2011年11月16日

『詩羽のいる街』/飛べないハードルを負けない気持ちで

 山本弘作品の中で、世間的に評価が高いものは何だろう? 疑問に思って、mixiのレビューを元に調べてみた。

・レビュアー数が20人以上
・小説のみ

 という条件で、満足度の大きい順に並べてみると、こういう結果になった。

●アイの物語 (文庫)
 平均 4.63点(74人)

●詩羽のいる街
 平均 4.49点(104人)

●サーラの冒険6 やっぱりヒーローになりたい! (文庫)
 平均 4.43点(23人)

●アイの物語
 平均 4.35点(198人)

●神は沈黙せず
 平均 4.27点(180人)

●神は沈黙せず〈下〉(文庫)
 平均 4.13点(43人)

●神は沈黙せず〈上〉(文庫)
 平均 4.00点(69人)

●MM9
 平均 4.00点(84人)

●地球移動作戦
 平均 3.97点(37人)

●アリスへの決別 (文庫)
 平均 3.96点(27人)

●審判の日
 平均 3.95点(20人)

●MM9 (文庫 )
 平均 3.93点(45人)

●闇が落ちる前に、もう一度 (文庫)
 平均 3.90点(30人)

●去年はいい年になるだろう
 平均 3.83点(42人)

●まだ見ぬ冬の悲しみも
 平均 3.81点(21人)

●シュレディンガーのチョコパフェ (文庫)
 平均 3.81点(42人)

 というわけで、『アイの物語』『詩羽のいる街』『やっぱりヒーローになりたい!』がトップ3で、『神は沈黙せず』『MM9』『地球移動作戦』がそれに続くという結果になった。僕の自己評価とそんなにずれていなくて、ちょっとほっとしている。
 しかし『アイの物語』の場合、文庫の点数は高いけど、単行本と文庫の点数×人数を合わせて平均すると4.43になる。つまり、実質上、トップは『詩羽のいる街』なんである。
『詩羽』は3年前に出た本だけど、今年になってからもけっこうレビューが書かれている。ネットでも検索してみたことがあるんだけど、ブログなどでは「○○さんからすすめられて読んだ」というパターンが目立つ。どうも、口コミでじわじわ人気が広がっているようなのだ。

 どういう話かご存じない方はこちらをどうぞ。

詩羽のいる街

 今度、その文庫版が出ることになった。


 ゲラチェックのために久しぶりに読み返したんだけど、やっぱり面白いわ、これ(笑)。 思わず読みふけっちゃったよ。

 冒頭の、TCGのカード交換会に集まった子供たちの描写からして、実に活き活きしているが、その後もあれよあれよという間に、語り手が詩羽につき合わされていろんな人と出会い、いろんな体験(原理的には可能だけど日常的にはまず起きないことばかり)をするもんで、飽きる暇がない。 架空のマンガ『戦場の魔法少女』『ガールズ・テリトリー』を縦糸として、4つの話がゆるく結びついていて、最終話では、それまでに出てきたあらゆる要素が、街全体をボードとして使った巨大なゲームに収束してゆく……。
 何だこれ。こんなもん何で書けたんだ、3年前の自分?
 頭を抱えた。やばい。今書いてる『輝きの七日間』や『UFOはもう来ない』と比較すると、リアリティも人物描写も話の運び方も、格段に違う。 『詩羽』の方が圧倒的に上手い。
 3年でレベルが落ちてるのを痛感する。

 今のところ『詩羽』が僕の最高傑作であることに何の不満もないし、むしろ誇りなのだけど、これに安住してちゃだめだよなあ。 いつか『詩羽』を超えるものを書かないと。
 でも高いハードルだよなあ。どうすれば超えられるんだ、これ。

 ちなみに文庫版の解説は有川浩さん。なぜか分からない人は『レインツリーの国』を読むように。

  
タグ :PRSF


Posted by 山本弘 at 18:31Comments(12)PR

2011年11月16日

山本弘のSF&トンデモNIGHT#4 /「トンデモ本」の20年

 今月は仕事が忙しくて、なかなかブログの更新できませんでした。申し訳ない。
 しかしこの調子で、冬コミ用の同人誌書いてる時間あるかなー。

トークライブLive Wire 山本弘のSF&トンデモNIGHT#4
「トンデモ本」の20年

[出演]山本弘

[日時] 2011年11月22日(火)
 開場・19:00 開始・19:30(21:30~22:00終了予定)

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F
   南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円(当日券500円up)
 
「と学会会長」山本弘が、ついに満を持して「トンデモ本」の世界を語ります!

 これまで、世界の情けな怪獣、がっくり超能力番組など、ウルトラ脱力級の秘蔵映像に怒涛のツッコミを浴びせ、紅鶴を何度も酸欠状態に陥れてきた山本弘トンデモNIGHT。四回目にして、ついにその真打とも言うべきネタが登場。
 今回のネタは、2011年で20周年を迎えた「日本トンデモ本大賞」受賞作&ノミネート作の紹介ーーいわば「と学会」20年間のフィールドワークの成果。もうそれだけで爆笑必至ーーテッパン中のテッパンネタの宝庫なのです。

 植物さんとお話する本、ニャントロ星人の陰謀、アポロは月に行っていない等など……通常の人間の発想では到底行きつけない奇妙な発想と、あまりにワキの甘い妄想論理の積み重ね、そのダメさ加減をとことん楽しみましょう。

 LiveWire公式サイト(前売券などの情報はこちらから)
http://go-livewire.com/

  


Posted by 山本弘 at 17:12Comments(3)PR