2012年04月15日

「SFマガジンを創刊号から読んでみるPART2」

トークライブLive Wire 山本弘のSF&トンデモNIGHT#9
「SFマガジンを創刊号から読んでみるPART2」
【出演】山本弘(SF作家/と学会会長)
【日時】4月30日(月)
    開場19:00〜 開演19:30〜(約二時間)
【場所】トークシアターなんば紅鶴
     大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F

 グレッグ・イーガンやテッド・チャンもいいけれど、昔のSFだって面白かった!
 1959年12月に創刊され、すでに半世紀の歴史がある『SFマガジン』。80年代以前のクラシックSFを深く愛する山本弘が、その初期の号の中から、今となっては読めない幻の名作、心温まる佳作、奇想天外な怪作、爆笑の珍作の数々を、主観と偏見でピックアップ。素朴だけれど楽しいクラシックSFの魅力を語り尽くします。

 2月にやったイベントの続きです。前回は1号から50号まででしたが、今回は50号から100号を紹介します。ブリッシュ「コモン・タイム」、アンダースン「救いの手」、ムアコック「乱流」、ジョーンズ「騒音レベル」、クレメント「危険因子」などなど、どこにも再録されず、今では忘れられた作品を熱く語ろうと思ってます。

 LiveWire公式サイト(前売券などの情報はこちらから)

【追記】当初「紅鶴」でお伝えしていましたが、同じ建物内の「白鯨」に変更になりました。
  
タグ :PRSF


Posted by 山本弘 at 17:53Comments(1)PR

2012年04月15日

日本トンデモ本大賞2012

 イベントのお知らせを二つ。

日本トンデモ本大賞2012

【日時】2012年6月9日(土曜)18:30開場 19時開演(予定)
【場所】新宿・ロフトプラスワン
【出演】山本弘 with と学会
【主催】と学会
【入場料】前売り・1500円/当日・2000円
【Lコード】32919
 ローソンチケットでご購入ください。

 日本でいちばんトンデモない本を選ぶという恒例のイベント。去年は20周年ということで大規模にやったんですが、今年はロフトプラスワンです。一挙に狭くなりました(笑)。その代わり、去年の前月祭と同じく、ニコニコ生放送で配信され、投票していただくこともできます。日本中どこからでも参加できるわけです。
 じゃあロフトに行かなくてもいかなくてもいいか……というと、そんなことはなく、ノミネート作品発表前の、会員による研究発表の部分はニコ生では流れません。前にトンデモ本大賞に来られたことのある方なら、ここも面白いことはご存じでしょう。
 今年はどんな本が登場するのか、それは6月9日のお楽しみ!

【追記】前売り券は完売しました。どうもありがとうございます!
  


Posted by 山本弘 at 17:12Comments(3)PR

2012年04月15日

『謎解き超常現象Ⅲ』

 ASIOSの新刊です。



ASIOS(超常現象の懐疑的調査のための会)
謎解き超常現象Ⅲ
彩図社 1429円+税 4月17日発売

はじめに――超常現象の新たな謎に挑む

第1章 人智を超えた奇跡「超能力事件」の真相

奇跡の超人、ミリン・ダヨ【剣で刺されても出血しない不死身の男】
「血の涙」の秘密【流れ出る赤い涙は神の啓示か?】
サイ・ババ伝説の真相【空中から物を取り出すインドの聖人】
金粉現象の真実【突然、身体から謎の金色の物体が…】
バクスター効果の謎【植物は人間の心がわかるというのは本当か?】
岡本天明の『日月神示』【異能の画家が残した驚異の大予言】

第2章 奇想天外「怪奇・ミステリー事件」の真相

禁断の「田代峠」の謎【東北最大のミステリースポット】
タイタニック沈没はミイラの呪い 【史上最悪の海難事故の驚くべき真相】
中国の巨大ミステリー・サークル【国営通信の新華社も大々的に報道!】
リンカーンとケネディの奇妙な一致 【2人の大統領にあった忌まわしき共通点】
天降異物学事始 【魚、オタマジャクシ、カエル…何かが空から降ってくる】
海外の心霊写真 【写真に現れた心霊は何を語りかけるのか?】

第3章 異星人の襲来!?「UFO事件」の真相

「ホッテル文書」の信憑性【ロズウェル事件を伝える新たな機密文書が公開!?】
アズテック事件の真相 【ニューメキシコ州アズテックにUFOが墜落!?】
イースタン航空機事件【クラシック三大UFO目撃事件のひとつ】
ベルギーUFOウェーブ【5万人が見た! 史上最大のUFO集中目撃事件】
世界各地に出現する菱形UFO【金沢市でも撮影された謎の飛行物体】
ジミー・カーターが目撃したUFO 【夜空に輝く光の正体は?】
その他のUFO誤認例【未解明なUFO目撃情報の真相を探る】

第4章 迫る地球終焉の日「宇宙の謎」の真相

迫りくるベテルギウス超新星爆発【太陽が二つになり、地球は滅びてしまうのか?】
惑星クラリオンの歴史【地球からどんどん遠くなる? 正体不明の星】
エレーニン彗星が地球に衝突!?【ホワイトハウスも対策を講じた地球存亡の危機】
地球空洞説の真実【南極と北極には地球内部に通じる大穴があった!?】
本当にいるか宇宙生物 【地球外生命体と出会える日はくるのか?】

第5章 未知なる怪生物「UMA事件」の真相

スクリューのガー助 【日本の子供たちを驚かせた1枚の写真】
海の怪物「シー・サーペント」【多くの目撃談が存在する伝説の海獣】
ケサランパサランは何者か?【所有者に幸運を運ぶ幻の生き物】
屋久島の精霊「木霊」の写真【『もののけ姫』のキャラクターは実在した?】
比婆山の怪獣ヒバゴン伝説【かつてブームを呼んだ幻のご当地UMA】

第6章 失われた歴史「超古代文明・秘史」の真相

トスカーナのエクスカリバー【実在した、いにしえの“聖剣伝説”】
古代エジプトのフライホイール【エジプトの遺跡で発見された謎の円盤】
トンカラリンの真相 【熊本県で見つかった“古代の地下遺跡”】
源義経=ジンギスカン説の真実【なぜ誰もシーボルト説を知らないのか?】
『竹内文献』に隠された真実【超古代伝承を語る謎に満ちた文献】

おわりに――原動力は不可思議への好奇心

 僕の担当ページは全体の1/3弱です。「エレーニン彗星」や「スクリューのガー助」は、以前にこのブログで紹介した内容に大幅に追記。「地球空洞説」は以前にも『トンデモ超常現象99の真相』で書いたけど、流用じゃなく、新情報を加えた全面改稿。
「イースタン航空機事件」は、『神は沈黙せず』の中でも扱ったけど、その真相を明かします。「スクリューのガー助」は『トワイライト・テールズ』を、「ベテルギウス超新星爆発」は『輝きの七日間』を書くために集めた資料が役に立ちました。
「屋久島の木霊」は、ネットでは知られてるけど、真相を知らない人が多いんじゃないかと思います。「クラリオン」も最近のカヴァーロの本でしか知らない人も多いかと思い、その歴史を紐解いてみました。
 僕以外の人の記事も、「ミリン・ダヨ」、『日月神示』、「田代峠」、「ベルギーUFOウェーブ」、「トスカーナのエクスカリバー」など、どれもなかなかエキサイティングでおすすめです。まさかこんなところで「リアル犬神明」が出てくるとは(笑)。

  


Posted by 山本弘 at 16:58Comments(1)PR