2011年03月27日

誤解されているスティーブ・ジャクソン

 たまにはゲーム関連のトンデモな話題など。

 今度の震災で、「アメリカの人工地震による攻撃だ!」と主張するトンデモさんがいっぱい現われている。
 たとえばこちらの人は、深海掘削船「ちきゅう」に疑惑の目を向けている。この船が深さ10kmでも掘れるというのを聞いて、「穴を掘って原爆を仕掛けたのではないか」という妄想をふくらませているのだ。「ちきゅう」関係者に対する中傷だと思う。

http://quasimoto.exblog.jp/14462938/

 ちなみに、「震源の深さは10km」というのは初期の報道で、現在は24kmと言われている。

 ところで、このページの後半に、『Illuminati: New World Order』のカードが出てくる。ゲーマーの方には今さら解説は不要だろうが、世にはびこる陰謀論をパロディにしたゲームである。

スティーブ・ジャクソン・ゲームズの公式サイト
http://www.sjgames.com/inwo/

 ところが、陰謀論者にかかると、このゲーム自体が陰謀組織の計画を暗示したものとみなされちゃうのである。
 そのきっかけは、『New World Order』の中にある「Terrorist Nuke」と「Pentagon」というカード。ニューヨークのツインタワーを思わせるビルが爆発し、ペンタゴンが炎上している。


 1995年に発売されたゲームに、6年後の911テロが予言されていた! これこそイルミナティの陰謀が実在する証拠だ! というので、陰謀論者たちの注目を集めてしまったのである。
 日本の怪獣映画で東京タワーが何度も壊されているように、カタストロフものではその土地の有名なランドマークが舞台になるというのはお約束である。テロリストが核爆弾を爆発させるというカードに、アメリカ一高いビル(当時)であるツインタワーが描かれていても、何の不思議もない。
 また、日本の浅い陰謀論者たちは知らないだろうけど、ワールドトレードセンターでは1993年に爆弾テロが起きている。地下駐車場で600kgの爆薬が爆発し、6人が死亡したのである。
 1995年と言えばまだその記憶が生々しかった頃だ。600kgの爆薬でもビルはびくともしなかったので、「ワールドトレードセンターを破壊するには核爆弾が必要なんじゃないの」と思われていたのかもしれない。

 もちろんこのカードには衝突する旅客機は描かれていないのだが、それが逆に陰謀論者の妄想をかきたてた。このカードは、ツインタワーの倒壊が旅客機の衝突のせいではないことを暗示している、というのだ。
 陰謀論者の中には、「WTCは『純粋水爆』で爆破された」と言っている奴もいるのだが、その発想のヒントになったのはこのカードではないかと、僕はにらんでいる。
 だいたい、何で陰謀組織が、極秘のはずの計画を、わざわざゲームにして発表するんだろうか。

 この陰謀説は日本にも広まっている。今、「スティーブ・ジャクソン イルミナティ」で検索すると、まともなゲーム解説のページに混じって、陰謀論者のブログがいっぱいヒットするのである。
 ちなみに、この説を日本に紹介したのは、あのベンジャミン・フルフォードだ。彼はこう解説している。

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/11/%EF%BD%8E%EF%BD%85%EF%BD%97-%EF%BD%97%EF%BD%8F%EF%BD%92%EF%BD%8C%EF%BD%84-%EF%BD%8F%EF%BD%92%EF%BD%84%EF%BD%85%EF%BD%92.html

>1990年3月1日アメリカのゲーム会社がINWO (Illuminati: New World Order)というカードゲームを発売しようとした。そうしたところシークレットサービスや警察がこのゲーム会社を家宅捜査し、事実無根の詐欺罪で訴えた。しかし結局ゲーム会社は裁判で勝訴し、1995年にINWO (Illuminati: New World Order)は無事発売になり、瞬く間にベストセラーとなった。その後当局からなど様々な圧力がかかり発売中止となった。

>このカードが作られたのは1990年である。911は少なくても11年前から計画されていたことがわかる。彼らの企みは非常に長期的であるので、世界が良い方向に動き出していても常に油断をするべきではない。

 デタラメ。
 そもそも『Illuminati』の初版は1982年に出ている。出てくる陰謀組織の中には、「The Bermuda Triangle」とか「The Servants of Cthulhu」とか「The UFOs」なんてのがあるし、「Trekkies」「Robot Sea Monsters」「Comic Books」「War Gamers」なんてふざけたカードもあり、ジョークであることが誰にでも分かるようになっていた。(僕も当時、何回かプレイした)
 ちなみにこのゲームのヒントになったのは、1975年から出版されて大ヒットしたロバート・アントン・ウィルソン&ロバート・シェイの小説『The Illuminatus!』3部作(日本では集英社文庫より『イルミナティ』という邦題で発売)。もともと小説の人気に便乗して作られたゲームだったのである。
 このゲームはアメリカのゲーム大会〈オリジン〉で、ベスト・サイエンス・フィクション・ボードゲーム賞を受賞した。

http://www.sjgames.com/illuminati/

 その後、何度か改訂版が出たが、1993年、『マジック:ザ・ギャザリング』の大ヒットでトレーディング・カードゲーム(TCG)のブームが起こり、それに便乗して『Illuminati』もTCG化されることになった。それが『Illuminati: New World Order』(INWO)なのである。当然、1990年の時点でINWOはまだ存在していない。
 1990年うんぬんというのは、おそらくスティーブ・ジャクソン・ゲームズが、社員の一人がコンピュータ犯罪に関わっていると疑われて強制捜査を受けたという、これまた古参のゲーマーなら誰でも知っている有名な事件のことを言っていると思われる。
 その社員が関わっていたのは、カードゲーム『Illuminati』ではなく、テーブルトークRPG『ガープス サイバーパンク』の開発。強制捜査を行なったシークレット・サービスは、マヌケなことに、『ガープス サイバーパンク』の原稿を「コンピュータ犯罪のハンドブック」とみなして押収したのだ!
 当時、アメリカのゲーマーも、そのニュースを伝え聞いた僕ら日本のゲーマーも、あまりのアホらしさに笑ったものである。
 もちろん、SJゲームズは業務が妨害されたことで損害を蒙った。のちにシークレット・サービスを訴え、勝訴している。
 つまり、この一件には『Illuminati』は何の関係もない。当然、「事実無根の詐欺罪で訴えた」とか「その後当局からなど様々な圧力がかかり発売中止となった」なんて事実もない。

