2013年02月24日

『僕の妹は「大阪おかん」』

 最近ちょっとハマってる作品。

http://www.nicovideo.jp/watch/1356079576


 第1話を観た勢いで、一気に8話まで観てしまった。手間と予算かけてぐりぐり動き回るアニメももちろんいいけど、こういう最小限の手間で楽しませようというgdgdなアニメもいいよね。毎回変わるEDテーマも楽しみ。
 昔あった「オバタリアン」みたいな感じだけど、「妹」にしたことで萌えアニメに……なってんのか?  公式タグが「残念アニメ」だしなあ(笑)。

 京都生まれで大阪に20年近く住んでる人間として言わせてもらうと、ここに出てくる「大阪おかん」の特徴の多くは、時代遅れか、誇張されている。「冷コー」という言い方は昔はよく聞いたけど、最近はあまり耳にしない。「豚まん」も551の蓬莱の豚まん限定ではないだろうか。「飴ちゃんあげよか」と言うおばちゃんにも会ったことがない。ましてや「でんがなまんがな」なんて言う女の子はいない(笑)。
 そう言えば、『定吉七番の復活』でもネタにされてたけど、最近は関西人も普通に納豆を食べるようになってるな。
 つまりここで描かれている「大阪おかん」は、あくまで関東人がイメージする架空の大阪人なんである。だから「大阪人ってこうなんだ」とマジで信じるのも、「大阪をバカにするな!」と怒るのも間違い。ギャグと割り切って見ないと。

 阿澄佳奈の大阪弁が下手だと言ってる奴がいるけど、これは戯画化された大阪キャラだから、逆にリアルでない方がいいと思うんだよね。 関西出身の白石涼子に兄をやらせるというのも、意図的なキャスティングではないかと思う。
 あと、毎回、井口裕香が何の役やるのかも楽しみ。おばちゃんの声とか少年の声とかおっさんの声とか、脇役はみんな井口裕香。『らき☆すた』でも2人いたのに、無茶だ。

 やっぱり僕は石舘光太郎作品が好きなんだってことを再確認。『gdgd妖精s』大好きでした。
 スタッフの代わった『gdgd妖精s』2期も観てる。特に第5話のタイムマシンの話には仰天した。この適当に作ってるように見えるgdgdな番組で、まさかそんな緻密な伏線が張ってあったとは!(笑)

 新番組『直球表題ロボットアニメ』も、予想通り、もろに『gdgd妖精s』で、
「それ、メンタルとタイムの部屋やろ!?」
 とかツッコミながら観てる。 ダイサンワの「コマネチ!」には爆笑した。

 あー、でもさすがに『バックステージ・アイドル・ストーリー』はついていけませんでした(苦笑)。
  
タグ :アニメ


Posted by 山本弘 at 18:13Comments(9)アニメ

2013年02月24日

日本SF作家クラブ設立50周年記念出版『SF JACK』

 日本SF作家クラブ設立50周年を記念する、SF作家12人によるオール書き下ろしアンソロジー。角川書店より3月1日発売。
 収録作品は次の通り。

冲方丁「神星伝」
吉川良太郎「黒猫ラ・モールの歴史観と意見」
上田早夕里「楽園(パラディスス)」
今野敏「チャンナン」
山田正紀「別の世界は可能かもしれない」
小林泰三「草食の楽園」
瀬名秀明「不死の市」
山本弘「リアリストたち」
新井素子「あの懐かしい蝉の声は」
堀晃「宇宙縫合」
宮部みゆき「さよならの儀式」
夢枕獏「陰態の家」

 昨日、見本が届いたので、ひと晩で一気読みしました。
 冒頭の冲方丁「神星伝」がとにかく傑作! たった48ページの中に、長編アニメ1本分ぐらいのストーリーとアイデアを詰めこんだ和風ワイドスクリーン・バロック。クライマックスは巨大ロボ戦だ!
 話自体はアニメとかでよくある要素の寄せ集めなんだけど、世界観と文体が独特で楽しい。読みながら、『ファイブスター物語』や『ブラックロッド』を連想してたんだけど、読み終わってしばらくしてから、はたと気がついた。

 これって『ニンジャスレイヤー』だよ!(笑)

「アッパレ=ナリ!」という掛け声とか、絶対意識してる。あれを冲方風にアレンジしたらこうなるんだ。うん、すごく面白い。

 上田早夕里「楽園(パラディスス)」は、シミュレートされた死者と対話できる近未来の技術を描いた話。これはじきに現実になりそうだな。
 山田正紀「別の世界は可能かもしれない」は、『アルジャーノンに花束を』のサスペンス版という感じ。現代の脳科学から連想される架空理論の炸裂は、まさに山田氏特有の味。
 宮部みゆき「さよならの儀式」は、泣けるロボットもの。
 夢枕獏「陰態の家」は、これまた作者の持ち芸とも言うべきオカルト・ハンターもの。
 他にも、どの作家もそれぞれの持ち味を色濃く出しています。

 ちなみに僕の作品は、昨年、僕の身に実際に起きた事件からヒントを得て、未来の話に置き換えたもの(とは言っても、実際に体験したのは冒頭のシチュエーションだけなんだけど)。
 こういうテーマは一般小説では扱いづらい。SFだからこそ真正面から書けるんですよね。
 これも読んでいただければ、「いかにも山本弘だな」と思ってもらえるはず。


 この日本SF作家クラブ設立50周年記念出版、他にも『日本SF短篇50』(早川書房・全5巻)の刊行がスタート。1963年から現在までの、日本SF作家の代表作50本を収録したアンソロジー。僕の作品も5巻に収録予定です。
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/21098.html

 ちなみに1巻に小松左京氏の作品が入ってないのは、2巻に「ゴルディアスの結び目」が入るからです。
  
タグ :PRSF


Posted by 山本弘 at 17:30Comments(4)PR