2010年07月31日

新短篇集『アリスへの決別』




 新しい短篇集『アリスへの決別』(ハヤカワ文庫)の収録作品を紹介します。
 発売は8月6日の予定。740円+税。
 表紙イラストは大石まさるさん。表題作の一場面ですが、僕が指定したんじゃないですよ(笑)。編集さんの話では「書店ではオビがかかるから、そんなにエッチにならない」そうです。そういう問題か?
 よく見ると六角形の中には「倫」と書いてあります。

「アリスへの決別」
 一九世紀後半のイギリス。僕――数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジスンの暮らすオックスフォード大学の寮に、金髪の美少女アリスが訊ねてくる。いつものようにヌード写真のモデルになるために。
「ねえ、先生、何かお話して」
 アリスにせがまれ、僕は奇妙な物語を語り出す。遠い未来に発明される小さな機械の話を……。


 初出はロリコン雑誌〈うぶモード〉(コアマガジン)2010年4・5月号。
 児童ポルノ法問題がらみで同誌からインタビューを受けた際、「機会があれば何か小説を書いてください」と言われたので、ふと思いついたアイデアで短篇を書いて送ったら採用されました。掲載時には町田ひらくさんのイラストが付いていました。

「リトルガールふたたび」
 二一〇九年の日本。小学校では教師が子供たちに二一世紀の日本の歴史を教えていた。マスメディアの衰退とネット言論の暴走、大衆の低IQ化スパイラルの進行により、日本がどのように核武装への道を突っ走っていったかを。


 初出は〈小説現代〉(講談社)2009年8月号。「百年後の世界」というテーマの特集で、椎名誠氏、川端裕人氏、真藤順丈氏と競作しました。
 ブライアン・W・オールディスの短篇「リトル・ボーイ再び」(〈SFマガジン〉1970年2月号)へのオマージュです。

「七歩跳んだ男」
 月面基地のエアロックの外で、宇宙服を着ていない男が倒れていた。砂塵の上に残る足跡から、エアロックから飛び出して七歩跳躍して倒れたと推測された。自殺か? 事故か? 他殺か? 月面基地にやって来た男の奇妙な言動の数々には、意外な意味が秘められていた。


 初出は日本SFアンソロジー『NOVA1』(河出文庫・2009年)。オーソドックスなSFミステリです。

「地獄はここに」
 私はテレビで人気のある霊能者。今回もあるテレビ番組に出演し、一年半前に埼玉県の竹林で起きた少女殺人事件の霊視をすることになった。
 現場に出向き、いつものようにデタラメな犯人像を語る私。だが、事件の真相は私の嘘を上回る恐ろしいものだった。


 初出は2006年5月発行の〈ファントム〉(二見書房)。ある種のモンスターが出てくるホラーです。

「地球から来た男」
 シーヴェルの接近による地球壊滅の危機が去って三四年後。一五万人を乗せて太陽系外に向かって旅立とうとしていた小惑星船〈ラウファカナア〉に、一人の青年が密航してきた。二二世紀の現代では珍しいことに、彼は一度も遺伝子改変を受けたことがないというのだ。


 初出は〈SFマガジン〉2010年2月号。
 自分では問題作だと思うんだけど、何がどう問題作なのか書こうとするとネタバレになってしまうというジレンマ(笑)。怒る人がいるかと思いきや、意外に好意的に受け入れられてほっとしています。

「オルダーセンの世界」
 原因不明の異変によって文明が崩壊した後の世界。宗教的指導者に支配され、禁欲主義を貫くコロニーに、謎の女が現われた。捕らえられて留置場に入れられても、不敵な態度を崩さない。彼女の名はシーフロス。職業は深夢ダイバー。「亜夢界」から来たのだという……。


 初出は〈SFマガジン〉2010年7月号。「シュレディンガーのチョコパフェ」のラスト近くにちらっと出てきた深夢ダイバーのシーフロスが主人公。

「夢幻潜航艇」
 夢と現実の中間の量子論理世界、亜夢界。そこに危機が訪れた。夢の海の底に潜む〈魚〉が浮上し、夢化率を一挙に上昇させ、大規模なランダマイズ(無秩序化)を惹き起こしたのだ。
 深夢ダイバーのシーフロスは〈魚〉の正体を探るため、発明家トールの作った潜航艇に乗り、普通の人間には耐えられない深度の夢に挑む。そこは絶えず現実が変化し、アイデンティティ崩壊の危険にさらされる危険な世界だった。


