2010年09月25日

「可能性を生み出しただけでアウト」に異議を唱える

今、『アイドルマスター』のファンの間で「9.18事件」が大きな衝撃を巻き起こしている。
 この日の東京ゲームショーで、『アイドルマスター2』の新たな内容が明らかになったのだが、ここで二つの事実がファンを激怒させたのだ。

1.律子、亜美、あずさ、伊織の4人はNPC扱いでプロデュースできない。
2.ライバルとしてイケメン男性ユニットが登場。

 いや、こりゃダメだ。そんなに熱心な『アイマス』ファンではない僕でも、「そらあかんわ」と思うよ。特に1。普通、新作は前作より機能がアップしてるもんなのに、前作よりキャラクターを削ってどうする。律子や伊織のファンは泣くだろ。
 こういうファンの想いを踏みにじる決定を下せる人間がいるというのは、信じがたいことである。
 2もダメだ。そんな新要素、ファンの誰も望んでないだろう。女性層を開拓したかったのかもしれないが、それなら別のゲームを作ればいいではないか。
 さらに1と2の合わせ技で、「何で律子や亜美やあずさや伊織をリストラして、代わりにこんな連中を入れるんだ!?」と、ファンの怒りが爆発するのは必至。そんな当然のことも予想できなかった制作者たちは、いくら非難を浴びてもしかたなかろう。

 とまあ、ここまでは僕も理解できるのだ。

 問題はその先。

 9月19日、ニコ動に「総統閣下がアイドルマスター2にお怒りのようです」という動画がアップされた。よくある総統閣下の出てくる嘘字幕ものなんだけど、これが4日間で40万再生を超えるヒットになったのである。
 その中にこんなフレーズが出てくる。

「描写がなければいいという話じゃない。可能性を生み出しただけでアウトなんだよ」

 今、この「可能性を生み出しただけでアウトなんだよ」というフレーズが共感を呼び、大流行しつつある。23日の時点でgoogleで検索したら9000件以上ヒット。たった今(25日午後6時)検索したら23000件以上に増えていた。まだまだ広がりそうな勢いである。
 要約するとこういう意味だ。
『アイマス2』の制作スタッフは、ゲーム中で男性ユニットの誰かとアイドルが恋愛関係になったりする描写はないと断言している。しかし男性キャラクターを登場させたら、必ずそれをアイドルとくっつけてエロエロな同人誌を作ったりする奴が出てくるに違いない。ファンにしてみれば恋人を寝取られたようなもの。こんな可能性を生み出した奴を許せない……というのだ。

 は?

 すみません。ぜんぜん理解できません。

 たとえば、複数の男性キャラが登場する健全なマンガを元に、18禁BL同人誌を作る者は大勢いる。
 あるいは小学生や中学生の女の子が出てくる健全なアニメを元に、エロ同人誌を作る者もたくさんいる。
 当然、そういうものを不快に感じる人もいるだろう。
 でも、それは原作者の責任か?

 違うやろ? 何もないところに勝手に「可能性」を見出してるのはファンの方やろ?
 もっとぶっちゃけて言えば、君ら自身が「俺の○○ちゃんが男とあんなことやこんなことを!」と勝手にエロい妄想してるだけやろ?
 その責任をネタ元の作者に押しつけて非難するって、おかしいんとちゃう?

「可能性を生み出しただけでアウトなんだよ」と主張する人たちの文をいくつか読んでみたんだけど、筋が通らないことばかりである。
 たとえば「男性キャラを出すのがダメなら涼はどうなるの?」という当然のツッコミが浮かぶわけだが、『DS』は番外編だからかまわないんだとか、相手が夢子だからいいんだとか、苦しい言い訳がされている。
 いやいや、あのストーリーからすると、真あたりとくっつく「可能性」もあるよね?(ゲームの中ではともかく、妄想の中では) その「可能性」は無視していいの?
 さらに言うなら、わざわざ公式で男性キャラを出すまでもなく、すでに『アイマス』のエロ同人誌なんて山ほどあるんじゃないの?