 SJゲームズのサイトにある解説。

THE TOP TEN MEDIA ERRORS ABOUT THE SJ GAMES RAID
http://www.sjgames.com/SS/topten.html

 この裁判についての解説。

Steve Jackson Games, Inc. v. United States Secret Service
http://en.wikipedia.org/wiki/Steve_Jackson_Games,_Inc._v._United_States_Secret_Service

 あきれるのは、英語圏の人間であるはずのベンジャミン・フルフォード(自称ジャーナリスト)が、検索すれば簡単に分かる程度のこと、僕ら古いゲーマーにとっては常識とも言うべきことを、まったく調べようとせず、デタラメなことを書き散らしたという事実である。
 そして、日本の陰謀論者たちはみんな、英語圏の情報を調べてみようともせず、フルフォードのデタラメな文章を信じこみ、コピペしているだけなのだ。
「情弱」というのはこういう連中を言うのだろうな。

http://blogs.yahoo.co.jp/mfskf932/1035574.html
http://ameblo.jp/olibanumoon-1/archive119-201103.html#main
http://quasimoto.exblog.jp/11780383
http://gokyo.ganriki.net/diary2008/d-2008-11-14.html

 当然のことながら、彼らはこのゲームを実際にプレイしたことなどない。そもそもゲームについての基礎知識もない。
 だからものすごくトンチンカンなことを書く。

Kazumoto Iguchi's blog
スティーブ・ジャクソン:”邪悪なゲーム”イルミナティーカードの制作者
http://quasimoto.exblog.jp/12916036/

>今回、偶然その作者であるスティーブ・ジャクソンという謎の人物、謎のゲーム制作者のインタビュー番組を発見したので、ここにメモしておこう。残念ながら全部米語である。この人はいつもピラミッドのついたTシャツを好んで着ていることから、資金援助しているのは、ロスチャイルド系の人々なのだろう。

 謎の人物! 謎のゲーム!
 ちっとも謎じゃないよ! あんたが何も知らないだけだよ!
 そのTシャツのピラミッドって、スティーブ・ジャクソン・ゲームズのマークなんですけど!? 社長が自社のマークの入ったTシャツ着てて何が悪い!

いつわりの世界
イルミナティーカード
http://trickyworld.blog129.fc2.com/?mode=m&no=13

>カードゲームってポケモンカードとかみたいなやつ??

>小さい子が、「よーし!僕はピカチュウの100万ボルトでいくぞ~」
>「なに~!じゃあ僕はハッパカッターだあ!」
>「わあ。負けたあ」

>なんてやっているのはほほえましいけれど・・・

>子どもがこんな、イルミナティカードで遊ぶの???

>遊ばないと思うんだけど^^;

>じゃあ大人?

>いい年したサラリーマンが、
>「ふっふっふっ。俺は”地震計画”でいくぞ!」
>「ムム?!じゃあこっちは”第三次世界大戦”だああっ!」
>「くそおお!やられた~」

>なんてやるの?

 そうだよ! (笑)
 大人がカードゲームで遊んで悪いかよ!
 カードゲームは子供のものだと思いこんでいるのだ。『マジック:ザ・ギャザリング』とか『モンスター・コレクション』とか知らないんだろうなあ。

>気になったのでとりあえずこのゲームを作ったスティーブ・ジャクソン・ゲームズのサイトを
>調べてみた。

>・・・なぬ?!

>このトップページ。

>しっかり「ピラミッドに例のお目々」」が
>(ちなみにスティーブ・ジャクソン個人の公式サイトにも同じシンボルが)

>この人何者なんだろう・・・

>イルミナティ?

>それともただのオカルト好きのおじさん?

>怪しすぎる・・・

 いや、『Illuminati』がヒットしたから、会社のマークもそれにしたんだよ!
 思いっきり怪しい人物にされてるよ、スティーブ・ジャクソン!
 まったく頭痛い。
 だいたい『ガープス』も『マンチキン』も『トゥーン』も『サソリ沼の迷路』も知らない奴に、スティーブ・ジャクソンについて語ってほしくないよ!

 しかし、考えてみれば、僕もSNEにいた頃に『ガープス妖魔夜行』とか作ってるわけで、もしかしたら陰謀論者にはイルミナティの手先とみなされてしまうのかもしれないなあ……。


 ところで『C&Y地球最強姉妹キャンディ』の2巻で、〈ファストフーズ〉の口座が「ノーム銀行のチューリッヒ支店」にあるというギャグを入れたのだが、日本全国で何人ぐらいが分かってくれただろうか。

【3/28 追記】
 自分でもすっかり忘れてたけど、昔、『RPGなんてこわくない!』で、主人公の名前を「那智イルミ」にしてたっけなあ。(「魚津カー」というのもいた)
  


Posted by 山本弘 at 19:19Comments(27)トンデモ

2011年03月21日

福島産の農産物をじゃんじゃん食べよう!

「クズども」シリーズを続けようと思っていたのだが、急遽、書かなくてはいけないことができた。
『妖魔夜行 魔獣めざめる』や『妖魔夜行 戦慄のミレニアム』などをお読みになった方ならお気づきかもしれないが、僕はどちらといえば反原発派の人間である。原子炉というのは危険なものだから、これ以上増やすべきではないと思ってきた。
 しかし、放射線に対する一部の人々のひどい無知や、その無知に起因する重大な害は許しておけない。

 今朝のニュースで見たのだか、福島県いわき市では、食料品や日用品が届かなくて大変に困窮しているのだという。
 その大きな原因のひとつは、トラック運転手が放射能を恐れて、いわき市に行くのを拒否してるからなのだそうだ。

 ちなみに、現在のいわき市の放射線レベルは、毎時0.73マイクロシーベルトだという。

 仮に1年間ずっと浴び続けても、0.73×24×365=6400マイクロシーベルト(6.4ミリシーベルト)で、CTスキャン1回分以下である。
 ブラジルのガラパリでは、砂に天然のトリウムが含まれているため、住民は年間10ミリシーベルトほど被曝している。それでも住民はぴんぴんしている。それどころか、放射線がリューマチに効くと言われ、観光地として繁栄しているそうだ。いわき市の放射線量はそれより低いのだ。