 この短篇集のための書き下ろし。こちらもシーフロスが主人公の亜夢界もの。アラン・E・ナース「悪夢の兄弟」やピーター・フィリップス「夢は神聖」など、夢の世界を舞台にしたSFはよくありますが、その山本弘版です。本当の夢ではなく、あくまで独自の物理法則に支配された世界なんですけどね。

 なお、8月7・8日の日本SF大会TOKON10にてサイン会をやります(7日16:35より)。大会参加者の方のお越しをお待ちしております。


  
タグ :SFPR


Posted by 山本弘 at 16:10Comments(2)PR

2010年07月13日

人類が消えるとキムチの蓋が音を立てる?

 最近、僕が毎週見ている番組のひとつが、テレ東系の『空から日本を見てみよう』である。
 タイトル通り、日本各地を空中撮影で紹介する番組。変わった形の建物やモニュメント、変わったことをやっている人を見つけては、地上での取材で、それがどういうものなのかを紹介する。
 先日の放送では茨城県を空から紹介。ばかでかい牛久大仏や、ダイダラボッチ像、鵜飼いに使うウミウを捕獲する意外な方法、鉄の圧延工程などを紹介していて、なかなか面白かった。知的好奇心を刺激する、かと言ってシリアスすぎない、気軽に楽しめる娯楽番組なんである。

 チーフプロデューサーへのインタビューが興味深い。
http://www.tvco.tv/interview/?action=detail&id=160

>ただ、ちょっとうれしいリアクションがあって。「日光」の回の“分計”(毎分ごとの視聴率)で下がってた部分の全てが、日光を紹介するときには必ず取上げるところだった。つまり東照宮とか、いわゆる観光名所ですよ。「他番組でもよくやってるからいいよ、君達はヘンなもの探して来いよ」って視聴者から言われてる気がして。これはある意味視聴者からの応援だと思ってます。それで今は「ここは押さえておこう」とか「そろそろグルメスポット入れとくか」みたいな、よくある小賢しいテレビマン的なものの考え方にとらわれずに番組作りができるようになっていますね。

 ああ、それは分かる。日光で東照宮、要らんわ。

 しかし、けっこう手間がかかってるんだな。空撮も1テイクではないだろうとは思っていたが、平均5テイクも撮っていたとは驚いた。その手間を感じさせないところが、またいいんだけど。
 さらに、この番組が楽しめる大きな理由がある。

 スタジオでのタレントのトークがないのだ。

 番組は、くもじい(伊武雅刀)とくもみ(柳原可奈子)というキャラクターのかけ合い、それにナレーターによる簡潔な解説で進む。くもじいもくもみも、番組の最初から最後まで、 声だけで淡々と紹介を続ける。
 のんびりとした雰囲気なのだが、次から次に名スポット珍スポットが紹介されるもんで、見ていて飽きる暇がない。
 裏番組の『奇跡体験!アンビリバボー』との最大の違いは、山場になるたびにスタジオでのタレントのトークをはさんで、番組を寸断したりしないこと。

『アンビリバボー』だけじゃない。『ザ・ベストハウス123』『世界まる見え!テレビ特捜部』『ザ!世界仰天ニュース』……ああいうの見てて、イライラすることありません?
 何で合間にタレントのトークを入れなくちゃいかんの?
 いや、タレントがメインの番組なら別にかまわないんだけど、明らかにVTRがメインでタレントはおまけ。なのに、そのVTRを途中で何度もぶった切って、ありきたりの感想を述べ合ったり、「○○さんは何か××したことありますか?」などと、番組内容と無関係なタレントの体験談を語らせたり、あるいはクイズやゲームで時間を潰し、せっかく盛り上がったテンションを落としてくれるんである。
 まあ、『アンビリバボー』や『世界仰天ニュース』の場合、スタッフの用意したVTRだけでは尺が持たないんで、トークで水増ししてるかな……という気がするんだが。
 でも、『世界まる見え』に、トークとかゲームとかは必要なのか?
 正直言って、ビートたけしや所ジョージ目当てで『世界まる見え』を見ている人って、あんまりいないんじゃなかろうか? メインはあくまで海外の面白い番組の紹介なんだから、トークを削ってその番組を1分でも2分でも長く見せてくれよ、と思う。
 最近は番組改編期に、世界の衝撃映像や珍事件を集めた特番をよくやる。それらもたいてい、タレントが出てきて、適当なコメントを述べ合い、時には寒いギャグを飛ばしたりする。その部分がものすごく退屈だ。
 僕はそういう番組を見る場合、ビデオに録画して、タレントの出てくる部分は早送りですっ飛ばす。ストレスが軽減できて、時間の短縮にもなる。

