアカウント」の実体
http://news.livedoor.com/article/detail/7474199/

【画像】Twitterの剛力彩芽パクリ垢「逮捕状が来ました」に釣られる方多数出現の模様
http://buzzpics.blog.fc2.com/blog-entry-2974.html

 ちなみに、「山本弘」というアカウントでツイッターやってる人がいるけど、同姓同名の別人ですからね。僕はツイッターやってません。(けっこう多いんだ、同姓同名)
  


Posted by 山本弘 at 17:41Comments(12)メディアリテラシー

2013年03月07日

クトゥルフ・ミーティングinまんだらけ

3/20 (水/祝日) ナイトランド1周年、そして「ナイトランド5号」の発売を記念して、漫画・アニメの聖地、中野まんだらけにて、クトゥルフ・ミーティングが決定しました!!!!!

H・P・ラヴクラフト氏が死去され、半世紀以上が経ち、クトゥルフ神話は様々な形に姿を変え、小説、映画だけでなく、漫画やアニメ、特撮に至るまで秘かにかつ確実に浸透してきました。多様に変化するクトゥルフ神話を、漫画・アニメの聖地と呼ばれる「まんだらけ」というフィルターを通して映し出す、特別企画!!!

【場所】 中野ブロードウェイ4F まんだらけ「記憶×大予言」
【時期】 3月20日 (水・祝日) 16:00~17:00
【入場数】 30人前後
【入場資格】当日はフリーイベントとなり、入場無料となります。

ゲストは、日本を代表する怪奇小説家「朝松健」先生、TRPGデザイナー「朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ代表)」先生、作家「山本弘(と学会会長)」先生!!

そしてイベント開催を記念して漫画家「高橋葉介」先生が描くクトゥルフTシャツをまんだらけで限定発売!!!!
こちらは高橋葉介先生による描き下ろしのクトゥルフ・イラスト!!!!

Tシャツは限定100枚!
しかもオンライン予約時のみ、限定カラーを用意します!
※全体でカラーが5種類、各20枚程度の全体で限定100枚のみという極少部数での販売となります。
※※なお、店頭販売も予定していますが、オンラインで規定枚数に到達した場合、店頭販売がなくなる場合もありますので、確実に欲しい方はオンラインで注文お願いします。
http://www.mandarake.co.jp/information/event/2013/cthulhu/index.html

---------------------------------------
 出演を承諾してから気がついたんだけど、今の若い世代って、僕とクトゥルフ神話の関わりを知らないんじゃないですかねえ?
『クトゥルフ・ハンドブック』とか『クトゥルフ・ワールド・ツアー』とか『ラプラスの魔』とか、知らない人の方が多そうな気がする。どれももう20年以上前だしなあ。
  


Posted by 山本弘 at 17:20Comments(11)PR