 僕ら創作者にしてみれば、「可能性を生み出しただけでアウト」というのは、実に恐ろしい主張である。作者が具体的に描写しなくても、ファンが勝手に「可能性」を嗅ぎつけただけで「アウト」だと判定されるというのだ。方広寺の鐘ですかい。
 そんなめちゃくちゃな主張が許されるなら、どんな作品も創れなくなってしまうではないか。

 これは『かんなぎ』事件やマンガ版『ラブプラス』事件と同じ流れだ。どちらも作中に具体的な描写があったわけでもないのに、一部のファンが勝手に、ヒロインに男性経験があると妄想し、エキサイトして「中古」「ビッチ」などと罵倒しまくった。
 特に『かんなぎ』事件の場合、作者が女性だけに、受けた精神的ダメージは大変なものだっただろうと想像する。
 僕も正直言って処女は好きだ。作中に登場させるヒロインも、多くは処女だ。
 でも、処女厨は大嫌いだ。
 特に男性経験のある女性を「中古」「ビッチ」などと罵る奴はサイテーだ。処女膜がないというだけの理由で女性を蔑視するのは、心の狭い差別主義者だ。だから『かんなぎ』事件の時は、何の罪もない作者がかわいそうで、すごく腹が立った。
 趣味を楽しむのはいいが、それは妄想の中だけにしろ。実在する人間の人格を傷つけるな。

 ちょっと前にあったこの事件もそう。

平野綾がテレビで恋バナ解禁! ファンが怒り狂い殺人予告まで?
http://getnews.jp/archives/70924

 ファンの間では「平野綾には恋人がいない」と信じられていたのだそうである。んなわけないだろ(笑)。アニメキャラならともかく、実在する生身の女性だよ。22歳で美人なんだから恋人ぐらいいて当然だよ。
 しかし、そうした自分で勝手に創作した脳内設定を事実と混同していた連中が、それを否定されて激怒し、「殺す」とまで言っているのだ。
 頼むから現実とアニメの区別をつけろ。こなたやハルヒと違って、平野綾はいつまでも処女じゃない。

 さらにまずいのは、こんな主張を認めたら、ゲームやアニメを規制しようとする連中に格好の口実を与えてしまうことだ。

「ゲームをやっていると現実とゲームの区別がつかなくなる」

 そういうことを主張する連中がいる。僕らはそれに対して、「いやいや、ゲーマーは現実とゲームの区別ぐらいついてますよ」と擁護してきた。
 でも、そうではないらしい。
 世の中には、虚構と現実の区別がつかない者が大勢いるのだ。自分の妄想を現実のゲームやマンガの内容と混同し、妄想を根拠に腹を立てている者たちが。
 これはヤバい。彼らの存在は、規制反対派のアキレス腱になりかねない。
 たとえば、そうした連中が暴走して刑事事件を何度も起こしたら、これはもう規制推進派にとって美味しすぎる材料となるだろう。「それ見ろ、やっぱりゲームをやってるとこうなるんだ」と。
 さらに、「可能性を生み出しただけでアウト」だという論法を認めるなら、「非実在青少年の出てくるエロマンガを読んでいると実際に性犯罪に走る可能性がある」「だから禁止しろ」という主張に対して、反論できなくなってしまう。だって、具体的な根拠がなくても、「可能性」があるというだけでアウトなんだから。
「可能性を生み出しただけでアウト」という言葉に賛同する者たちは、それが敵方の武器として使われる危険性に気づくべきだ。

 繰り返すが、僕は『アイマス2』の制作者たちを擁護するつもりはまったくない。やっぱり間違ってると思う。批判されて当然だ。
 しかし、「可能性を生み出しただけでアウト」という主張に対しては、創作者の一人として、断固として異議を唱える。
 作中で描かれていない部分に関して、読者がどんな妄想を描くかなんて、作者には想像もつかない。ましてやそんなもんに対して責任も取れない。それは妄想する側の責任だ。

参考:
ゲーム「アイマス2」にファン衝撃 内容変更しろとネットで大合唱
http://tv.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=411610
  


