2011年02月11日

今夜21時より、第6回MMD杯本選開幕!

「MMD杯とは?」という説明は今さら要らないとは思うけど、念のため。

MMD杯@wiki
http://www31.atwiki.jp/mmdcup/

 回を重ねるごとにレベルがアップするこの大会。今回も300本以上の予選動画が上がっている。逆輸入P、ポンポコP、教訓P、0039P、cyanPなどなど、みんな面白そうだ。(ツブラヤPは今回は不参加なのかな?)
 初参加の作者、無名の作者の作品でも、期待できそうなのが多い。PVはもちろんのこと、格闘技、野球、ビリヤード、ルービックキューブ、漫才、ロボット、自動車、複葉機、『ビューティフル・ドリーマー』『マップス』『電脳コイル』『火の鳥』『ねじ式』『ガンダムUC』、ゲーム系では『エル・シャダイ』『モンスターハンター』『タイムクライシス』『サイキックフォース』『アイスクライマー』などなど、おっさんホイホイなネタから最新のまで、ありとあらゆるネタが並んでいる。今回は『仮面ライダー』シリーズの再現が多いかな?
 これらが今夜の9時から解禁になるわけである。

 解説の意味で、ここ数ヶ月のMMDの情勢を少しばかり。
 まず、技術的な進歩。キネクトとの連動で、家庭でモーションキャプチャーができるようになった。これ、ものすごいことである。まだ使っている作品は少ないけど、モーションをつけるツールとして、これから活用されると思われる。

【MMD】MMD+Kinectで手っ取り早くなんか凄い事がしたい人へ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13118491

 実はこれ、MMDにモーションつける以外にも、いろいろな応用がきくのだよね。
 さっそく応用した例がこれだったりするわけだが(笑)。

キネクトでミクにリアルパイタッチしてみた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13355699

 ちなみに作者は前回のMMD杯の問題作「とある夏の日のトイレ」の人。納得した!
 ただ、キネクトで動きがリアルになるとは言っても、やっぱり見ていて感心するのは、手作業でモーションをつけたり、何かの映像を完コピしたやつだ。
 これなんか、ネタ元があるとはいえ、あまりに見事な表情と動作に唖然となった。

もものきーっす!! 【MikuMikuDance】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12603168

 もうひとつの技術の進歩は、MME(Miku Miku Effect)が充実してきたこと。特にビームマンPが作っている電撃、風、水面、爆発、マズルフラッシュ、桜吹雪などのエフェクトは、どれも汎用性が高そうだ。

【MMD】桜吹雪エフェクト作ってみた【MME】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13432128

 これなんかもMMEの応用なんだそうである。初めて見た時は仰天した。アニメが最も苦手とする「字を書く」という動作をやってのけたとは!

MMD+MMEで書き初めをしてみた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13245117

 MMDモデルも数が増えてきている。最近は日本鬼子、今井知菜(イマイチな子)など、ネットでちょっと話題になったキャラクターは、すぐモデルができてしまう。
 あの中華ガンダムが即座にモデル化されたのには驚いたよ。

【MikuMikuDance】こっち向いてガ○ダ・・・ム?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13483016

 特に最近、ロボットもののモデルが充実してきている。
 たとえばこのスコープドッグ。「よくできてる」なんて言葉で表現できるようなレベルじゃないよ、このすごいこだわり。むせる。

【MikuMikuDance】スコープドッグ【完成版】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13360529

 見せたがりPという人もいろいろ作っている。バルキリー、ケーニッヒ・モンスター、マクロス・クォーター、ライディーンなんかも感動したが、このコンバトラーVには最高にしびれた。OP再現が涙もの(合体シーンが完璧!)。アトミックバナーが片手用と両手用があるのには恐れ入った。

【MikuMikuDance】レッツ・コンバイン【超電磁ロボ配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13108666

 この人、今回の第6回MMD杯にはアクエリオンを出すらしい。これも楽しみだ。

 はてさて。今夜はまたえらいことになりそうだな。
 興味のある人はぜひご覧いただきたい。サプライズがあるかもよ。
  


Posted by 山本弘 at 16:39Comments(3)ニコニコ動画

2011年02月11日

『モンスター・コレクション テイルズ』

山本弘・安田均・水野良・友野詳・清松みゆき・秋田みやび
モンスター・コレクション テイルズ
富士見ドラゴンブック 800円+税
2月19日発売


「安田均とグループSNE」名義の初の商業出版物『モンスター・コレクション』(富士見ドラゴンブック)が発売されたのが1986年。その25周年を記念して、モンスターをテーマにした短篇集が発売されます。

安田均「魔眼」
山本弘「醜い道連れ」
秋田みやび「羽根と鱗の恋愛事情」
清松みゆき「語り終わりは、惨劇の幕開き」
友野詳「ドラゴンの吐息は胸を灼く」
水野良「ミノタウロスの夏」

 最初の『モンスター・コレクション』を手がけた、安田、山本、清松、水野に加え、友野と秋田も参加。最近、これだけのメンツが揃うのはめったにありません。
 メデューサ、リザードマン、ハーピー、ラストイーター、ドラゴン、ミノタウロスなど、様々なモンスターが登場し、シリアスあり、コメディあり、1970年代を舞台にした青春小説あり、バラエティに富んだ内容です。
  


Posted by 山本弘 at 12:54Comments(3)PR