高自然放射線地域 ガラパリ(ブラジル)
http://www.taishitsu.or.jp/radiation/guarapari-a.html

 日本でも、ラジウム温泉やラドン温泉など、放射線を売り物にした温泉が日本各地にある。つげ石材株式会社のホームページによると、日本各地のラジウム温泉の放射線測定値は、毎時0.9~2.0マイクロシーベルト程度だという。いわき市の放射線はラジウム温泉以下なのだ。

http://www.tsuge-sekizai.co.jp/product_bedrock01.html

 つまり「いわき市に行くがこわい」と言っている運転手は、「ラジウム温泉に入るのがこわい」と言っているのと同じなのだ。 
 トラック運転手なんて、丸一日も市内にいないはずだ。1時間で0.73マイクロシーベルトなら、24時間では17マイクロシーベルト。胸部X線集団検診による被曝量が50マイクロシーベルトだから、その3分の1である。

「放射能がこわいからいわき市に援助物資を届けない」という行動に、科学的根拠などまったくない。
 科学的にありえないことを信じているのだから、これは「オカルト」と言うべきである。
 無論、放射能を恐れる心理は分かる。しかし、存在しない危険を恐れるあまり、結果的に被災地住民が苦しめられているのだとしたら、由々しき問題である。

 19日、厚生労働省は、福島県で採取された原乳と茨城県で採取されたホウレンソウから、食品衛生法に基づく暫定規制値をこえる放射性物質を検出したと発表した。
 それによると、福島県川俣町の酪農農家の原乳から、規制値の3~5倍のヨウ素を検出、茨城県高萩市など6つの市町村のホウレンソウから、規制値の2.5~3倍のヨウ素、規制値より4.8%多いセシウムを検出したという。
 おそらく、風に乗って飛び散った微量のヨウ素やセシウムが、牛の食べた牧草や、ホウレンソウの表面に付着していたのだろう。

 この記事を読んで不思議に思ったのは、「ヨウ素131の半減期は8日だ」ということが書かれていないことだ。
 ヨウ素131はベータ線を出して崩壊し、キセノン131という安定した無害な元素に変わってゆく。8日でその量は半分に、16日で4分の1に、24日で8分の1に……80日で約1000分の1になってしまう。
 だからヨウ素131が検出されたからって、何の心配もない。すぐに食べずに、何ヶ月か冷凍保存すればいいのだ。しばらく待てば放射線は自然に基準値以下に下がる。牛乳だってチーズなどの長期保存できる製品の原料に回せばいい。
 セシウムは半減期が長いからなかなか放射線値は下がらないが、規制値より4.8%多いだけなんて、洗えば落ちる程度のレベルである。洗って出荷すればいいではないか。

 そもそも、こうした規制値を数倍ぐらいオーバーしたって、何の危険もない。『ニセ科学を10倍楽しむ本』(楽工社)でも書いたが、こうした食品の安全基準値というのは、無毒性量(その食品を一生食べ続けても害が出ない量)をさらに100で割ったものなのだ。つまり基準値を100倍以上もオーバーしたものを何年間も毎日毎日食べ続けて、ようやく害が出るのである。
 基準値を何倍か超えた食品を何回か口にしたぐらいで、健康に影響なんかあるはずがない。
 実際、産経新聞の報道にはこうある。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110319/dst11031923060121-n1.htm
> 放射線医学総合研究所(千葉市)の吉田聡・環境放射線影響研究グループリーダーによると、このホウレンソウの数値を人体への影響を示す単位である「シーベルト」に換算した場合、0・24ミリシーベルトになる。

> 人体に影響があるのは一度に100ミリシーベルトを受けたときとされており、小鉢一人前のホウレンソウを100グラムと仮定すると、今回のホウレンソウは4200人分を口にしないと人体に影響を及ぼさない計算になる。

> 吉田リーダーは「妊婦や子供など、放射性物質の影響が大きいとされる人たちについても、摂取しても問題がないレベルだ」と冷静な対応を呼び掛けている。

> 同様に、ホウレンソウから検出されたセシウム524ベクレルを、シーベルトに換算すると0・0068ミリシーベルトになるという。吉田リーダーは「この程度が人体に入っても、まったく影響はないと考えていい」と話す。

 たとえば、食塩(塩化ナトリウム)の半数致死量は、体重60kgの人の場合、180~210gである。これだけの塩をいっぺんに摂取すると、半数の人が死んでしまうのだ。だからと言って「塩はこわいから買わない」という人はいまい。料理に少し使うぐらいなら安全であることを、誰もが知っている。
 砂糖だって、酒だって、食用油だってそうだ。大量に摂取したら人体に有害である。適量使えばいいだけのことだ。
 放射線だって同じなのである。

 中には「テレビに出ている御用学者の言うことなど信用できない」という人もいる。そんなことはない。僕が見た範囲では、テレビに出演した原子力関係の専門家たちの発言は、いずれもおおむね正確なものだった。その一方、危険を煽り立てているのは、明らかに科学知識の欠如した人たちである。
 たとえば、武田邦彦教授。以前からデタラメなことを言う人だったが、今回もあまりのひどさに唖然となった。
 たとえば「風評被害をなくすために」と言いながら、こんなことを言っている。

http://takedanet.com/2011/03/post_3cdd.html
>例えば、原発の周りは1時間に100マイクロシーベルト、福島市では20マイクロシーベルとぐらいが続きましたから、すでに付近住民は16.8ミリシーベルと福島市の人は2ミリシーベルトの被爆を受けたことになります。

「被爆」や「シーベルと」という誤字を頻発しているのは、よほど慌てて書いているのか。
 言わずもがなのことだが、100とか20というのは、屋外で測定された数値である。ヨウ素131の放つベータ線は、厚さ1.3mmのアルミ板で遮れる。木材でも厚さ1cmもあれば十分である。屋内にいて窓を閉め切り、外の空気を入れないようにしている限り(寒い被災地の住民はそうするしかないだろうが)、被曝線量は屋外よりはるかに少ない。
 周辺住民がそんなに被曝していると主張することこそ「風評被害」である。

http://takedanet.com/2011/03/post_b9fc.html
>白血病になるシーベルトは約400ミリシーベルトで、これは1時間でも1年でもなく、そのままである。だから1時間400マイクロシーベルトのところに1時間いても大丈夫だが、1ヶ月あまり住んでいると白血病になる.

