2012年10月28日

ライトノベルについていろいろと(後)

 次は「ライトノベルの源流を探る」。
 先に挙げたラノベの表面的なフォーマット──「表紙が女の子でカラー口絵があって本文イラストがある文庫本」の元祖が、創元推理文庫の『火星シリーズ』だというのは、みんな笑うけど、でもそうでしょ?

 創元がこうしたスタイルで当てたもんで、対抗して早川が創刊したのがハヤカワSF文庫。今は違うけど、昔のハヤカワSF文庫はみんなカラー口絵があって本文イラストがあった。表紙も女性キャラが描かれていることが多かった。ジェイムズ・H・シュミッツの『悪鬼の種族』なんて表紙買いしちゃったし。

 ムーアの『大宇宙の魔女』も、あの表紙じゃなかったら手に取らなかっただろう。

 他にも『砂の惑星』の石森章太郎、『ジェイムスン教授』シリーズの藤子不二雄、『テクニカラー・タイムマシン』のモンキー・パンチなど、当時の人気マンガ家を起用していた。

 だから高千穂遙氏がソノラマ文庫の『クラッシャー・ジョウ』のイラストレーターとして安彦良和氏を指名したのも、そうしたことがヒントになってたんじゃないかと思うんである。

 イラストじゃなくて内容に目を向けるなら、大森望氏の主張する「ライトノベルの源流は平井和正『超革命的中学生集団』」という説には賛成。確かにあれより過去には遡れない。『超革中』は従来の児童小説とは完全に一線を画した画期的な作品だったと思う。

 ちなみに、これも知らない人が多いようだけど、『超革中』は2003年に『超人騎士団リーパーズ』とタイトルを変えて、青い鳥文庫fシリーズから新版が出ている。

 他にも、辻真先『キリコ&薩次』のシリーズはいかに先進的だったかとか、新井素子『いつか猫になる日まで』(壮大な宇宙戦争とヒロインの恋が同時進行で描かれる)は今でいうセカイ系のはしりなのかとか、笹本祐一『妖精作戦』がのちのSF作家たちにどれほど大きな影響を与えたか……といった話も熱く語った。
 これらの作品も今、復刊されてるんで読めます。久しぶりに読んだ『仮題・中学殺人事件』は、トリックが分かっててもやっぱり面白かった。
 ちなみに有川浩『レインツリーの国』は『妖精作戦』へのオマージュ。だから創元SF文庫版『妖精作戦』の1巻は有川さんが解説を書いている


 その後は、90年代から現代までのいろんなライトノベルを紹介。有名な作品を今さら取り上げるのも芸がないので、知名度じゃなく、あくまで僕の思い入れを基準にセレクトした。
 90年代の作品では、『バーンストーマー』『星虫』『宇宙豪快ダイザッパー』『風の白猿神』『電脳天使』『タイム・リープ』『ロケットガール』『ブラックロッド』など……『風の白猿神』は今でもちょくちょく語り草になってますな。
 21世紀に入ってからでは、『紫色のクオリア』『ヴィークルエンド』『パララバ』『アンチマジカル』『邪神大沼』『“菜々子さん”の戯曲』『超妹大戦シスマゲドン』『千の剣の舞う空に』『消閑の挑戦者』『声で魅せてよベイビー』などなど。
 中でもどうしても取り上げたかったのは、桜庭一樹さんの『竹田くんの恋人』。純粋に作品として見ると、明らかに失敗作なんだけど、クライマックス、ゲームの世界からやってきた女の子が、ついに探し当てた自分のプレイヤーに告白するくだりが、もうボロボロ泣けちゃって……個人的に忘れがたい作品である。
 あと三雲岳斗氏による『絶対可憐チルドレン』のノヴェライズは、原作ファンには絶対おすすめ。スケールが大きいうえに、原作の設定を緻密に織りこんでいて、ファン・サービスもたっぷり。『チルドレン』の劇場版作るんだったらこういう話にすべき!
 他にも、タイトルを見ただけで笑っちゃう作品とか、設定がトンデモない作品もいろいろ紹介。『名門校の女子生徒会長がアブドゥル=アルハザードのネクロノミコンを読んだら』『魔王が家賃を払ってくれない』『ウルトラマン妹』『うちのメイドは不定形』『パンツブレイカー』『奥の細道オブ・ザ・デッド』『寄生彼女サナ』『五年二組の吸血鬼』などなど……トンデモない設定でもつまらないかというと、決してそんなことはない。問題はその設定をうまく使いこなしているかどうか。特に『うちのメイドは不定形』はおすすめ。
 あっ、もちろん『ココロコネクト』『這いよれ!ニャル子さん』『ベン・トー』『文学少女』『俺の妹がこんなに可愛い』などのメジャーな作品もいろいろ取り上げましたよ。
『俺の妹』は次が最終巻だけど、どう決着つけるのかなあ。さすがに桐乃エンドだけはないだろうと思ってたんだけど、最新刊の最後のページの桐乃の宣言で分からなくなった。ありうるのか、桐乃エンド!? もうドキドキですよ。

