2011年06月22日

今月の『SFマガジン』は初音ミク特集

『SFマガジン』2011年8月号は初音ミク特集です。発売日は6月25日。
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/721108.html

特集・初音ミク
 世界的な人気を得るにいたった日本発の「歌姫」、初音ミクのSF的想像力に迫る。山本弘、野尻抱介、泉和良による小説のほか、エッセイ、インタビュウなどで構成する。
表紙イラスト:KEI(描き下ろし)

[特集内容]
小説
○「喪われた惑星の遺産」 山本 弘
○「DIVAの揺らすカーテン」 泉 和良
○「歌う潜水艦とピアピア動画」 野尻抱介

インタビュウ
佐々木渉インタビュウ インタビュアー&構成:新見 直(KAI-YOU)
内海 洋インタビュウ インタビュアー&構成:卯月 鮎
前山田健一インタビュウ インタビュアー&構成:編集部

エッセイ
○「ミライのクルマ――未来派からミクへ」 飯田一史
○「初音ミク、その越境するキャラクター的身体について」 濱野智史
○「初音ミクを縛るのは誰?──ヴォーカロイドを巡る法律問題」 小倉秀夫
○「しまった!~または、ボカロ現象に、今からでも遅くない、SF大賞メディア部門賞を!」 難波弘之

○初音ミク・イラストレーションズ・ギャラリー bob / usi

 僕も長編『輝きの七日間』の連載を1回お休みして、ミクを題材にした短篇SFを書かせていただきました。
「もしも人類滅亡後に太陽系を訪れた異星人が金星探査機〈あかつき〉を拾ったら」
 という話です。ギャグのつもりで書きはじめたら、最後は意外に感動的な話になってしまいました。

 編集さんの話によれば、今号は予約が殺到しているとか。さすがミク、人気すごいです。つーか、『SFマガジン』が特集組むのが遅すぎたのでは? ミクって3年も前に星雲賞を受賞してるんですが。

 僕はこの時、観客席にいました。「本日、初音ミク様はご欠席です」には笑いましたね。
 初音ミクという、単なるソフトウェアを超えた特異なムーブメントには、この前年の9月、発売直後あたりから注目していました。この年のSF大会でも、野尻抱介氏やクリプトンの方を招いて、「ボーカロイドが世界を侵蝕する」と題したパネルをやったんでした。『地球移動作戦』を連載していたのもこの頃。あれから3年か。早いなあ。

 なんか「流行りものに便乗するのはよろしくない」みたいなストイックなことを言う人がいるみたいなんですが、僕はSF界はもっとあざとく売ってもいいと思うんですよね。むしろ、SFファンだからこそ、こういう新しい概念に注目すべきなんじゃないのかなと。
 だいたい、ミクはすでに単なる流行じゃなくなってます。これから何十年、ひょっとしたら何百年も生き残るキャラクターじゃないかと思うのです。サンタクロースやドラキュラやシャーロック・ホームズのように。
 今回の小説も、そういう想いをこめて書きました。

 そうそう、『地球移動作戦』のマイカの名前の由来がミクだろうと言う人がよくいるんですが、マイカの元ネタは『サイバーナイト』の人工知能MICAですので、お間違えなく。
 
  


Posted by 山本弘 at 14:55Comments(20)PR