 これも間違い。たとえば宇宙飛行士は、年間500ミリシーベルトまでの被曝を認められている。というのも、大気圏外では、宇宙から降り注ぐ放射線により、1日に約1ミリシーベルトも被曝するからだ。一般人並みの規制値だと、宇宙ステーションに長期滞在できないのだ。
 20代後半の人の場合、年間500ミリシーベルトを被曝すると、ガンで死ぬ確率が3%増えるとされている。日本人の約30%はガンで死ぬが、それが33%になるのだ。
 だから400ミリシーベルトを被曝しても、ガンや白血病になる確率が少し高まるというだけで、必ず白血病になるわけではない。
 その武田教授、何と、ホウレンソウの汚染について、専門家の発言を否定し、「一般人の1年間の限度は1ミリシーベルト」「このホウレンソウは1年に42回しか食べられない」と主張している。

http://takedanet.com/2011/03/18_ba59.html

 冗談じゃない。この表を見てくれ。

自然放射線源による被曝の被ばくの年間実効線量(世界平均)
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09010501/01.gif



 人間が自然界から被曝する放射線量は、平均して年間2.4ミリシーベルト。
 そのうち、空気中のラドン222やラドン220を吸入することによる内部被曝が1.26ミリシーベルト。
 食品に含まれるカリウム40やウラン及びトリウム系列による内部被曝が0.29ミリシーベルト。
 つまり原発事故なんかなくても、僕らは普段から約1.5ミリシーベルトを内部被曝してるってことなんである。もちろんこれは世界の平均値であり、場所によってはラドンの濃度や食品に含まれる天然放射性元素の量は大きく異なる。10ミリシーベルトを超えるところもあるはずだ。
 それなのに、1ミリシーベルトの内部被曝が危険?
 アホぬかせ。それは普通の空気を呼吸していて摂取する量より少ないぞ。
 恐ろしいことに、かつてウラン濃縮の研究をしていたり、内閣府の原子力委員会に名を連ねていたような人が、放射線被曝についての基礎知識がないのだ!
 さらに「消費者の防御としては、汚染野菜を買わないことしかない」と言っている。この非科学的な発言がどれほどの風評被害を広めるか、現地の農業関係者を苦しめるのか、自覚はあるのだろうか。

 スーパーでは福島県産のコメが売れ残っていると聞いた。福島県だというだけで危険だと思って買うのを控える人が多いらしい。
 何と愚かなことだろうか。そのコメが収穫され、出荷されたのは、原発事故の前に決まっているではないか。
 確かに放射線を警戒する必要はある。しかし、ものすごく少ない放射線を恐れたり、汚染されているはずのない食品まで忌み嫌うのはおかしい。繰り返すが、規制値以下や、規制値を数倍上回るぐらいの放射線で害を受けるなんて、科学的にありえないことなのだ。
 無論、ただ心の中で不安に思っているだけならかまわない。
 しかし、「福島県産の農作物は食べない」とかいう実際の行動に発展するのは、絶対にいけない。スーパーなども販売を見合わせないでほしい。それは現地の農業関係者にダメージを与えることになり、復興を遅らせることになる。
 もちろん出荷前に放射線量を確認し、規制値を上回るものは出荷停止しなくてはならない。しかし、安全と判断されて出荷されたものに関しては、じゃんじゃん食べるべきである。それは大局的に見れば被災地の支援にもつながる。

【追記】
 解説が不正確だという指摘がありましたので、追記・訂正いたします。
 ヨウ素131はベータ線の他にガンマ線も出します。正確に言うと、ヨウ素131がベータ崩壊してキセノン131に変わった直後、まだエネルギーが高くて不安定な状態(キセノン131mと呼ばれます)なので 、ガンマ線を放出し、安定したキセノン131に変わります。
 ガンマ線は透過力が高く、家の壁ぐらいは突き抜けてきますから、屋内にいても被曝します。
 ただ、ベータ崩壊によって発生するベータ線(0.9メガ電子ボルト)に比べると、ガンマ線のエネルギーはかなり小さい(0.1メガ電子ボルト以下)です。それに、屋内にいればベータ線がさえぎられる分、被曝量がかなり少なく抑えられるのは確かです。
 また、キセノン131mの半減期は11.84日(約12日)なので、そのガンマ線は、12日で半分に、24日で4分の1にと、時間が経つにつれて減ってゆきます。118日(約4ヶ月)で1000分の1になります。長期保存が放射能を消すのに有効であることに変わりはありません。
 それにヨウ素が常温で固体であるのに対し、キセノンは常温で気体(沸点はマイナス108.1度)ですので、野菜の表面に付着したヨウ素は、キセノンに変わると空気中に散ってしまうと思われます。(牛乳の場合はキセノンが液体中に溶けてしまうかもしれませんが、そのへんはよく分かりません)

 ここの解説がかなり詳しくて分かりやすいです。↓

蒼風の古都/【医療/仕事】 被曝について2
http://urashio.exblog.jp/12303904

【3/21日 さらに追記】
 ヨウ素131による内部被曝に関して、もう少し詳しく説明します。

原子力資料情報室(CNIC)ヨウ素-131
http://www.cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/11.html

>ガンマ線は放出されるが、ベータ線による甲状腺被曝が大きな問題となる。10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.22ミリシーベルトになる。ガンマ線による被曝は甲状腺以外におよぶが、その線量は小さい。
>外部被曝も考えておきたい。1mの距離に100万ベクレルの小さな線源があると、ガンマ線によって1日に0.0014ミリシーベルトの被曝を受ける。

