2011年09月02日

『戦争×文学 5 イマジネーションの戦争』

 集英社が『戦争×文学(せんそうとぶんがく)』という全20巻のアンソロジーを出版してるんだけど、

http://www.shueisha.co.jp/war-lite/top.html

 その第5巻『イマジネーションの戦争』に、僕の「リトルガールふたたび」が収録された。タイトル通り、SFやファンタジーや寓話などの空想上の戦争を扱った小説を集めた巻である。9月5日発売予定。3600円(税別)。


 先日、実物が届いたんだけど、700ページ近くあるずっしり重い本でびっくり。よく、厚い本のことを冗談で「人を殺せる」と言うけど、試しに自分の頭を軽く叩いてみたら、かなり痛かった。ハードカバーでこの重量だと、ほんとに凶器になるな。


(ピンボケでごめんなさい)

【収録作品】
芥川龍之介 『桃太郎』
安部公房  『鉄砲屋』
筒井康隆  『通いの軍隊』
伊藤計劃  『The Indifference Engine』
モブ・ノリオ『既知との遭遇』
宮沢賢治  『烏の北斗七星』
小松左京  『春の軍隊』
秋山瑞人  『おれはミサイル』
三崎亜記  『鼓笛隊の襲来』
青来有一  『スズメバチの戦闘機』
星野智幸  『煉獄ロック』
星 新一  『白い服の男』
山本 弘  『リトルガールふたたび』
田中慎弥  『犬と鴉』
稲垣足穂  『薄い街』
内田百閒  『旅順入城式』
高橋新吉  『うちわ』
赤川次郎  『悪夢の果て』
小島信夫  『城壁』

 うーむ、自分の作品が芥川龍之介や宮沢賢治や稲垣足穂と同じ本に載ってるって、なんかすごい。
 でも、個人的にいちばん嬉しいのは、星新一氏の「白い服の男」の次に載ってるってこと! 高校時代に読んで感激したあの作品と! 僕の小説が!
 考えてみれば、小学生時代に小松さんや筒井さんや星さんの作品を読んで「SF作家になりたい」と思った僕が、ようやく名前が並ぶところまで来られたんだから、まさに感無量。「その背中だけ追いかけて/ここまで来たんだ」と、なんか急に「空色デイズ」歌い出したくなったよ。

 中にはさまっている月報には、今年の5月に行なわれた小松左京氏インタビューを収録……ええっ!? これ、もしかして小松さんの最後のインタビューなの?
  
タグ :PRSF


Posted by 山本弘 at 16:01Comments(4)PR

2011年09月02日

『イナズマイレブンGO』

 31日の新聞のテレビ欄には「円堂の奥様が今夜明らかに」とか、ニュースショーみたいなことが書いてあった(笑)。いや、誰かは知ってましたけど。

 でも、予想を上回る面白さで、テレビの前で家族三人で大笑いしてた。

 だって、いきなり「お帰りなさい、円堂くん」だよ! 自分の夫を呼ぶのに「円堂くん」! おまえだってもう「円堂」だろうが! そこは天馬もツッコめよ。
 ネットでは「結婚して料理は上手くなったのか」とか言われてたんだけど、ぜんぜんそんなことはなかった。必死にまずさに耐えながらも全部平らげる円堂。こんな生活、毎日続けてるのか。すげえなあ。愛だなあ。
 でも、まずいと分かってるんなら、天馬を夕食に誘うなよ(笑)。

 途中から見はじめたんだけど、確かに『イナイレ』が受ける理由はよく分かる。どうすれば盛り上がるか、どうすれば燃える展開になるかが、きちんと計算されているのだ。下手にマニア受けを狙ったりせず、バカ正直とも言えるぐらいにさわやかな王道展開を積み重ねているのが気持ちいい。普段から変なアニメばっかり見まくっている僕には、一周回って新鮮である。
 前回の帝国戦とかも、「お約束だなあ」とは思いつつも、「みんなの友情でパワーアップ」というこっぱずかしいパターンを大真面目にやってるもんで、けっこう感動してしまった。個人的には、そよ風ステップで敵の化身をかわす天馬がかっこいいと思ったんだけど、美月は蘭丸のザ・ミストが気に入ったらしい。
 もちろん子供の目でストレートに楽しむこともできるし、すれた大人の目からも、超次元的な技の数々に「何でやねん!?」とツッコミながら見る楽しみもある。
 今週は特訓シーンで美月が大喜び。

「どれだけ公式でフラグ立てたら気が済むねん!」

 確かになあ。表面上はあくまで普通の(でもないが)サッカー・アニメだけど、腐女子的視点からはいくらでも深読みができるんだよね。
 まあ、スタッフはさすがにそこまで計算して作ってはいないだろうけど。
 妻はというと、最後の「今日の格言」で、「今日の格言は『男なら黙って食え』やろ!?」とツッコんでました(笑)。
 毎回見終わると、

「化身ってルール違反にならへんの?」
「いや、サッカーのルールに『化身は出してはいけない』とは書いてないから(笑)」

 といったバカ話で盛り上がる。まさに「家族そろって楽しめる番組」なのだ。
 
 どうでもいいけど、ファンは「イナゴ」って略すんだな。知りませんでした。
  
タグ :アニメ


Posted by 山本弘 at 15:44Comments(2)アニメ