 最近、腹が立ったのは、日本テレビ系で6月28日に放映された『人類ZEROの未来!』という番組。
 ヒストリーチャンネルが制作した『LIFE AFTER PEOPLE』と、イギリスで制作された『THE FUTURE IS WILD』という2本の科学ドキュメンタリーを編集した番組。前者は人類が消滅したら文明はどのように崩壊してゆくかをシミュレートしたもの。後者は未来の地球の生物がどのように進化するかを想像したもの。どちらも前にケーブルテレビで見たが、なかなか面白い番組である。

 そのままの形で放映されていれば。

 やっぱりね、寸断するんだよ、タレントのしょーもないトークやクイズで。世界の有名なランドマークを五つぐらい見せて、「この中で最も長く残るのはどれでしょう」とかいうクイズをやるんだよ。
 いや、クイズなんかいらんから! 先を見せろよ先を!
 そもそも何でタレントを呼ぶの? 「上田晋也とテリー伊藤が出てるから見なくちゃ」なんて思う視聴者いないだろ!(笑)

 さらに最低だったのは、東京から人間が消えたらどうなるかを、日本でスタッフが撮り足したVTRである。
『LIFE AFTER PEOPLE』は、多くの専門家の助言を仰いだり、都市が自然に浸食されて崩壊してゆく過程をCGでシミュレートしたり、手間と金をかけて作っている。ところが、日本のスタッフが作るとどうなるか。
 まず予算をかけない。CGなんか使わない。
 舞台は一軒の焼き肉屋である。たぶんスタッフの行きつけの店なんじゃないかしらん。(笑)
 人間が消えた店内で、肉が網の上でじゅうじゅうと焼けている。「人間がいなくなるとこの店内で何が起きるだろうか」というナレーション。
 なんと、厨房にあるキムチの容器の蓋が持ち上がっては元に戻り、パックンパックンと音を立てはじめるのである。
 どうして? 人間がいなくなると、キムチが発酵して二酸化炭素が発生し、容器内の圧力が上がって、蓋が持ち上がるというのだ。

 あのさ(笑)。

 それって常温で何日とか何週間とか放置しておいたら、圧力が上がってそうなるってことだよね? しかもいったん蓋が持ち上がったら、二酸化炭素が抜けてしまい、また圧力が上がるまで何日もかかるはずだよね?
 でも、画面上では、網の上の肉がまだ焦げてもいない。つまり人間が消えて数分しか経っていないはずなのである。なのに、キムチの蓋が動き出しているのだ。パックンパックンと。
 つまりこの番組のスタッフは、人間がいなくなったとたん、キムチはものすごい勢いで発酵しはじめると思っているのだ!
 ここまで科学知識も論理的思考力も欠如したスタッフが番組を作ってるかと思うと、頭がくらくらしてくる。だいたい、キムチ以外に注目するところあるだろうが。
 さらに、人の消えたコンビニにゴキブリが現われるシーンもすごかった。
 スタッフは本物のゴキブリを使わなかった。CGも使わなかった。なんと、棒の先にゴキブリのおもちゃをつけたものを、手でへろへろと動かしてみせただけ!
 ヒストリーチャンネルが作った部分とのすさまじい落差に、またもくらくら。腹が立って、もうその先は見なかった。
 こんな非科学的でしょぼい映像を追加することは、オリジナルへの冒涜である。