Posted by 山本弘 at 18:24Comments(104)社会問題

2010年09月11日

911陰謀論に思う

 9月11日である。
 ヒストリーチャンネルでもディカバリーチャンネルでも、いろんな特別番組をやっていて、もう何本も見た。火災に追われて人が窓から落ちてくる場面は、何度見ても胸が痛む。ビルの崩壊によって生じた大量の粉塵に追われ、人々が必死に逃げまどう姿は恐ろしい。
 もう9年も前なので、細部を忘れかけている人も多いだろう。しかし、あの悲惨な事件の記憶を風化させないためにも、こういう番組は定期的に見返すべきだと思うのだ。

 さて、911と言えば陰謀論。あの事件はアメリカ政府による自作自演だとか、ワールドトレードセンターには最初から爆薬が仕掛けられていて爆破解体されたのだとか、ペンタゴンに突入したのは巡航ミサイルだとか、当日は4000人のユダヤ人が仕事を休んだとか、アホな説を信じる人たちがいる。
 しかし、彼ら陰謀論者の主張はことごとく間違いであることが、この数年間にほぼ完璧に立証されている。いちいち説明すると長くなるので、以下のリンクを読んでみてほしい。

分解 『911 ボーイングを捜せ』

Skeptic's wiki 911陰謀論

911Plot(?)FAQ

 アポロ陰謀論もそうだが、こうした荒唐無稽な陰謀説はすでに反証し尽くされていて、もう反証するネタがほとんど残っていない状況である。
 にもかかわらず、911陰謀論が下火になる気配はない。実際、Googleなどで911関係の情報を検索すると、陰謀論を唱えるページばかりがやたらヒットする。新刊書店の国際情勢の棚に行っても、もはやまともな911本は並んでおらず、911陰謀論の本があるばかり。
 こういうのを見ると、本当に無力感を覚える。ごく一部の理性ある人間が、証拠や理詰めで真実を説いても、信じてしまった人の耳には届かないのではないか。ほとんどの人は、「911同時多発テロってアメリカ政府の自作自演だったんだぜ」という話を聞かされると、裏も取らずにそれを鵜呑みにしてしまうようなのだ。

 最近、mixiでHEROという人物が新たな陰謀論を唱えている。彼の説によれば、なんと、ユナイテッド航空175便がWTC南棟に激突するあの映像はCGなのだという。実際はビルに仕掛けられた爆弾が爆発しただけで、飛行機など衝突していない。テレビ局が共謀してCG映像を流し、世界中を騙したというのだ。
 しかし、当日の映像を見れば分かるが、WTC周辺には何千人という野次馬がいて、燃えるビルを見上げていた。飛行機がぶつかっていないのに爆発が起きたら、それを証言する目撃者が大勢いるはずではないか。
 しかしHERO説によれば、「目撃者は少ない」という。そして飛行機がぶつかったことを目撃した者など一人もいない、というのだ。
 さらにHERO氏は言う。ユナイテッド航空175便は最初から存在していなかった。乗客も存在していない。だから乗客の遺族が名乗り出てくるはずがない……。
 もちろんそれは事実に反する。175便の衝突を目撃した人はいるし、乗員乗客の遺族も実在し、テレビにも出演している。
 ほんの一例を挙げるなら、会社役員のピーター・ハンソン氏は、妻のスー、幼い娘のクリスティーンと175便に乗っていて、ハイジャックに遭遇した。彼は機内電話を使って母親に電話をかけ、「飛行機がハイジャックされた」と告げている。両親のリー・ハンソンとユーニス・ハンソンの夫妻は、2003年、息子の名前でノースイースタン大学に記念基金を設立している。

http://www.northeastern.edu/leadershipcampaign/campus/hanson.html

 だから175便が実在したことも、それがWTC南棟に衝突したことも疑いようがないのだが、そうした情報を示されてもHERO氏はいっこうに動じない。自説に都合の悪い情報はすべて嘘だと決めつけ、認めようとしない。テレビに出演した遺族などもみんな「ヤラセ」なのだという。
 ちなみにHERO氏によれば、僕は「工作員」なのだそうだ(笑)。