 外部被曝に比べ、内部被曝の影響がとてつもなく高いことが分かります。
 また、これはあくまで「ヨウ素131の経口摂取」のデータであることに注意してください。同じ放射能量でも、セシウム137だともっと少なく、10,000ベクレルあたり0.13ミリシーベルトになります。
 当然、食品衛生法による暫定規制値は、ヨウ素131による甲状腺被曝の影響を考慮して定められています。
 ホウレンソウの場合、食品衛生法による暫定規制値は1kgあたり1200ベクレルですから、規制値ぎりぎりの放射能量のホウレンソウを1kg食べたら、0.026ミリシーベルト被曝します。毎日100グラムずつ食べたとしても、1年間で0.95ミリシーベルトです。
 飲料水の場合の規制値は1リットルあたり300ベクレルなので、規制値ぎりぎりの放射能量の水を1リットル飲むと、0.0066ミリシーベルト被曝します。1日に3リットルずつ飲んだとしても、1年で7.2ミリシーベルトです。
 ヨウ素131が80日で1/1000になることを考えれば、1年間毎日この量を摂取し続けることはありえず、総被曝量はもっと少ないでしょう。規制値以下の水や野菜を口にしても安全ということです。
  


Posted by 山本弘 at 16:21Comments(80)社会問題

2011年03月17日

大惨事に便乗するクズども・その2

 こうしたヒトの性向の証拠は紀元前にさかのぼることができる。多くの地域の神話に、ヒトが堕落したために神が大洪水を起こして世界を滅ぼしたという話が出てくる。しかし、洪水で死んだヒトの中には罪もない赤ん坊や子供も大勢含まれていたはずであることに、こうした神話は言及しようとしない。ヒトの崇拝する神は無慈悲な大量虐殺者である。そしてヒトは、自らが創造した神の行いを容認し、模倣する。正義と神の名において、爆弾を爆発させ、無実の市民を殺傷する。
――『アイの物語』より

●ケース2 「天罰」という言葉を使うクズ

 石原慎太郎が「天罰」という言葉を使ったことを公式に謝罪した。

http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/eq2011_tomin2.htm

 しかし、その文章を読むと、「添える言葉が足らずに、被災者の皆様、国民・都民の皆様を深く傷つけた」とあって、やっぱり根本的に何が悪かったのか分かってない様子だ。
 どんな言葉を添えれば「天罰」という言葉が正しくなるというのだろうか。
 広辞苑ではこう定義されている。

>てんばつ【天罰】
>天のくだす罰。自然に来る悪事のむくい。「――がくだる」

>てんばつてきめん【天罰覿面】
>天罰が即座に下ること。悪事の報いは直ちに我が身にはね返ってくるということ。

 そう、天罰というのは悪事の報い、悪事を働いた者に下されるものなのである。つまり「天罰だ」というのは「被災者は悪事を働いた」と言っていることになるのだ。これは重大な失言、決して言ってはいけないことである。
「いや、被災者ではなく日本人全体のことを言ったのだ」と弁解してもだめである。その日本人の中には、当然、被災者も含まれるのだから。
 今回の災害の犠牲になった人の大半は、善良な人間だったはずである。幼い子供も大勢いただろう。彼らが罰を受けるどんなことをしたというのか。
 石原慎太郎が主張する「日本人の我欲」なるものにしても、たとえあるとしても、それは死に値するような重大な罪なのか。
 それどころか、前にも書いたように、今の日本は世界でも最も犯罪の少ない国のひとつなのである。げんに今も、これだけの大災害だというのに、暴動も略奪もほとんど起きていない。日本人が冷静で秩序を保っていることに、世界が驚いている。

大震災、最悪の状況下でも他人を気遣う日本人のマナーを称賛―米紙
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0314&f=national_0314_043.shtml

生死にかかわる時でさえ集団の利益を優先する日本人=中国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0316&f=national_0316_078.shtml

大惨事にも「泣きわめかず」…被災民とメディアの冷静沈着を称賛=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0316&f=national_0316_067.shtml

岩手でシー・シェパードが震災・津波に遭遇…「日本人は親切だった」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0316&f=national_0316_109.shtml

 お分かりだろうか? 日本人にとっては当たり前のことが、他国の人間からは驚きの目で見られているのだ。日本人のモラルの高さは世界の中でも飛び抜けていることが分かる。
 これのどこを見れば、「日本人のアイデンティティーは我欲」などと言えるのだろうか? 断じて違う。むしろ日本人は世界の人の手本となるべき国民なのである。
 日本人が天罰を受けるわけがない。

 さて、「天罰」と言っている者は石原慎太郎以外にもいる。高橋洋一という、自称「政策研究者」だそうだが、

タイ王国から見た日本・アジア
http://blog.canpan.info/thaikingdom/daily/201103/11
> 私は、今回の地震については「天罰てきめん」としか言いようがない。ニュージーランド地震の折も述べたが、地震等の「天災」には正に「天の御意思」が現れると考える。今回の地震は「津波地震」。タイではリゾート地のプーケットに最初に訪れた私には、同地を壊滅させたインド洋津波は印象深い災害だった。私は敵国・韓国にもうけさせる日本の売国空港政策も批判してきた。津波の濁流にのみ込まれる仙台空港の映像は目に焼きついた。売国空港と批判した茨城空港の天井板が崩れ落ちるショッキングな映像も流れた。いくら赤く汚れた愚かな草取り百姓の日本人でも、少しは「天災」「天の裁き」の恐ろしさが分かったか。今まで分からなかったのだ、また「私のせいじゃない」とか逃げようが、今度こそタダでは済ませない。

 こいつはニュージーランド地震の時も「天罰」と言っていた。長いので引用は控えるが、被災したニュージーランド、およびその隣りのオーストラリアに対する悪口雑言がすさまじい。

http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/208

 他にも、ニュージーランドの地震を「シー・シェパードへの天罰」とか「ざまあ」と言っていた奴はいる。

http://d.hatena.ne.jp/jmwjow38/20110223/1298396044

 日本で地震が起きると、今度はシー・シェパード代表のポール・ワトソンが「地震は天罰」という趣旨の詩をフェイスブックに投稿したという。どっちもどっちだよ、まったく。

http://togetter.com/li/111604

 2008年に四川大地震が起きた時も、「天罰」と言っている日本人はいっぱいいた。

★50万人以上の死者が出ろ!!ゴキブリ中国に天罰!!四川省成都で7・4の大地震!!
http://maglog.jp/nabesho/Article303495.html

・ミャンマーと中国の災害は天罰
http://komachan.naganoblog.jp/e108525.html

今回の中国の地震は天罰みたいなものですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316494303

【天罰?】中国で大地震!!死者多数【反日、毒ギョーザ】
http://unkar.org/r/occult/1210597235

ハイチもスマトラも四川大震災も全て神仏の裁きです
http://thk95532.progoo.com/bbs/thk95532_topic_pr_4556.html