 もうね、日本で撮り足さなくていいから! タレント出さなくていいから!
 ディスカバリーチャンネルやヒストリーチャンネルやナショナルジオグラフィックで作った番組を買ってきて、そのまま放送してくれればいいから! その方がタレントのギャラが浮いて安上がりだし、あんたらだってその方が楽でしょうが。
 ディスカバリーチャンネルの『怪しい伝説』なんて、地上波でゴールデンで放送したら、きっとかなりの視聴率が取れると思うよ。だって日本の同種のバラエティ番組よりはるかに面白いもの。

 なぜ日本のテレビ局はそうしないのか? 
 いろいろ理由を考えたんだけど、やっぱり「俺たちがこの番組を作ってるんだ」というスタッフの意地というか、見栄なんじゃないかという気がする。
 違うと思うぞ。番組が面白いのは、あんたらの力じゃなく、オリジナルの番組を作った海外のスタッフの功績だぞ。
 まして『人類ZEROの未来!』みたいに、オリジナルの番組に不必要なものをつけ足して改悪する行為に、僕は何の正当性も認めない。

 その点、『空から日本を見てみよう』は、タレントのトークで水増しをしたりせず、さくさくと番組が進む(CMが入るのはしかたないけど)。たったそれだけで、見る側のストレスがずいぶん軽減されるのだ。

http://www.tv-tokyo.co.jp/sorakara/

 おお、次回(7月15日放送)は「ゆりかもめ」だ。絶対見なくちゃ!
  


Posted by 山本弘 at 16:48Comments(19)テレビ番組

2010年07月07日

ニコマスのすげー技術(2010年前半)

 ニコ動のアイマスMAD、以前はプレイ動画を編集したものや紙芝居ものが主流だったが、最近は手描きアニメ、CG、人形アニメなど、技術的に高度なものが増えてきた。
 2010年前半に僕が見た作品の中から、技術的にレベルが高くて感動したものをいくつかご紹介。

【人形アニメ】

アイドルマスター MFF アンダーグラウンド
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9598267

 ねんどろいどぷちを使った人形アニメ。これは初めて見た時は腰が抜けた。ぬるぬるした動き、ライティング、カメラワークなど、どれもプロの域! 廃物利用の小道具もいい感じ。

アイドルマスター 90720minuteM@ster オールド・ストローハット
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11196463

 こちらはリボルテックを使った人形アニメ。〈野生のハリーハウゼン〉タグに納得。関節が見えないのは、1枚ずつ消してるんだろうか?
 先日、お会いした海洋堂の社長さんに教えてあげました。

【3DCG】

夢子さんがかわいいんだが・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10510502

 MMDを使ったPVもたくさんあるけど、光線の加減でここまでリアル感を出せるとは。このクオリティには脱帽。
 この手のMMDによるPVでは、日高愛の「恋☆カナ」とかも可愛くてgoodでした。

アイドルマスターGS relations(LIVE) MMDm@ster
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10887561

『アイドルマスター』の性転換バージョン『アイドルマスターGS』(もちろん捏造)。このネタが生まれたのは2年前なんだけど、今年に入ってMMDで驚異的な進化を遂げた。ぜんぜん違和感ないところがすごい。こういうゲームなら女性ファンも増えるだろうね(笑)。

【ウソm@s参加作品】『Black Fencer』(完成版)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11085890

 3DCGによるSFヒーロー・アクション。台詞や設定は厨二だが、スピード感と殺陣のかっこよさに圧倒される。特に敵にとどめを刺すところがしびれる! この調子で次回作も作って!