 結論としては、

 ライトノベルには「遠慮」がない。

 普通、「半径2メートル以内のパンツを消す能力」なんて、思いついても小説に書こうとは思わない(笑)。それを書いちゃうのがライトノベルだ。アイデアだけじゃない。「こんな変なキャラクターを出したらバカにされるんじゃないか」とか「こんな荒唐無稽な設定を受け入れてもらうには、日常に密着したリアルな部分をみっちり書かないといけないんじゃないか」とか「こんなに会話ばっかりでストーリーが進まない小説なんて許されるのか」といった遠慮をしないのである。
 そうした自由奔放さこそ、ライトノベルの魅力だし、一方で、ライトノベルを生理的に受け付けない人がいる原因でもあるのではないかと思う。
 ライトノベルは長所と欠点が表裏一体なのだ。
  


Posted by 山本弘 at 16:38Comments(17)ライトノベル

2012年10月28日

ライトノベルについていろいろと(前)

 先日のLiveWireの企画「語りつくすぞ!ライトノベル」の報告をかねて。
 何年か前に某出版社からライトノベルについて解説する原稿を書いてくれと頼まれたけど、お断りしたことがある。「僕はそんなに詳しくない。今、発行されているライトノベルの1/10も読んでませんから」「もっとたくさん読んでいる人に頼んでください」と。
 今回、この企画をやるために調べてみて分かったのは、2011年にはライトノベルがなんと968冊も出てたという事実。

http://d.hatena.ne.jp/yuki_tomo624/20120122/1327244524

 うん、やっぱり1/10も読むのは無理(笑)。97冊読もうとしたら月に8冊だもの。他の本読んでる時間がない。というか、かなりのライトノベル好きでも、年に100冊以上読むという人はあまりいないんじゃないかと思う。
 だから今回は、本当に自分が知っている範囲の話に限定して進めることにした。

 まずは「ライトノベル畑からデビューした作家」の紹介。ライトノベル系の新人賞でデビューしたり、あるいはデビュー後しばらくライトノベルを書いていた人が、一般文芸に移ってくる例が多い。冲方丁、桜庭一樹、有川浩、乙一、小川一水、野尻抱介、橋本紡、長谷敏司……最近の注目は『ビブリア古書堂の事件手帖』の三上延氏。2002年にデビュー以来、電撃文庫で30冊近く書いていた。

 やっぱりね、栞子さん萌えるよね!(笑)
 会場でも言ったんだけど、年配のミステリ作家が『ビブリア古書堂』と同じ題材で小説を書いたとしても、栞子さんはあんな魅力的なキャラにはならなかったと思う。『ビブリア古書堂』はライトノベルの方法論をうまく取り入れたのが、ヒットの要因のひとつ(あくまでひとつだけど)ではないだろうか。

 次に「児童小説とライトノベルの境界が曖昧になってきている」という話。
 2004年頃、当時小学生の娘に読ませる本を本屋で探していて、『妖界ナビ・ルナ』の表紙を見つけた時には、「えっ? 最近は児童書でもこんな絵ありなの?」と驚いたもんである。

 ところが今や、フォア文庫も青い鳥文庫も、さらには角川のつばさ文庫も、アニメチックなキャラクター、ラノベ風の表紙のものが当たり前になってきている。

 会場で意外だったのが、『涼宮ハルヒの憂鬱』や『キノの旅』や『生徒会の一存』が角川つばさ文庫から児童書として出てることを知らない人が多かったこと。

 読んでるんですよ、小学生の女の子が『生徒会』を! 公式サイトに載った感想に「中学校か高校生になったら、生徒会に入りたいと思いました」と書いてあって、「いや、あんな生徒会ないから!」と思わずツッコんでしまいましたよ(笑)。
 つまりこれ、小中学生のうちからラノベを読ませて、ラノベ界にひきずりこもうという角川の戦略なんである。
 この戦略、正しいよ! 先日、ニュースで、中学生にいちばん人気がある作家は山田悠介だというのを知って暗澹たる気分になったもんで(笑)、よけいにそう思う。『リアル鬼ごっこ』読ませるぐらいなら、『ハルヒ』や『キノ』を読ませた方が、はるかに教育上よろしい。

 次は「ライトノベルの定義」の話。これ、意外に考え出すとややこしい。ライトノベルと言っても、SFもファンタジーもホラーもミステリも恋愛小説もあり、ドシリアスな作品からハチャメチャなギャグ作品まで、あらゆるものが揃っていて、ひと言でくくれないのである。
 まあ、「ライトノベル・レーベルから発売されているものがライトノベル」というトートロジーみたいな定義は、つい納得したくなるし、「表紙が女の子でカラー口絵があって本文イラストがある文庫本」というイメージも、だいたい合ってるとは思う。
 でも、そうなると、『化物語』はライトノベルじゃないのか、という問題が発生してしまう。あれを「ライトノベルじゃない」と言い切るのは、何かおかしい気がする。
 あと、桜庭一樹さんの『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が富士見ミステリー文庫から出てた時はライトノベルで、後で角川から出たのはライトノベルじゃないのか、とか。(ちなみに僕は富士見ミステリー文庫で読んだ)

 有川さんの『図書館戦争』も、先に挙げた定義からは完全にはずれてるんだけど、ノリはライトノベルなんだよなあ……。
 というわけで、厳密に定義できません、ライトノベル。読者が「これはライトノベルだ」と思ったものがライトノベルなんだろう、たぶん。
  


Posted by 山本弘 at 15:42Comments(15)ライトノベル