 以前にも書いたことがあるが、宮崎の口蹄疫問題の時には、『日刊ゲンダイ』が「東国原浮かれ知事に天罰」と報じた。

http://twitpic.com/1osjod
http://www.tokusetsu-news.com/entry.php/715

 ハリケーン「カトリーナ」の時には、オーストリアの神父やアメリカのキリスト教根本主義者の団体が「天罰だ」と発言して批判された。

失言神父の昇進取り消し…カトリーナ天罰発言で
http://www.zakzak.co.jp/top/200903/t2009030416_all.html

「巨大ハリケーンは同性愛者への天罰」とキリスト教根本主義団体
http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2005/09/post_9bd2.html

 今度の震災でも、韓国のネットでいっせいに「天罰」という声が上がったという。
 こんなニュースもある。(元記事が削除されていたのでコピペにリンクさせてもらう)

http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=3537708
> 韓国最大規模の汝矣島(ヨイド)「純福音」キリスト教会のチョ・ヨンギ牧師が日本大地震は「神様の警告」と発言したことが明らかとなり、韓国内では物議をかもしている。複数の韓国メディアがチョ牧師の関連発言や同発言に対する国内の反応を伝えた。
> チョ牧師は12日、インターネット新聞『ニュースミッション』とのインタビューで「信仰的にあまりにも神様を遠ざけている日本国民は偶像崇拝や無神論、物質主義に陥っている。日本震災はこれに対する神様の警告だ」と述べた。
> この発言は14日、韓国のインターネット上で急速に広がっており、ネットユーザーらの叱責(しっせき)をうけている。「現在の日本状況をみながらもこんな発言ができるの?」、「こんな牧師がいるため、教会に行かない」などの非難が集まった。
> また、進歩新党は「チョ牧師は許されるまで無言祈祷でもしなさい」と強く批判した。文化評論家であるチン・ジュングォン氏も自身のツイッターで、チョ牧師は「精神病者だ」と非難。チョ牧師の発言については、「これは宗教ではなく、集団ヒステリーだ」との見方を示した。
> 一方、韓国大統領府のイム・テヒ室長は、一部の宗教人やネットユーザーらが日本震災と関連した不適切な発言などを自制することを要請した。『ニュースミッション』は、チョ牧師とのインタビューで問題になっている部分は削除したが、韓国のネット上で拡散中だ。(編集担当:永井武)

 それにしても、石原氏や高橋氏のような嫌韓日本人の言ってることが、嫌日韓国人の言っていることと同じだというのが情けない。立場が正反対のようでいて、実は頭の中が同じ、ということなのか。
 どの国の奴にしても共通して言えることは、彼らは被災地の国民を憎み、災厄を待望していたということだ。それで災害が起きたとたん、「天が私の考えの正しさを証明した!」とはしゃいでしまったのだろう。
 石原氏にしてもそう。以前に紹介した『週刊ポスト』の記事の中で、こんなことを言っている。

> これは平和の毒です。あまりにも長く緊張のない時代が続いたために、国家としての我欲が張り、社会が堕落してしまったのである。戦後65年も安穏と過ごせた国など他にない。(後略)

 そう、石原氏は明らかに、「平和」で「長く緊張のない時代」を嫌悪していた。日本の平和がぶっ壊れることを心の底で望んでいたのだと思う。だから思わず「天罰」なんて言葉が飛び出したのだろう。
 要するに、日本であろうとどの国だろうと、大災害が起きた時に「天罰」と言い出す奴は必ずいる、ということなのである。

 しかし。

 どの国でも、そうした発言を非難する者が大多数だ、というのも事実なのである。
 チョ牧師が韓国国内でも非難が集中していることは上の記事でも分かる。シー・シェパードのポール・ワトソンもボロクソに叩かれている。前回の記事の追記で紹介したアメリカのバカ女も同様。もちろん日本の石原慎太郎もである。
 韓国の『中央日報』と『ソウル新聞』は、震災のニュースで見出しに「日本沈没」とつけたが、それに対して韓国内でも非難の声が上がっているという。

大韓民国,メディアが東日本大地震をパニックムービー,,,,,,と関連付け報道
http://shochusakejapan.seesaa.net/article/190395458.html

「日本沈没」と報じた韓国メディアに非難殺到、「なんという見出し…気は確かか?」
http://blog.goo.ne.jp/f45362/e/bdbeaf3fcf9c021e855d9d865ea5c799

 中国人も同様である。

「日本の大震災を喜ぶ中国人」いたが少数、大半は「日本に支援すべき」―米華字メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=49976
>中国国民は教育の影響で他国を恨む気持ちが強く、思いやる気持ちは非常に少ないと思われている。実際、米国の同時多発テロの時でも、今回の日本の震災でも喜びの声を上げる輩は存在した。だが、津波に家や車が流される様子や建物の屋上で救援を待つ被災者の姿などに多くの中国人の心が動かされた。そして、日本や日本国民のために心からの祈りを捧げたのである。
>中国メディアの調査でも、12日午前9時50分(現地時間)までに80%を超えるネットユーザーが「日本に人道支援を行うべきだ」と回答。その理由は「日本人もかつて助けてくれたから」が21%、「両国の間には歴史問題や現実の様々な問題が存在するが、支援の手を差し伸べるべき」が59.4%を占めた。(翻訳・編集/NN)

「韓国人や中国人はみんな日本人が嫌いなんだ」という偏見を持っている者には信じられない報道だろう(実際、「信用できない」と言っているネトウヨもいる)。
 まだ証拠が足りないというのなら、こういう報道はどうだろう。

「日本を助けよう」韓国で日本への募金活動が活発化―韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0316&f=national_0316_036.shtml
> 韓国共同募金会は13日、同会からの1次緊急救護支援金として、日本へ約6億ウォン(約4278万円)の支援を行った。寄せられた募金の全額を日本共同募金会と被害地域に送り、現地の復旧を支援する。
> また、同会は、14日からは個人を対象とした募金を本格的に開始。2日間で4万8千761件、総額2億3977万ウォン(約1710万円)の募金が集まったと16日、明らかにした。
> 一方、韓国の国営放送KBSは大韓赤十字社と15日、大地震の被災者を支援するための募金活動をソウルKBS本社と全国のKBS局で行った。この様子は生中継で放送され、募金総額は48億ウォン(約3億円)となっている。
> このほかにも、各メディアやポータルサイト上でもさまざまな募金活動が行われており、街頭では記録的な行列を作った募金も見られた。日本の地震被災者に対する韓国民の善意は、広がりを見せていると伝えている。(編集担当:李信恵・山口幸治)