【手描きアニメ】

アイドルマスター 「デイズ」 アニメPV
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10574544

 なんもう、普通に金取っていいレベル。特にサビのところの動きが素晴らしい。
 こういうのを見ると、アマチュアアニメは「うにくらげ」の時代からずいぶん遠くまで来たなあ、と実感する。

アイドルマスター まっくら森の歌
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10784872

 歌もいいんだけど、絵がかわいい! そして美しい! 一目で速攻マイリスした作品。
 これもこのまま「みんなのうた」で流せそうだ。て言うか、プロだろ、絶対。

【アイドルマスター】 arcadia 【手描き】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10945043

 サムネからは予想もつかないダンバイン。やけにぬるぬる動くと思ったら、作者はアニメの作り方をまったく知らず、バカ正直に1秒間24枚描いたのだとか。すげえ! 処女作でここまでできるならたいしたものだ。

【ゆかいじゃのう2010】 ぱぁふぇくとすたぁ・ぱぁふぇくとすたいる
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10257045

 杉浦茂生誕102年を記念して(なんじゃそら)、勝手に開催された『ゆかいじゃのう2010』。そんなの参加者いるのか……と思ってたら、予想外にレベルの高い作品がアップされてて仰天。あの独特の絵がぬるぬる動いて気持ちいい。

【捏造系】

ドリームクラブ2 PV...?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10553254

『ドリームクラブ2』のPVを春香で捏造。知らない人に見せたら、普通にこういうゲームだと信じてしまいそうなレベル。

アイドルマスター EPISODE 0 トレーラー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10823758

『アイドルマスター』のプリクエル(前日談)を捏造。これは見たい!

 もちろんこの数十倍もの数のMADを見ている。今回は取り上げなかったけど、紙芝居系、替え歌系もいろいろ巡回している。
 ちなみに、替え歌系ではわたまきさんPのIm@S電波歌シリーズ、紙芝居系では足汁Pの大ファンです。これからもがんばってください。
  


Posted by 山本弘 at 13:52Comments(5)ニコニコ動画

2010年07月06日

自民党のコスプレパーティ

 あまり政治問題に首を突っこみたくないんだけど、やっぱり選挙前にこれだけは言っておこうと思った。

 少し前にマイミクさんの日記経由で知ったのだが、参院選に自民から出馬する三橋貴明氏が、6月5日にこんなイベントをやったのだそうだ。場所は自民党本部ホール。

自民党のコスプレイベントがスゴ過ぎる件
http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20100614/p1

 その映像がこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=OCEsBGSHxDc
(問題のシーンは4:30から)

 おいおいおいおい(^^;)。
 何で『エヴァンゲリオン』のコスプレで「ゆずれない願い」なんだよ!? 素直に「残酷な天使のテーゼ」か「魂のルフラン」あたりにしろよ!
 繰り返しますが、ここ、自民党本部ですから。

 たぶん、こういうことをやったら若者層の人気が取れると勘違いしちゃったんだろうなあ。でも、本物のオタクはこういう「表層だけオタクを装う奴」を嫌悪するものなんだけどね。

 その後もこんなコスプレで登場。

http://www.youtube.com/watch?v=UEmkzEzGra8

 ……あのー、トモダチはまずいんじゃないですか?
 ゲンドウもそうだけど、政治家を志す人間が、わざわざ陰謀を企んでいるキャラクターを選ぶって、どういう神経なのか。
 続いて登場したのは「ムシケラ」という名前のラッパー。

http://www.youtube.com/watch?v=yoOax82kcpE

 コメントにもあるけど、これは寒い! 会場もぜんぜん盛り上がってなくて、みんな義務感でしかたなく手を振っているだけなのがありありと分かっちゃう。(特に0:30~1:00あたり)
 あ、この映像見ると分かるけど、コスプレしているのは三橋氏だけではありません。支持者たちもです。

 次に登場したゲストは、何とドクター中松!

http://www.youtube.com/watch?v=nxLuRGXlCnM

 おいおいおい、あんた幸福実現党から出馬するんだろうが!?

中松「インターネットの大元は僕ですよ」

 キターっ!

中松「フロッピーディスクに、1947年、私の特許が。それがIBMで採用されて、それでコンピュータが変わったんだ。今のネット社会になったのも、大元を作ったのは私」

 まだそんなのこと言ってんのかい、このおっさんは!
 しかも、会場からは「おおー」という歓声と拍手。ええーっ、みんなこんなホラ話を信じちゃってるの?