 HERO氏は極端な例だとしても、911陰謀論者の多くが、事実を見ようとしないし、まともな理屈がまったく通用しない相手であることは確かだ。
「そんな珍説を信じる連中はみんな頭がおかしいのだ」と、切って捨てたくなる。
 しかし、ちょっと待ってくれ。アメリカでは911がアメリカの自作自演だと信じる者は15%もいるのだ。他の国でも何十%という人が信じているし、たぶん日本でもかなり多いと思う。一方、統合失調症の発症率は0.8~1%、他の精神病も合わせても数%でしかない。無論、精神病者の全員が911陰謀論を信じているわけでもない。
 つまり、911陰謀論者のほとんどは「正常」だということになる。
 この事実はどう考えるべきなのか。僕が思うに、「正常」の定義を考え直す必要がある。そもそもすべての人間は「正常」ではないのではなかろうか?

「すべてのヒトは認知症なのです」というのは、僕が『アイの物語』の中でアンドロイドの詩音に言わせた台詞である。

>「文字通りの意味です。あなたたちは認知症のヒトとそうでないヒトがいると思っていますが、それは間違いです。すべてのヒトは認知症で、症状に程度の差があるだけなのです。認知症のヒトの多くは、自分が認知症であるという認識を持たないものですから」

>「論理的帰結です。ヒトは正しく思考することができません。自分が何をしているのか、何をすべきなのかを、すぐに見失います。事実に反することを事実と思いこみます。他人から間違いを指摘されると攻撃的になります。しばしば被害妄想にも陥ります。これらはすべて認知症の症状です」

 これはかなりマジである。もっとも最近では、「すべてのヒトは統合失調症なのです」と言い換えたほうがいいのではないかという気もしているが。
 何にしても、僕らは完璧な知的生命体とはほど遠い。「万物の霊長」だなんておこがましい。人間の思考プログラムはバグだらけだ。まともな思考力のある知性体なら、911陰謀説なんか信じたりするものか。
 911テロという事件そのものについても、同じことが言える。アルカイダがやったことも、それに対してアメリカが取った行動も、明らかに間違っている。論理的にも、倫理的にも。
 人間が真の知性体であるなら、あんな愚かなことができるはずがないのだ。

 そう、誰かが愚かなんじゃない。僕ら人類はみんな愚かなのだ。しょっちゅう間違ったことを信じ、しょっちゅう間違った行動を取る。
 だからこそ僕らは慎重にならなくてはいけないと思う。重大な結果を惹き起こす決断に際して、「この決断は本当に正しいのか」と、立ち止まって考えてみる必要がある。HERO氏のように、「自分の考えに間違いはない」などと思ってはいけないのだ。いつも「間違っていないか」とびくびくすべきなのだ。
 911同時多発テロという事件は、その良い教訓だ。
 僕らが悲劇から何も教訓を学ばず、これからも愚行を繰り返すなら、死んでいった何千人という犠牲者が浮かばれない。
  
タグ :陰謀論


Posted by 山本弘 at 18:59Comments(29)トンデモ

2010年09月11日

第5回MMD杯、終了

 ちょっと遅くなりましたが。

【第5回】MikuMikuDanceCup V 閉会・受賞式【MMD杯】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12018871

 僕が「これだ!」と思った作品はだいたい入っていて、まずまず納得の結果。「鬼ごっこGT」だけは何か賞あげてほしかったけど。
 1回ごとにすごい勢いで技術力が向上するこのカップ、今回も「BLUE SKY」「あずにゃん? いえ、初音ミクです」「MMD応援団」などなど、ものすごい技術を見せつけられて、モニターの前で呆然となったものである。
 もちろん、振り付けとかアクションとかにかける情熱も素晴らしい。上位作品はどれも細部までていねいな作りで、情熱が伝わってくる。
 この先、第6回、第7回と、どれだけレベルが向上するのだろうか。MMDというツールの可能性はまだまだ広がりそうだ。

 ところで、前回も終了後にビッグヨーデルなんて変なものが流行ったけど、今回もまた変なものが流行……そう、例のアレである。
 分からない人は〈第5回MMD杯エキシビション〉とか〈セルフバカー〉で検索してみてほしい。シリアスな作品を送ってきたPたちが、ブームに乗ってバカを競い合っている姿は微笑ましい。
 ひとつだけ、すごく気に入ったのを貼っておく。この音がいいんだよ!