 韓国人でさえこうなのである。いざとなったら日本人を救うために募金をする者が大勢現われるのだ。
 これが人間の本性だ。
 確かに災害を喜ぶ人間のクズは、日本にも中国にも韓国にも大勢いる。おそらく何千、何万という単位で。
 だが、どの国でも彼らは少数派だ。ネット上でこそこそ発言しているうちはいいが、公の場で「地震は天罰だ」とか言ったら、たちまち集中砲火を浴びる。
 人類の大多数は、人間らしい良心を持ち、健全なのである。
 これは大きな希望ではないだろうか?
  


Posted by 山本弘 at 17:22Comments(51)社会問題

2011年03月16日

大惨事に便乗するクズども・その1

 のんびりと『まどか☆マギカ』や『ゴーカイジャー』の話でもしようと思っていたら、突然の大災害である。
 テレビで見る現地の惨状には、胸が痛む。
 亡くなられた方ももちろんだが、生き残った人たちもつらいことだろう。
 愛する人を亡くした人も大勢いるに違いない。僕にも子供がいるので、親を亡くした子供、子供を亡くした親の悲しみを想像すると、やりきれなくなる。
 家を無くした人たちはこれからどうするのだろう。元の土地に再建できればいいが、土地ごと失った人も多いはずだ。
 お金を貯めて新しい家を買ったばかりの人、新しい店をはじめたばかりの人も、いたのではないだろうか。
 立ち直るのに、この先、何年もかかるだろう。

 これを書いている今、福島第一原発は危険な状況が続いている。被曝の恐怖におびえながらも、最悪の事態を阻止するために現場で戦っている人たちのことを思うと、頭が下がる。

 僕にできることはお金を出すことぐらい。月曜日に郵便局に行って、義捐金を26万円送ってきた。
 なぜ26万円かというと、銀行預金の残高が260万円だったからである。預金が1/10減ったぐらいでは生活に支障はないと判断した。
 正直、これから出版業界がどうなるか分からなくて、不安ではある。すでに東北地方の製紙工場が停止したため紙が不足し、本の出版が遅れる懸念が出るなど、僕の周囲にも少しずつ影響が出はじめている。
 しかし、こういう状況だからこそ、助け合わなくてはいけないと思うのである。
 これからも機会があれば何度でも義捐金を送るつもりでいる。

 さて、こうした大惨事を目にしたら、驚き、恐怖し、悲しみ、被災者に同情するのが正常な人間の心理だろうと思う。あなたもおそらくそうだろう。
 ところが。
 そうでない連中がいるのである。この大惨事に便乗して、悪質なデマをまきちらしたり、被災者を貶めたり、ふざけたり、民族差別を煽ったりする連中――「人間のクズ」と呼ぶにふさわしい連中が。
 無論、そうした人間のクズはごく一部にすぎない。大多数の人間は、人間らしい良心を持ち合わせている。
 しかし、一部の血も涙もない人間の悪意によって、この大惨事が利用されている。
 そんな連中の跳梁を許してはいけない。怒りを表明する必要がある。「お前らは悪だ」「間違っている」とはっきり言うべきである。
 震災後の世界が前より良い世界になるためには、世界を悪い方向に進ませようとする連中に対して、断固たる態度を取るべきだと思うからだ。そうでなければ、死んでいった犠牲者の方々に申し訳ない。
 これから何回かに分けて、そうしたクズどもを糾弾してゆくつもりである。

●ケース1 クズになりすますクズ

 3月12日、こんなメールが届いた。タイトルは「山本弘様の反オカルト主義について」。

>山本様は地震と人間の因果との関係に疑いを持っておられると思いますが
>今回の地震ですっかり事実であることが判明しましたね!
>阪神大震災に続き今回の東北の地震は日本人が過去に朝鮮半島を侵略した天罰以外に説明がつかないのでは?
>僕は在日韓国人四世ですが、日本人の皆様に声高らかにこう述べたいです!
>ざまあみろ!もっと死ね!苦しめ!お前たちがやったことはこんなものじゃすまないぞ!
>テレビ見て必死になっている日本人を見て韓国の友人たちは大爆笑してますよ!
>食べ物欲しいでちゅか?はい!あ~~~んして!
>日本の終焉、間違いなし!!!
>わははははは!!!!!

 これだけでも十分にむかつくんだけど、もっと腹が立つことがある。
「僕は在日韓国人四世」云々というのが嘘だということだ。
 こいつのメアドはjinkinisu888@*****.**.**というものだった。僕はjinkinisu888という文字列に注目した。もしや同じハンドルでネットで発言してるんじゃないかと予想したのだ。
 検索してみたら案の定だった。jinkinisu888という人物はYahoo!知恵袋で、昨年の7月29日から8月2日までの5日間で238件(!)もの質問をしている(うち37件は削除)。その半数以上が、韓国や在日コリアンに対する悪質な差別発言だったのだ。

http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_quedetail.php?writer=jinkinisu888

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1044616890
>もし北朝鮮から、「食用にするので在日コリアンを返してほしい」
>と言われたらどうしますか??

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1344521023
>要するに日韓併合というのは、
>日本が犬の糞を手づかみしてしまったことを言うのですね??