 その後の食事会の模様。

http://www.youtube.com/watch?v=FieHW0pYhjQ


 すぎやまこういち氏はともかく、その後に登場したのが……増田悦佐!(4:52から)
 あのトンデモ本、『日本型ヒーローが世界を救う!』の著者だ!

http://www.amazon.co.jp/dp/4796651209

『ドラゴンボール』のコスプレで登場した増田氏。何を言うかと思ったら――

増田「『ドラゴンボール』というのは日本人の英雄観にとってですね、非常に高い思想性を持ったマンガ・アニメだと思うんですよね」

『ドラゴンボール』に高い思想性ですか!?

増田「日本人の英雄観が、欧米の一番頭が良くて一番強い人間がたった一人で生き残ればいいんだという、そういう英雄譚とまったく違うところが二つあります。
 ひとつ目はですね、英雄は別に何人いてもいいじゃないか、それぞれに弱点も欠点もある人間たちが、みんないっしょになると、もっと力が強くなる。これがまず第一点です。
 第二点は、強大な敵こそ、いったん味方につければ信頼すべき味方になる。(中略)スーパーマン一人が英雄、あるいはバットマン一人が英雄という、欧米のマンガ・アニメ観には絶対持ち得ない、素晴らしい高い思想性だと思います」

 だからあんた、『X-メン』も『ジャスティス・リーグ』も『アベンジャーズ』も『ファンタスティック・フォー』も知らないだろ!?
 X-メンの宿敵のマグニートーは、改心してX-メンのリーダーになったこともあったし、ローグも最初は悪役だったんだよ! チームを組んで集団で戦うヒーローも、悪役が味方になることも、「欧米のマンガ・アニメ観には絶対持ち得ない」どころか、アメコミの世界じゃよくあることなんだよ!
 今度こそ確信した。こいつは本当にバカだ。マイナーなアメコミならともかく、3度も映画化された『X-メン』も知らずに「欧米のマンガ・アニメは」などと論じる奴が、バカ以外の何者だろうか。

 さらに、「かめはめ波」の解説がトンデモ。

増田「カメハメハ大王の、ハワイという統一の難しい地域を何かまとめ上げたその英雄的な意志を、たぶん『ドラゴンボール』は見せたかったからこそ、気合を叫ぶ時に「かめはめ波」と言ったんだと思います」

 いや、鳥山先生はそんなこと考えてなかったと思います(笑)。

 ちなみに、このパーティの直後に、三橋氏の後援会幹事長が辞任している。辞任の理由の第一は健康上の問題だが、第二は、

http://mitsuhashi-takaaki.jp/bbpress/topic.php?id=367
>2 ジャパンエキスポの責任
>  ジャパンエキスポは、本来日本文化の祭典でありますのに、単なるコスプレ・カラオケ大会にしてしまい、自民党および支持者に「ただ遊んでいるだけ」という印象を与えてしまいました。
>本件に関し、自民党、そのほかの関係者から苦情が多く、また、四條閣下などゲストの皆様からも、苦言を呈されておりまして、反省するところが多数あります。
>この惨状に対し、本部スタッフ全員から現時点で反省の弁が受け取れておりませんし、
>また、改善策も提示されない状況でありまして、今後も同じ過ちを繰り返す可能性が高いと判断致します。
>この状況において総責任者として、宇田川が責任を負う必要があると判断致しました。

「この惨状」と言い切りましたか(笑)。しかもこの幹事長以外のスタッフは反省していないらしい。

 いちおう言っておくけど、僕はべつに反自民ではない。立候補者がパーティでコスプレしたって、かまわないと思う――その人が有能であれば、の話だが。
 ドクター中松と増田悦佐を応援に呼んだという時点で、僕は三橋貴明という人物は政治家として信用できないと断じる。ちょっとでもネットで検索してみれば、ドクター中松の「フロッピーディスクの発明者」とか「発明件数三千件以上」とか「ニューズウィーク誌が世界十二傑に選んだ」という肩書きが怪しいことや、増田悦佐の本がデタラメだらけのトンデモ本であることは、すぐ分かったはずだ。
 つまり三橋氏は、その程度のことすら見抜けない無能、ということである。そんな人間に政治を任せるわけにはいかない。

 もっとも、民主党の議員にも911陰謀論やジュセリーノの予言を信じてる人とかいましたからね(笑)。こういう人は政党に関係なく、どこにでもいるのだろう。
  


Posted by 山本弘 at 15:39Comments(16)社会問題