【第5回MMD杯】H級ATで知る人ぞ知るアレの踊り【エキシビジョン】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11915583

 あと、セルフバカーといえば、これも忘れちゃいけないだろう。

【第5回MMD杯エキシビション】新ボカロで「君の知らない物語」【PV】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11923746

 いや確かに新ボカロだけど!(笑)
 あの感動を返せ!
  


Posted by 山本弘 at 17:28Comments(0)ニコニコ動画

2010年09月06日

『21エモン』に解説書きました

 このたび藤子・F・不二雄大全集『21エモン①』に解説を書かせていただきました。

http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091434371

 文庫版でカットされた話が収録されるのはもちろん、当時の『少年サンデー』のカラーグラビア記事も再録! このグラビア、『21エモン』世界の設定(1980年代に第3次世界大戦が起きかけたけど、宇宙人の干渉で回避されたとか)がいろいろ明らかになっているので、ファンにはまことに貴重な内容であります。
 まさか『マクロス』より14年も前に、「世界連邦の設立に反発して各地で反乱が起きる」なんて設定を作ってたとは思いませんでした。
 ちなみにWikipediaには時代設定が「2018年」と書いてあるけど、正しくは「2023年」です。念のため。(21エモンが生まれたのは、2010年1月1日)

 僕は子供の頃にリアルタイムで読んでいたんですが、解説を書くためにあらためて読み直してみて、思っていた以上に先進的な内容だったので驚きました。出てくる宇宙人も面白いんですが(コイケラス星人の話が最高!)、ワープ航法とか、火星のテラフォーミングとか、よくこの時代のマンガでここまで描けたもんだと感心します。
 2巻に収録予定の木星の金属水素鉱山のくだり、リアルタイムで読んでて、ギャグマンガらしからぬ高温高圧高重力の木星の描写がすごく印象的でした。なんかアンダースンの「わが名はジョー」に似てるな……と思って調べてみたら、「わが名はジョー」が訳されたのは『SFマガジン』1968年9月臨時増刊号でした。藤子先生、絶対ヒントにしてる。
 他にもいちいち例を挙げだしたらキリがないんだけど、ギャグ作品なのにいちいち筋が通ってるんですよ。ほんとにSFをよく理解している人間でないと描けません、このマンガは。
  
タグ :マンガ


Posted by 山本弘 at 19:02Comments(6)マンガ

2010年09月06日

『MM9』番外編始動

 すでに発売されていますが、『ザ・スニーカー』(角川書店)10月号より、『MM9~怪獣のいる風景~』が連載開始されています。
『Webミステリーズ!』の『MM9―invasion―』の方がストレートな続編なのに対し、こっちは番外編。1話完結形式で、気特対はほとんど出て来ず、『MM9』世界における様々なドラマ(怪獣がいるのは日本だけではないのです)を描いていこうという趣向。泣ける話やユーモラスな話など、バラエティを重視した内容にしようと思っています。
 第1話は日本人高校生を主人公にした、『トワイライト・ゾーン』風のお話。クライマックスにちらっと出てくる固有名詞の意味が分かるのは、かなり濃い人です。(分からなくても支障ないんですが)
 第2話は現在執筆中。今度はアメリカ人少年が主人公で、舞台はモンタナ州フラットヘッド湖。
 そう、「スクリューのガー助」!
 第3話は東南アジアを舞台に、「怪獣版『シベールの日曜日』」をやろうと企んでおります。

 ところで、この表紙なんだけど……。



「クライムアクション」って何?(笑)
 こういうコピーを考える人って、内容は読んでないのかもしれませんな。
  
タグ :PRMM9


Posted by 山本弘 at 18:18Comments(6)PR