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1244427417
>今まで全うな在日コリアンって見たこともお会いしたこともないんです・・・・。)恥
>全うな在日コリアンとは・・・・・
>人にお金をたからず、暴力を振るわず、礼儀正しく、
>嘘をつかず、物を盗んだりしないような、ごく普通のコリアンのこと)

 韓国や在日コリアンと関係のない質問にしても、小学生の女の子にセクハラしたとか(まあ、嘘だろうとは思うが)、「腐女子には、ブスが多いって本当ですか???」とか「あずにゃんの勝負パンツは何を履いていると思いますか??」とかいったものばかり。
 まさに異常。
 さらにこいつは、僕の本(おそらく『トンデモノストラダムス本の世界』)を読んでいたことも判明した。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1244009137

 本物の「在日韓国人四世」がわざわざメアドを偽装してjinkinisu888になりすます必然性はないし、内容の異常性から見ても、僕にメールを送ってきたのはjinkinisu888本人であると断定してよかろう。
 あー、よーく分かったよ、お前が人間のクズであることは。
 だからもうメール送ってくんな。

 これはなりすましが見破れた例なんだけど、ひっかかった例もある。
 mixiで「LEGNAs」という人物が、3月12日の日記で、今度の震災についてこんなことを書いていた。(現在は削除)

>霊視によればエルカンターレを裏切ったユダに対するエンリルの怒りということです。

 言うまでもないだろうけど、「ユダ」というのは、エルカンターレこと大川隆法夫人の大川きょう子のこと。

http://www.happy-science.jp/medianews/109.html

 つまり「この地震は大川きょう子に対する神の怒りだ」と言ってやがるのだ。
 むかむかきたから、思わず「ふざけるな!」と書きこんじゃったよ。
 そしたら、それに対するコメントが、

>まったく皆さん霊的な世界について分かっていらっしゃらない(笑)

>皆さんのような信仰のなさが神の怒りをかったのです(苦笑)

「(笑)」をつけるな!
 人が死んでるんだぞ!

 当然、僕以外の人も怒って、何人もコメントを書きこんでいた。
 ところが。
 このLEGNAs、なんとアンチ「幸福の科学」コミュの管理人をやっていることが判明。
 つまり、「幸福の科学」信者を貶めるための釣りだったのである。

 ええ、ええ、見事に釣られましたとも!(怒)

 jinkinisu888とLEGNAs、この二人にはこんな言葉がふさわしいだろう。

「狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり」
――『徒然草』
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/tureduregusa.htm#85

 狂人のまねをして大通りを走る奴は狂人である。悪人のまねをして人を殺す奴は悪人である。
 同様に、人間のクズのまねをして人間のクズのような発言をする奴は、人間のクズである。

【3月17日追記】
 町山智浩氏のブログによれば、一部で話題になっていた震災を喜ぶアメリカの宗教バカ女が、釣りだったと告白したそうである。

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20110315
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20110317

>「はい、パメラよ。私がずっと作ってきたビデオ(ずっとキリスト教保守の狂信的なビデオを何本もYouTubeに上げていた)は、全部、『釣り』だったの。最後にUPしたやつは、あー、大勢の人たちを怒らせちゃったわね。でも、私の狙い通りだわ。でも、ピザにも飽きたから、正体を明かしちゃうわ。これできれいさっぱりよ。楽しかったわ。また、会いましょう」

 釣りだったら許されるとでも思ってんのか!
  


Posted by 山本弘 at 18:37Comments(31)社会問題

2011年03月03日

【入試問題投稿事件】TBSから変なメールが来た

 Yahoo!知恵袋に入試問題が投稿されたという例の事件に、変な形で巻きこまれてしまった。

 昨日の午後、NHKの報道の人から質問の電話がかかってきた。
 例のaicezukiの投稿した数学の問題に回答した人物の一人が、自分のプロフィルの最後に「山本弘のSF秘密基地」のURLを載せている。あなたと関係があるのですか……というのだ。
 そんなのは初耳である。僕はYahoo!知恵袋に回答したことなんかないし、そもそも登録すらしていない。その人物についても、まったく心当たりがない。
 そう説明すると、相手は納得してくれた。確認のために電話しただけで、問題のURLにしても、おそらく回答者が自分のお気に入りのサイトを列挙しただけなのではないか、ということだった。

 ここまでだったらいいのである。
 問題はその後。
 今度はTBSの報道局の人からこんなメールが来た。

>弊社の番組では、このたびの入試問題の投稿事件について取材をしていおります。

>もしよろしければ、
>山本さまが回答した数学の問題が入試問題であったことについて、率直な感想など
>お話伺うことはできないでしょうか。

 決めつけてきたーッ!!(笑)
 すごいね。NHKの人みたいに僕が回答者と関係があるかどうかを訊ねてるんじゃなく、僕が回答者本人だと断定してやがるよ。
 もちろんすぐに「それはデマです」と返信したのだが。

 それにしても、その回答者のプロフィルは、山本弘本人が書いたものと誤解を与えるようなものだったのだろうか? もしそうだとしたら気味の悪い話である。
 気になったので検索して、そのプロフィルを探し出した。
 これがその問題

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1152502936

 aicezukiの投稿した数学問題で、この人が回答しているのはこれだけだった。「入試問題」ではなく、去年の12月23日の18時に投稿されたものである。おそらく河合塾の冬期講習問題と思われる。
 つまり「山本さまが回答した数学の問題が入試問題であった」というのは、二重に間違っていたことになる。
 で、その回答者のプロフィルがこれ。

http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/e27182818pi31416

 ……あのさあ。
 確かに、最後に僕のHPのURLが載ってるけどさ。
 これのどこをどう見たら、「山本弘の書いた文章だ」と思えるわけ?
 共通点、何もないよね。
 しかもこの人、数学の問題ばかり7000件以上回答してるんだよね。僕、そこまで数学好きじゃないですから!

 HPからたどってメールを送ってきたのなら、HPには目を通していて、僕の経歴とか趣味とかも分かっているはずだ。HPには数学のことなんかほとんど書いてないから、僕が数学が趣味じゃないって分かりそうなものだ。
 仮に僕についての知識がなくて、山本弘の書いた文章かどうか判断できなかったとしても、その場合はNHKの人みたいに確認するのが普通だろ?
 いきなり本人だと決めつけたりしないよね?

 繰り返すけど、TBSの報道の人間だよ。
 それが「ネット上にURLを載せていれば本人」と思いこんでんだよ。
 信じられない。
 テレビで報道番組作ってる人間が、そんなにネットリテラシー低くてどうすんだよ!?

 さらにネットで検索してみたら、僕以外の人にも、同じ人からの「入試問題の投稿事件について取材をしていおります」(原文ママ)というメールが来てるらしい。
 どうでもいいけど、ふと「取材をして伊織マス」と変換したくなった。
  


Posted by 山本弘 at 19:07Comments(10)社会問題